北九州市とは?

北九州市

読み方:キタキュウシュウシ(kitakyuushuushi)

所在 福岡県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

北九州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/04 05:30 UTC 版)

北九州市(きたきゅうしゅうし)は、福岡県の北部にある政令指定都市関門海峡に面し、九州最北端に位置する。




注釈

  1. ^ 北九州都市協会会長を務めた出口隆は、新市の名称を決める特別委員会で「ひとりの長老」が「天子様がおられた歴史がないのに、京と名乗っていいのかなあ」と発言したことから西京市の名称が選ばれなかったと証言している[58]
  2. ^ 北九州本社・福岡本社の2本社体制[146]、本店は福岡市博多区[147]
  3. ^ 本部は北九州市門司区[150]、本店は神戸市東灘区[151]

出典

  1. ^ a b 市のシンボル”. 北九州市ホームページ. 2014年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c “「北九州市」生まれる けさ盛大に開庁式”. 毎日新聞 (毎日新聞西部本社). (1963年2月10日) 
  3. ^ アジア交流広域都市圏の形成に関する調査報告書(アジア交流広域都市圏の形成促進に向けた戦略的な連携方策に関する調査)”. 国土交通省国土計画局・国土交通省九州地方整備局 (2009年3月). 2017年6月18日閲覧。
  4. ^ 山口県都市計画基本方針 改訂版”. 山口県土木建築部都市計画課 (2015年10月). 2017年6月18日閲覧。
  5. ^ OECD 2013, pp. 111.
  6. ^ 福岡市・北九州市 国家戦略特別区域 区域計画(平成28年2月5日認定)”. 福岡市・北九州市 国家戦略特別区域会議 (2016年2月5日). 2017年6月18日閲覧。
  7. ^ 平成27年 行政視察報告 総務財政委員会 視察報告書(福岡県北九州市)”. 杉並区議会総務財政委員会. 2017年6月18日閲覧。
  8. ^ a b c 九州旅客鉄道 1989, p. 231.
  9. ^ “北九州―宮崎、高速で直結 東九州道椎田南―豊前が開通”. 日本経済新聞. 共同通信 (日本経済新聞社). (2016年4月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC24H0J_U6A420C1ACY000/ 2017年6月18日閲覧。 
  10. ^ OECD 2013, p. 14.
  11. ^ a b アクロス福岡文化誌編纂委員会 2016, p. 76.
  12. ^ OECD 2013, p. 35.
  13. ^ a b OECD 2013, pp. 38-42.
  14. ^ a b 川村文三郎「海図から見た関門海峡」、『地図』第7巻第4号、日本地図学会、東京、1969年、 11-19頁、 doi:10.11212/jjca1963.7.4_11ISSN 0009-4897NAID 1300039993172017年6月18日閲覧。
  15. ^ 「新・海辺のマスタープラン」~魅力ある海辺づくり計画~(資料編) (PDF)”. 北九州市港湾空港局総務部総務経営課. p. 6 (2016年11月). 2017年6月18日閲覧。
  16. ^ 水環境保全技術研修マニュアル:総論”. 海外環境協力センター. p. 225 (1998年3月). 2017年6月18日閲覧。
  17. ^ OECD 2013, pp. 54.
  18. ^ 豊前豊後沿岸 海岸保全基本計画書”. 福岡県・大分県. pp. 14-18 (2003年3月). 2017年6月18日閲覧。
  19. ^ a b 土地条件調査解説書「北九州地区」”. 国土地理院 (2010年11月). 2017年6月18日閲覧。
  20. ^ 沿岸海域基礎調査報告書(行橋地区)”. 国土地理院 (2003年). 2017年6月18日閲覧。
  21. ^ a b c 北九州市建設局公園緑地部 (2013). 北九州市公園の本. 北九州市建設局公園緑地部. p. 62. 
  22. ^ a b 新日本三大夜景”. 新日本三大夜景・夜景100選事務局. 2017年6月18日閲覧。
  23. ^ 浜田清吉「北九州平尾台のカルスト地形」、『山口大学理学会誌』第3号、山口大学理学会、山口、1952年7月、 29-34頁、 ISSN 0372767XNAID 400185554572017年6月18日閲覧。
  24. ^ 高塔山公園”. 北九州市. 2018年2月15日閲覧。
  25. ^ 中央公園(金比羅山)”. 北九州市. 2018年2月15日閲覧。
  26. ^ 古城山”. 北九州市観光サイト. 2018年2月15日閲覧。
  27. ^ OECD 2013, p. 30.
  28. ^ 中江訓・尾崎正紀・太田正道・藪本美孝・松浦浩久・富田宰臣郎「小倉地域の地質」福岡(14)第34号、通商産業省工業技術院地質調査所、つくば、1998年3月OCLC 440768572017年6月18日閲覧。
  29. ^ a b 北九州港案内図”. 北九州市港湾空港局物流振興課 (2017年3月). 2017年6月18日閲覧。
  30. ^ a b c 合金鉄溶解炉設備建設事業に係る環境影響評価方法書(第3章 地域特性の把握)”. 新日本製鉄株式会社八幡製鉄所 (2008年5月). 2017年6月18日閲覧。
  31. ^ a b 関門海峡の気候の特徴”. 国土交通省九州地方整備局. 2017年6月18日閲覧。
  32. ^ 天気のはなし”. 福岡管区気象台. 2018年2月27日閲覧。
  33. ^ 九州北部地方の天候の特徴”. 福岡管区気象台. 2018年2月28日閲覧。
  34. ^ 提供統計一覧(総務省統計局、独立行政法人統計センター)
  35. ^ a b 梅本和秀「中心市街地活性化の取り組み」、『日本不動産学会誌』第26巻第3号、日本不動産学会、2012年、 6-7頁、 doi:10.5736/jares.26.3_3ISSN 09113576NAID 1300052857112017年6月18日閲覧。
  36. ^ 地方中心都市における小売業の再生に関する考察:山口県下関市を事例として」、『大分大学経済論集』第51巻3・4、大分大学経済学会、1999年11月、 267-259頁、 ISSN 04740157NAID 1100001179922017年6月18日閲覧。
  37. ^ 昭和35年国勢調査(政府統計の総合窓口)
  38. ^ 昭和60年国勢調査(政府統計の総合窓口)
  39. ^ a b “【北九州再興への選択 (中)】沈むものづくりの街 「市の工夫足りない」経済界から嘆き(4/5ページ)”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2014年8月8日). http://www.sankei.com/politics/news/140808/plt1408080014-n4.html 2015年1月14日閲覧。 
  40. ^ OECD 2013, p. 23.
  41. ^ a b “北九州市の人口、95万人台に減少”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年4月11日). オリジナル2015年4月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150424213125/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/161983 
  42. ^ “【北九州再興への選択 (中)】沈むものづくりの街 「市の工夫足りない」経済界から嘆き(3/5ページ)”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2014年8月8日). http://www.sankei.com/politics/news/140808/plt1408080014-n3.html 2015年1月14日閲覧。 
  43. ^ “27年国勢調査 福岡都市圏“独り勝ち” 北九州市と長崎市は大幅減”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2016年2月27日). http://www.sankei.com/smp/region/news/160227/rgn1602270044-s.html 2016年8月5日閲覧。 
  44. ^ 大都市比較統計年表 > 人口(大阪市)
  45. ^ 平成27年国勢調査 調査の結果総務省統計局
  46. ^ a b 国勢調査結果の概要”. 北九州市企画調整局政策部企画課統計係. 2017年6月18日閲覧。
  47. ^ いずれも2018年10月1日時点の推計人口
  48. ^ a b c 北九州市中心市街地活性化基本計画の概要(小倉地区)”. 北九州市 (2008年7月). 2018年3月28日閲覧。
  49. ^ a b “【北九州再興への選択(下)】市民派市長の限界 大型事業・行革に乏しいスピード感…(3/5ページ)”. 産経ニュース (The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL). (2014年8月9日). http://www.sankei.com/politics/news/140809/plt1408090018-n3.html 2015年1月14日閲覧。 
  50. ^ 北九州市都市計画マスタープラン”. 北九州市 (2003年11月). 2018年3月2日閲覧。
  51. ^ 北九州市中心市街地活性化基本計画 中心市街地の位置及び区域 (PDF)
  52. ^ “国道3号黒崎バイパス黒崎北ランプ〜陣原ランプ間 開通に伴う整備効果について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国土交通省中国地方整備局北九州国道事務所, (2008年12月1日), http://www.qsr.mlit.go.jp/kitakyu/press/press_files/h20/h20.12/081201.pdf 2012年1月19日閲覧。 
  53. ^ 鎌田康「コメンタリー 北九州貨物ターミナル駅の開業」、『JR gazette』第60巻第7号、交通新聞社、2002年7月、 62-64頁、 ISSN 13435620NAID 400055467412017年6月18日閲覧。
  54. ^ a b c d e f g OECD 2013, pp. 84.
  55. ^ “完全子会社との会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 西日本鉄道, (2014年12月18日), http://www.nishitetsu.co.jp/pdf/ir/briefing/141218.pdf 2015年1月27日閲覧。 
  56. ^ a b c 「日本の道100選」研究会 2002, p. 193.
  57. ^ 「日本の道100選」研究会 2002, pp. 192–193.
  58. ^ No.12 五市合併”. 西日本シティ銀行 (1999年8月). 2017年6月18日閲覧。
  59. ^ 九州旅客鉄道 1989, p. 65.
  60. ^ 九州旅客鉄道 1989, p. 141.
  61. ^ 小学館辞典編集部 2007, p. 207.
  62. ^ 北九州市政だより 昭和39年(1964年)10月15日号P.2
  63. ^ 北九州市政だより 昭和40年(1965年)2月15日号P.1
  64. ^ 北九州市政だより 昭和40年(1965年)8月1日号号外、同9月15日号P.2
  65. ^ 北九州市政だより 昭和41年(1966年)5月1日号P.1-3
  66. ^ 北九州市政だより 昭和41年(1966年)6月15日号P.1-2
  67. ^ 昭和42年夏の高温・少雨 昭和42年(1967年) 5月〜10月”. 気象庁. 2016年10月6日閲覧。
  68. ^ 北九州市政だより 昭和42年(1967年)11月1日号P.2
  69. ^ 北九州市政だより 昭和43年(1968年)10月1日号P.2
  70. ^ 北九州市政だより 昭和45年(1970年)4月15日号P.1
  71. ^ 北九州市政だより 昭和45年(1970年)4月15日号若松版P.8
  72. ^ 北九州市政だより 昭和45年(1970年)12月1日号P.2
  73. ^ 北九州市政だより 昭和46年(1971年)3月1日号P.2
  74. ^ 北九州市政だより 昭和47年(1972年)4月15日号P.1
  75. ^ 北九州市政だより 昭和47年(1972年)7月1日号P.3
  76. ^ 北九州市政だより 昭和47年(1972年)8月1日号P.3
  77. ^ 北九州市政だより 昭和47年(1972年)11月1日号P.1
  78. ^ 北九州市政だより 昭和48年(1973年)1月15日号P.1
  79. ^ 北九州市政だより 昭和49年1月15日号P4「五区から七区へ」 (PDF)
  80. ^ 北九州市政だより 昭和48年(1973年)11月1日号P.2
  81. ^ 北九州市政だより 昭和54年(1979年)12月15日号P.3
  82. ^ 北九州市政だより 昭和57年(1982年)4月15日号P.1
  83. ^ 洞海湾の水質汚濁の歴史 (PDF) 北九州港
  84. ^ 水環境保全技術研修マニュアル : 第17章 洞海湾 (PDF) 環境省
  85. ^ OECD 2013, p. 38.
  86. ^ OECD 2013, p. 40.
  87. ^ 環境モデル都市の選定結果について”. 内閣府地方創生推進事務局 (2008年7月22日). 2018年6月1日閲覧。
  88. ^ 釜石市との連携協力協定の締結
  89. ^ 経済産業省資源エネルギー庁ホームページ
  90. ^ ミクニワールドスタジアム北九州グランドオープン”. 北九州市市民文化スポーツ局スポーツ部スポーツ振興課. 2017年3月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月12日閲覧。
  91. ^ OECDが「SDGs推進に向けた世界のモデル都市」として北九州市を選定”. 北九州市環境局 (2018年4月23日). 2018年6月1日閲覧。
  92. ^ OECDの持続可能な開発目標推進、アジアで初のモデル都市に”. 毎日新聞 (2018年4月24日). 2018年6月1日閲覧。
  93. ^ 若戸大橋・トンネルの通行無料に 1日6900台の通行増見込む”. 西日本新聞 (2018年12月1日). 2018年12月1日閲覧。
  94. ^ a b c 東洋経済新報社 2013, pp. 14-15.
  95. ^ 株式会社朝日広告社の情報|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  96. ^ 株式会社井筒屋の情報|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  97. ^ 株式会社ウチヤマホールディングスの情報|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  98. ^ 株式会社カンノ製作所|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  99. ^ 北九州駅弁当株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  100. ^ 株式会社北九州銀行|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  101. ^ 北九州青果株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  102. ^ 極東ファディ株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  103. ^ 株式会社CROSS FM|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  104. ^ 国際興業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  105. ^ 株式会社湖月堂|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  106. ^ 株式会社シダー|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  107. ^ 日鉄住金高炉セメント株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  108. ^ 株式会社ゼンリン|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  109. ^ 第一交通産業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  110. ^ 東京経済株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  111. ^ TOTO株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  112. ^ 東宝住宅株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  113. ^ 株式会社ナフコ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  114. ^ 株式会社[日専連ベネフル|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  115. ^ 日本資源流通株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  116. ^ 日本磁力選鉱株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  117. ^ 株式会社不動産中央情報センター|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  118. ^ 三扇工業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  119. ^ リズム食品株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  120. ^ 株式会社ワールドインテック|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  121. ^ 株式会社サンリブ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  122. ^ 株式会社資さん|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  123. ^ 株式会社スターフライヤー|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  124. ^ 株式会社タカギ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  125. ^ 株式会社つる平|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  126. ^ 株式会社七尾製菓|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  127. ^ ニシラク乳業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  128. ^ 株式会社ハローデイ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  129. ^ 北九州エル・エヌ・ジー株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  130. ^ 光和精鉱株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  131. ^ 第一警備保障株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  132. ^ 大光炉材株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  133. ^ ディー・エー・ピー・テクノロジー株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  134. ^ 戸畑共同火力株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  135. ^ 株式会社日本施設協会|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  136. ^ 濱田重工株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  137. ^ 岡野バルブ製造株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  138. ^ 関門汽船株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  139. ^ 関門製糖株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  140. ^ 九鉄工業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  141. ^ 株式会社九鉄ビルト|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  142. ^ a b 山九株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  143. ^ 会社概要”. 山九. 2017年6月18日閲覧。
  144. ^ 本店は門司区[142]、本社は東京都中央区[143]
  145. ^ 株式会社サンキュードラッグ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  146. ^ a b 会社概要”. JR九州メンテナンス. 2017年6月18日閲覧。
  147. ^ JR九州メンテナンス株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  148. ^ 株式会社ジェネック|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  149. ^ 高藤建設株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  150. ^ a b 会社情報”. 阪九フェリー. 2017年6月18日閲覧。
  151. ^ 阪九フェリー株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  152. ^ 株式会社マツモト|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  153. ^ 株式会社かば田食品|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  154. ^ 北九州日産モーター株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  155. ^ 黒崎播磨株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  156. ^ 三洋ペイント株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  157. ^ 株式会社ジー・イー・エヌ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  158. ^ 株式会社スーパー大栄|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  159. ^ 株式会社高田工業所|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  160. ^ 株式会社デンソー九州|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  161. ^ ネッツトヨタ北九州株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  162. ^ 株式会社三井ハイテック|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  163. ^ 安川情報システム株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  164. ^ 株式会社安川電機|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  165. ^ 株式会社アステック入江|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  166. ^ 大石産業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  167. ^ 学校法人金澤学園|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  168. ^ 北九西鉄タクシー株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  169. ^ 九州日本信販株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  170. ^ 株式会社スピナ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  171. ^ 株式会社タカミヤ|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  172. ^ 日鉄住金物流八幡株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  173. ^ 三島光産株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  174. ^ 吉川工業株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  175. ^ AIR STATION HIBIKI株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  176. ^ シャボン玉石けん株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  177. ^ 鶴丸海運株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  178. ^ a b 若築建設株式会社|国税庁法人番号公表サイト”. 国税庁. 2017年6月18日閲覧。
  179. ^ 会社概要”. 若築建設. 2017年6月18日閲覧。
  180. ^ 本店は若松区[178]、本社は東京都中央区[179]
  181. ^ 会社沿革及び主要取引先”. 九州電気システム. 2017年6月18日閲覧。
  182. ^ 会社と製品の歴史
  183. ^ 日立金属 企業沿革
  184. ^ 西日本鉄道 沿革 明治41年 - 昭和20年
  185. ^ a b c d e 東洋経済新報社 2013, pp. 16-17.
  186. ^ ゼンリン 『北九州美味本』 ゼンリン、2006年、103頁。2017年6月18日閲覧。
  187. ^ a b c d e f g h 東洋経済新報社 2013, p. 19.
  188. ^ a b ウニ”. 北九州市産業経済局農林水産部水産課. 2017年6月18日閲覧。
  189. ^ 小倉城下の郷土の味ぬか炊き”. 北九州市. 2017年6月18日閲覧。
  190. ^ 大葉春菊 - 特産品案内 : JA北九”. 北九州農業協同組合 (2016年10月3日). 2017年6月18日閲覧。
  191. ^ 若松あじさい祭り実行委員会公式ホームページ”. 2017年6月18日閲覧。
  192. ^ a b c d e f 姉妹・友好都市の紹介”. 北九州市. 2018年3月2日閲覧。
  193. ^ a b 環境姉妹都市の紹介”. 北九州市. 2018年3月2日閲覧。
  194. ^ 第1回南九州市・北九州市 両市長会談”. 北九州市. 2018年3月2日閲覧。
  195. ^ 釜石市との連携協力協定の締結”. 北九州市危機管理室危機管理課. 2017年6月18日閲覧。



北九州市

出典:『Wiktionary』 (2009/09/28 02:09 UTC 版)

固有名詞

きたきゅうしゅうし)

  1. 福岡県北東部にある政令指定都市



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「北九州市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

北九州市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北九州市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北九州市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの北九州市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS