献呈とは?

けんてい【献呈】


けん‐てい【献呈】

[名](スル)物を差し上げること。

[補説] 作品別項。→献呈


リスト:献呈(シューマン)

英語表記/番号出版情報
リスト:献呈(シューマンWidmung S.566 R.253作曲年: 1848年 

作品解説

2009年5月 執筆者: 岡田 安樹浩

ロベルト・シューマン歌曲集ミルテの花op.25の第1曲「献呈Widmung」をリストピアノ独奏用に編曲したものである。
原曲リュッケルトによる無題の詩に作曲したもので、原詩は6行が1まとまりの2詩節からなっている。

Du meine Seele, du mein Herz,
Du meine Wonn', o du mein Schmerz,
Du meine Welt, in der ich lebe,
Mein Himmel du, darein ich schwebe,
O du mein Grab, in das hinab
Ich ewig meinen Kummer Gab!

Du bist die Ruh, du bist der Frieden,
Du bist vom Himmel mir beschieden.
Dass du mich liebst, macht mich mir wert,
Dein Blick hat mich vor mir verklart,
Du hebst mich liebend &uumlber mich,
Mein guter Geist, mein bress'res Ich!

きみこそはわが魂よ、わが心よ、
きみこそはわが楽しみ、わが苦しみよ、
きみこそはわが生を営む世界よ、
きみこそはわが天翔ける天空よ、
きみこそはわが心の悶え
とこしえに葬ったわが墓穴よ。

きみこそはわが安らぎよ、和みよ、
きみこそは天から授かったものよ、
きみの愛こそわが価値を悟らせ、
きみの眼差しこそわが心をきよめ、
きみの愛こそわれを高めるものよ、
わが善い霊よ、よりよいわが身よ。

志田麓訳、『シューマン歌曲対訳全集』、音楽之友社より)


詩はAABBCCの形で対韻を踏んでいるが、ヤンブス特有の行頭アクセント転置頻繁に起こっており、シューマンもこれに敏感反応して歌唱旋律作曲している。
また、「D」の音が圧倒的に多いことも、この詩全体特徴である(「Du君」、「Dein君の」の他、定冠詞の「Der」や「Das」なども効果的に用いられている)。
さらに、シューマン作曲にあたって楽曲を3部構成とするために、第2詩節の後にもう1度第1詩節をくり返しなおかつ最後の1行を第2詩節最終行と取り替えている。
変イ長調で第1詩節作曲し、第2詩節ホ長調(同主短調VI度調の異名同音読み替え)で開始しており、変イ音を嬰ト音、変ホ音を嬰ニ音へと読み替えたこの転調は、第2詩節終わり2行目で再び変イ長調戻り冒頭再現準備する役目を果たしている。
1・3部が8分音符付点リズムによる伴奏主体になっているのに対し、第2部は4分3連音符伴奏基調としている。歌唱旋律第1部では律動的跳躍の多いのに対し、第2部では音価長く順次進行多用されており、宗教曲のような趣さえある。これは「Ruh憩い」や「安らぎFrieden」といった歌詞内容に対応してのことかもしれない。
歌詞言葉に対応した音楽作りは、第1詩節に対して作曲した第1部多く見られる。たとえば、「Schmerz苦しみ」に当てられた短三和音(同主短調からの借用和音)、「Grab墓」に当てられた減七和音(同主短調から借用した属九和音根音省略)などがあげられる。さらに、「Ewig永遠に」に当てられた旋律線は、単語発音上のアクセントは「E」であるが、「wig」の方が強調されるように作られており、和声も「E-」にはIV度調のドミナント(属七和音)→IV長三和音)が当てられているのに対し、「-wig」には減三和音(同主短調から借用したII)がぶつけられている。

リストはこの歌曲ピアノ独奏編曲するにあたって、まず前奏を1小節から3小節へと拡大した。そして、歌曲では12小節だった第1部を、同旋律内声部に移し反復させることによって2倍に拡大し、さらに5小節後奏挿入した。この拡大は、再現にあたる第3部の最後華やかに飾るための布石である。
原曲では切れ間無く第2部に入るのに対し、リスト一度休止を挟んで第2部に入るように改変しており、これによって調性隔たり響き差異際立つことになる。
第2部から第3部への移行に際しても、1小節アルペジオ挿入することで一層幻想的表現獲得している。
第3部では歌唱旋律内声部に置かれ、伴奏形も16分音符アルペジオへと変容している。
そして第3部後半では、第2部で用いられていた4分3連音符伴奏形に支えられて、fff華やか主旋律変容反復するが、原曲同様のコーダへと収束する。しかしここでも音楽は1小節ほど引き延ばされ、原曲では終止和音が2拍目(弱拍)に置かれているに対してリストはこれを1拍目(強拍)へと移している。


献呈

英語表記/番号出版情報
ブリッジ:献呈A Dedication作曲年: 1926年  出版年: 1928年  初版出版地/出版社: Augener 
ラウル:献呈Dedication

献辞

(献呈 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 09:16 UTC 版)

献辞(けんじ)は、著作物を献呈することを示すことばである。献詞(けんし)、献辞文




「献辞」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「献呈」の関連用語

献呈のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



献呈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの献辞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS