A型とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 業界用語 > タクシー用語 > A型の意味・解説 

TGE-A型 軍用保護自動貨車

TGE-A型トラックは、1910年創業しガス器具計測器種々の工業製品製造販売して居た東京瓦斯電気工業が、1917年自動車製造への進出意図して大森新工場建設し当時同社輸入架装販売して居たアメリカリパブリック参考にして独自に設計製造して1917年完成したもので、最初の国産量産トラックである。
同車は翌1918年公布された「軍用自動車補助法」の対象である「軍用保護自動車」の審査を受け、この認可第一となった
軍用保護自動車」とは国産軍用車奨励策として軍用車要件を満たすに対して補助金を出す制度
ブランド名 "TGE" は東京瓦斯電気工業英文名 "Tokyo Gas & Electric Inc." のイニシャルをとったものである

保管場所:株式会社日野自動車21世紀センター・オートプラザ (〒192-0916 東京都八王子市みなみ野5丁目28番5号)

製作(製造)年:1917

製作者(社):東京瓦斯電気工業株式会社

資料種類:複製(レプリカ)

現状:展示(動態)・公開

車名 / 製作
車名:TGE

モデル名:A型

会社名:東京瓦斯電気工業株式会社

製作年:1917

車種用途:トラック

実車所在/模型:レプリカ日野自動車21世紀センター

型式 / 重量
スタイル:ボンネット型

乗員:3

車両総重量:3.3t-3.8t

車体 / 寸法
全長:5100mm

全幅:1780mm

全高:2365mm(幌たて状態)

タイヤサイズ:前・シングル 34×4、後・ダブル 36×3

車体 / 車軸 /
操縦 / 付属
軸距:3500mm

トレッド×後トレッド:前1,500mm、後1,500

ステアリング:ウオームとウオームホイール

特徴:木スポークホイール

機関 / 寸法 /
出力
冷却/気筒配列:水冷/直4

機構:側弁

気化器:ストロンバーグ

内程×行程:100×140mm

排気量:4.4

点火:マグネト点火

最高出力/回転数:30馬力/1000rpm

過給機:なし

ハイブリッド
ハイブリッドシステム形式:なし

駆動系
変速機:前4、後1

駆動方式:4×2

性能
モード燃費:-

参考文献:自動車技術97-6、日本自動車史稿(自動車工業振興会)

その他事項:積載重量:1.5t-2t;前照灯:カーバイド式;ワイパーウォッシャー:なし;足ブレーキ:ロッド式、後輪締め;手ブレーキ:トランスミッション後部締め;シャフトドライブ、ホイールリダクション;


A型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/26 11:10 UTC 版)

A型(エーがた)




「A型」の続きの解説一覧

A型(タービン6,300トン・ディーゼル6,200トン・レシプロ6,400トン、タービンorディーゼルorレシプロ、タービン&ディーゼル15.5ノット・レシプロ15ノット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:04 UTC 版)

逓信省」の記事における「A型(タービン6,300トン・ディーゼル6,200トン・レシプロ6,400トンタービンorディーゼルorレシプロタービン&ディーゼル15.5ノット・レシプロ15ノット)」の解説

6船倉三島貨物船タービン船は建造されなかったが、ディーゼル船が日本鋼鶴見造船所で1隻、レシプロ船が川南工業香焼島造船所で7隻建造された。うちレシプロ船は非公式で、1隻が応急タンカー改装された。レシプロ船とディーゼル船とは、4番船倉用デリックポストの位置異なる。全て太平洋戦争戦没した。5tデリック×12基を搭載25デリック×1基を搭載した

※この「A型(タービン6,300トン・ディーゼル6,200トン・レシプロ6,400トン、タービンorディーゼルorレシプロ、タービン&ディーゼル15.5ノット・レシプロ15ノット)」の解説は、「逓信省」の解説の一部です。
「A型(タービン6,300トン・ディーゼル6,200トン・レシプロ6,400トン、タービンorディーゼルorレシプロ、タービン&ディーゼル15.5ノット・レシプロ15ノット)」を含む「逓信省」の記事については、「逓信省」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「A型」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「A型」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「A型」に関係したコラム

  • FXやCFDのサポートラインとレジスタンスラインのパターン

    FXやCFDでのサポートラインとは、相場の下値を支える線のことで、支持線ともいいます。また、レジスタンスラインとは、相場の上値を押える線のことで、抵抗線ともいいます。FXやCFDでのサポートラインとレ...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

  • ETFを始めるための最低資金は

    ETFを始めるための最低資金はいくらでしょうか。ETFの取引では売買代金に加えて取引手数料などの費用がかかるため、最低資金は次の計算式で求めることができます。資金=売買代金+取引手数料+その他費用売買...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFを上場している企業の一覧

    ETFを上場するには、証券取引所の定める上場審査基準や適時開示基準、上場廃止基準といったさまざまな基準をクリアする必要があります。2012年9月現在、ETFを上場している企業は17社あります。上のグラ...

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券会社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券会社と過...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

A型のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



A型のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2022 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
社団法人自動車技術会社団法人自動車技術会
COPYRIGHT(C)SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのA型 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの逓信省 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS