九州自動車道とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 日本の高速道路 > 九州自動車道の意味・解説 

九州自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/21 23:17 UTC 版)

九州自動車道(きゅうしゅうじどうしゃどう、KYUSHU EXPRESSWAY)は、福岡県北九州市門司区を起点とし、佐賀県、再び福岡県に入り、熊本県宮崎県経由鹿児島県鹿児島市に至る、総延長 346.3キロメートル (km) の高速道路高速自動車国道)である。略称は九州道(きゅうしゅうどう、KYUSHU EXPWY)。国土開発幹線自動車道としての予定路線名および、高速自動車国道法に基づく法定路線名は九州縦貫自動車道鹿児島線である[1][注釈 1]




注釈

  1. ^ 門司IC - えびのJCT間は九州縦貫自動車道宮崎線と重複。
  2. ^ 宮崎線のえびの市以南は宮崎自動車道として供用中。
  3. ^ このルートは肥薩線国道221号国道219号にほぼ並行する。
  4. ^ この区間のトンネルのみ、トンネルの案内表示に、八代側からの数がつけられてナンバリングされている。

出典

  1. ^ 浅井建爾 2015, p. 169.
  2. ^ 区間・出入交通量(H26年度)および保全サービス事業部の担当事務所 (PDF)”. 西日本高速道路株式会社. 2017年4月21日閲覧。
  3. ^ スマートインターチェンジの新規事業化について (PDF)”. 国土交通省道路局 (2018年8月10日). 2018年8月10日閲覧。
  4. ^ 国道3号 鳥栖久留米道路”. 国土交通省 九州地方整備局 福岡国道事務所. 2017年4月18日閲覧。
  5. ^ 広報こうし 2017年1月号 Number 130 (PDF)”. 合志市. p. 12 (2017年1月). 2017年4月18日閲覧。
  6. ^ 城南町合併特例区協議会広報紙 じょうなん 31号 (PDF)”. 城南町合併特例区協議会. p. 4 (2012年12月1日). 2017年4月19日閲覧。
  7. ^ 人吉球磨スマートインターチェンジ整備事業について”. 人吉市 (2014年10月2日). 2017年4月20日閲覧。
  8. ^ 人吉球磨スマートインターチェンジ(仮称)計画平面図 (PDF)”. 人吉市. 2017年4月20日閲覧。
  9. ^ a b 令和元年8月10日(土曜)にE3九州自動車道『人吉球磨スマートインターチェンジ』が開通します 道の駅「人吉」が開駅します 一時退出の社会実験がスタートします(人吉球磨スマートIC⇔道の駅「人吉」)”. 国土交通省九州地方整備局・人吉市・人吉・球磨スマートインターチェンジ整備促進協議会・西日本高速道路株式会社 (2019年6月28日). 2019年6月28日閲覧。
  10. ^ 地域高規格道路網図 (PDF)”. 鹿児島県. 2017年4月20日閲覧。
  11. ^ 地域高規格道路の指定状況 (PDF)”. 鹿児島県. 2017年4月20日閲覧。
  12. ^ 高速自動車国道へのインターチェンジの追加設置について 〜由布岳PA、門川南、国富、山之口SA、桜島SAにスマートインターチェンジの追加設置が決定〜 (PDF)”. 国土交通省 九州地方整備局. p. 2 (2013年6月11日). 2017年4月21日閲覧。
  13. ^ スマートインターチェンジ”. 姶良市 (2015年3月11日). 2017年4月21日閲覧。
  14. ^ 1969年に開通した中央高速道路(現・中央自動車道)の暫定2車線対面通行区間の中央線を破線(追い越し可能区間)で供用して正面衝突事故が相次いだため、警察庁から日本道路公団に営業路線名で「高速道路」の名称使用を自粛するよう要請があり、暫定措置として1972年まで法定路線名をそのまま用いていたものの、開通後の名称は九州自動車道とされた。『高速道路と自動車』1971年8月号
  15. ^ 高速自動車国道として青森 - 鹿児島間が完全に結ばれたのは、磐越自動車道が全線開通した1997年(平成9年)10月1日である。
  16. ^ a b 九州横断自動車道延岡線(九州中央自動車道)嘉島JCT〜小池高山IC開通のお知らせ ―熊本県内初の九州横断自動車道延岡線の開通―”. 国土交通省 九州地方整備局 熊本河川国道事務所/熊本県/西日本高速道路株式会社 (2014年1月24日). 2014年1月24日閲覧。
  17. ^ 地震・九州の大動脈寸断 新幹線、自動車道”. 株式会社 西日本新聞社 (2016年4月15日). 2016年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月21日閲覧。
  18. ^ 交通網の復旧進まず 橋や道路の被害、広範囲に”. 株式会社 日本経済新聞社 (2016年4月18日). 2017年4月21日閲覧。
  19. ^ “九州自動車道 植木-益城熊本空港間開通”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年4月20日) 
  20. ^ 平成28年(2016年)熊本地震による九州自動車道(植木IC〜嘉島JCT)の通行止め解除予定および一部区間等の通行制限について (PDF)”. 西日本高速道路株式会社 (2016年4月29日). 2016年4月29日閲覧。
  21. ^ 平成28年(2016年)熊本地震による九州自動車道 熊本ICの通行制限を解除します”. 西日本高速道路株式会社 (2016年6月24日). 2016年6月27日閲覧。
  22. ^ 平成28年(2016年)熊本地震による九州自動車道(益城熊本空港IC~松橋IC)の通行規制解除予定について”. 西日本高速道路株式会社 (2017年4月25日). 2017年4月29日閲覧。
  23. ^ GW間に合った 九州自動車道の益城〜松橋間が全線復旧”. くまにちコム(熊本日日新聞) (2017年4月29日). 2017年5月11日閲覧。
  24. ^ 九州自動車道『城南スマートインターチェンジ』が平成29年7月9日(日曜)に開通します”. 熊本市・西日本高速道路株式会社 (2017年5月25日). 2017年5月25日閲覧。
  25. ^ E3九州自動車道『北熊本スマートインターチェンジ』が平成31年3月24日(日曜)に開通します”. 熊本市・合志市・西日本高速道路株式会社 (2019年2月12日). 2019年2月12日閲覧。
  26. ^ E3九州自動車道『桜島スマートインターチェンジ』上り線出口と下り線入口が平成31年3月30日(土曜)に開通します - 上り線出口:鹿児島IC方面からの出口、下り線入口:鹿児島IC方面への入口 -”. 姶良市・西日本高速道路株式会社 (2019年2月25日). 2019年2月25日閲覧。
  27. ^ 武部健一 2015, p. 219「埋蔵文化財との調整」


「九州自動車道」の続きの解説一覧



九州自動車道と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「九州自動車道」の関連用語

九州自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



九州自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの九州自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS