柳沢慎吾とは?

柳沢 慎吾

柳沢慎吾の画像 柳沢慎吾の画像
芸名柳沢 慎吾
芸名フリガナやなぎさわ しんご
性別男性
生年月日1962/3/6
星座うお座
干支寅年
血液型AB
出身神奈川県
身長167 cm
体重61 kg
URLhttp://www.hercules.hn/talent/shingo.html
靴のサイズ25.5 cm
プロフィール1978年、『ぎんざNOW!』の「素人コメディアン道場」で19チャンピオンとなり、デビュー。ハイテンションキャラクターを活かしてバラエティ番組活躍し、「あばよ!」のキメ台詞大ブレイク俳優としても数多くドラマ、映画に出演している。
代表作品1年1983~1997
代表作品1TBSふぞろいの林檎たちシリーズ
代表作品2日本テレビ火曜サプライズ
代表作品3年2017
代表作品3映画『猿の惑星 聖戦記』声
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
神奈川県出身のタレント  沼倉絵里子  萩原聖人  浜田晃  柳沢慎吾  鈴木拓  石村知子

柳沢慎吾

以下の映画柳沢慎吾関連しています。
エムエフボックス
デコトラの鷲」フィルムパートナーズ
デコトラの鷲}フィルムパートナーズ
デコトラの鷲」フィルムパートナーズ


柳沢慎吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/27 08:13 UTC 版)

柳沢 慎吾(やなぎさわ しんご、1962年3月6日 - )は日本お笑いタレントコメディアン俳優。本名同じ。神奈川県小田原市出身。立花学園松田高等学校卒業。血液型はAB型。身長は167cm。愛称は「慎吾ちゃん」。ハーキュリーズ所属。




注釈

  1. ^ 2004年には『ドランクドラゴン』の特番の企画において、四半世紀ぶりに相方の勤務先の陸上自衛隊で再結成された。
  2. ^ バラエティ『慎吾のいい夢見ろヨ!』(日本テレビ系列)が放送されていたほどである。
  3. ^ 2006年7月8日放送。
  4. ^ 「チョメチョメ」は「アイ・アイゲーム」における山城の得意フレーズではあるが、それ以外の番組ではまず発しない言葉であった。
  5. ^ 『スペショル』またウルトラマンオーブで使用している通信機のシーンは前述のひとり警視庁24時を元にしている。

出典

  1. ^ ひと インタビュー第百二十八回”. どらく. 朝日新聞社 (2009年12月4日). 2010年1月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。
  2. ^ 週刊朝日』増刊「2008甲子園Heros」(朝日新聞出版)実録柳沢慎吾が行く「クライマックス甲子園」
  3. ^ “ベスト盤発売の柳沢慎吾 肩書きは俳優? タレント? 芸人?”. NEWSポストセブン (小学館). (2014年9月29日). https://www.news-postseven.com/archives/20140929_278796.html 2020年6月27日閲覧。 
  4. ^ 雑誌『週刊ベースボール』2008年8月11日号 「CULTURAL REVIEW About BASEBALL」67ページ
  5. ^ “【動画あり】何度見ても名人芸! 柳沢慎吾さんが「日本一長い始球式」でスタジアムを爆笑の渦に包み込む”. ロケットニュース24. (2015年8月10日). https://rocketnews24.com/2015/08/10/618768/ 2020年6月27日閲覧。 
  6. ^ 花咲徳栄出身なのに…DeNA・楠本、試合前に横浜高の校歌熱唱”. SANSPO.COM(サンスポ) (2019年6月10日). 2019年7月14日閲覧。
  7. ^ “柳沢慎吾、豪華20分「甲子園実況」/写真特集”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年6月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201906090000325.html 2019年7月14日閲覧。 
  8. ^ “ひとりごと 柳沢慎吾”. ZAKZAK. (2005年12月3日). オリジナルの2005年12月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051207060426/http://www.zakzak.co.jp/hitorigoto/20051203.html 2020年6月27日閲覧。 
  9. ^ 『スペショル』116 - 122p
  10. ^ 柳沢慎吾のBAZOOKA!!!ジャック”. BSスカパー! (2015年4月20日). 2015年4月26日閲覧。
  11. ^ みどころ|マチ工場のオンナ|NHK ドラマ10”. 2018年1月22日閲覧。
  12. ^ 宮部みゆき×内田有紀 突然現れた怪物にどう立ち向かう?”. プレミアム スペシャル時代劇「荒神(こうじん)」. NHK (2017年5月16日). 2018年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月27日閲覧。
  13. ^ “内田有紀、NHK時代劇で新境地 VFX駆使した主演作は「未知の部分が多かった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2104482/full/ 2018年1月29日閲覧。 
  14. ^ 柳沢慎吾、“警視庁参事官”役で仮面ライダー出演 お決まりネタ&笑顔を封印”. ORICON (2015年6月10日). 2015年6月10日閲覧。
  15. ^ “柳沢慎吾「いい夢見てるよ!」53歳で映画初主演”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年2月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1604787.html 2016年2月15日閲覧。 
  16. ^ 映画『ピン中!』公式サイト”. 「ピン中!」影山塾. 2016年2月15日閲覧。
  17. ^ “柳沢慎吾「自信が確信に変わった」時代劇初主演で会心演技 10月公開予定映画「応天門の変」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年6月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/27/kiji/20200626s00041000470000c.html 2020年6月27日閲覧。 
  18. ^ 柳沢慎吾 アフレコ初挑戦でハリウッド色気!?「バカにした連中見返してやる」”. スポニチ (2015年7月9日). 2015年7月9日閲覧。
  19. ^ “「ワイスピ」最新作で声優抜てきの柳沢慎吾、数億円の劇中車と“対面”し大興奮”. 映画.com (映画.com). (2017年4月12日). http://eiga.com/news/20170412/15/ 2017年4月27日閲覧。 
  20. ^ “柳沢慎吾が「猿の惑星」新作でチンパンジーの吹替担当「ピッタリだな!」”. 映画ナタリー. (2017年8月1日). http://natalie.mu/eiga/news/242982 2017年8月1日閲覧。 
  21. ^ “葬儀社アーバンフューネスのイメージキャラクターに柳沢慎吾さんが就任! WEB動画「父の葬儀」篇、「余命宣告」篇を7月1日(月)より公開!” (プレスリリース), 葬儀社アーバンフューネス, (2019年7月2日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000010223.html 2020年6月27日閲覧。 
  22. ^ 葬儀の不安にアーバンよ!”. アーバンフューネス. 2019年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月27日閲覧。
  23. ^ 真田広之、中井貴一 、柳沢慎吾の50代トリオがCM共演 アドリブ全開の台詞回しに注目”. ORICON (2015年5月16日). 2015年9月16日閲覧。
  24. ^ “柳沢慎吾、石立鉄男さんCM“後継者”に喜び「お前はどこのわかめじゃ?」”. ORICON STYLE. (2016年3月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2068577/full/ 2016年3月16日閲覧。 
  25. ^ 明日のレモンサワー サントリー ブランドサイト”. 2017年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月27日閲覧。


「柳沢慎吾」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「柳沢慎吾」の関連用語

柳沢慎吾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



柳沢慎吾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの柳沢慎吾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS