上演とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 上演 > 上演の意味・解説 

じょう‐えん〔ジヤウ‐〕【上演】

読み方:じょうえん

[名](スル)観客見せるために劇などを舞台で演じること。「新作を—する」


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 05:31 UTC 版)

蟻通」の記事における「上演」の解説

宝生流喜多流江戸時代前期から、観世流と金剛流は江戸時代後期から、金春流明治時代になってから上演している。

※この「上演」の解説は、「蟻通」の解説の一部です。
「上演」を含む「蟻通」の記事については、「蟻通」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/28 16:02 UTC 版)

武勲詩」の記事における「上演」の解説

武勲詩ジョングルールたちによって(ある時通りすがり聴衆に、ある時はおそらくもっと公式な場で)詠唱された。ジョングルールたちは時には仲間一緒に、あるいは中世フィドルヴィエール)の伴奏をつけて歌ったいくつかの写本中にはジョングルールに対しての歌をやめるようにとの注意脅迫翌日続けるという約束金銭贈り物要求などが書かれている当時は紙が大変高価だったので、すべてのジョングルールが(原稿を)読むことはできず、おそらく、歌が書きとめられた後でさえ、多くのジョングルールたちは口誦伝統頼ったではないかと思われる武勲詩伝統において、口誦によって演じることが暗示するものは、詩行、(とくに初期の例では)全スタンザこのうえなく顕著な口誦詩(Oral poetry)の決まり文句で、ジョングルールたちが演じ中で詩を構築すること、観客簡単に新しテーマ把握することを可能にしたということである。

※この「上演」の解説は、「武勲詩」の解説の一部です。
「上演」を含む「武勲詩」の記事については、「武勲詩」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 10:16 UTC 版)

ザ・カーマン」の記事における「上演」の解説

本作は、マシュー・ボーンカンパニーであるアドベンチャーズ・イン・モーション・ピクチャーズ(英語版)で製作された。当時副題は「オートエロティックなスリラー」とされ、2000年5月16日イングランドプリマスにあるシアター・ロイヤルプリマス)(英語版)で初演された。また、同年9月にはロンドンオールド・ヴィック・シアター でも上演された 。 イギリスでは、チャンネル4本作テレビ用収録し2001年クリスマス放映した後にDVD化された映像版の主要キャストは、スコット・アンブラー(ディノ)、サラン・カーテン(ラナ)、アラン・ヴィンセント(ルカ)、エタ・マーフィット(英語版)(リタ)、ウィル・ケンプアンジェロ)である 。 2001年夏にはロサンゼルス上演されその後ニューヨークでも上演予定だったが、2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件の影響中止された[要出典]。 2007年には、ボーン現行のカンパニーであるニュー・アドベンチャーズ(英語版)で、「ビゼーカルメン新たに描く」の副題の下で再演され、6月18日から11月17日までイギリスツアーが行われた。 2015年再演時は、4月16日ツアー開始し8月8日サドラーズウェルズ劇場予定より1日早く上演を終了した。これは、ルカ役のジョナサン・オリヴィエ(英語版)がバイク事故死去しためである2016年3月1日からは世界中で映画公開された本作は、最も人気があるボーン作品のうちの1つであり、広く称賛を浴びてきた 。批評家からは、「演劇的魅力振付魅力溢れている」、「欲望沸き立つ」、「フィルム・ノワール要素をすべて備えたテンポのよいスリラー」などと評されている。

※この「上演」の解説は、「ザ・カーマン」の解説の一部です。
「上演」を含む「ザ・カーマン」の記事については、「ザ・カーマン」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/16 09:19 UTC 版)

34丁目の奇跡Here's Love〜」の記事における「上演」の解説

ブロードウェイにおいて、スチュアート・オストロウ演出マイケル・キッド振付により、2回のプレビュー公演後、シューバート・シアターにて1963年10月3日より1964年7月25日まで、本公演334回が上演された。主なキャストには、ローレンス・ネイスミス、ジャニス・ペイジ, クレイグ・スティーヴンズ、リサ・カーク、フレッド・グイン, マイケル・ベネット、バーヨーク・リーがいる。当初演出ノーマン・ジュイソンだったが、リハーサル中にプロデューサーであったオストロウに交代したMTI Shows によると、このミュージカルは『It's Beginning to Look a Lot Like Christmas』とタイトル変更されている。『It's Beginning to Look a Lot Like Christmas』という歌は1951年メレディス・ウィルソン作曲したものであり、このミュージカル使用されている(ただし、オリジナルのブロードウェイ上演リストには含まれていない)。

※この「上演」の解説は、「34丁目の奇跡〜Here's Love〜」の解説の一部です。
「上演」を含む「34丁目の奇跡〜Here's Love〜」の記事については、「34丁目の奇跡〜Here's Love〜」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 22:08 UTC 版)

すべての犬は天国へ行く」の記事における「上演」の解説

リメイク版ネルケプランニング松田誠によって提案され発表に伴い脚本担当したケラリーノ・サンドロヴィッチアイドルアイドルでなくなるかもしれないことを悩み考え抜いた結果、「なによりああした世界いながらこうした作品挑んでくれたことを評価。が、問題挙げればキリがない」と振り返った劇中には過激な表現暴力的な描写含まれリメイク版担当した乃木坂46桜井玲香松村沙友理ラブシーン演じ舞台初挑戦となる生駒里奈は、決意表明として、役作りのために前髪切った

※この「上演」の解説は、「すべての犬は天国へ行く」の解説の一部です。
「上演」を含む「すべての犬は天国へ行く」の記事については、「すべての犬は天国へ行く」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 21:06 UTC 版)

カリギュラ (戯曲)」の記事における「上演」の解説

1945年9月26日パリのエベルトー座にて初演演出はポール・エルトリー、主演ジェラール・フィリップ当時まだ若手無名役者だったフィリップ好演もあって記念碑的な成功収め50年代にも様々な役者繰り返し再演された。日本初演は1968年劇団こだま公演

※この「上演」の解説は、「カリギュラ (戯曲)」の解説の一部です。
「上演」を含む「カリギュラ (戯曲)」の記事については、「カリギュラ (戯曲)」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 01:51 UTC 版)

ハングメン」の記事における「上演」の解説

ハングメン』は劇作家マーティン・マクドナーによる作品である。芝居舞台は主に1963年オールダムで、イギリスにおける死刑廃止中心に展開する2015年7月15日ロイヤル・コート劇場芸術監督であるヴィッキー・フェザーストンが、本作ロイヤル・コート劇場2015年シーズンにて世界初演が行われると発表した。『ピローマン』がナショナル・シアター初演され以来、はじめてマクドナー芝居ロンドン初演されることとなったマクドナー2000年に『ウィー・トーマス』をロイヤル・コート劇場提出したが上演を断られており、マクドナーはこのことに強い不快感抱いていたが、ロイヤル・コート劇場スタッフ陣が入れ替わったこともあり過去恨み捨てることにしたと述べている。『ハングメン』は2015年9月10日プレビュー開始となり、公式には9月18日開演し、10月10日まで期間限定上演された。 演出はマシュー・ダンスターが担当し殺陣指導はケイト・ウォーターズが、舞台装置デザインはアンナ・フレイシュルが、照明デザインはジョシュア・カーが、音響デザインはイアン・ディキンソンが担当した初演の後ウェストエンドウィンダム劇場引っ越し2015年12月1日プレビュー開始した後、12月7日から正式に開演し、2016年3月5日まで上演された。休憩1回はさんで2時間30分の上演だった。

※この「上演」の解説は、「ハングメン」の解説の一部です。
「上演」を含む「ハングメン」の記事については、「ハングメン」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/07 14:58 UTC 版)

リリオム」の記事における「上演」の解説

1909年ブダペスト初演1912年ベルリンでの公演では不評だったが、1913年ウィーン公演から人気を集めブダペストベルリンでの再演のほか、各地演じられるようになった1921年にはニューヨークジョセフ・シルドクラウト主演)、1926年にはロンドンアイヴァー・ノヴェロ, チャールズ・ロートンほか)で舞台化され、日本でも1926年近代劇場によって初演され以来1927年築地小劇場1933年築地座による上演 (いずれも友田恭助主演) をはじめとして、さまざまな劇団によって繰返し上演されている。 映像化幾度かされ、1930年にはフランク・ボーゼイギが、1934年にはフリッツ・ラング映画リリオム』を製作している。1940年にはブロードウェイバージェス・メレディス. イングリッド・バーグマンエリア・カザンにより再演され、1945年には『回転木馬 (ミュージカル)』の題でブロードウェイミュージカルとなり、1956年には同名の映画作られた。同ミュージカルは、1950年より宝塚歌劇団でも何度か上演されている。 2011年にはジョン・ノイマイヤーバレエ化ハンブルク・バレエ団アリーナ・コジョカル主演)により初演された。

※この「上演」の解説は、「リリオム」の解説の一部です。
「上演」を含む「リリオム」の記事については、「リリオム」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 18:06 UTC 版)

NANTA」の記事における「上演」の解説

それまで韓国非言語劇が上演され事がなかったことに加え著名な俳優出演者名を連ねていなかったため、初演時は上演場所の確保困難な状況であったソン・スンファン劇場担当者舞台稽古見せながら内容説明して理解求めたり観客集めるために無料招待券を配ったり日本の旅行代理店掛け合い韓国旅行ツアーコースNANTA鑑賞加えてもらったりしたという。しかし上開始から10日間で好意的な評価を得るようになり、チケット完売するようになった1999年にはエディンバラ・フェスティバル・フリンジ出品、これが同作初の韓国国外での公演となった開催国イギリス・スコットランドメディアから好意的評価を受け、最優秀演技のひとつ受賞した。また同芸術祭上演する際の契約金により、ソン・スンファンは製作・上に際して作った借金全額返済する事ができたという。2003年からはアメリカへ進出同年9月よりオフ・ブロードウェイのニュー・ビクトリー劇場英語版)、翌2004年にはミネッタ・レーン劇場英語版)で上演を開始した。ミネッタ・レーン劇場で公演は約1年半続けられたという。

※この「上演」の解説は、「NANTA」の解説の一部です。
「上演」を含む「NANTA」の記事については、「NANTA」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 06:44 UTC 版)

くちづけ (宅間孝行)」の記事における「上演」の解説

劇団東京セレソンデラックス」の10周年記念作品として2010年7月から10月初演宅間主宰演劇プロジェクトTAKUMA FESTIVAL JAPANタクフェス)」により第3弾公演として2015年10月から12月に、また第8弾公演として2020年10月から11月再演予定

※この「上演」の解説は、「くちづけ (宅間孝行)」の解説の一部です。
「上演」を含む「くちづけ (宅間孝行)」の記事については、「くちづけ (宅間孝行)」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/03 00:13 UTC 版)

真名野長者伝説」の記事における「上演」の解説

地元有志たちにより、大分方言上演されることもあるが、完璧な豊後方言上演すると、ほとんどの観客には意味が通じない為、現代方言を更に簡略化した形で行なわれることが多い。

※この「上演」の解説は、「真名野長者伝説」の解説の一部です。
「上演」を含む「真名野長者伝説」の記事については、「真名野長者伝説」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 17:35 UTC 版)

額田六福」の記事における「上演」の解説

1917年から2006年まで上演され525件の年ごと変化はつぎであって六福の才が大正末期開き昭和戦争に凋んだ経過知られる。(同じ劇団の同じ劇場における連続上演を1件、と数えている) 1917年(3件)。18年(3)19(4)21(3)22(18)23(5)24(12)25(4)26(13)27(11)28(9)29(5)30(8)31(10)32(14)33(13)34(10)35(7)36(12)37(9)38(4)39(1)40(2)41(10)42(5)43(1)44(1)1947年(3件)。以降略。 上演件数ベスト・テンは、つぎである。 『白野弁十郎』(28件)。『真如』(21)。『冬木心中(20)。『大岡越前守天一坊(9)。『小梶丸』(7)。『晩鐘(7)。『月光下に(5)。『天一坊(5)。『坊主右衛門(5)。『彼岸の夕』(4件)。

※この「上演」の解説は、「額田六福」の解説の一部です。
「上演」を含む「額田六福」の記事については、「額田六福」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 04:03 UTC 版)

ジャージー・ボーイズ」の記事における「上演」の解説

2004年10月5日から2005年1月16日カリフォルニア大学サンディエゴ校のラホヤ・プレイハウスで『ジャージー・ボーイズ』の郊外での試験興行が行なわれた。クリスチャン・ホフ、デイヴィッド・ノロナ、ダニエル・リチャード、J・ロバート・スペンサーフォー・シーズンズ演じた試験興行最後にはフランキー・ヴァリ演じたノロナは声がなくなってしまい降板せざるを得なかった。トミー・デヴィート役のオーディションを受けていたジョン・ロイド・ヤングがヴァリ役を引き継いだ2005年10月4日からブロードウェイでのプレヴュー公演始まり2005年11月6日、オーガスト・ウィルソン・シアターで正式に公演始まった出演者フランキー・ヴァリ役にジョン・ロイド・ヤング、トミー・デヴィート役にクリスチャン・ホフ、ボブ・ゴーディオ役にダニエル・リチャード、ニック・マッシ役にJ・ロバート・スペンサー当時ラホヤ・プレイハウスの芸術監督であったデス・マカナフ演出担当し、セルジオ・トゥルジロが振付担当ブロードウェイではプレビュー公演38回上演後、現在も上演し続けている。2015年2月15日現在、公演回数は3,844回に到達しブロードウェイ歴代13番目(上演中もののなかでは6番目)に長く上演され公演となった。「ジュークボックス・ミュージカル」のジャンルに限れば、「マンマ・ミーア!」(現在も上演中に次ぐロングランである。 2006年12月10日最初の全米ツアーサンフランシスコのカレン・シアターから始まり38都市巡業したフィラデルフィアのフォレスト・シアターでは8回興行記録更新した2007年5月第1回全米ツアーが行なわれている間、ニック・マッシ役のオリジナル・ブロードウェイ・キャストのスティーヴ・グーヴェイアを含む2つ目のカンパニーがカレン・シアターでデビューしその後2007年10月5日からシカゴのバンク・オブ・アメリカ・シアターでロングラン公演行なった。このシカゴ公演での出演者第59回プライムタイム・エミー賞の中でHBOの『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』のトリビュート出演した2007年11月20日から12月30日ホリデー・シーズンフランキー・ヴァリ役にリック・フォーノ、ボブ・ゴーディオ役にアンドリュー・ラネルズ、トミー・デヴィート役にブライアン・マケロイ、ニック・マッシ役にジェフ・リーボー出演でカレン・シアターで再演された。この公演出演者のほとんどがラスベガス公演オリジナル・キャストとなり、2009年5月3日日曜日、ザ・パラッゾ・ホテルに新設されたジャージー・ボーイズ・シアターで上演開始された。2012年1月1日より一時的に上演を中止し2012年3月6日からパリス・ラスベガスで再開された。 2008年2月ロンドンのプリンス・エドワード・シアターでウエスト・エンド・デビューを果たした製作チームブロードウェイ公演同じであった。出演者フランキー・ヴァリ役にライアン・モロイボブ・ゴーディオ役にスティーブン・アシュフィールド、トミー・デヴィート役にグレン・カーター、デカルロ役にスチュアート・ミリガン、ダニー/ナックルズ役にトム・ローカン。この公演ローレンス・オリヴィエ賞ミュージカル作品賞を受賞した。この公演2014年3月よりピカディリー・シアターで上演される予定である2009年7月4日メルボルンのプリンセス・シアターでオーストラリア公演開始された。出演者フランキー・ヴァリ役にボビー・フォックス、ボブ・ゴーディオ役にスティーブン・メイ、トミー・デヴィート役にスコット・ジョンソン、ニック・マッシ役にグラストン・トフト。2010年7月25日メルボルン公演終了し2010年9月、主要キャスト同じままシドニー公演開始された。2011年12月18日シドニー公演終了し2012年4月から6月17日までオークランド公演が行なわれた。 2008年秋全米ツアーの一環オンタリオ州トロントにあるトロント・センター・オブ・アーツで公演行なった際の成功により、2008年12月12日第1回全米ツアー出演者のジェレミー・カシニア、ジェニー・リー・スタンを含む、新たに採用されたほとんどがカナダ人キャストによるトロント公演開始された。2010年8月22日公演2周年記念日幕を閉じた2012年11月23日から2013年1月27日シンガポールマリーナベイ・サンズ全て南アフリカ人キャストによる世界ツアー公演が行なわれた。2013年4月3日から南アフリカ共和国ヨハネスブルグにあるモンテカジノ内ザ・シアターにて、2013年6月19日からケープタウンアートスケープにて公演予定された2013年11月13日から14日南アフリカ人キャストによる公演トルコイスタンブールにあるズール・センター・パフォーミング・アーツにて行なわれる予定である2013年9月22日ユトレヒトのベアトリクス・シアターでステージ・エンタテイメントのプロデュースによるオランダ公演開幕した。この公演では歌の部分は英語で、セリフオランダ語行なわれた。 2017年1月15日をもってブロードウェイロングラン公演千秋楽迎え予定初演からの公演数は4642公演になる予定

※この「上演」の解説は、「ジャージー・ボーイズ」の解説の一部です。
「上演」を含む「ジャージー・ボーイズ」の記事については、「ジャージー・ボーイズ」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:10 UTC 版)

シングルマザーズ」の記事における「上演」の解説

2011年2月20日 - 3月27日東京芸術劇場 小ホール1公演期間中3月11日東日本大震災発生し11日から13日の4ステージ中止となった16日からの再開後の公演では上演前に永井客席挨拶し演劇平和で安全な時だけの楽しみでありません。」とメッセージ送ったまた、4月12日宮城県のえずこホールでの公演無料で行われた

※この「上演」の解説は、「シングルマザーズ」の解説の一部です。
「上演」を含む「シングルマザーズ」の記事については、「シングルマザーズ」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 00:08 UTC 版)

リア王」の記事における「上演」の解説

初演シェイクスピア属すグローブ座であると考えられる。 だが1681年、ネイアム・テイト(Nahum Tate)によって喜劇仕立て上げられ、話の筋を大幅にハッピーエンド書き直した例えば、リア王最後に復位し道化も下品という理由で登場しない。この改変された版は以降19世紀前半まで上演され1838年にウィリアム・チャールズ・マクレディ(William Charles Macready主演演出によるオリジナルのリア王』が上演されるまで続いた

※この「上演」の解説は、「リア王」の解説の一部です。
「上演」を含む「リア王」の記事については、「リア王」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:24 UTC 版)

赤い陣羽織」の記事における「上演」の解説

記録確認できるもっとも早い上演は、1948年劇団文化座1955年1月歌舞伎座上演され今日まで歌舞伎定番レパートリーとなっている。アマチュア劇団ながら、横浜市劇団葡萄座が1959年上演している。木下繋がりのある劇団による上演としては、1963年のぶどうの会があげられる小沢昭一らの俳優小劇場も、1967年以後上演した

※この「上演」の解説は、「赤い陣羽織」の解説の一部です。
「上演」を含む「赤い陣羽織」の記事については、「赤い陣羽織」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 06:44 UTC 版)

紙屋町さくらホテル」の記事における「上演」の解説

新国立劇場こけら落としとして渡辺浩子の演出により1997年10月から11月まで初演2001年4月、故渡辺浩子演出をもとに井上ひさし自身演出担当し新国立劇場中劇場再演2003年12月こまつ座演出キャスト一新して上演、2006年にも同座再演紀伊国屋ホール各地での公演。さらにキャスト更新して2007年にも各地公演が行われた。 被爆60年2005年には劇団俳協創立45周年記念として公演行った

※この「上演」の解説は、「紙屋町さくらホテル」の解説の一部です。
「上演」を含む「紙屋町さくらホテル」の記事については、「紙屋町さくらホテル」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 04:06 UTC 版)

美藝公」の記事における「上演」の解説

2007年KUDAN Projectにより、小熊ヒデジと寺十吾による二人芝居美藝公』が名古屋東京上演され、翌2008年にはインドネシアマレーシアでも『BIGEIKOH』として上演された。このインドネシア公演は、日本文化事業のひとつとしてジャカルタ日本文化センターにより、インドネシア芸術学バンドン校で公演が行われ、マレーシア公演では、国際交流基金クアラルンプール日本文化センターにより国立芸術文化遺産アカデミー公演が行われた。

※この「上演」の解説は、「美藝公」の解説の一部です。
「上演」を含む「美藝公」の記事については、「美藝公」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 00:08 UTC 版)

ダントンの死」の記事における「上演」の解説

ダントンの死』は1910年ハンブルクにおいてレーオポルト・イェスナー(de:Leopold Jessner)の演出公式的上演された。またゴットフリート・フォン・アイネムオペラ制作しており、1947年ザルツブルク音楽祭においてフェレンツ・フリッチャイ指揮初演されている。 1918年モスクワで初演されアレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイによる翻案版もあり、これは、1929年1月26日から1月29日築地小劇場での日本のプロレタリア劇団東京左翼劇場」の第4回公演村山知義佐野碩演出村山知義装置)上演されことがある

※この「上演」の解説は、「ダントンの死」の解説の一部です。
「上演」を含む「ダントンの死」の記事については、「ダントンの死」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/17 15:34 UTC 版)

伝統芸能伝承館森舞台」の記事における「上演」の解説

毎年6月新緑薪能9月秋祭りの宵まつりに薪能演目変えて上演される伝承館舞台正面

※この「上演」の解説は、「伝統芸能伝承館森舞台」の解説の一部です。
「上演」を含む「伝統芸能伝承館森舞台」の記事については、「伝統芸能伝承館森舞台」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/20 19:53 UTC 版)

ラプソドス」の記事における「上演」の解説

ラプソドス宗教的儀式で賞を争って演じていたこと、そして、それが紀元前5世紀には既に確立していたことは明らかである『イーリアス』には、トラキア歌手タミュリス神話語られている。タミュリスは歌でムーサたちさえも負かせると豪語して、歌較べをするが敗れ、その傲りのため、歌う能力奪われるという罰を受けた歴史的に、このことについて最初に述べているのはヘーシオドスで、自分エウボイア島催されたアンピダマースの葬式の歌比べ優勝したと言っている。歌較べは『ホメーロス風讃歌の中のアポローンへの讃歌』に生き生きと叙述され、同じく2つの『アプロディーテーへの讃歌の中で言及されているが、おそらく前者デロス島で、後者キプロスのサラミスen:Salamis, Cyprus)とキュプリス・アプロディーテーの祭で歌われたものと思われるラプソドスについての歴史的に古い言及は、ヘロドトス『歴史』中に出てくる(紀元前440年頃)。シキュオンen:Sicyon)で僭主クレイステネス紀元前6世紀)が、ホメーロスの詩は敵国アルゴスアルゴス人讃美している理由でラプソドスたちを追い出した(あるいは歌比べ中止した)、という話である。『イーリアス』の中でそれに該当するアルゴス人」はギリシア兵を意味する呼び方1つであり、ホメーロスと言われるテーバイス』(en:Thebaid (Greek poem))では巻頭の第1行に「アルゴス」という言葉見られることから、より多く使われていたのかも知れない。この事件は、紀元前6世紀ペロポネソス半島ラプソドスが歌う詩が政治的・プロパガンダ重要性を持っていたことを示すものかも知れないアテナイでは、紀元前330年には既に、ラプソドスはパナシナイコ競技en:Panathenaic Games)が開催されるたびにホメーロスの詩を歌わなければいけないという法律があった。雄弁家リュクルゴスen:Lycurgus of Athens)はこの法律アテナイ栄光述べている。おそらくそのようなこと例外だったのだろう。プラトン(の作と言われてきた、しかしおらくそうではない、紀元前4世紀のものと思われる)『ヒッパルコス』(en:Hipparchus (dialogue))では、ペイシストラトスの子ヒッパルコスen:Hipparchus (son of Pisistratus))始めたと書かれているものの、実際に、いつ・誰が始めたかもわからないちなみにヒッパルコス』には、この法律ラプソドスたちに「続けられる限り順番に歌うことを要求していた。かなり後の時代ディオゲネス・ラエルティオスも、同様の法律ソロン作った記しているアテナイ法律多く初期の立法者原因でおかしなのだったが、少なくとも、ホメーロスの詩を歌うことをパナシナイコの必須としていたこと、そしてそれを順番に朗唱していたことは、紀元前4世紀時点ではきりしている。その詩は1人ラプソドス1日の上演で歌うにはあまりにも長かったのである。それでラプソドスたちは分担して、割り当てられ箇所でなければ自分歌いたい箇所、または賞を得るに値する箇所)を受け持った補足すれば、古代ギリシア詩の口承に関して、ホメーリダイ(意味はホメーロスの子供たち」。en:Homeridae参照)と呼ばれるプロ一族部族がいた。ホメーリダイは紀元前5世紀および紀元前4世紀にかけて実在しホメーロスの作と言われる詩を歌っていた。ピンダロスはホメーリダイをラプソドス中に入れている。しかし、他の文献はっきりとそのようなカテゴライズしていない

※この「上演」の解説は、「ラプソドス」の解説の一部です。
「上演」を含む「ラプソドス」の記事については、「ラプソドス」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/01 02:18 UTC 版)

ローズ・シアター」の記事における「上演」の解説

ローズ・シアター主催公演増やそうつとめている。2004年完成前劇場でサー・ピーター・ホール演出お気に召すまま』が上演された。2010年には同じホール演出により、ジュディ・デンチティターニア役に迎えて夏の夜の夢』が上演された。

※この「上演」の解説は、「ローズ・シアター」の解説の一部です。
「上演」を含む「ローズ・シアター」の記事については、「ローズ・シアター」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/24 07:36 UTC 版)

新ハムレット」の記事における「上演」の解説

本書出版されると、「新演劇研究会」にいた芥川比呂志加藤道夫らは何度も繰り返して読み上演について熱心に検討したという。1941年初夏芥川は上演の許可を求めるために青森県金木町まで太宰訪ね許可を得る実現はしなかった。 1948年昭和23年12月14日から23日まで、脚色宮田輝明演出加納浩により『亡霊失格』の題で読売ホールにて上演された。 劇団シェイクスピア・シアターによって上演されている。 2008年平成20年12月外輪能隆の演出により静岡県舞台芸術センターSPAC)で上演された。

※この「上演」の解説は、「新ハムレット」の解説の一部です。
「上演」を含む「新ハムレット」の記事については、「新ハムレット」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/06 14:46 UTC 版)

いかさま師 (オペレッタ)」の記事における「上演」の解説

いかさま師』は、3幕コミック・オペラ英語版)であり、台本はチャールズ・クレイン(英語版)が手がけ音楽ジョン・フィリップ・スーザ書いた本作は、デヴォルフ・ホッパー(英語版)の歌劇団のために書かれたもので、1898年8月29日初演された。H・Aクリップス (H. A. Cripps) が舞台監督務めたニューヨークニッカーボッカー劇場英語版)における本作ブロードウェイ公演は、9月8日から10月8日まで続いた

※この「上演」の解説は、「いかさま師 (オペレッタ)」の解説の一部です。
「上演」を含む「いかさま師 (オペレッタ)」の記事については、「いかさま師 (オペレッタ)」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 05:47 UTC 版)

出家とその弟子」の記事における「上演」の解説

出家とその弟子』は、1919年大正8年5月エラン・ヴィタール小劇場によって京都大ホール初演された。同年7月には有楽座創作劇場より上演され、11月には一燈園主催により京都公会堂でも上演された。その後1921年大正10年11月帝国劇場舞台協会が、1948年昭和23年4月には新橋演舞場木の実座が上演するなど、たびたび演じられている。ただし、原作通りで6時以上の上演時間要することから実際の公演ではかなりの部分省略されている。なお、1959年昭和34年)には、倉田百三息子倉田地三が日左衛門役を演じている。 倉田百三誘われて横浜観劇した長與善郎は「實は餘り感心したとは言へなかった。祇園茶屋とか、ある場面などでは、全く閉口したことを覚えている。」と記し亀井勝一郎は「私はこの戯曲の上演を見たが、舞台の上では必ずしも成功しない」、「これはあくまで読む戯曲だ」と評したが、各公演には多くの観客押し寄せて興行的に成功した。特に舞台協会公演でかえでを演じた岡田嘉子評判となり、岡田はこれを契機に花形女優となっていった。 初期の主要な公演配役公演親鸞唯円かえで出典1919年大正8年5月エラン・ヴィタール小劇場京都大ホール青山杉作 村田実 ? 1919年大正8年7月創作劇場有楽座林幹 村田実 音羽かね子 1919年大正8年11月一燈園京都公会堂青山杉作 村田実 ? 1921年大正10年11月舞台協会帝国劇場有楽座佐々木積 山田隆弥 岡田嘉子

※この「上演」の解説は、「出家とその弟子」の解説の一部です。
「上演」を含む「出家とその弟子」の記事については、「出家とその弟子」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 20:06 UTC 版)

ロンサム・ウェスト」の記事における「上演」の解説

1997年6月ゴールウェイのドルイド・シアター・カンパニーがロイヤル・コート劇場との協働でタウン・ホール・シアターにて初演行った1997年7月26日からロンドンロイヤル・コート劇場引っ越した三部作の他二作とともにアイルランドコークダブリン上演されたのち、ブロードウェイ初演1999年4月27日ライシアム劇場行われ1999年6月13日に本公演55回、プレビュー9回で幕を閉じたこれらの上演はすべてギャリー・ハインズが演出しヴァレン役はブライアン・F・オバーンコールマン役はメリサ・スタフォード、ウェルシュ神父役はデイヴィッド・ガンリー、ガーリーン役はドーン・ブラッドフィールドが演じたブロードウェイ版は1999年トニー賞演劇作品賞、男優賞(ブライアン・F・オバーン)、演出賞(ギャリー・ハインズ)、助演女優賞候補(ドーン・ブラッドフィールド)の候補となり、またドラマリーグ賞優秀プロダクション候補になった

※この「上演」の解説は、「ロンサム・ウェスト」の解説の一部です。
「上演」を含む「ロンサム・ウェスト」の記事については、「ロンサム・ウェスト」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 17:15 UTC 版)

恋におちたシェイクスピア (戯曲)」の記事における「上演」の解説

2011年11月に『ヴァラエティ』により、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズロンドンでソニア・フリードマン・プロダクションズとともに映画の舞台版を制作しようとしているということ報じられた。2013年11月公式に上演予定告知された。 ロンドンウェスト・エンドにあるノエル・カワード劇場で2014年7月22日初演された。ディズニー・シアトリカル・プロダクションズとソニア・フリードマン・プロダクションズが製作、デクラン・ドネランが演出、ニック・オーメロッドがデザイン、パディ・カニーンが音楽担当した初演ではデヴィッド・オークスクリストファー・マーロウトム・ベイトマンがウィル・シェイクスピア、ルーシー・ブリッグズ=オーウェンヒロインであるヴァイオラ・デ・レセップスを演じた。このプロダクションは『デイリー・テレグラフ』、『インデペンデント』、『ガーディアン』から好評博した2015年4月18日閉幕した北米初演2016年カナダオンタリオ州ストラトフォードストラトフォード・フェスティバル行われたアメリカ合衆国初演2017年2月18日オレゴン州アシュランドのオレゴン・シェイクスピア・フェスティバルで行われたロードアイランド州ポータケットにあるバーベッジ・シアターでも2018-2019年シーズン上演された。 2017年南アフリカ共和国初演ケープタウンフガード劇場で行われた。グレッグ・カーヴェラスが演出エリック・エイブラハム制作担当し、ディラン・エディがウィル・シェイクスピア役、ロクサヌ・ヘイワードがヴァイオラ・デ・レセップス役を演じた。この公演売り切れとなり、成功したために2018年ヘイワードが同じ役、ダニエル・ムピロ・リチャードがウィル・シェイクスピア役で再演された。 2017年11月14日劇団四季による日本語での上演決定発表され12月末に四季芸術センターにて劇団オーディション実施された。2018年松岡和子訳による台本用い青木豪演出上演された。2018年6月22日 - 8月26日JR東日本アートセンター自由劇場(以下自由劇場東京初演)で、2018年9月7日 - 9月30日京都劇場京都初演)で、2018年10月12日 - 11月25日自由劇場東京再演)で、2018年12月23日 - 2019年1月6日予定キャナルシティ劇場福岡初演)で上演された。

※この「上演」の解説は、「恋におちたシェイクスピア (戯曲)」の解説の一部です。
「上演」を含む「恋におちたシェイクスピア (戯曲)」の記事については、「恋におちたシェイクスピア (戯曲)」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 22:28 UTC 版)

アントニーとクレオパトラ」の記事における「上演」の解説

1931年オールド・ヴィック・シアターにおいてジョン・ギールグッドアントニー主演上演された。 1947年ブロードウェイ上演された際、クレオパトラ役のキャサリン・コーネルトニー賞受賞した1951年ブロードウェイにてローレンス・オリヴィエヴィヴィアン・リー主演上演された。 1953年ストラトフォード・アポン・エイヴォンShakespeare Memorial Theatreにてマイケル・レッドグレイヴペギー・アシュクロフト主演上演された。 1968年現代演劇協会附属劇団雲で上演。アントニー神山繁クレオパトラ岸田今日子演じた。訳:福田恆存演出荒川哲生日生劇場提携公演1986年ロンドンにてティモシー・ダルトンヴァネッサ・レッドグレイヴ主演上演された。 1999年ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーより上演された。主演アラン・ベイツ2006年ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーより上演された。主演パトリック・スチュワートハリエット・ウォルター2011年日本初演[要出典]。主演吉田鋼太郎安蘭けい演出蜷川幸雄訳詞松岡和子彩の国さいたま芸術劇場キャナルシティ劇場シアターBRAVA!公演の後、韓国のLGアートセンターの上演も予定されている。 2018年ロイヤル・ナショナル・シアターにより制作上演された。主演レイフ・ファインズソフィー・オコネドーナショナル・シアター・ライブとして映画館のスクリーンを通して中継世界各地映画館でも上映された。

※この「上演」の解説は、「アントニーとクレオパトラ」の解説の一部です。
「上演」を含む「アントニーとクレオパトラ」の記事については、「アントニーとクレオパトラ」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 09:30 UTC 版)

イギリス・ルネサンス演劇」の記事における「上演」の解説

劇団レパートリー制を採用していた。数ヶ月から数年にわたって同じ作品上演する現代劇団異なり当時劇団1つ戯曲2日続けて舞台乗せることはほとんどなかった。トマス・ミドルトンの"A Game at Chess"が1624年8月に、当局によって上演禁止となるまでの9日連続上演されことがあるが、これは政治的な意図をもった風刺劇だったためでありきわめて独特で前後例のない出来事であった当時の上活動については、1592年ローズ座におけるストレインジ一座代表例してあげることができる。2月19日から6月23日にかけて同一座は週に6日公演行なったこの間休み聖金曜日含めた3日だけである。一座23本の作品上演しいくつかの作品1度しか演じられなかったが、最も人気のあった作品"The First Part of Hieronimo"(トマス・キッドの"The Spanish Tragedy"が原案)は15上演された。同じ作品2日続けて上演したことは1度もなく、1週間のあいだに2回上演したことさえほとんどなかった。俳優たち(特にエドワード・アレンのような看板俳優)には絶大な負担かかったと考えられる特筆すべき特徴は、当時劇団男性によってのみ構成されていたということである。チャールズ2世時代まで、女性の役は若い少年俳優女装して演じていたのである

※この「上演」の解説は、「イギリス・ルネサンス演劇」の解説の一部です。
「上演」を含む「イギリス・ルネサンス演劇」の記事については、「イギリス・ルネサンス演劇」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/26 19:32 UTC 版)

エクウス」の記事における「上演」の解説

1973年ロンドンロイヤル・ナショナル・シアターRoyal National Theatre)にて初演1975年ブロードウェイトム・ハルスアンソニー・パーキンス主演上演されトニー賞受賞1975年劇団四季により日本語版が上演。 1990年劇団四季により再演市村正親日下武史主演2005年ロサンゼルスで上演。ジョージ・タケイダイサート演じた2007年2月ロンドンウエスト・エンドギールグッド劇場Gielgud Theatre)にて、ダニエル・ラドクリフ主演で上演。 2007年7月劇団四季により再演

※この「上演」の解説は、「エクウス」の解説の一部です。
「上演」を含む「エクウス」の記事については、「エクウス」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/25 10:14 UTC 版)

白毛女」の記事における「上演」の解説

初演1945年1945年開催中国共産党第七大会歓迎演目1944年初演正しくない)。秧歌劇から発展した新歌劇だった。その後1951年実写映画上映された。松山バレエ団は、1955年バレエ化し、1958年に、中国でこれを上演した1958年京劇版が上演された。その後1965年舞台バレエ上海)版が上演された。 1972年7月には中日友好協会秘書長孫平化を団長とした上海バレエ団訪日し日生劇場をはじめとして日本各地本作の上演をおこなっている。

※この「上演」の解説は、「白毛女」の解説の一部です。
「上演」を含む「白毛女」の記事については、「白毛女」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/29 08:40 UTC 版)

弘知法印御伝記」の記事における「上演」の解説

同作1685年江戸日本橋説教座で上演された。 2007年平成19年)にはドナルド・キーンにより復活上演提案され義太夫節三味線奏者5代目鶴澤浅造(のち越後太夫)と文弥人形人形遣いである西健の協力により、2009年平成21年6月柏崎市越後猿八座による古浄瑠璃越後国 柏崎 弘知法印御伝記』として復活上演された。同年新潟市、翌2010年平成22年)に東京上演され2017年6月には大英図書館でも上演された。

※この「上演」の解説は、「弘知法印御伝記」の解説の一部です。
「上演」を含む「弘知法印御伝記」の記事については、「弘知法印御伝記」の概要を参照ください。


上演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/29 08:42 UTC 版)

町人貴族」の記事における「上演」の解説

後の上演では、トルコ風演出削除されていた。 2004年音楽家ヴァンサン・デュメストル、演出家ボンジャマン・ラザール、振付師セシール・ルサにより、当時発音復元しピエール・ボーシャンバレリュリ音楽を含む完全版復興上演された。

※この「上演」の解説は、「町人貴族」の解説の一部です。
「上演」を含む「町人貴族」の記事については、「町人貴族」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「上演」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

上演

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:02 UTC 版)

名詞

 じょうえん

  1. などを披露すること。

活用

サ行変格活用
上演-する

「上演」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



上演と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

上演のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上演のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの蟻通 (改訂履歴)、武勲詩 (改訂履歴)、ザ・カーマン (改訂履歴)、34丁目の奇跡〜Here's Love〜 (改訂履歴)、すべての犬は天国へ行く (改訂履歴)、カリギュラ (戯曲) (改訂履歴)、ハングメン (改訂履歴)、リリオム (改訂履歴)、NANTA (改訂履歴)、くちづけ (宅間孝行) (改訂履歴)、真名野長者伝説 (改訂履歴)、額田六福 (改訂履歴)、ジャージー・ボーイズ (改訂履歴)、シングルマザーズ (改訂履歴)、リア王 (改訂履歴)、赤い陣羽織 (改訂履歴)、紙屋町さくらホテル (改訂履歴)、美藝公 (改訂履歴)、ダントンの死 (改訂履歴)、伝統芸能伝承館森舞台 (改訂履歴)、ラプソドス (改訂履歴)、ローズ・シアター (改訂履歴)、新ハムレット (改訂履歴)、いかさま師 (オペレッタ) (改訂履歴)、出家とその弟子 (改訂履歴)、ロンサム・ウェスト (改訂履歴)、恋におちたシェイクスピア (戯曲) (改訂履歴)、アントニーとクレオパトラ (改訂履歴)、イギリス・ルネサンス演劇 (改訂履歴)、エクウス (改訂履歴)、白毛女 (改訂履歴)、弘知法印御伝記 (改訂履歴)、町人貴族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの上演 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS