照合とは?

しょう‐ごう〔セウガフ〕【照合】

[名](スル)照らし合わせ確かめること。「書類原簿照合する」


しょう‐ごう セウガフ 【照合】

〔名〕 帳簿書類などを照らし合わせること。

銀行小言(1885)〈富田鉄之助〉上「其手形面の金高有無屡々元簿に照合せざらんが為めなり」


てらし‐あわ・す ‥あはす 【照合】

1⃣ 〔他サ下二〕 ⇒てらしあわせる(照合)

2⃣ 〔他サ五(四)〕 =てらしあわせる(照合)

西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉五「彼と我と事情を、てらし合(アハ)して利益を得」


てらし‐あわ・せる ‥あはせる 【照合】

〔他サ下一〕 [文]てらしあは・す 〔他サ下二〕 くらべあわせてたしかめる。両方をくらべる。照合する。てらしあわす

随筆柳亭記(1826頃か)下「絹張障子とあるに照しあはせて見るにたれむしは麻の布簾(のれん)なる事必せり」


てり‐あ・う ‥あふ 【照合】

〔自ハ四〕

双方から互いに照る。反映し合う

読本本朝酔菩提全伝(1809)一「絵障子金地屏風月の光に照(テリ)あひて耀きわたり」

互いに対応する。照応する。

*門(1910)〈夏目漱石〉二〇「色の変った畳の色が古いと映(テ)り合(ア)って、昔を物語様に寂び果ててゐた」


てり‐あわ・す ‥あはす 【照合】

〔他サ四〕 =てりあわせる(照合)

犬蓼(1890)〈斎藤緑雨〉「上半季の報告〈略〉全体合点のならぬ一割配当、照合(テリア)はせば其出道行道(ゆきみち)、疾より我は考へ当てたり」


てり‐あわ・せる ‥あはせる 【照合】

〔他サ下一〕 照らし合わせる照り合わす

彼岸過迄(1912)〈夏目漱石停留場剽軽者といふ言葉田口風采なり態度なりに照(テ)り合(ア)ハせて見て、何うも敬太郎の腑に落ちない形容であった」


照合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 06:56 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「照合」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「照合」を含むページの一覧/「照合」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「照合」が役に立つかも知れません。


照合

出典:『Wiktionary』 (2018/04/05 14:24 UTC 版)

名詞

しょうごう

  1. 照らし合わせること。

発音

しょ↗ーごー

動詞

活用

サ行変格活用
照合-す



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「照合」の関連用語

照合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



照合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの照合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの照合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS