二次救急とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 二次救急の意味・解説 

二次救急

読み方:にじきゅうきゅう
別表記:二次救急医療

二次救急医療の略。救急医療レベルを表す指標で、一次救急医療外来のみで対応可能な場合初期救急二次救急医療多く場合入院による治療が必要となる。三次救急医療では重篤患者対象となる。

救急医療

(二次救急 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/23 05:07 UTC 版)

救急医療(きゅうきゅういりょう、英語:Emergency medicine)とは、人間を突然に襲う外傷感染症などの疾病、すなわち「急性病態」を扱う医療である[1]。「救急医療は医の原点」ともいわれるが、救急医療は常に人類とともにあったともいえる。




  1. ^ a b 日本救急医学会『救急診療指針』へるす出版[要ページ番号][要文献特定詳細情報]
  2. ^ アメリカ合衆国(ニューヨーク)在外公館医務官情報”. 日本国外務省ホームページ. 2012年6月10日閲覧。
  3. ^ Am I entitled to NHS treatment when I visit England?”. NHS Choices. 2015年2月1日閲覧。
  4. ^ Urgent and emergency care services in England”. 国民保健サービス. 2015年12月1日閲覧。
  5. ^ a b 小松秀樹『医療の限界』新潮社、2007年、33-34頁。ISBN 9784106102189
  6. ^ “「謝罪して欲しい」両親ら痛切 男児割りばし死亡事件”. 朝日新聞. (2008年11月21日). オリジナルの2008年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081202025444/http://www.asahi.com/national/update/1120/TKY200811200282.html 2009年7月19日閲覧。 
  7. ^ 長谷川誠 (2009年6月18日). “「割りばし事件」に対する報道はペンの暴力”. 日経メディカルオンライン. https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/opinion/orgnl/200906/511235.html 2009年7月9日閲覧。 (要登録)
  8. ^ 救急車の適正な利用について”. 総務省消防庁. 2015年4月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月19日閲覧。
  9. ^ 青森県むつ市内の病院で、一晩に3度救急外来に訪れた患者を医師が殴る”. レコードチャイナ (2015年9月30日). 2018年3月10日閲覧。


「救急医療」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二次救急」の関連用語

二次救急のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



二次救急のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの救急医療 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS