犯人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 犯人の意味・解説 

はん‐にん【犯人】

読み方:はんにん

罪を犯した人。犯罪人


ぼん‐にん【犯人】

読み方:ぼんにん

はんにん(犯人)」に同じ。

「—を笞(しもと)にて打つ時は」〈徒然二〇四〉


犯人

作者津島佑子

収載図書夢の記録
出版社文芸春秋
刊行年月1988.12


犯人

作者太宰治

収載図書太宰治全集 9
出版社筑摩書房
刊行年月1989.5
シリーズ名ちくま文庫

収載図書太宰治全集 9
出版社筑摩書房
刊行年月1990.10

収載図書文豪ミステリ傑作選 太宰治
出版社河出書房新社
刊行年月1998.10
シリーズ名河出文庫

収載図書太宰治全集 10 小説
出版社筑摩書房
刊行年月1999.1

収載図書津軽通信 21改版
出版社新潮社
刊行年月2004.10
シリーズ名新潮文庫

収載図書現代詩殺人事件ポエジー誘惑
出版社光文社
刊行年月2005.9
シリーズ名光文社文庫

収載図書大活字版 ザ・太宰治全小説全二冊 下巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10

収載図書文豪探偵小説
出版社集英社
刊行年月2006.11
シリーズ名集英社文庫


犯人

作者石川淳

収載図書石川淳全集 第5巻
出版社筑摩書房
刊行年月1989.9


犯人

作者坂口安吾

収載図書坂口安吾全集 8
出版社筑摩書房
刊行年月1991.1
シリーズ名ちくま文庫


犯人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 16:27 UTC 版)

犯人(はんにん)とは、によって禁じられ国家刑罰を科す根拠となる事実行為を行った人物のこと。


  1. ^ 岩本太郎「週刊誌の徹底研究 『週刊新潮』『週刊文春』二大週刊誌の"木曜日の憂欝"」『』第34巻第5号、創出版、2004年5月7日、 43頁、 国立国会図書館書誌ID:6938919 - 通巻:第380号(2004年6月号)


「犯人」の続きの解説一覧

犯人(被疑者・被告人・服役囚等)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:09 UTC 版)

相棒の登場人物」の記事における「犯人(被疑者被告人服役囚等)」の解説

阿部貴三郎(あべ きさぶろう演 - 武功雄PS1 / S3-13) 前科3犯の凶悪犯指名手配中に薫に発見され逮捕されそうになるが、逆に銃を突きつけて薫を人質にし、小料理屋立てこもったPS1)。その後所轄地域課警察官変死現場目撃してしまい、殺人事件被疑者として疑われる(S3-13)。 浅倉禄郎(あさくら ろくろう) 演 - 生瀬勝久PS2 / S1-5 / S2-1、2、10最終話 / S3-18)(幼少期下城正義PS2〉 / 少年期関口龍之輔 〈PS2〉) 経歴城東大学東京地方検察庁刑事部PS2) → 東京拘置所 刑事被告人S1-5) → 死刑囚死亡S2-最終話東京地方検察庁刑事部検事。薫や美和子大学同級生で、無二の親友だった男。 次長検事目をかけられる程の優秀な検事だが、その裏の顔は売春行っていた女性次々と殺害し平成切り裂きジャック」と恐れられる連続殺人鬼だった。自分が「不義の子であることがトラウマとなっており、売春手を染めていた母親婚約者殺害して以後娼婦に対する殺意目覚め犯行重ねていったが、特命係にその正体露見し逮捕された(PS2)。 逮捕後も特命係との交流続き、薫の依頼少年手塚守)の更生一役買ったり以前担当した事件再捜査右京依頼していた。S2死刑判決を受け東京拘置所収監されるが、二度に渡る脱走の末断崖から投身自殺図り一時期行方不明となってしまう(S2-1、2)。奇跡的に助かったものの記憶喪失となり、ホームレスとして生活し始め、約半年後に発見されて再収監されたが記憶完全に戻ること無く最期拘置所内で次長検事教唆受けた刑務官中津一義によって殺害されてしまった(S2-最終話)。死後記憶喪失時に娼婦遺体入ったトランク運んでいた事実が判明し殺害犯として疑われるが、薫の尽力により無実証明された(S3-18)。 田端甲子男(たばた きねお) 演 - 泉谷しげるS1-1 / S2-最終話東京大学卒業の自称模範的一般市民」。日頃警察の不祥事憂い警視総監に向けて何度も手紙訴えたが、返答全くないことに業を煮やしダイナマイト携えて薫を人質警視総監室に立てこもった末に右京と薫の機転によって逮捕された(S1-1)。その後は「日本の裁判制度とことん体験したい」という理由で有罪判決を受けて控訴続けており、浅倉死亡した事件の捜査のために東京拘置所面会訪れた右京と薫に浅倉死亡時の状況に関する証言をする(S2-最終話)。 三好太郎(みよし りんたろう) 演 - 蟹江敬三(S1-7 / S6-14) カクテルバー「リメンバランス」の店長務めていたバーテンダー。「全てのカクテルには客の思い出がある」という信念を持っている缶入りカクテル商品化により経営危機乗り切ろうとした経営者対立し殺害してしまうが、後に右京追及によって逮捕された(S1-7)。仮釈放後服役中懇意にしていた以前顧客からの打診を受けて顧客オーナー務めシガーバーCask」の3号店「CaskIII」の店長任されていたが、自身の過去雑誌公表しようとした評論家殺害した疑惑向けられる(S6-14)。 北条晴臣(ほうじょう はるおみ) 演 - 長門裕之S1-最終話 / S4-1) 元外交官で、外務省事務次官特命全権大使歴任した生粋のエリート。非常に傲慢な性格で、「閣下」と呼ばなければ返事をしないS1-最終話時には東京都大田区田園調布広大な屋敷住み込み女子大生川端蘭子二人で暮らしていた。人質事件際は渋谷区松濤居住していた。 右京特命係押し込められる原因となった外務省公邸人質籠城事件において、人質一人となっていた人物(当時条約局長)。強行突入の際、自身の横領の罪を告発しようとした外務省職員どさくさに紛れて射殺し、その現場目撃した緊急対策特命係隊員射殺していた。15年後、当時人質変死事件の捜査を始め特命係によりその犯行暴かれ逮捕された(S1-最終話)。 その後起訴されるも、かつて外務省幹部犯した公金横領告発することを条件司法取引並み取引を受けて保釈認めさせている。保釈中奥多摩にある別荘のアイアンハート城 で暮らしており秘書女性婚約発表するが、特命係への意趣返し目的執事殺害し紆余曲折を経て逮捕された(S4-1)。 朱雀武比古(すざく たけひこ) 演 - 本田博太郎S3-12、3 / S20-1) 経歴内閣官房長官S3-12、3) → 受刑者2006年2018年) → 乗馬クラブ職員(S20-1) 内閣官房長官自身同じく内閣官房長官である鶴田翁助は彼の弟子に当たる官房長官室に盗聴器仕掛けた首相補佐官沢村久重首相秘書官加賀谷秀之が絞殺している場面を見かけ自身も口をハンカチ押さえつけ殺し、それがきっかけとなり、瀬戸内米蔵出頭したを受けて小野田公顕教養課長降格させるなど裏で手を回して自身の罪を隠蔽しようとするも、右京に罪を暴かれ逮捕された(S3-12、3)。 その後懲役18年判決下され2006年服役。ところが異例中の異例で、6年もの刑期残し2018年仮出所していた。 仮出所後乗馬クラブ職員になっており、朱雀自身も馬の世話しており弟子鶴田裏で手を回していたのではないかとの疑い持った右京と亘が朱雀所属する乗馬クラブ訪れ、約17年振り右京邂逅果たした話を聞く最中で自身服役している間に薫が警視庁退職していた事や、小野田の死を初めて知ることとなり、驚いた様子見せている。また片山雛子愛人にしていた事については、冠城亘に「趣味悪っ」と評されている(S20-1)。 向島茂(むこうじま しげる) 演 - 正城慎太郎(S4-19 / S6-11、12城代金融幹部死に追いやった男の妻だった月本幸子愛人として囲っていたが、真相知った幸子撃たれてしまう。一命取り留めたものの、特命係らによって犯罪暴かれたことで城代金融崩壊した(S4-19)。その後ある女受刑者口封じ企む人物の計画加担し幸子復讐する目的で護送車襲撃事件起こす(S6-11、12)。 田村秀明 演 - 児玉貴志(S4-19 / S6-11、12 / S10-12 / S16-16) 城代金融構成員で、向島部下(S4-19)。向島計画した幸子への復讐関わり共に護送車襲撃事件起こすが、幸子説得を受け改心事件黒幕撮影し恐喝に及ぶが、返り討ちされてしまった(S6-11、12)。その後怪我回復し服役していたが、先に出所した幸子の身を案じてボディーガード雇い幸子へのトラブル引き起こす遠因となってしまう。事件解決後は面会来た幸子告白するが、一蹴された(S10-12)。その後出所し幸子依頼で「レア物」を調達して花の里訪れる。今でも幸子慕っており、更なる協力買って出るが、「自分の人生生きて」とまたしても固辞されてしまった(S16-16)。 本多篤人(ほんだ あつんど) 演 - 古谷一行(S8-1 / S9-最終話 / S14-10) かつて左翼過激派テロ組織赤いカナリア」の大幹部として1970年代大々的なテロ活動行っていた元テロリスト爆弾についてはプロ級の知識技術持ち、また国外逃亡中に紛争地帯潜伏していた経緯から戦闘術にも長けており、公安捜査官を度々返り討ちにしている。 かつては伝説革命戦士」として名を馳せていたが、紛争地域での体験から人傷付けるテロリズムによる革命無意味なものと悟るようになり、かつて自身が行っていたテロ活動後悔の念を抱くようになっていた。しかし、左翼運動復活企む人物から娘の茉莉人質日本でのテロ活動強要される帰国後にその首謀者茉莉であると知ると、小野田自身引き換えに茉莉釈放認めさせて逮捕された(S8-1)。 逮捕死刑確定し東京拘置所収監されていたが、政府に対して赤いカナリア」による脅迫が行われると、取引のために死刑執行が行われたことにして秘密裏に釈放されるその後茉莉もろとも赤いカナリア」の残党絡み事件に巻き込まれるが、その事解決後に全て公表するために特命係協力得てマスコミ呼び自らの生存公にすると共に警察出頭したS9-最終話)。 事件超法規的措置により「木本遼一」と名前を変えて生活していたが、復讐企む青年たち触発され再びテロ計画する東京都民人質に、内閣官房長官標的とした爆弾テロ宣言するSP銃撃を受け息を引き取った(S14-10)。 早瀬茉莉(はやせ まり) 演 - 内山理名(S8-1 / S9-最終話 / S14-10)(幼少期池田〈S8-1〉) 区役所勤務している本多娘。父がテロリストであることが原因で幼少の頃からいじめに遭い加えて公安からも「本多接触しうる人物」として母共々マークされており、それでも父を英雄として語る母の言葉もあって本多のことをヒーローとして敬慕していた。その本多が今までテロ活動後悔していることを知ると、本多信奉する者達と共謀し本多後悔しているテロ活動を再び起こさせる事」で彼へ復讐果たそう計画する真相暴いた特命係により共謀者共々身柄を拘束されるが、小野田本多取引により釈放された(S8-1)。その後本多が絡むテロ事件巻き込まれ警視庁内に拘束実態小野田計画基づいた保護」)され、最終的には小野田死によって事実上先の取引消滅した結果として一度は見逃され先の事件について取調べ受けたS9-最終話)。この事件を通じて本多数十年ぶりの親子の再会果たし、「直に接した事でかつての憎しみ消え、親として慕う気持ち芽生えた」と告白している。 事件後は本多と同様に「木本百合」と名前を変えて生活していたが、不治の病冒されてしまう。復讐企む青年たち出会ったことで本多に再びテロ起こす事を願い息を引き取った(S14-10)。 奥村光良 演 - 金井勇太(S8-17 / S10-14) 池谷隆平 演 - 三宅弘城(S8-17 / S10-14) 山崎正一 演 - 松本実(S8-17 / S10-14) 鈴川管工社の元社員三人組一番後輩で鈍臭く優柔不断な上に気が弱い奥村三人組先輩かつリーダー格で、先のことに対して楽観的な大雑把な性格の池谷女性弱く競艇麻雀といったギャンブル好きの山崎と、性格バラバラだ仲が良い勤務先鈴川管工社が倒産してしまい、それぞれ金銭難で悩んでいた時に奥村がある民家地下大金あること聞きつけたことを発端民家の隣の空き家侵入し隣家住人遭遇し拘束してしまうという不測の事態起こしながらも空き家掘ったを通じて大金奪おうとしていたが、同じく大金狙っていた隣家住人逆に拘束され生き埋めにされかけてしまう。最後事件見破った右京と尊の活躍により救出され三人共々逮捕された(S8-17)。出所後は奥村友人IT企業「レブリー」の社長とのコネその会社役員へ、池谷喫茶店くすの木」の雇われマスターに、山崎は同じ刑務所仲間と共に借金取り立て屋それぞれの生活を送っていたが、右京と尊が内村私用で探していたとある人物を介して犯罪利用されることとなり、事件解決後は再び逮捕された(S10-14)。 天野是清 演 - 羽場裕一(S13-1 / S15-最終話経歴警視庁公安部長 → 警察大学校長(PS2) → 内閣情報調査室長(S13-1) → 東京拘置所 刑事被告人S15-最終話警察庁から出向していた内閣情報調査室長で、美彌子の元上司アメリカ亡命したロシア人スパイ・ヤロポロクに情報売り渡していた協力者存在知り全員殺害企むが、連続殺人端緒つかんだ特命係真相暴かれ逮捕された(S13-1)。 かつて情報売り渡していた内調プロパーを罪に問えなかった苦い過去からスパイへの協力者を「国賊」と断じて激しい怒り見せ、その考え上記の熾烈な粛清」につながった逮捕後も自身の思想世に伝えるために控訴続けており、右京に「真の意味での確信犯」と評されている(S15-最終話)。一方で美彌子とヤロポロクの関係を薄々察していながら黙認しており、更に殺害対象の一人下山秀和が関係をネタ美彌子を強請た際に口封じ殺害した為、右京にある疑念抱かせることになる。 北一幸 演 - 野間口徹(S14-12 / S15-16) 表向きは司法書士事務所司法書士だが、その裏には好みの女性の顔を切り刻むシリアルキラーの顔を持ち初登場時には既に6人を殺害している。 7人目の標的として矢島さゆみの殺害企図するも、さゆみの殺害現場にたち合った事で「人助け」の為に真犯人逃し自ら出頭したが、陣川特命係活躍によって真相暴かれ犯人隠匿の罪で再逮捕された(S14-12)。 その後末期ガン治療のため入院していたが、監視役刑事潮崎共謀して病院脱走する潮崎個人的な復讐遂行するために再び連続殺人起こすが、潮崎共謀暴き潜伏先辿り着いた特命係によって再び逮捕された(S15-16)。 平井貞夫 演 - 風夫(S15-4 / S20-15)(少年期山下心煌〈S15-4〉) 詐欺師山形県出身表向きはNPO法人青空らくだの会」の代表として地域住民悩み乗り裏では女房役尾形留美子組んだ美人局はたらいていたが、「俺達商売人間同士駆け引きで稼ぐ事に意義がある電話1本年寄りの蓄え毟り取る振り込み詐欺など下の下」という、詐欺師なりの妙矜持持ち合わせているひったくり現場出くわし被害者山形訛り聞いて思わ助けた事で、同じく居合わせた右京目をつけられ、やがて詐欺発覚して逮捕される。「出来心人助けなんかするんじゃなかった」とぼやくも、しかしその人助けは、間接的に連続殺人犯魔手から平井命を救う形になり、「そのおかげであなたは命拾いした。神様出来心起こす事がある」と、右京慰められた(S15-4)。 その後刑期終え板橋区マンション第一城谷レジデンス」の管理人に就職するも、マンション起きた男性転落死事件映像平井映っているのを青木動画投稿サイトから発見したことで、特命係再会時を同じくしてかつての詐欺師仲間工藤丈治に脅され消えた覚醒剤探し手伝うよう強要される密かに思いを寄せていたマンション住民女性桜田美月巻き込まれそうになったため、特命係協力し事件解決貢献するが、最後美月意外な素顔知らされる苦い結末となった(S20-15)。なお、平井起訴猶予処分となり、今後マンション管理人続けることが右京たちの口から語られている(S20-15)。 南井十 / 鏡見悟(みない つなし / かがみ さとる) 演 - 伊武雅刀(S16-7 / S17-17 / S18-14、15)(少年期江原唯斗〈S18-14〉) スコットランドヤード所属していた警部で、右京ロンドン研修時代相棒イギリス在住。なお、彼は国籍こそイギリスであるが、日本人両親戦後間もない頃イギリスに渡って帰化した経緯を持つため、人種民族としては日本人変わらない日系イギリス人である。 右京に並ぶ鋭敏な頭脳に加え人の心開かせる才能謂わば人心掌握術を持ち右京ですら曰く犯罪者さえも(南井の前では)自供を始める」と評するほどの優秀な刑事だった。一方で、「贖罪心を持つことができない犯罪者は、自らの死でその罪を贖わせることが相応しい」といった歪んだ正義感を持っている。 日本発生した連続殺人事件最中来日し右京再会一連の事件は犯人の自殺という形で解決したかに思われたが、右京事件への関与疑い突き付けられたまま、イギリスへ帰国する(S16-7)。その1年半後に同じく日本発生した連続殺人事件では再び右京関与疑われるものの、犯人が自殺したためにまたも追及を逃れることとなる(S17-17)。 実は先述出自表向きのものであり、その正体1952年発覚した貰い子殺人事件」の舞台となった孤児院劣悪な環境下で育てられていた子供達生き残りであったことがS17-17の終盤明らかになる出生名は「鏡見悟(かがみ さとる)」。「過去に殺人犯した者が殺される」という連続殺人事件第3の被害者一見するとその条件満たしているが、実は同時にその孤児院の子供達の生き残りにして少年時代の南井とも面識があったことが示唆されている。 以上のように、右京や亘からは「贖罪気持ち持たない犯罪者裁き逃れた犯罪者を、自らの手を下すことなく死に追いやっている」との疑い持たれているが、劇中でも直接的な描写がなく推測示唆に留まっていた。 S18-14、15において再び来日右京挑発しながら時折感情を爆発させるなど、右京違和感抱かせる。その直後にロンドン時代捜査携わった「逆五芒星事件」 を模倣した連続殺人事件発生この時、「逆五芒星事件」の犯人、セバスチャン・ロイロットの姿を犯行現場目撃しその姿追って独自の捜査をするが、実は南井は老化に伴う脳血管萎縮などによる認知障害患っており、先述のように感情の抑制出来なくなったり記憶見当識にも障害抱えていた。 東京での連続殺人事件現場で見たロイロットも南井の幻覚過ぎず次々と記憶を失う中で最後まで残り続けた、「右京と共に事件の捜査に当たる記憶縋るように、自ら事件起こしてその事実を忘れて自ら捜査をするといった行為を繰り返していた。 そしてついには亘を襲撃したが、この時亘に自ら手渡した手帳決定打となり、右京全ての真相知った右京真実告げられるも、数秒前まで自分話していた内容思い出せず、ロイロットの幻覚怯えたり右京に「もう一度捜査をしよう」と支離滅裂なことを言い出し笑いかけるなど、症状はもう手の施しようのない状態になっており、右京憐れまれながら逮捕される。そして逮捕後に収容され病院から抜け出し、崖から身投げた(S18-15)。 遠峰小夜子(とおみね さよこ) 演 - 西田尚美(S17-6 / S18-17 / S19-7)(少女期佐々木告〈S19-7〉) 「平成毒婦」として世間騒がせた女詐欺師黒真珠養殖投資詐欺はたらき返金迫った出資者3名次々に殺害した連続殺人容疑東京拘置所拘留中(S17-6)。 人の顔一度見たら忘れない相貌認識能力」と巧みな話術優れている相貌認識能力用いて様々な中年独身男性接触し、話を合わせていた。彼女の話術右京でさえも彼女の術中にはまる程である。拘置所中にいながら特命係自由自在に動かしている。また、外部にも支援者多く雑誌寄稿した際に祝賀広告がつく程である(S18-17)。少女時代母親に嘘を吹き込んで意図的に両親不和に導いた末に母親死に追いやったらしきことが、回想示唆されている(S19-7)。 加西周明かさい しゅうめい) 演 - 石丸幹二(S19-1、2、19最終話 / S20-1、2、3IT長者事業築いた巨万の富バック自由奔放に暮らしており、「人間金次第何でもする」と考え傲慢な男。仮想国家「ネオ・ジパング」を設立し、その国王として国民ユーザー)に多額の金品を振る舞う気前良さ知られていたが、裏では、金で釣った相手危険行為挑戦させたり犯罪犯させたりして楽しんでいた。その一環として出雲麗音銃撃朱音静に命じ特命係捜査の手伸びるが、鶴田内閣官房長官の命を受けた衣笠鶴の一声により逮捕免れる(S19-1、2)。 逮捕免れたあとも自由を謳歌していたが、朱音雇った殺し屋に命を狙われることになる(S19-19)。だが実は、癒着していた鶴田から「このまま放置して万が一逮捕されたら何を言い出かわからず、自分に累が及ぶ」と危惧されており、朱音計画乗じる形で本物殺し屋差し向けられ食事中一酸化炭素中毒事故装い殺害された(S19-最終話)。 朱音静(あかね しずか) 演 - 日南響子(S19-1、2、19最終話繊維会社勤務仮想国家「ネオ・ジパング」で出会ったIT長者加西周明から、6億円で白バイ警官射殺するよう依頼され出雲麗音銃撃するが殺人未遂終わったため、報酬貰い損ねる。その話を聞いた恋人幸矢加西に、せめて半分の3億を寄越せ直談判したところ、「ネオ・ジパングの大道芸人と同じように高層ビル登り切ったら3億円やる」と言われ挑戦する失敗して転落死してしまう。捜査の手伸びる中、幸矢の母・蒔子を巻き込んで幸矢出雲銃撃したかのように偽装目論むが、右京看破され逮捕される(S19-1、2)。 当初は加西教唆され旨を自白したが、弁護士事務所を通じて加西に再び6億円で買収され、「加西関係なく自分の単独犯行」と証言翻した。その報酬で、蒔子に密かに依頼して加西暗殺する殺し屋雇わせる(S19-最終話)。 藤原久美子 演 - 松本海希整形前:S19-最終話) → 松本享子整形後:S20-1、2、3内閣情報調査室から仕事請け負っている殺し屋。「藤原久美子」は加西殺害際に名乗った名前であり、本名詳し素性栗橋や柾も知らない加西宅に出張料理人として潜入。柾の命により一酸化炭素中毒装い加西殺害した(S19-最終話)。事件後は姿を眩ま整形手術肉体改造経て外見別人の様に生まれ変わるが、時折見せ無気味な笑顔面影残っている栗橋依頼され右京らを尾行し鶴田秘密探ろうとした都々子を始末するも(S20-1、2)、自身他殺となって発見された(S20-2)。その後実のの様に可愛がっていた都々子の復讐燃える柾によって殺害された事が明らかになるS20-3)。

※この「犯人(被疑者・被告人・服役囚等)」の解説は、「相棒の登場人物」の解説の一部です。
「犯人(被疑者・被告人・服役囚等)」を含む「相棒の登場人物」の記事については、「相棒の登場人物」の概要を参照ください。


犯人(被疑者・被告人・服役囚等)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 09:40 UTC 版)

刑事7人」の記事における「犯人(被疑者被告人服役囚等)」の解説

丸藤遼平 演 - 音尾琢真S2第4話・第5話 / S3第9話経歴警視庁青砥警察署地域課S2第4話・第5話) → 東京拘置所 死刑囚S3第9話階級巡査 警視庁青砥警察署地域課巡査殺人事件真犯人である山路史郎から「(永沢を)動かないようにしてくれ」と依頼され川口 横丁婦女暴行殺人事件再捜査を始め永沢圭太を「山笠団地」で殺害するその後永沢殺害現場来た天樹達を案内したが、後に真相知った天樹達によって身柄を拘束される。黙秘続けていたが、山路逮捕されたことにより自身書類送検され、死刑囚として収監される。 S3第9話ロクの手引きによって東京拘置所から脱走する脱走後宮本あかり使って康介呼び出し永沢巡査部長殺害事件身柄拘束時、沙絞め落とされ屈辱からリベンジのために脱走したことを明かす接戦末にを後一歩の所まで追い詰めるが、あかりの邪魔が入ったことで隙を突かれ、沙絞め落とされる形で倒される。再び身柄を拘束されたが、変わらず黙秘を貫く。

※この「犯人(被疑者・被告人・服役囚等)」の解説は、「刑事7人」の解説の一部です。
「犯人(被疑者・被告人・服役囚等)」を含む「刑事7人」の記事については、「刑事7人」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「犯人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

犯人

出典:『Wiktionary』 (2021/12/18 12:37 UTC 版)

この単語漢字
はん
第五学年
にん
第一学年
音読み

名詞

(はんにん)

  1. 罪を犯した人。

発音

派生語

翻訳

参照


「犯人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



犯人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

犯人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



犯人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの犯人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの相棒の登場人物 (改訂履歴)、刑事7人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの犯人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS