前期とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > > 前期の意味・解説 

ぜん‐き【前期】

読み方:ぜんき

一つ前時期・期間。「―の委員から事務引き継ぐ

ある期間を二つまたは三つ分けたうちの、前の方の期間。「―の試験」⇔後期


前期(第1 - 76話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:17 UTC 版)

鉄腕アトム (アニメ第1作)」の記事における「前期(第1 - 76話)」の解説

アトムが空を飛びながら、フランケンホットドッグ兵団などの悪人達を退治し最後地面立った所で画面中央に「提供 明治製菓」のテロップ映し出される。なお、インスト版は第1-30話までの使用とされているが、「恐龍人反乱の巻本放送当時録音によればこの頃にも別バージョンインスト版が使用されていたようである

※この「前期(第1 - 76話)」の解説は、「鉄腕アトム (アニメ第1作)」の解説の一部です。
「前期(第1 - 76話)」を含む「鉄腕アトム (アニメ第1作)」の記事については、「鉄腕アトム (アニメ第1作)」の概要を参照ください。


前期(2007年-2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 20:26 UTC 版)

ルノーサムスン・QM5」の記事における「前期(2007年-2011年)」の解説

2007年12月3日 - 発表同月10日発売開始当初は日産ルノー共同開発ディーゼルエンジンのみであったちなみにQM5ルノーサムスン初のディーゼル搭載車種)。韓国車として初め米国BOSE社と共同開発行ったオーディオシステム設定したほか、ISOFIX対応のリヤシートカーテンシールドエアバッグ広い面積を誇る2分割式のガラスサンルーフフロントはアウタースライド式)、インテリジェントスマートカードシステム&プッシュスタートボタン、電子式パーキングブレーキ(=E-PKB、一部グレードと6MTを除く)、三菱・アウトランダーと同様の上2分割式のリヤゲートなど様々な部分利便性安全性配慮している。 2008年7月1日 - 一部改良を施すとともに2009年モデル移行同時にガソリンエンジン搭載車の「CITY」と、スポーティ外観とした4WD6速MTモデルLEプラスSPORTY」を追加。QR25DEベースの2.5Lガソリンエンジンルノーサムスン車初となるジャトコエクストロニックCVT搭載したCITY」は、最高出力171馬力で約11.2km/Lの好燃費であるという。また、2LディーゼルエンジンdCi」を採用したSPORTY」も173馬力他のモデル150馬力)よりも出力向上している。 2009年4月 - LEとLE25をベースガラスサンルーフスポイラー、マフラーカッター、フロントアンダーガードなどを追加した特別仕様ADVENTUREアドベンチャー)」を発売。また同月輸出台数5万台を突破した5月 - 「ルノー・コレオス」として中国550台を輸出以降中国市場への本格輸出計画発表中国のルノーディーラー33店舗を通じて販売同月には日本への輸出開始9月1日 - オンロード志向強めたフェアウェイ」を追加2WDのみ)。18インチ専用アルミホイール+コンチネンタルタイヤ、リヤルーフスポイラー、ベージュ色の本皮革シートなどを装備し高級感スポーティさを巧みに演出している。フェアウェイ登場と同時に従来SELEプラス、LE25プラスディーゼルの6MTは廃止された。 2010年1月5日 - 2010年モデル移行ガソリン車全車 (CITY) の燃費を11.2km/Lから11.8km/Lに向上。特別仕様車フェアウェイ」「フェアウェイ25」が廃止され、「LEプラス」「LE25プラス」が復活全車にルーフスポイラーを標準装備とし、ボディカラーグレーとスーパーシルバーを追加したRE標準装備アルミホイール新デザインとし、オプションフェアウェイ装備されていた18インチアルミホイール+コンチネンタルタイヤ選択可能とした。インテリアはメータパネルにクローム加飾追加するとともにシート地も新色とした。ハード面に関してVDC+タイヤ空気圧検知システム設定オーディオについては全車Bluetooth/iPod/USB対応とし、車速感応ボリュームコントロールを採用したまた、ナビゲーションジョイスティック方式の「スマートiナビゲーション」とした。7月1日 - 2011年モデル移行ディーゼル車燃費向上させるとともに全車クローム/シルバー理を施したフロントグリル装着ディーゼルSE」の4WDBOSEオーディオシステムや本皮革シート、クロームホイールなどを装着した特別仕様BOSEスペシャルエディション」(2WDのみ)を追加代わりにLEプラス」「LE25プラス」を廃止2011年2月8日 - SEベースバックセンサー、本皮革シート、本皮革ステアリングなどを追加したSE プレミアムパッケージ」を発売

※この「前期(2007年-2011年)」の解説は、「ルノーサムスン・QM5」の解説の一部です。
「前期(2007年-2011年)」を含む「ルノーサムスン・QM5」の記事については、「ルノーサムスン・QM5」の概要を参照ください。


前期(2007年4月~9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 16:35 UTC 版)

週刊オリラジ経済白書」の記事における「前期(2007年4月9月)」の解説

4対4の対抗戦2007年4月17日7月24日放送分は、中田+ゲスト3人の「オリ・チーム」 藤森+ゲスト3人の「ラジ・チーム」の対抗戦2007年7月31日9月放送分は、赤ラジチーム対青ラジチーム(各チームゲスト4名)の対抗戦毎回一つテーマを元に色々なものの値段費用を、VTR紹介していく。VTR開始直前には、宮本VTR見所ペンタゴン式のチャート役立ち度・教養度・ワクワク度・笑い度・おバカ度)で説明をする。 どのVTRにも芸能人レポーター役や再現VTR演者等で出演値段当て問題では、VTR最後であるひとつの物や費用値段当てる問題出題されるので、両チームチームメンバー相談して値段予想電卓入力して答え発表するその後VTR続き流して正解発表予想金額正解に近い方の勝利で、そのチームには宮本った「隆ちゃん人形」が贈呈される(1ポイント獲得)。2007年5月29日放送分からピタリ的中させたチームにはハワイ旅行全員贈られるようになり、2007年7月17日放送分で、初めピタリ賞出た2007年7月31日以降は値段当て問題以外にも書き問題出題VTR最後に問題出題されるので、両チーム相談して代表者フリップ書いて答える。 2007年7月31日放送分から、「あっちゃんのあくまで参考情報!」コーナー新設中田問題ヒントとなる情報紹介する。なお、中田自身は最後までコーナー名を「あくまで“も”」と言い続けていた。 1回放送につき2テーマ、2問出題される

※この「前期(2007年4月~9月)」の解説は、「週刊オリラジ経済白書」の解説の一部です。
「前期(2007年4月~9月)」を含む「週刊オリラジ経済白書」の記事については、「週刊オリラジ経済白書」の概要を参照ください。


前期(1988年 - 1994年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 04:21 UTC 版)

マジック (バンド)」の記事における「前期(1988年 - 1994年)」の解説

上澤津孝 - ボーカル 谷田部憲昭 - ギターベース1992年 - 1994年山口憲一 - ギター1988年 - 1994年久米浩司 - ドラム1988年 - 1994年岐阜県出身血液型A型The Biscatsボーカル青野美沙稀の父親。 炭谷貴士 - ベース1988年 - 1991年高橋琢巳 - ベース1991年 - 1992年

※この「前期(1988年 - 1994年)」の解説は、「マジック (バンド)」の解説の一部です。
「前期(1988年 - 1994年)」を含む「マジック (バンド)」の記事については、「マジック (バンド)」の概要を参照ください。


前期(記述的心理学としての現象学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 04:37 UTC 版)

エトムント・フッサール」の記事における「前期(記述的心理学として現象学)」の解説

前期を代表する著書は、『論理学研究』である。フッサール著作活動を始め19世紀ヨーロッパは、後に科学世紀」「歴史世紀」と呼ばれる時代であったガリレオ・ガリレイによって物理学基礎付け数学導入され以降自然科学飛躍的に発展したその一方で、哲学は、「大哲学」の地位追われて、新○○派といった様々な哲学的立場乱立してそれぞれの世界像対立していた。そのため、諸学学問的基礎付け求めてさまざまな研究進められていた。 そのような時代背景の下で、特に数学論理学領域で、心理学主義生物学主義的な心理的現象から諸学基礎付けようとする発達心理学」が席巻していた。心理学主義とは、あらゆる対象の基礎心理的な過程基づようとする試みである。 数学研究者から出発したフッサール関心も、当初は心理学から数学基礎付けようとするものであった。『算術哲学論理学的かつ心理学的研究―』は、そのような立場から書かれ著書である。しかし、そこでは心理学という「一つ理論」が前提とされており、そのような方法では、現象そのもの直接把握することができないフッサール考えた。 そこで、フッサールは、フランツ・ブレンターノの「志向性」(de:Intentionalität) の概念継承し現象によって与えられる心的体験直感的明証的に把握しあらゆる前提取り払った諸学学問的な基礎付け求めたブレンターノは、物理的原因から心理現象発生することを理論的に説明する発達心理学」を批判して心理現象対象への「志向性」を持つ点で、物理現象区別されるとして「記述心理学」の立場明らかにした。そして、その上で意識」が必ず対象指し示すことを「志向的内在」を呼んだ言い換えると、「意識」とは、例外なく「何かについての」意識であることを意味する。そこでは、デカルト的な心身二元論のように、「意識」がまず存在しその後対象確認されるではなく、「意識」と「対象」が常に相関関係にあるとされるブレンターノ記述的心理学においては、志向対象とその「内容」が区別されていなかった。しかし、フッサールは、意識から生まれ出る内容に関して対象とらえた。たとえば、「丸い四角という概念は、対象としては存在しない。しかし、それが内容として矛盾しているという意味存在する矛盾背理法といった論理学概念法則は、いつでも、だれでもどこでも普遍的に共通するというイデア的な意味を有している。真の学は、普遍的な本質認識を求めるものあるため単なる事実研究からは、偶然的認識し得られないしたがって、論理学諸概念諸法則のイデア的な意味をすべて取り出すためには、前提となりうるすべての理論を取り払った直感」によって把握するしか方法がなく、その直感完全に展開され明証的なものでなければならないそのような方法によって記述される論理学は、「純粋論理学」である。純粋論理学成立するためには、それが認識論によって基礎付けられていなければならない。そして、そのためには現象学的分析必要であり事あるごとに常に「事象そのものへ」へ立ち返り繰り返し再生可能な直感との照合繰り返すことによって、イデア意味の不動同一性確保するために、不断に努力しなければならないとし、そのために記述的心理学には「現象学」が必要であるしたのである。

※この「前期(記述的心理学としての現象学)」の解説は、「エトムント・フッサール」の解説の一部です。
「前期(記述的心理学としての現象学)」を含む「エトムント・フッサール」の記事については、「エトムント・フッサール」の概要を参照ください。


前期(第1話 - 28話、劇場版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 06:14 UTC 版)

仮面ライダーX」の記事における「前期(第1話 - 28話、劇場版)」の解説

一定のポーズおよび「セタップ(Set up)」のかけ声と共に、首から下専用スーツベルト出現する

※この「前期(第1話 - 28話、劇場版)」の解説は、「仮面ライダーX」の解説の一部です。
「前期(第1話 - 28話、劇場版)」を含む「仮面ライダーX」の記事については、「仮面ライダーX」の概要を参照ください。


前期(1996年4月 - 1996年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 08:37 UTC 版)

メトロポリタンジャーニー」の記事における「前期(1996年4月 - 1996年9月)」の解説

司会里見浩太朗 大石恵 レギュラーパネリスト島田紳助 - パネリストリーダー格で、里見舞台などで出演できない日に司会代行した石田純一 浅野ゆう子 - 放送当時香港親善大使」の肩書き持ち香港テーマのときはよくプランナー協力していた。 高木美保 トラベルプランナー小倉智昭(チーフプランナー) いとうせいこう - 別名「仏像マニアプランナー」。 小西克哉 ナレーター財津一郎

※この「前期(1996年4月 - 1996年9月)」の解説は、「メトロポリタンジャーニー」の解説の一部です。
「前期(1996年4月 - 1996年9月)」を含む「メトロポリタンジャーニー」の記事については、「メトロポリタンジャーニー」の概要を参照ください。


前期(2009年4月 - 9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 22:05 UTC 版)

THE NEWS (TBS・JNN)」の記事における「前期(2009年4月 - 9月)」の解説

放送時間月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日朝(放送なし) 堀井美香山内あゆ1【小林豊】2 向井政生元井美貴午前秋沢淳子 岡田泰典 秋沢淳子 岡田泰典 秋沢淳子放送なし) 昼●小川知子伊藤隆太 向井政生 長峰由紀森朗】 【増田雅昭午後JNN)●小川知子3 (放送なし) 午後TBS秋沢淳子 長峰由紀 秋沢淳子 向井政生杉山真也夕方スポット)●長岡杏子3・4放送なし) 夕方放送なし) 長峰由紀杉山真也森朗】 【 】は気象予報士それ以外TBSアナウンサー。 ●は2009年3月30日以降から担当それ以外前番組から続投。 1 正確に産休からの復帰代役務めていた杉山玉突き日曜夕方に異動した。 2 TBSアナウンサーであるが、気象予報士として出演3 日によっては別のアナウンサー担当することもあった。 4 『先出し!THE NEWS』から続投

※この「前期(2009年4月 - 9月)」の解説は、「THE NEWS (TBS・JNN)」の解説の一部です。
「前期(2009年4月 - 9月)」を含む「THE NEWS (TBS・JNN)」の記事については、「THE NEWS (TBS・JNN)」の概要を参照ください。


前期(1958年まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 08:26 UTC 版)

ジョン・コルトレーン」の記事における「前期(1958年まで)」の解説

13歳クラリネットを始める。後にアルト・サックス転向し1946年よりプロとして活動開始1949年ディジー・ガレスピーバンド参加しその後テナー・サックス転向。ほとんど無名のままいくつかのバンド転々とした。レコーディング機会に恵まれずこの時期のコルトレーン録音ごくわずかしか残っていない。 1955年に、マイルス・デイヴィスグループに入る。マイルスはすでにジャズの大スターであったため、マイルス・バンドに抜擢されたことで、その名前が知られるようになり、レコーディング機会増える。しかしこの時期のコルトレーン演奏決し評判良いものではなかった。 1957年に、一旦マイルス・バンドを退団その後セロニアス・モンクバンド加入しモンクから楽理知識授かると共に音楽的修業に一層打ち込むまた、同時期麻薬中毒克服同年3月に、マイルス・バンド時代同僚であったレッド・ガーランド紹介プレスティッジ・レコード契約5月には、初リーダー・アルバム『コルトレーン』の吹き込み行っている同年7月に、ニューヨークライブ・ハウス「ファイブ・スポット」にモンク・バンドの一員として出演コルトレーンこの月神の啓示」を得た語っている。「神の啓示」が本当に意味するところ本人にしか分からないが、これまでに録音されコルトレーン演奏はどこか不安定でぎこちなさ残っていたのに対しこの月以降の録音ではどれもが自信満ちたものに変わっており、本人内面何らかの大きな精神的変化訪れたものと考えられるいずれにせよ1957年7月20世紀代表する一人ジャズの巨人誕生した月として記憶されるべき月となる。9月にはブルーノート・レコードにて初期の代表作ブルー・トレイン』を吹き込んでいる。 1958年モンクの元を離れ、マイルス・バンドに再加入マイルスこの時期、コルトレーンソニー・ロリンズと並ぶ2大テナー奏者として高く評価したまた、音楽評論家のアイラ・ギトラーは、同年ダウン・ビート』誌において、音を敷き詰めたようなコルトレーン演奏スタイルを「シーツ・オブ・サウンド」と形容。以後、これは初期コルトレーン奏法代名詞となる。また、当時コルトレーンソロ長く、常にフォルテッシモ速いパッセージばかり吹き続けたため、彼の演奏ぶっきらぼうで怒っているように聞こえたことから、Angry Young Tenor Man怒れ若きテナーマン)と揶揄されることもあった(「怒れる若者たちAngry Young Men)」のもじり)。

※この「前期(1958年まで)」の解説は、「ジョン・コルトレーン」の解説の一部です。
「前期(1958年まで)」を含む「ジョン・コルトレーン」の記事については、「ジョン・コルトレーン」の概要を参照ください。


前期(2000年4月 - 2001年3月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/24 04:47 UTC 版)

夕方5時ですとっておき関西」の記事における「前期(2000年4月 - 2001年3月)」の解説

放送時間平日17:0518:00祝日及び、大相撲高校野球国会開催時は休止司会は「千客万来」に引き続き当時大阪放送局アナウンサー寺谷一紀と、タレント武内由紀子金曜日生中継無くなり全曜日大阪放送局特設スタジオからの公開生放送となる。「千客万来時代から一部マイナーチェンジし、料理コーナー園芸コーナー視聴者からの投稿ビデオ紹介する等、生活情報中心編成となり、トークコーナー月曜日放送となった。 なお各局からの地域情報や、ニュース気象情報のコーナー受け継がれた

※この「前期(2000年4月 - 2001年3月)」の解説は、「夕方5時ですとっておき関西」の解説の一部です。
「前期(2000年4月 - 2001年3月)」を含む「夕方5時ですとっておき関西」の記事については、「夕方5時ですとっておき関西」の概要を参照ください。


前期(prophase)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/21 05:24 UTC 版)

有糸分裂」の記事における「前期(prophase)」の解説

染色体凝縮開始する核膜はまだ存在している。中心体微小管形成中心として機能し微小管重合進み紡錘体形成始まる。間期複製され二つ中心体は、モータータンパク質であるキネシン働きで離れていく

※この「前期(prophase)」の解説は、「有糸分裂」の解説の一部です。
「前期(prophase)」を含む「有糸分裂」の記事については、「有糸分裂」の概要を参照ください。


前期(1889-1921年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 16:45 UTC 版)

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン」の記事における「前期(1889-1921年)」の解説

(ほとんど不詳な)学生時代、『論理哲学論考』のアイディア纏められつつあった第一次世界大戦とそれに続く時代(「日記」)、『論考』の時代

※この「前期(1889-1921年)」の解説は、「ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン」の解説の一部です。
「前期(1889-1921年)」を含む「ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン」の記事については、「ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン」の概要を参照ください。


前期(prophase)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 01:37 UTC 版)

体細胞分裂」の記事における「前期(prophase)」の解説

前期は、分裂期最初のステージである。核膜核小体消失し染色体凝縮開始する間期複製され二つ中心体モータータンパク質であるキネシン働きで離れていく細胞骨格として細胞質であった微小管が一旦崩壊し間期複製されていた二つ中心体間に多数の短い微小管が再重合し紡錘体形成始まる。アクチンミオシンIIから成るストレスファイバー同様に一旦崩壊するゴルジ体構造崩れ断片化を始める。

※この「前期(prophase)」の解説は、「体細胞分裂」の解説の一部です。
「前期(prophase)」を含む「体細胞分裂」の記事については、「体細胞分裂」の概要を参照ください。


前期(第1話 - 第13話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 03:03 UTC 版)

まんが偉人物語」の記事における「前期(第1話 - 第13話)」の解説

トリオレコードアートユニオン前身)から発売オープニングテーマ「つづけ青春たちよ」 作詞 - 麻生香太郎 / 作曲編曲 - 東海林修 / 歌 - かまやつひろし エンディングテーマ「ありの大統領作詞 - 麻生香太郎 / 作曲編曲 - 東海林修 / 歌 - かまやつひろし

※この「前期(第1話 - 第13話)」の解説は、「まんが偉人物語」の解説の一部です。
「前期(第1話 - 第13話)」を含む「まんが偉人物語」の記事については、「まんが偉人物語」の概要を参照ください。


前期(1992年4月~1996年9月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/01 06:36 UTC 版)

WEEKEND Hi!」の記事における「前期(1992年4月1996年9月)」の解説

1992年4月4日甲府市丸の内FM-FUJI本社スタジオ当時)から生放送開始同年5月渋谷区代々木にある東京支社サテライトスタジオSTUDIO ViViD』が新設され第9回放送となる5月30日よりViViD移行以後7年にわたって続く人気番組となる。 前期には『山が富士ならFM富士をはじめリスナー参加コーナー『GA-GA-GU-GU!』(のちの『何でも相談!今夜教えてYO!』の源流にあたる)、思い出の曲エピソード紹介するMEMORIES』などといったコーナー目白押しだったほか、不定期で大森リスナー宅に電話をかけて直撃する企画や、山梨知識を競うクイズカルト富士大会』などといった企画行われた

※この「前期(1992年4月~1996年9月)」の解説は、「WEEKEND Hi!」の解説の一部です。
「前期(1992年4月~1996年9月)」を含む「WEEKEND Hi!」の記事については、「WEEKEND Hi!」の概要を参照ください。


前期(2002年-2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 16:07 UTC 版)

ルノーサムスン・SM3」の記事における「前期(2002年-2005年)」の解説

2002年9月2日発表発売。 「Core安全性品質パフォーマンス)&More(スタイリング経済性)」のコンセプトを掲げた。親会社ルノーパートナーシップを組む関係上、日産ブルーバードシルフィG10型)をベースとし、エンジン韓国内課税基準配慮し1500cc(1600ccもあった)のQG15/16DEがメインとされブルーバードシルフィ設定のある1,800cc(QG18DE)や2,000cc(QR20DD)は設定されなかった。トランスミッション5速MT4速AT、駆動方式FFのみ(4WD未設定)、足回りフロントストラット式リヤがマルチリンクビーム式が設定されたスタイリングインテリアデザインは、マーク類やリヤコンビランプのデザイン以外変更されなかった。日本の法規異なり5ナンバーサイズという制約がないためサイドドアモールは若干大型化され、全幅は1710mmである。1,500ccクラス初のSRSサイドエアバッグEBDつきABS装備し安全性アピールしたフロント リヤ

※この「前期(2002年-2005年)」の解説は、「ルノーサムスン・SM3」の解説の一部です。
「前期(2002年-2005年)」を含む「ルノーサムスン・SM3」の記事については、「ルノーサムスン・SM3」の概要を参照ください。


前期(2005年-2007年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 05:06 UTC 版)

ルノーサムスン・SM5」の記事における「前期(2005年-2007年)」の解説

セフィーロベースとした先代とは打って変わり、日産新たに開発したFF-Lプラットフォーム採用したJ31ティアナベースとしている。(もっともティアナ自体セフィーロ後継車種といえるものであり、特にJ31に関してセフィーロとして販売され地域さえある。)ボディーシェルもティアナSM7共有するものの、外観大幅に差別化されている全幅サイドモールディング採用している関係でティアナ比で約20mm大きい。前期に限れば、フロントグリルデザインティアナとは異なるが、寸法とねじの位置が全く同じため、互換性がある他のエクステリアパーツについてはバンパーライト類は装着可能。鍍金ガーニッシュやリヤコンビネーションレンズについては後期含めサイズ裏面形状ボルト位置厚さ)が異なるためそのままで装着できないまた、インテリアについてはステアリングホイール位置影響しないパーツセンターコンソール化粧パネルスイッチ類ステアリングホイールなど)についても一部互換性がある2004年に同じティアナベースとしたVQエンジン搭載の上級車「SM7」がデビューしたため、VQ搭載モデル廃止され、SR20IIエンジンのみの設定とした。 2005年2月 - 登場9月 - タクシー仕様の「SM5 TAXI」が追加された。このモデルには従来ガスミキサー式に代わり新開発のSR20IIのLPLiエンジンLPG液状噴射高性能モデル)が搭載され、136PSを発生するまた、4ATのほか通常モデルにはない5MT用意されている。この5MTモデルについて操作性考慮し専用設計低めセンターコンソール採用。フロアレバー式パーキングブレーキ採用する関係上、カップホルダーリッドのない縦型配置となっている。同時にタクシーメーターなどの設置考慮したインパネ採用したため、エアコン操作部ダイヤル式変更され、オーディオスペースも1DINサイズとなるなど、ベース車両とはかなり異なる。リヤマルチリンクサスペンション、インテリジェントキー送信機ティアナ前期モデルと同じカード型後期カード型継続採用)や大型液晶モニタータクシー仕様は除く)など、装備的にティアナ恩恵を受けているが、ティアナ売りのひとつであるパワーオットマンは全グレードにおいて設定がない。ティアナ未設定のサンルーフグレードに応じてオプション設定されるインテリアについては、ティアナにおいてグレードに応じて装着されるヘッドレスト一体式後席大型センターアームレストの設定がなく、本皮革シート多くのグレードにおいて標準ないしはオプション設定され前後ヘッドレスト造形異なるなど、ティアナとの差異少なくない

※この「前期(2005年-2007年)」の解説は、「ルノーサムスン・SM5」の解説の一部です。
「前期(2005年-2007年)」を含む「ルノーサムスン・SM5」の記事については、「ルノーサムスン・SM5」の概要を参照ください。


前期(ヤルメラⅠ期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 19:44 UTC 版)

ヤルメラ」の記事における「前期(ヤルメラⅠ期)」の解説

前期もしくはヤルメラⅠ期は、形成期前期に相当するこの時期にあたる遺物は、1949年キャンビーによって、メインプラザの南側部分発掘調査した際、地表より2m位置確認したことが報告されている。続いて、J-マンデヴィル調査行った際、新たに炉穴柱穴土壁破片発見されキャンビー想定したよりも、広範囲で床をつきかためた木柱茅葺き建物があったことが明らかにされた。炭化物サンプルについて放射性炭素年代測定行ったところ1125B.C.~800B.C.の年代得られた。炉穴2号に伴う土器形成期前期から中期またがっていることから双方時期移行期位置づけられる遺構であると考えられる遺跡北側にある構築物104号の基礎部分から確認されたサンプルUCR-2412がだいたい同時期位置付られることから構築物104号の建設はじまった時期推察される。 この時期の土器形状装飾技法として指標となるのは、非常に丁寧な研が施されていること、赤い口縁部が赤い色を呈する浅い皿や鉢、壺があって、しばしばひも状装飾つけられていることなどである。そのほか、深い刻線が施されたものもみられる土偶には中空あるものとないものがあり、無文石製の碗もみられるディクソンは、ヤルメラⅠ期土器についてコスタリカ高地のトロナドーラ地方土器グアテマラ太平洋岸オコス相の土器型式的に似ているとみなしている。 形成期中期居住を示す遺物は、キャンビーマンデヴィルによって、それ以前遺物発見された場所と同じ場所で発見された。1983年発掘調査大規模な長方形のカマド」(もしくは暖炉」)と思われる遺構一部が数基発見された。 そのうち1基の「カマド」の年代は、USR2111とされた炭化物サンプルについて放射性炭素年代測定行ったところ、1430-190B.C.頃という年代が得られた。 ディクソンは、この「カマド」について、同時期エル・サルバドル北部にあるチャルチュアパで確認されたものに非常によく似ている考えているそのほかの2基の「カマド」は、すでに1981年遺跡南側三日月湖の上にある同時期地点の層から確認されたもので、それぞれ1000-770B.C.(Beta-6226),520-170B.C.(Beta-6227)という年代が得られている。

※この「前期(ヤルメラⅠ期)」の解説は、「ヤルメラ」の解説の一部です。
「前期(ヤルメラⅠ期)」を含む「ヤルメラ」の記事については、「ヤルメラ」の概要を参照ください。


前期 (2004年-2007年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/26 15:36 UTC 版)

ルノーサムスン・SM7」の記事における「前期 (2004年-2007年)」の解説

2004年12月SM5の上車種として、同時にルノーサムスンフラッグシップを担う車種として登場エンジンティアナ同様日産いわき工場VQNEO・VQ23とNEO・VQ35エンジン搭載している。ただしVQ35搭載車耐久性コスト面からエクストロニックCVTM6ではなく同じジヤトコ5速ATとなっている。SM7登場により翌年登場2代目SM5にはV6エンジン搭載車ラインナップされなくなったメカニズム的にインテリジェントキー大型液晶モニター、リヤマルチリンクサスペンションなどティアナ美点引き継いでいる一方外観高級感独自性強調するためベースティアナはもとよりSM5との相違点少なくなく、前後バンパー大型フロントグリル・ボンネット・専用トランクリッドLEDリヤコンビネーションレンズなど多岐にわたる。さらに、リヤコンビネーションレンズも含めた各パーツベースティアナはもとよりSM5とも形状そのものが違うため、互換性がない。 2006年5月SM7 Premiere登場。30GB HDD搭載するテレマティクス端末(INS700)に加え、7インチモニターによる3Dナビゲーション、インダッシュタイプのMP3/WMAコンパチ6CDチェンジャー、SD/MMC/MSメモリカードスロット、USBポートVideo AUX地上波/衛星デジタル放送チューナー、リアビューモニターを搭載するモデルである。このシステムSK TelecomNATE DriveまたはKTFのK-ways、およびBluetooth搭載携帯電話によって、リアルタイム道路交通情報情報サービスなどモニタードテレマティクスサービスを利用可能というものである2006年9月 NEO・VQ23エンジン搭載車のATを4速から5速変更フロント リア

※この「前期 (2004年-2007年)」の解説は、「ルノーサムスン・SM7」の解説の一部です。
「前期 (2004年-2007年)」を含む「ルノーサムスン・SM7」の記事については、「ルノーサムスン・SM7」の概要を参照ください。


前期 (2011年-2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/26 15:36 UTC 版)

ルノーサムスン・SM7」の記事における「前期 (2011年-2014年)」の解説

ルノーサムスン・SM7(All New SM7フロント リヤ コクピット 乗車定員5人 ボディタイプ4ドアセダン エンジンV62.5L/3.5L VQ25/35ガソリン 駆動方式FF 変速機6AT(パドルシフトつき) サスペンションフロント:マクファーソンストラットリヤ:マルチリンク 全長4,995mm 全幅1,870mm 全高1,480mm ホイールベース2,810mm -自動車スペック表- テンプレート表示 2011年4月 - ソウルモーターショーにて2代目源流となる「SM7コンセプト」が初公開された。SM7コンセプトボディサイズ先代より大化して全長5,000mm、全幅1,930mm、全高1,500mmとなっている。6月14日 - 市販型写真および動画公開されたドアミラーレンズ類は市販向けに修正されているが、基本デザインコンセプトモデルをほぼ踏襲この時点ではエンジンプラットフォームなどに関する詳細明らかにされていない。なおニューSM7SM5異なり現時点でルノーブランドでのヨーロッパ輸出計画されていないプラットフォーム2代目日産ティアナ3代目SM5と同じDプラットフォーム採用するが、ボディシェル2代目SM5共用していた先代とは異なり専用設計となったまた、SM5との格差生じさせるべく、全長x全幅x全高=4,995mmx1,870mmx1,480mm、ホイールベースは2,810mmといずれも先代より一回り拡大この結果後席足元空間初代比で+70mm拡大された。エンジンSM5にも搭載される「VQ25」と先代からキャリーオーバーされた「VQ35」の2種いずれも2代目搭載するにあたり改良加えられ出力向上している)で、いずれにもジヤトコ製6ATを組み合わせるが、ルノーサムスン車初となるパドルシフト備えている排気系には国産車初のデュアルエキゾーストを採用内装については、初代同様に後席重視造りとし、航空機ファーストクラス用のシートヒント得たエア内蔵ヘッドレスト+マッサージシート後席効率よく冷暖する「後席独立3ゾーンフルオートエアコン」、足元照明採用オーディオに関して基本的にパナソニック製の8スピーカーシステム標準だが、RE系にはBOSE共同開発した12スピーカーのライブサウンドシステムが備わる。グレードにより、SM5と同システムの「パノラマルーフ」や8インチモニター内蔵の「スマートiナビゲーション」、「レザーシート」or「プレミアムナッパーレザーシート」が標準ないしはオプション設定されるなど装備充実しているRE系にオプション設定される「VIPパッケージ」を選択した場合後席リクライニング機構オーディオ/エアコン操作機能つきセンターアームレスト(VIPアームレスト)、電動リヤサンシェード後席サイドエアバッグ先述したエア内蔵ヘッドレスト5点装着される快適性安全性について抜かりがなく、全車においてスマートエアバッグ(2ステージエアバッグ)とカーテンシールドエアバッグ装備また、HSAHill Start Assist)、TPMSタイヤ空気圧警報システム)、電子式パーキングブレーキ(E-PKB)をも装備する初代2代目登場後9月末まで併売された(その間公式サイト上では初代を「SM7」、2代目を「All-New SM7」と表記していた)。 2011年7月19日 - 発表前であるがウェブなどを通じて予約開始し8月16日時点ですでに4000台を突破している。8月16日 - 「All-New SM7」として発表発売開始。約6年8か月ぶりのフルモデルチェンジとなる今回は、32か月の期間と4000ウォン余り投じて開発されている。 2012年5月2日 - AVM(Around View Monitoringパッケージ設定。これは車両4か所設置され広角レンズにより、車両位置周囲の状況把握し駐車時などにおける利便性高めアイテムであり、システム的には日産アラウンドビューモニターほぼ同じである。11月8日 - 2013モデル移行SM3SM5採用済の「スマートECOマネージメントシステム」を新たに装備スマートフォンと繋ぐことにより、燃費等の車両情報管理すること出来ようになったまた、準大型車クラス初となる死角情報システムBSW)もSM5続いて採用されたSM7コンセプトフロントSM7コンセプトリア

※この「前期 (2011年-2014年)」の解説は、「ルノーサムスン・SM7」の解説の一部です。
「前期 (2011年-2014年)」を含む「ルノーサムスン・SM7」の記事については、「ルノーサムスン・SM7」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「前期」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

前期

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:35 UTC 版)

名詞

(ぜんき)

  1. ある期間二つまたは三つ、あるいはそれ以上に分けたときの最初またはそれに近い時期二つ分けた場合は「前期」「後期」、三つ分けた場合一般に「前期」「中期」「後期」、それ以上に分けた場合はたとえば「早期」「前期」「中期」「後期」「晩期」などとなる。
  2. 一つ前の時期昨期。先期。
  3. のちの時代から見ると古くなったもの。初期早期草創期古典的

発音(?)

ぜ↘んき

関連語


「前期」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



前期と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「前期」に関係したコラム

  • 株式投資のスクリーニングとは

    株式投資のスクリーニングとは、テクニカル指標や財務関連指標などを中心とした条件に合致した銘柄を抽出するシステムのことです。スクリーニングでは、テクニカル指標や財務関連指標の他に、投資金額や売買単位、業...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「前期」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



前期のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの鉄腕アトム (アニメ第1作) (改訂履歴)、ルノーサムスン・QM5 (改訂履歴)、週刊オリラジ経済白書 (改訂履歴)、マジック (バンド) (改訂履歴)、エトムント・フッサール (改訂履歴)、仮面ライダーX (改訂履歴)、メトロポリタンジャーニー (改訂履歴)、THE NEWS (TBS・JNN) (改訂履歴)、ジョン・コルトレーン (改訂履歴)、夕方5時ですとっておき関西 (改訂履歴)、有糸分裂 (改訂履歴)、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン (改訂履歴)、体細胞分裂 (改訂履歴)、まんが偉人物語 (改訂履歴)、WEEKEND Hi! (改訂履歴)、ルノーサムスン・SM3 (改訂履歴)、ルノーサムスン・SM5 (改訂履歴)、ヤルメラ (改訂履歴)、ルノーサムスン・SM7 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの前期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS