竹脇無我とは?

竹脇無我

以下の映画竹脇無我関連しています。
 
 


竹脇無我

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 04:29 UTC 版)

竹脇 無我(たけわき むが、1944年2月17日 - 2011年8月21日)は、日本俳優。本名同じ。




注釈

  1. ^ テレビドラマや舞台にはなんとか立ち続けていたが、次第に台詞が頭に入らなくなり、声をテープに吹き替えなければならないほどに悪化した

出典

  1. ^ 訃報:竹脇無我さん 67歳=俳優 - 毎日jp(毎日新聞)[リンク切れ] 2011年8月22日
  2. ^ “俳優の竹脇無我さんが死去、クールな二枚目として映画やドラマで活躍。”. Narinari.com. (2011年8月22日). http://www.narinari.com/Nd/20110816129.html 2017年5月5日閲覧。 
  3. ^ 竹脇無我、脳幹出血の症状で緊急搬送 日テレニュース24 2011年8月21日
  4. ^ “竹脇無我さん死去、小脳出血 67歳”. 日刊スポーツ. (2011年8月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110822-823834.html 
  5. ^ a b TBSテレビNスタ 2011年8月24日放送[出典無効]
  6. ^ “心構えあった竹脇無我さん「自分に何かあったらここで送ってほしい」”. スポニチ Sponichi Annex. (2011年8月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/23/kiji/K20110823001467850.html 2017年5月5日閲覧。 
  7. ^ “血管が…竹脇無我さん「危険と隣り合わせだった」”. スポニチ Sponichi Annex. (2011年8月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/23/kiji/K20110823001467840.html 2017年5月5日閲覧。 
  8. ^ a b “竹脇無我さん盟友 加藤剛 直筆追悼文「天下の名医が…信じられない」”. スポニチ Sponichi Annex. (2011年8月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/23/kiji/K20110823001465470.html 2017年5月5日閲覧。 
  9. ^ 竹脇無我さん死去…悲しみの声 - ウェイバックマシン(2012年3月11日アーカイブ分)2020年8月12日閲覧。
  10. ^ a b 竹脇無我さんお別れ会に小泉純一郎元首相ら300人 日刊スポーツ 2011年10月5日
  11. ^ a b c d e 竹脇無我さんのお別れ会に約300人出席 日テレニュース24 2011年10月5日
  12. ^ 故竹脇無我氏のお別れの会 MSN産経ニュース 2011年10月3日
  13. ^ 関口宏「無我の境地を」…竹脇無我さんお別れの会 スポーツ報知 2011年10月6日
  14. ^ a b 竹脇無我さん「お別れの会」…親友たちが追悼 スポーツニッポン 2011年10月6日
  15. ^ 不器用な晩年…竹脇無我さん“会いてえ”と号泣した相手 zakzak 2011年8月23日
  16. ^ 2011年8月26日付け東京スポーツ「団塊記者の取材回顧録」第39回より
  17. ^ 徹子の部屋 亡友 竹脇無我さんの思い出”. 2017年7月23日閲覧。
  18. ^ 中国の元祖アイドル「姿三四郎」、竹脇無我さんが永眠 レコードチャイナ 2011年8月26日
  19. ^ 三菱自動車工業「三菱ランサー(広告)」『毎日新聞縮刷版』第323巻、毎日新聞社、1976年12月、 256頁。


「竹脇無我」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竹脇無我」の関連用語

竹脇無我のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



竹脇無我のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竹脇無我 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS