ロマンスとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > ピティナ・ピアノ曲名 > ロマンスの意味・解説 

ロマンス

英語表記/番号出版情報
アラン:ロマンスRomance作曲年: 1932年 
シマノフスカ, マリア・アガタ:ロマンスRomance出版年: 1820年  初版出版地/出版社Leipzig 
バックス:ロマンスA Romance作曲年: 1918年  出版年: 1919年  初版出版地/出版社: Ascherberg 
ソーゲロマンス ハ長調Romance en ut作曲年: 1929年  出版年: 1930年  初版出版地/出版社: Rouart-Lerolle 
ベネットロマンス ロ短調Romance in B minor作曲年: 1836年 
ロジェ=デュカス:ロマンスRomance作曲年: 1923年  出版年: 1923年  初版出版地/出版社Durand 
フィールドロマンス 変ホ長調Romance in E flat major H.30出版年: 1816年  初版出版地/出版社Leipzig 
セーヴェルーロマンス ハ短調Romance in C minor
ペインロマンス ハ短調Romance in C minor Op.12作曲年: c1868年  出版年: 1869年  初版出版地/出版社Boston 
ペインロマンス 変ニ長調Romance in D flat major Op.39作曲年: c1882年  出版年: 1883年  初版出版地/出版社Boston 
チェルニーツェルニー):ロマンスRomance Op.70
シャミナード:ロマンスRomance Op.137
オベール, ルイ:ロマンスRomance Op.2作曲年: 1897年  出版年: 1897年  初版出版地/出版社Durand  献呈先: DÉD à Mme Cabanette
シラス:ロマンスRomance Op.64
シラス:ロマンスRomance
シラスロマンス ヘ長調Romanze, F-dur
メリカント, オスカル:ロマンスRomance Op.12
ラフマニノフロマンス ヘ短調Romance作曲年: 1890年 
ラフマニノフロマンス イ短調Romance作曲年: 1888-90年 
リスト:ロマンスRomance S.169 R.66a作曲年: 1848年  出版年: 1849年 
タイユフェール:ロマンスRomance作曲年: 1913年  初版出版地/出版社: Ed. Max Eschig 
フィビヒフィビフ):ロマンスRomance Op.10作曲年: 1879年 
ローゼンハイン:ロマンスRomanze出版年: 1874年  献呈先: Bernard Cossmann
ナープラヴニーク:ロマンスRomance Op.51-1
ラフマニノフロマンス ト長調ピアノ連弾のための)Romance作曲年: 1894頃年 
ヴォーン・ウィリアムズ:ロマンスRomance作曲年: 1951年 
武満 徹:ロマンス作曲年: 1949年 
諸井 三郎:ロマンス作曲年: 1930年 
シュミット, フランツ:ロマンスRomanze作曲年: 1922年 

シューマン, クララ:ロマンス イ短調

英語表記/番号出版情報
シューマン, クララ:ロマンス イ短調Romanze作曲年: 1853年  出版年: 1986年 

作品解説

執筆者: PTNA編集部

作品21のロマンスと同じ頃、ロマンスの4曲目として盲目友人ロザーリエ・レーザーのために作曲された。なぜこの曲だけが、他のロマンスと共にまとめられ作品番号与えられることがなかったのかは分かっていない。そして、他の3曲に遅れること約100年。ようやく1986年ヘンレ社から初め出版された。
透き通るような美しさをもつロマンスだが、どことなく寂しげでもある。左手の3連符が半音階的に動くイ長調中間部明るさの中でもふとした瞬間陰り見せるところは、いかにもクララらしい。


チャイコフスキー:ロマンス ヘ短調

英語表記/番号出版情報
チャイコフスキー:ロマンス ヘ短調Romance  Op.5作曲年: 1868年  出版年: 1868年  初版出版地/出版社Jurgenson 

作品解説

2007年12月 執筆者: 和田 真由子

チャイコフスキーピアノ曲はあまり知られていないが、その作品の数は非常に多く、現在残されているものだけでも百曲にも及ぶ。作曲家として、また音楽院教官として活動をはじめた頃、とりわけ1867年から1872年にかけて、チャイコフスキー多くピアノの小品次々作曲している。その中の一曲が《ロマンス ヘ短調》作品5である。1868年作曲され、チャイコフスキー想いをよせていたメゾ・ソプラノ歌手デジレー・アルトーに献呈された。演奏所時間は約5分。
ヘ短調、4分の拍子アンダンテ・カンタービレで歌われる悩ましげな旋律は、ポリフォニック発展をみせている。彼女を求めてやまないチャイコフスキー熱い想い感じられる。中間部は、アレグロ・エネルジーコ。力強く情熱的に。横の流れ中心になっている第1、第3部とは対照的に、縦のリズミカル刻みが曲をひきしめている。和音内声響き充実させて奏する


シューマン, クララ:ロマンス ロ短調

英語表記/番号出版情報
シューマン, クララ:ロマンス ロ短調Romanze作曲年: 1855?年  出版年: 1976年  初版出版地/出版社: Müller 

作品解説

執筆者: PTNA編集部

ウィーン楽友協会にある自筆譜には、「1855年クリスマス」と書かれているものの、おそらく1855年ブラームス誕生日のために書かれたものと思われる。曲の最後には「愛の想いをこめて!クララ」という言葉添えられている。彼女の日記には、この曲をブラームスのために、彼がローベルト入院しているエンデニッヒを訪問していた1855年4月2日作曲したこと、そして「私はそれを書いた時、とても悲しい気分だった。」ことが記されている。


ロマンス


ロマンス

作者磯崎なお

収載図書決戦は日曜日
出版社青磁ビブロス
刊行年月1995.12
シリーズ名ビーボーイノベルズ


ロマンス


ロマンス

作者小池真理子

収載図書奇妙な恋の物語
出版社光文社
刊行年月1998.3
シリーズ名光文社文庫

収載図書薔薇船
出版社早川書房
刊行年月1999.9

収載図書迷宮
出版社祥伝社
刊行年月2002.6
シリーズ名祥伝社文庫

収載図書薔薇船
出版社早川書房
刊行年月2003.10
シリーズ名ハヤカワ文庫JA


ロマンス

名前 RomanceRomans

ロマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/11 06:24 UTC 版)

ロマンス (romance) は、本来は「ローマ的」という意味。中世ヨーロッパでは、正式な古典文化を意味する「ラテン」に対し「民衆のもの(俗ラテン的という意味で)」という意味合いがあり、そこから以下のような意味が派生した。




「ロマンス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロマンス」の関連用語

ロマンスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロマンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロマンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS