行程とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 距離 > 行程の意味・解説 

ぎょう‐てい〔ギヤウ‐〕【行程】

読み方:ぎょうてい

道のりこうてい

「―猶数里あり」〈織田訳・花柳春話

「行程」に似た言葉

こう‐てい〔カウ‐〕【行程】

読み方:こうてい

目的地へ行くまでの距離。道のり。「歩いて一時間の―」

比喩的に)ある目標に達するまでの過程里程道程。「―表(=ロードマップ)」

旅行など日程

ピストンなどの往復する距離。ストローク


行程

英語表記stroke

停止状態から動きだし次に停止するまでの距離。⇒ストローク

凡例同義語は⇒、類似語は→、関連語は?で示す。

こうてい 行程 stroke

圧縮機シリンダ内でピストンが動く距離。 ②あるサイクルにおける一つ変化

ストローク

(行程 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/17 07:23 UTC 版)

stroke

一般

  • : stroke - 英語で一行程、一動作のこと。英語一般では単にstrokeで脳卒中を意味する。

スポーツ

文字

絵画

  • 画面に対して、大きく腕を振るって筆を動かすような運動感のある描画法のこと。反対に、筆の先で少しずつ画面に触れるような描画法を「タッチ」という。

工学

その他

  • ギターの奏法の一つで、通常、ピックを使って低音弦側から高音弦側に向けて垂直にかき鳴らす奏法でダウンストロークともいう(逆に高音弦側から弾く場合はアップストローク)。ちなみに和製英語であり、英語ではストラミンに当たる。⇒ピック奏法を参照。
  • 太鼓ドラムを叩く動きのこと。
  • 脳卒中を意味する英単語のひとつで、他の同義語と違って特に発作そのものを指す傾向が強い。
  • 心理学用語で「他者に対する自分の表現」のこと。
  • 臨床心理療法交流分析の基本理論。
  • ストローク (エンジン)

Строк

人名



行程(主な観光地)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/02 06:09 UTC 版)

ゲーテ街道」の記事における「行程(主な観光地)」の解説

フランクフルト (Frankfurt am Main) フランクフルトドイツ屈指の大都市で、ドイツのみならずヨーロッパ経済交通の中心的な都市である。一方で歴史的建造物第二次大戦後灰燼中から復元され旧市街地レーマー広場神聖ローマ帝国皇帝選挙戴冠式会場となった大聖堂など見所は多い。ゲーテ生家レーマー広場から200mどの位置にある。またゲーテ・ハウス隣接してゲーテ博物館設けられている。 ハーナウ (Hanau)、シュタイナウ (Steinau am Straße) この2つの街はグリム兄弟とのゆかりが深い町で、ドイツ・メルヘン街道にも属している。ハーナウマルクト広場にはグリム兄弟銅像があり、シュタイナウにはグリム記念館がある。また、シュタイナウドイツ木組みの家街道にも属しており、木組み美し民家見ることができるメルヘン街道木組み建築街道シュタイナウから北へ進みゲーテ街道北東向かう。 フルダ (Fulda) 聖ボニファティウス建立した修道院から発展した街。大聖堂領主居城などのバロック建築が多い。ゲーテ旅の途中でこの街宿をとるのを常としており、この宿は現在もホテルとして営業している。 アイゼナハ (Eisenach) テューリンゲン地方代表する観光都市作曲家ヨハン・ゼバスティアン・バッハ大バッハ)の生地であり、マルティン・ルター学んだ地である。市内中心部にあるゲオルク教会国外追放令を受けたルター説教行い大バッハ洗礼受けた記念建造物である。また、バッハ記念館ルター下宿していたルター・ハウスなどが人気アイゼナハのすぐ南にユネスコの世界遺産にも登録されている山城ヴァルトブルク城がある。ワーグナー楽劇タンホイザー』の舞台となった歌合戦広間ルター新約聖書ドイツ語翻訳行ったルター小屋壮麗な祝宴広間眼下広がるテューリンゲンの森など見所は多い。 エアフルト (Erfurt) テューリンゲン州首都1808年ヨーロッパ会議のためにこの街入ったナポレオンは、州長官官邸ゲーテ招いて謁見した。この官邸近くには、ゲーテシラーフンボルト兄弟らが集ったサロンとなっていたダッヘレーデン邸が遺されている。ヨーロッパ会議が行われたカイザーホールも現存している。このホール多目的ホールで、数多く芝居音楽作品初演された場所としても有名であるエアフルトは、また80近く教会を持つ街であり、中心地丘の上並び立つ大聖堂と聖セヴェリ教会ルター修行したアウグスティーナー修道院教会など、教会見所も多い。 ヴァイマル (Weimar) 1775年ゲーテカール・アウグスト公爵招かれヴァイマル移り以後生涯大半この地過ごしたヴァイマル公国は、図書館宮廷劇場市民開放するなど積極的な文化政策進め小国ながらドイツにおける文化的中心となっていた。領主城館ゲーテこの街に来る前年焼失しており、現在の建物ゲーテ時代建てられものであるゲーテ市街東の外れにある公園にガルテン・ハウスという家を与えられ住んでいたが、1782年新たな邸宅市内与えられ亡くなるまでここに住んだ。この屋敷は現在も保管され公開されている。ゲーテイェーナ大学招いたシラーヴァイマルに家を構えており、亡くなるまでの数年過ごしている。ゲーテシラー銅像が国劇場前に建っているが、この国民劇場は、ゲーテ劇場監督務めシラー作品多く上演した劇場であり、後にフランツ・リストリヒャルト・シュトラウス音楽監督務めた劇場でもある。「ヴァイマル憲法」として知られているヴァイマル共和国憲法採択されたのもこの劇場であった。ヴァイマル南郊にはゲーテシラー遺体安置されヴァイマル公家廟やさらに南にベルヴェデーレ離宮がある。この街は「古典主義の都ヴァイマル」としてユネスコの世界遺産登録されている。 イェーナ (Jena) 古い大学街でゲーテ文部行政に腕をふるった当時には、彼自身招聘したシラー他にヘーゲルフィヒテシェリングショーペンハウエルらが教授として名を連ねている。イェーナまた、カール・ツァイス工場擁する光学器械街でもあり、ショッピング・アーケード内に最古のツァイス・プラネタリウムが展示されている。イェーナ郊外にはルードルシュタットやドルンブルク古城群といった比較的知られていない古城があり、隠れた観光名所となっている。 ライプツィヒ (Leipzig) 1765〜68年ゲーテライプツィヒ大学学んでいる。ゲーテゆかりの居酒屋前にファウスト博士メフィストフェレス銅像建っている。しかし、ライプツィヒ作曲家メンデルスゾーン生まれ、彼が再発見した大バッハ音楽監督カントール務め多くの優れた作曲家輩出した音楽院擁する音楽の都でもあるバッハ聖トーマス教会メンデルスゾーン生家主要な観光名所となっている。

※この「行程(主な観光地)」の解説は、「ゲーテ街道」の解説の一部です。
「行程(主な観光地)」を含む「ゲーテ街道」の記事については、「ゲーテ街道」の概要を参照ください。


行程 (主な観光地)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/08 09:57 UTC 版)

ドイツ・アルペン街道」の記事における「行程 (主な観光地)」の解説

リンダウ (Lindau) バイエルン州南西ドイツオーストリアスイス三国国境をなすボーデン湖小島位置する街。かつては水運栄え帝国自由都市地位得ていたが1802年ナポレオンによりバイエルン州併合させられた。現在は対岸新市街結ばれている旧市街歩いて回れるほどの小さな島であるが、かつての豪商の館が軒を連ね旧市庁舎描かれ精密な壁絵が昔日繁栄物語る。 フュッセン (Füssen) ロマンティック街道終着点ドイツ・アルペン街道ここからしばらく、逆行する形でロマンティック街道重なっている。これとは別にフュッセンから南に下り、一旦国境を越えてオーストリアの街ロイテ (Reutte)を経てリンダーホーフ城に至る別ルートもある。 シュヴァンガウ (Schwangau)、シュタインガーデン (Steingaden)、ヴィルトシュタイク (Wildsteig) いずれもロマンティック街道属する街。この辺りルートヴィヒ2世ゆかりのノイシュヴァンシュタイン城ホーエンシュヴァンガウ城、ドイツ・ロココの最高傑作ユネスコの世界遺産にも登録されているヴィースの巡礼教会と、ロマンティック街道ハイライトとも言うべき観光名所数多く存在している。 オーバーアマガウ (Oberammergau) 美しい壁絵と木彫の街だが、この街何より有名にしているのは十年一度行われる町を挙げて大規模なキリスト受難劇である。1632年近隣街でペスト大流行したが、この街までそれが及ばなかったことを感謝して1634年より始まったもの。出演できるのこの街出身者長年住人限られた、いわば素人芝居ではあるが、10年1度祭りとあってヨーロッパ中から多くの観光客押し寄せるリンダーホーフ城 (Schloß Linderhof) オーバーアマガウからエッタール向か途中西に入ったリンダーグリースという谷間にある。ルートヴィヒ2世建設した3つの城のうち、唯一完成した城で、ヴェルサイユ宮殿一角にある大トリアノン宮殿模して作られている。 エッタール (Ettal) 豪壮な修道院知られる修道院1330年創設であるが、現在の建物18世紀建造され巨大なバロック建築である。 ガルミッシュ=パルテンキルヒェン (Garmisch-Partenkirchen) 元々別個の二つだったが、スキーハイキングリゾート地として発展した結果互い市街地接するようになり一つの街となったそれぞれの村落昔の面影とどめている。パルテンキルヒェンから6kmほど北のファルハント (Farchant)へ至る「哲学者の道」は、ドイツ最高峰(2,962m)のツークシュピッツェ (Zugspitze)をはじめとするドイツ・アルプスの峰々パノラマ楽しむことができる絶好ハイキング・コースとなっている。そのツークシュピッツェへは登山鉄道ロープウェイ乗り継いで山頂まで登ることができる。 ミッテンヴァルト (Mittenwald) ガルミッシュ=パルテンキルヒェンからヴァルガウ (Wallgau)への途中で南に折れたところにある街。新しい道路から外れているため観光客まばらで静かな田舎町だが、かつてはドイツヴェネツィアを結ぶ交易路上の宿場町として栄えた1684年マティアス・クロッツクレモナからヴァイオリン製作の技法携えてこの街に居を構え、自らヴァイオリンの製作を行うとともに後進の指導にも当たったため、以来この街は現在でもドイツにおける弦楽器製作の中心的役割担っている。街にはヴァイオリン製作博物館もある。 この街民家の壁には可憐な壁絵が描かれており、イタリアへの旅途中でこの街立ち寄ったゲーテは、「まるで絵本のような街」とその美しさ讃えている。 街の南にそびえるカーヴェンデル (Karwendel) へはロープウェイ山頂近くまで登ることができ、気楽なハイキング楽しむことができる。 ベルナウ (Bernau) ガルミッシュ=パルテンキルヒェンからアルペン街道は、緑豊か丘陵地の中を、抜け、湖を眺めながら北東へとすすみ、ベルナウキーム湖南の湖畔達する。湖上ヘレンキームゼー島にはルートヴィヒ2世ヴェルサイユ宮殿そっくりに建設しようと試みたヘレンキームゼー城がある。1788年から建造始まったこの城は結局完成せず、現在に至っている。この島は、元々修道院があった場所でかつての修道院一部遺されている。キームゼー湖には、もう一つフラウエンキームゼー島という島もあり、こちらに聖母マリア女子修道院がある。それぞれの島へ渡るには湖の西岸の町プリーンから連絡船乗るベルヒテスガーデン (Berchtesgaden) ドイツ・アルペン街道終着点は、ドイツの南東端街である。この街から数km南にあるケーニヒス湖 (Königssee) はヒトラーの別荘があったことでも有名であるが、静謐神秘的な美しさ湛えた湖である。両岸から急峻な岩山断崖迫り湖岸を歩くことは困難で遊覧船での観光となる。雪山背景その姿湖面に映す聖バルトロメー礼拝堂は、ドイツ・アルペン街道象徴する風景として観光ポスターガイドブックよく用られている湖尻のイェンナーという山に登るためのロープウェイがあり、山頂まで登るにつれ、緑豊か牧草地瑠璃色の湖、峻険岩肌見せ鮮やかなコントラスト楽しむことができる。

※この「行程 (主な観光地)」の解説は、「ドイツ・アルペン街道」の解説の一部です。
「行程 (主な観光地)」を含む「ドイツ・アルペン街道」の記事については、「ドイツ・アルペン街道」の概要を参照ください。


行程(主な町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/24 13:51 UTC 版)

銀街道」の記事における「行程(主な町)」の解説

ツヴィッカウ (Zwickau) ツヴィッカウ炭田呼ばれる炭鉱地帯中央に位置しており、古くからザクセン工業地帯中心として栄え旧東ドイツ時代にはトラバント製造メーカーこの地にあったロマン派作曲家ロベルト・シューマン生地としても知られており、町にはシューマン銅像生家跡が残るシュネーベルク (Schneeberg) 鉱山の町だが、この地にある聖ヴォルフガング教会16世紀中期建てられ大規模な後期ゴシック建築であり、改革派教会建築典型として知られているアウエ (Aue) シュヴァルツェンベルク (Schwarzenberg) アウエからシュヴァルツェンベルク一帯第二次世界大戦終戦後、その帰属決まらず、数週間の間、シュヴァルツェンベルク自由共和国として独立していた期間があるアンナベルク=ブッフホルツ (Annaberg-Buchholz) この町は錫、銀、コバルト産出する鉱業の町であるが、その一方で、レース作りの町としても名高い。その技術1561年にバーバラ・ウットマンにより伝えられた。街の泉には彼女の像が建てられているまた、16世紀数学者アダム・リース(またはリーゼ)が後半生過ごした街としても知られており、彼の記念館がある。見所は、1525年完成の聖アンネン教会で、ザクセン地方バロック建築白眉である。 ヴォルケンシュタイン (Wolkenstein) マリエンベルク (Marienberg) 16世紀シルバー・ラッシュにより生まれ栄えた町。ザクセンロビン・フッドというべきカール・ステュルプナーの伝説が残る町で、町はずれの塔にある郷土博物館には、その武器ジオラマ展示されている。 オルベルンハウ (Olbernhau) 産地でありその加工技術栄えた1537年この地銅の精錬所が築かれたという記録があり、中世後期銅の精錬技術考え上で興味深い16世紀にはすでに20もの鉱坑をもつ小さな鉱工業都市形成していた。 ザイダ (Sayda) ザイダから南東10km国境の町ザイフェン(Seiffen)は木製おもちゃの町として知られており、クリスマス飾られるピラミッドやクリッペ(聖書の場面のジオラマ)、特にくるみ割り人形この地人気の工芸品となっている。元々は17世紀頃に錫鉱山鉱夫達が副業として始めたものが専業化したもの。博物館内容豊かで見応えがある。 ザイダ北東20kmほどの町フラウエンシュタイン(北部集落クラインボプリッチュ)がジルバーマン兄弟出身地ジルバーマン博物館がある。ザイダからフラウエンシュタインに向かう途中の町ナッサウには、ゴットフリート・ジルバーマン病に倒れる最後に完成させた(1748年オルガン保存されている。 レンゲフェルト (Lengefeld) ブラント=エルビスドルフ (Brand-Erbisdorf) レンゲフェルトから北西15kmブラント=エルビスドルフから西南西に20kmほどのところにアウクスブルク城がある。この城館は狩のために建てられ城館(Jagdschloss)で狩猟用の城館として完全な態で保存されている例の一つである。 ブラント=エルビスドルフから西に10kmほどのエーデラン (Oederan)には『Klein-Erzgebirge』(小エルツ山地)というミニチュア・パークがあり、エルツ地方見所160カ所がおよそ25分の1スケールで再現展示されている。 フライベルク (Freiberg) 1160年開かれた古い鉱山町であると同時に1765年創立世界で2番目に古い鉱山学大学フライベルク鉱業工科大学(de:Technische Universität Bergakademie Freiberg)を擁する大学の町でもある古くから栄えた町だけに見所多くある。フライベルク聖マリア教会聖堂後期ゴシック様式教会で2台のゴットフリート・ジルバーマンオルガン備えている。またペトリニコライ教会ヤコブ教会にもジルバーマン・オルガンが設置されている。1790年創立され劇場は、1800年ウェーバー歌劇森の娘』が初演された場所である。また、鉱業関連の博物館多くある。 ドレスデン (Dresden) ザクセン州州都エルツ地方で産出される鉱物資源背景に、古くから栄華誇った街である。第二次世界大戦では、ドイツ屈指の工業都市であったため、徹底的な爆撃を受けて壊滅的な被害受けた。しかし、旧市街徐々にその栄光の姿を取り戻し2004年周囲のエルベ渓谷とともにユネスコの世界遺産登録された。 また、ドレスデンはその富を背景にして、芸術栄えた都であり、世界屈指の歴史を誇る歌劇場ドレスデン国立歌劇場擁しツヴィンガー宮殿アルテ・マイスター絵画館は、ラファエロレンブラントルーベンスフェルメールデューラーらの作品を含むすばらしコレクション知られている。さらにツヴィンガー宮殿陶磁器コレクションは、その量・質ともにこれを凌駕するものはなと言われている。これらを含め市内12もの美術館があり、これらをドレスデン美術館総称する

※この「行程(主な町)」の解説は、「銀街道」の解説の一部です。
「行程(主な町)」を含む「銀街道」の記事については、「銀街道」の概要を参照ください。


行程(主な観光地)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 13:55 UTC 版)

ニーベルンゲン=ジークフリート街道」の記事における「行程(主な観光地)」の解説

ヴォルムス (Worms) ヴォルムスは、紀元前ケルト時代にはすでに集落形成されていた、ドイツ最も古い歴史を誇る町の一つである。5世紀にはブルグント王国首都として栄えた。この当時ヴォルムスその周辺が、中世叙事詩ニーベルンゲンの歌』の重要な舞台であり、英雄ジークフリート最期の地である。ニーベルンゲン=ジークフリート街道はこの叙事詩にちなん命名された。 ヴォルムス大聖堂は、その入場順番を巡ってジークフリートの妻クリエムヒルトグンター王の妻ブリュヒントが諍い起こしジークフリート殺害される遠因となった場面舞台であるが、現在の建物11世紀から12世紀建築改修繰り返され建物で、叙事詩登場する建物ではない。この大聖堂は、神聖ローマ帝国帝国議会開催された場所であり、1521年マルティン・ルター破門決定したのもこの建物においてのことであったライン川畔の財宝沈めハーゲンの像やニーベルンゲン博物館などもある。また、毎年開催されるニーベルンゲン演劇祭 (Wormser Nibelungenfestspiele)も人気である。 ビュルシュタット (Bürstadt) ロルシュ (Lorsch) 764年建立され修道院門前町として繁栄した修道院自体10世紀大火焼失し以後再建される失火繰り返し、現在遺された創建当時建造物入り口の門だけである。しかし、この門はカロリング朝建築物としてアーヘン聖堂並んで文化史極めて貴重な遺構であり「ロルシュの王立修道院とアルテンミュンスター」としてユネスコの世界遺産登録されている。 この街教会にはジークフリートとされる遺されている。 街道はここロルシュから、ニーベルンゲン街道ジークフリート街道別れオーデンヴァルトへと入って行く。ニーベルンゲンの歌では、ジークフリートはワスケンの狩り出かけた時にハーゲンによって暗殺されたと詠われているが、そのヴォルムスからライン川渡ってまっすぐという伝承から、現在のオーデンヴァルトがその舞台であったとされている。

※この「行程(主な観光地)」の解説は、「ニーベルンゲン=ジークフリート街道」の解説の一部です。
「行程(主な観光地)」を含む「ニーベルンゲン=ジークフリート街道」の記事については、「ニーベルンゲン=ジークフリート街道」の概要を参照ください。


行程(主な町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 06:54 UTC 版)

ベルクシュトラーセ」の記事における「行程(主な町)」の解説

行程を北から南へ向かってたどる。 ダルムシュタット (Darmstadt) ダルムシュタットは、現代音楽講習会ユーゲントシュティール様式建築に代表される芸術と文化の町である。マチルダの丘は、ヨゼフ・マリア・オルブリッヒにより芸術家村として整備され彼の手による建築ペーター・ベーレンス自身の作による自邸といったユーゲントシュティール様式邸宅点在する。同じ丘にあるロシア風の教会中心部ルイーズ広場郊外には狩の城館クラニッヒシュタインと見所は多い。 ゼーハイム=ユーゲンハイム (Seeheim-Jugenheim) ローマ人持ち込んだアーモンドが実る、古くから避暑地として知られた土地で「ドイツのリヴィエラ」の異名を持つ。泡沫会社乱立時代呼ばれる1870年代には、あらゆる様式邸宅建ち並ぶ高級住宅地となっていた。現在では遊歩道屋外プール備えた美食リゾートとなっている。 ビッケンバッハ (Bickenbach) 交通の便が良い所に位置しており、休日にはエーレン湖で釣り愉しむために人々訪れ保養地である。1950年以降毎年行われている民俗祭が人気で、多くの観光客集めている。 アルスバッハ=ヘーンライン (Alsbach-Hähnlein) 標高517mのメリボクス山を背景に、散策路登山路整備されている。特に春はオーデンヴァルト新緑丘陵地花々魅力的また、750年以上の歴史を誇るアルスバッハ城からはライン川まで見渡すことができる。 ツヴィンゲンベルク (Zwingenberg) 1258年創立した山の教会中心とした町。旧市街入り組んだ露地急勾配の階段構成され角を曲がる中世さながら木組み住宅小さな広場現れその先にはまた新たな角が現れる観光客には教会祭り旧市街夏祭り人気ベンスハイム (Bensheim) ベンスハイムワイン名産地として知られ、「ワイン花の町」と讃えられる。9月ブドウ収穫祭5月ワイン業者にはとりわけ多くの人々訪れるが、市内ワイン酒場では年中美味しワイン美食愉しむことができる。旧市街木組み住宅町並み見所一つ郊外アウエルバッハ地区には、13世紀無骨なアウエルバッハ城や、18世紀優美なヘッセン方伯の夏の館があり、歴史奥行き感じることができる。レクリエーション施設充実しており、「ブドウ畑小径」、「花の小径」といった名前の付けられハイキングコース網が整備され人気である。 ベルクシュトラーセベンスハイムからロルシュまでニーベルンゲン街道ロルシュからヘッペンハイムまでジークフリート街道という観光街道共通の行程をたどる。 ロルシュ (Lorsch) 連邦道B5ベンスハイムからまっすぐに南下しヘッペンハイムに入るが、観光街道としてのベルクシュトラーセベンスハイムから西南西に約5km離れたロルシュに向かうロルシュには、ユネスコの世界遺産ロルシュの王立修道院とアルテンミュンスターとして登録され修道院跡が遺る。この門はカロリング朝時代遺構で、ドイツ最も古い建造物一つである。 ヘッペンハイム (Heppenheim) 古くからロルシュ修道院密接な関係ある町修道院護るために1065年建設されたシュタルケン城(Starkenburg)の丘の麓ある町町の中心である聖ペーター聖堂からマルクト広場にかけては中世さながら木組み住宅建ち並ぶユストゥス・フォン・リービッヒ住み込んだ薬局博物館ワイン市場祝祭など観光資源にも恵まれているこの町からジークフリート街道東へ向かう。 ラウデンバッハ (Laudenbach) ライン平野を臨む眺望のよい地であり、丘陵地ではブドウ栽培が盛ん。野外教育施設充実しているヘムスバッハ (Hemsbach) ロトシルト城、十分の一税倉庫旧市庁舎、聖ラウレンティウス教会を持つ歴史の町。ヴィーゼン湖で水遊びや、ネッカー渓谷への散策旅行楽しめるヴァインハイム (Weinheim) 2つの城をシンボルに持つ町。12世紀建てられヴィンデック城 (Burg Windeck)は1674年フランス軍の攻撃によって破壊され塔とわずかな城壁遺す廃墟となっている。もう一つのヴァッヘンブルク城は、外観こそ中世風であるが、ドイツ2番目に古い学生組合であるヴァインハイム・シニオーレン・コンヴェクト (WSC) の本部会議場として20世紀になってから建設されものであるヒルシュベルク・アン・デア・ベルクシュトラーセ (Hirschberg an der Bergstraße) 緩やかな丘陵地斜面にあり、豊かな果実が実る土地である。グロスザクセン地区には、紀元前500年前後後期鉄器時代にあたるラ・テーヌ期ケルト人遺跡や、ローマ時代ゲストハウスである「ヴィラ・ルスティカ」(de:Villa rustica)の遺跡見つかっており、古くから人が住み着いていたことが分かる。聖ヨハネス巡礼教会には「黒い聖母」があり、信仰集めている。 シュリースハイム (Schriesheim) ヴァインハイムハイデルベルク間に位置しており、30年戦争舞台一つである。古い市庁舎が残る旧市街、テオ・ケルグ博物館クリスチャンマイアー天文台観光鉱山アンナエリーザベト坑」、歴史に残るワイン畑「マドーネンベルク(聖母の山)」などが見所。シュトラーレンベルク城址からのライン平野眺望すばらしい。 ラーデンブルク (Ladenburg) 紀元1世紀から続く古い歴史街で旧市街祭りの市の日は多くの人賑わう。自動車発明しベンツ社創設したカール・ベンツ終焉の地であり、カール・ベンツ自動車博物館並びにギャラリー人気ドッセンハイム (Dossenheim) ハイデルベルク (Heidelberg) 古い城下町であり、ドイツ最古の歴史を誇る大学擁する学園都市であり、その大学舞台にした戯曲アルト・ハイデルベルク』と古城址で名高い国際的な観光都市でもあるファンタスティック街道起点になっており、古城街道この街経由して行く。年間を通して多くの観光客訪れ街である。 ライメン (Leimen) ヌスロッホ (Nußloch) スポーツ施設充実しており、保養地として人気の町。カトリックバロック教会ルター派の小教会見所である。 ヴィースロッホ (Wiesloch) ベルクシュトラーセ終着ヴィースロッホ典型的なワイン町である。周囲にはワイン山が広がり訪れ人たち散策の的となっている。またラウエンベルク地区郷土博物館は、かつてのワイン業者の館を改造したワイン博物館であり、巨大なワイン搾り器や職人職場などが展示されている。14世紀市壁名残1077年記録されている市教会18世紀の聖ラオレンティウス教区教会などの旧市街楽しめる

※この「行程(主な町)」の解説は、「ベルクシュトラーセ」の解説の一部です。
「行程(主な町)」を含む「ベルクシュトラーセ」の記事については、「ベルクシュトラーセ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「行程」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

行程

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:56 UTC 版)

名詞

 こうてい

  1. 目的地までの道のり
  2. 旅行日程
  3. ピストンなどの往復距離

発音(?)

こ↗ーてー

「行程」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



行程と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行程」の関連用語

行程のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



行程のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2023, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2023 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストローク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゲーテ街道 (改訂履歴)、ドイツ・アルペン街道 (改訂履歴)、銀街道 (改訂履歴)、ニーベルンゲン=ジークフリート街道 (改訂履歴)、ベルクシュトラーセ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの行程 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS