初演とは? わかりやすく解説

しょ‐えん【初演】

読み方:しょえん

[名](スル)初め上演演奏すること。「この戯曲一九四九年に—された」「本邦—」

「初演」に似た言葉

初演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/20 08:09 UTC 版)

初演(しょえん)とは、ある作品が公の前で初めて披露(上演・演奏)されることをいう。特にクラシック音楽演劇の世界でよく使用される言葉である。なお、演劇では英語のプレミアという言葉もよく使われる。




「初演」の続きの解説一覧

初演(2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 05:42 UTC 版)

オカンの嫁入り」の記事における「初演(2010年)」の解説

舞台さくら色 オカンの嫁入り』は、2010年9月16日 - 26日東京紀伊國屋サザンシアターにて、2010年10月8日 - 9日大阪サンケイホールブリーゼにて上演キャッチコピーは「オカン再婚相手は、美しい「捨て男」だった」。 2010年11月1日には公演収録したDVDがシーエイティプロデュースより発売された。

※この「初演(2010年)」の解説は、「オカンの嫁入り」の解説の一部です。
「初演(2010年)」を含む「オカンの嫁入り」の記事については、「オカンの嫁入り」の概要を参照ください。


初演(The Last Valentine)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 16:51 UTC 版)

ホス探へようこそ」の記事における「初演(The Last Valentine)」の解説

ミュージカルホス探へようこそ The Last Valentine』のタイトルで、2016年2月新宿シアターサンモール公演脚本・演出は、まつだ壱岱原作完結後のドラマ描いたキャスト 主要キャストについては「#登場人物を参照 香夜 - 吉田宗洋 マリィ - 梅田悠 日陽 - 菅沼もにか 火虎 - 山﨑勝之 月 - 今田竜人 星 - 横田一 竜 - 小栗アイリス - 安藤遥 アネモネ - 相田瑠菜 デイジー - 河東杏樹アイドルカレッジ) 日陽の母 - すずきぺこ

※この「初演(The Last Valentine)」の解説は、「ホス探へようこそ」の解説の一部です。
「初演(The Last Valentine)」を含む「ホス探へようこそ」の記事については、「ホス探へようこそ」の概要を参照ください。


初演(第1番)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 15:15 UTC 版)

室内音楽 (ヒンデミット)」の記事における「初演(第1番)」の解説

1922年7月バーデンバーデンドナウエッシンゲン音楽祭にて行われた

※この「初演(第1番)」の解説は、「室内音楽 (ヒンデミット)」の解説の一部です。
「初演(第1番)」を含む「室内音楽 (ヒンデミット)」の記事については、「室内音楽 (ヒンデミット)」の概要を参照ください。


初演(1877年・レイジンゲル版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 07:00 UTC 版)

白鳥の湖」の記事における「初演(1877年・レイジンゲル版)」の解説

1877年3月4日ロシア旧暦2月20日)、ボリショイ劇場において、レイジンゲル振付による4幕のバレエ白鳥の湖』が初演された。 主演のオデット役(オディール役と一人二役)はダブルキャストで、初日から3回はペラゲーヤ・カルパコワが、4回目はアンナ・ソベシチャンスカヤが演じた。この公演は、振付舞台美術ダンサー指揮者などの水準低かったことや、従来バレエ音楽とは異なチャイコフスキー高度な楽曲観客理解されなかったことから不成功に終わったというのが通説である。しかし、完全な失敗だったという説には疑問呈されており、実際には観客評判賛否両論であったこと、初演以降繰り返し上演されており一定の人気を集めていたこと、などが指摘されている。 レイジンゲル版『白鳥の湖』は41上演されたが、1883年1月の上演を最後にボリショイ劇場レパートリーから外されてしまった。その背景には、当時ボリショイ劇場経費人員削減進められていたという事情があると考えられている。その後1888年プラハ第2幕抜粋上演が行われるなど、再演試みはあったものの、本格的な全幕復活上演は、後述するプティパイワノフ版まで待たなければならなかった。 なお、初演版に関しては、オディールが踊る「黒鳥グラン・パ・ド・ドゥ」の追加にまつわるエピソード有名である第2キャストとして主演したソベシチャンスカヤは、自分の見せ場増やすため、レオン・ミンクス追加楽曲作らせたが、そのこと知ったチャイコフスキー猛反対し、自ら作った新曲挿入した。この曲は上演後しばらく忘れられていたが、1953年再発見され、ウラジーミル・ブルメイステル(英語版)による新演出版『白鳥の湖』で一部用いられたほか、ジョージ・バランシンの『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』(1960年)で全曲使用された。

※この「初演(1877年・レイジンゲル版)」の解説は、「白鳥の湖」の解説の一部です。
「初演(1877年・レイジンゲル版)」を含む「白鳥の湖」の記事については、「白鳥の湖」の概要を参照ください。


初演(舞台)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 15:17 UTC 版)

しゃばけ」の記事における「初演(舞台)」の解説

2013年4月20日から29日にかけて東京赤坂ACTシアター同年5月7日から12日にかけて大阪・新歌舞伎座同年5月15日金沢金沢歌劇座会場公演された。 キャスト 一太郎沢村一樹 佐助マギー 仁吉山内圭哉 栄吉宇梶剛士 お春臼田あさ美 之介:高橋光臣 おたえ:麻実れい アンサンブル阿知波悟美久保酎吉池田有希子西村直人星野園美金井良信、孔大維水谷悟、根本大介 スタッフ 原作畠中恵しゃばけ』(新潮文庫刊) 脚本・演出鄭義信 音楽久米大作 企画協力新潮社 主催WOWOW / イープラス / TBS東京公演)、新歌舞伎座大阪公演)、北國新聞社金沢公演企画製作アトリエ・ダンカン

※この「初演(舞台)」の解説は、「しゃばけ」の解説の一部です。
「初演(舞台)」を含む「しゃばけ」の記事については、「しゃばけ」の概要を参照ください。


初演 (2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 14:52 UTC 版)

泥棒役者」の記事における「初演 (2006年)」の解説

2006年西田征史脚本・演出で、劇団たいしゅう小説家第10回公演として初演された。主演片桐仁きたろう9月9日 - 18日東京芸術劇場ホール2で、9月23, 24日神戸オリエンタル劇場で上演西田は「『泥棒』というネガティブな要素与えポジティブな影響」という構造を基に脚本手がけ、「からっと笑え元気が出る芝居」を制作西田にとっては本作と、同時期脚本手がけた映画ガチ☆ボーイ』(2008年公開) が飛躍きっかけとなった。 以下、キャストスタッフ劇団たいしゅう小説家ホームページより。

※この「初演 (2006年)」の解説は、「泥棒役者」の解説の一部です。
「初演 (2006年)」を含む「泥棒役者」の記事については、「泥棒役者」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「初演」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「初演」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

初演のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



初演のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの初演 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオカンの嫁入り (改訂履歴)、ホス探へようこそ (改訂履歴)、室内音楽 (ヒンデミット) (改訂履歴)、白鳥の湖 (改訂履歴)、しゃばけ (改訂履歴)、泥棒役者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS