観光名所とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 観光名所の意味・解説 

観光地

(観光名所 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/08 09:50 UTC 版)

観光地(かんこうち)は、観光旅行と呼ばれる保養、遊覧を目的とした旅行または旅行者に対して、歴史文化自然景観などの遊覧資産が適宜整備されており、交通機関や宿泊施設などで観光客の受け入れを行える地域をいう。




「観光地」の続きの解説一覧

観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 09:53 UTC 版)

オマー」の記事における「観光名所」の解説

郊外のアルスター・アメリカン・フォーク・パークにはトマス・メロンの生家保存されている。彼は1813年にこのコテージ生まれ5歳アメリカペンシルベニア州移民するまでを過ごしたトマス息子が「鉄鋼カーネギー銀行メロンと言わしめたかのアンドリュー・メロンである。園内1800年代アイルランド人とりわけアルスター)の移民足跡展示する野外博物館になっており、復活祭イースター)、クリスマスアメリカ独立記念日ハロウィーンには大規模なイベントが行われる。毎年ブルーグラス音楽祭開かれる2003年度入場者数127000人を数えた市街の北16kmのなかにはゴーティン・グレンズ森林公園があり、滝や湖の自然を楽しめる中心市街地には2007年都市再開発事業の一環としてストラール芸術センターオープンしたストラール川とハイ街の中間にモダンな市民センター建てることで、さびれた区域活性化をはかるよい例である。

※この「観光名所」の解説は、「オマー」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「オマー」の記事については、「オマー」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 04:23 UTC 版)

アイカ (ハンガリー)」の記事における「観光名所」の解説

アイカは元々ハンガリー王国成立時キリスト教改宗したこともあり教会が多い。また、ガラス工芸工房盛んであり、アイカ・クリスタルと呼ばれ親しまれている。 Tósokberéndローマ・カトリック教会バロック後期1807年から1808年アイカローマ・カトリック教会バロック後期、1788) アイカ改革派教会バロック後期1783年アイカ福音派教会バロック後期1786年から1789年) スチュワードハウス(領主館18〜19世紀鉱業博物館産業遺産ガラス工場

※この「観光名所」の解説は、「アイカ (ハンガリー)」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「アイカ (ハンガリー)」の記事については、「アイカ (ハンガリー)」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/27 06:00 UTC 版)

アンドラーシ通り」の記事における「観光名所」の解説

郵便博物館(Postamúzeum) ハンガリー国立歌劇場Magyar Állami Operaház) ドレクスラー邸(Drechsler House) ペシュト・ブロードウェイ(Pesti Broadway): 四隅に素晴らし劇場のある連絡地点フランツ・リスト広場 : リスト音楽院多くのカフェがある。 ヨーカイ広場Jókai r) オクトゴン : ナジケルートとの連絡地点恐怖の館Terrorza): ハンガリーにおける2つ抑圧的な政治体制、つまりファシズム共産主義について、その政体犠牲者追悼する施設である フランツ・リスト記念館と旧音楽アカデミー コダーイ記念館 : ハンガリー代表的な作曲家コダーイ記念館人形劇場Puppet TheatreOld Palace of Art College of Fine Arts フェレンツ・ホップ東洋美術館(Hopp Ferenc Kelet-Ázsiai Művészeti Múzeum) 英雄広場: 一千年記念碑西洋美術館Museum of Fine Arts)、ミューチャルノク(Palace of Art)などがある広場で、ヴァーロシュリゲット入り口になっている

※この「観光名所」の解説は、「アンドラーシ通り」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「アンドラーシ通り」の記事については、「アンドラーシ通り」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/28 15:57 UTC 版)

松田山」の記事における「観光名所」の解説

松田山ハーブガーデン中腹西平公園内にある施設展望がよく、園内からは足柄平野箱根山相模湾などを望むことができる。 最明寺史跡公園桜の隠れた名所山頂付近小田原市など足柄平野周辺の夜景素晴らしく週末夜間には、夜景見学の車が多い。

※この「観光名所」の解説は、「松田山」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「松田山」の記事については、「松田山」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/28 06:07 UTC 版)

ヴィジャヤプラ」の記事における「観光名所」の解説

ビジャープル王国歴代君主居城であったビジャープル城があり、 イブラーヒーム・アーディル・シャー2世墓廟イブラーヒーム・ラウザやムハンマド・アーディル・シャーの墓廟ゴール・グンバズ現存している。 ビジャープル城 ゴール・グンバズ イブラーヒーム・ラウザ

※この「観光名所」の解説は、「ヴィジャヤプラ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ヴィジャヤプラ」の記事については、「ヴィジャヤプラ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/26 20:56 UTC 版)

宇和町」の記事における「観光名所」の解説

開明学校 - 白壁アーチ型の窓が当時のまま現存している。長野県にある旧開智学校姉妹校関係にある高野長英隠れ家 - 上記の中町にある、長英隠れ住んとされる住まい愛媛県歴史文化博物館博物館 - 元々は宇和町小学校旧校舎一つで、老朽化による小学校建て替えにより現在の所に移転再構築された。古代米研究報告展示がある。12の教室をつなぐ109メートルという長い直線廊下増築なしでは日本最長であることから、移築・保存され、雑巾がけレースZ-1グランプリが行われている(TOKIOの『ザ!鉄腕!DASH!!』等)。 どんぶり館 - 愛媛県道29号宇和野村線にある物産館宇和町のみならず野村町城川町明浜町三瓶町野菜特産品多数扱われている。合併後道の駅登録された。 観音水 - 宇和野村線の明間あかんま地区にあり、名水百選にも選ばれている。4月から9月まで「そうめん流しが行われる。 JR卯之町駅 - 観光客向けに夏はホーム軒下風鈴冬場待合室に「愛の大火鉢」が設置されている。 明石寺めいせきじ) - 四国八十八箇所霊場43札所にあたる宇和高等学校から少し山手入った位置にある。

※この「観光名所」の解説は、「宇和町」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「宇和町」の記事については、「宇和町」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/17 16:16 UTC 版)

エクス=レ=バン」の記事における「観光名所」の解説

古代ローマ時代公衆浴場カンパヌス葬送門 (Arc funéraire romain de Campanus) カジノ・グラン・セルクル (Casino Grand Cercle) - 1850年サヴォワ公でもあったイタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世によって落成されたカジノ。そのサロン天井は、350個もの金地ガラスはめ込ん微細なキューブ鏤め素晴らしモザイク画覆われているロシュ王城 (Château de la Roche du Roi) 市庁舎 フォール美術館 (Musée Faure) ラピデール博物館 (Musée Lapidaire)

※この「観光名所」の解説は、「エクス=レ=バン」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「エクス=レ=バン」の記事については、「エクス=レ=バン」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 06:58 UTC 版)

北塩原村」の記事における「観光名所」の解説

名水百選小野川湧水大塩裏磐梯温泉 諸橋近代美術館 磐梯朝日国立公園 星野リゾート 猫魔スキー場 ラビスパ裏磐梯 - 1996年開館した村立温泉健康増進施設指定管理者株式会社ラビスパ。

※この「観光名所」の解説は、「北塩原村」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「北塩原村」の記事については、「北塩原村」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 18:44 UTC 版)

グリニッジ」の記事における「観光名所」の解説

水運密接に結びついてきたグリニッジ歴史的建造物群は、世界遺産登録されている(ID795)。 グリニッジ天文台がある都市としてよく知られており、この天文台グリニッジ子午線通っている。かつて、協定世界時置き換えられるまでは、グリニッジ天文台での時間計測基礎置いたグリニッジ平均時用いられていた。グリニッジはもはや実用的な天体観測主導する場ではないが、ここではいまなお報時球正確に午後1時知らせている。またジョン・ハリソン海事クロノメーターをはじめとする天文学航海術に関する道具集めた博物館併設されている。 天文台は、プラセンティア宮殿敷地利用したグリニッジ公園内にある。公園にはイニゴー・ジョーンズ作のクイーンズ・ハウスを含む国立海事博物館 (National Maritime Museum) があり、全ての建築物自由に訪れことが出来る。 旧王立海軍大学 (The Old Royal Naval College) は、クリストファー・レンの手がけた丸天井付き傑作で世界遺産登録地の中央に位置している。ここはグリニッジ財団 (the Greenwich Foundation) が管理しており、毎日訪問者無料で開放されている。旧大学内のいくつかの建造物グリニッジ大学貸されているが、the King Charles blockは、Trinity College of Music貸されている。また、ジェイムズ・ソーンヒル (James Thornhill) が塗装したペインティド・ホール (Painted Hall) やセント・ピーターセント・ポール礼拝堂後者内装James Athenian Stuart手がけた)も、毎日グリニッジ・ヴィジター・センターからガイド付きツアー出発している通り一般に開放されている。旧王立海軍大学脇に第二級指定建造物登録されている歴史あるパブであるトラファルガー・タヴァーンがある。 グリニッジには扇を集めた扇博物館があるのも特徴的である。この博物館はクルームズ・ヒル10番地から12番地にあり、同じクルームズ・ヒルには、ネヴァダ・ストリートの交差点角にグリニッジ劇場 (Greenwich Theatre) がある。グリニッジには劇場二つあるが、もうひとつはグリニッジ・プレイハウス (en:Greenwich Playhouse) である。 クリッパーの「カティーサーク」は川沿い乾ドック保存展示されている2006年から帆船大規模な保存プロジェクト始動し2008年9月終了する予定であった。しかし2007年5月21日火災事故発生復元大幅に遅れたその後2012年4月25日女王エリザベス2世によって、一般公開宣言された。そのそばには、長い間、フランシス・チチェスター (Sir Francis Chichester) が226日間世界一周1966年 - 1967年)を行ったケッチである「ジプシー・モス4世号」(Gipsy Moth IV) も展示されていたが、第二航海歴を積み重ねるための大規模な修繕のために2004年移送された。 カティーサークのそばには、テムズ川北側のアイル・オブ・ドッグズ (Isle of Dogs) へ行くための歩行者用トンネル「グリニッジ・フット・トンネル」(Greenwich foot tunnel) がある。トンネル北側出口はアイランド・ガーデンズ (Island Gardens) にあり、そこからカナレット描いたグリニッジ病院有名な眺めを望むことが出来る病院北西の角の前の川沿いに、北極探検者のジョゼフ・ルネ・ベロー (Joseph René Bellot) を記念するオベリスク立っているミレニアム・ドームは、グリニッジ半島ブリティッシュ・ガス使われなくなった敷地建てられた。これは地下鉄のノース・グリニッジ駅に隣接しグリニッジ中心街からはおよそ5kmところにある。ドーム南には、都市の再開発地区であるグリニッジ・ミレニアム・ヴィレッジ (Greenwich Millennium Village) が存在する都市中心部西側建っているのがセント・アルフィージ教会 (St Alfege's Church) である。この教会建っている場所は、1012年カンタベリー大主教アルフィージが殺害された所であり、現在の教会1714年建築家ニコラス・ホークスムーア (Nicholas Hawksmoor) が手がけたものである都市中心部では、週末にはグリニッジ市場 (Greenwich Market) が多くの観光客賑わう。

※この「観光名所」の解説は、「グリニッジ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「グリニッジ」の記事については、「グリニッジ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/03/12 11:24 UTC 版)

コーヌ=クール=シュル=ロワール」の記事における「観光名所」の解説

聖ジャック教会(旧:聖ローラン参事教会) - 15世紀教会1930年10月1日歴史的建造物指定された。 聖エーナン教会 - 1862年歴史的建造物指定されたジャン=バティスト・ボーダンの記念碑 - ボーダン1851年12月3日内乱亡くなった共和主義者である。この記念碑この地方で集められた寄付により、1868年つくられた。 サンアナン墓地にあるロジェ・ブリクーの追悼プレート - ブリクーは1891年コーヌ生まれたオーケストラ楽団員としてタイタニック号乗り込んだが、溺死した。このプレート彼の栄誉称え2000年11月2日据えられた。 ピエール=ジル・ド・ジェンヌの名が関された高等学校リセ) - 2007年9月1日開校。 ショーザド王立製鉄所市街最も古いミュレ通り かつての裁判所 ロワール博物館 - 19世紀建てられコーヌ大学学び舎改装し1980年代末開かれたコーヌ島 - ロワール川浮か中州キャンプ場球技場競馬場がある。 市民会館 - ロープ製造工場改装して開館した

※この「観光名所」の解説は、「コーヌ=クール=シュル=ロワール」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「コーヌ=クール=シュル=ロワール」の記事については、「コーヌ=クール=シュル=ロワール」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/03 13:17 UTC 版)

トルウイン」の記事における「観光名所」の解説

パナデリア・ラ・ウニオンは、トルウイン付近に位置するパン屋で、アルゼンチン有名になっている。ウシュアイアへ行くほとんどのバスはここに停車し乗客コーヒー飲んだりパン食べたりして休むことが出来る。壁には、過去にここを訪れたアルゼンチン有名人記念写真サイン貼ってある。

※この「観光名所」の解説は、「トルウイン」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「トルウイン」の記事については、「トルウイン」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 07:12 UTC 版)

笠間市」の記事における「観光名所」の解説

.mw-parser-output .thumbinner{display:flex;flex-direction:column}.mw-parser-output .trow{display:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box}.mw-parser-output .tsingle{margin:1px;float:left}.mw-parser-output .theader{clear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%}.mw-parser-output .thumbcaption{background-color:transparent}.mw-parser-output .text-align-left{text-align:left}.mw-parser-output .text-align-right{text-align:right}.mw-parser-output .text-align-center{text-align:center}@media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .thumbinner{width:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center}.mw-parser-output .trow{justify-content:center}.mw-parser-output .tsingle{float:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center}.mw-parser-output .trow>.thumbcaption{text-align:center}} 笠間つつじ公園 常陸国出雲大社 佐白山笠間城愛宕山 かさま歴史交流館井筒屋笠間市 笠間稲荷神社胡桃下稻荷紋三郞稻荷神位正一位稲荷大明神常陸国出雲大社出雲大社常陸分社: 平成4年12月4日平成26年9月15日稻田神社手摩乳神社 脚摩乳神社** 八雲神社牛頭天王社八坂神社牛頭天王社) – 笠間八坂神社祇園祭中心的役割を担う 稻田山西念寺(稲田御坊) – 浄土真宗別格本山単立佐白山正福寺坂東三十三観音23番) 笠間六体醫王山護命岩谷寺薬師如来立像真言宗智山派 石寺弥勒堂弥勒教会。旧・功德山馬頭院石城寺彌勒堂) – 木造弥勒菩薩立像花まつり4月8日御開帳例年拝観)。白山神社 佛頂楞厳寺臨済宗妙心寺派寺院で、笠間氏歴代菩提寺 宍戸藩陣屋表門県文化財) 笠間日動美術館春風萬里荘 笠間芸術の森公園笠間工芸の丘 茨城県陶芸美術館 石切山脈 笹目宗兵衛商店 佐白山笠間城跡 つつじ公園 九ちゃんの家(坂本九幼少期過ごした母方実家) かさま歴史交流館井筒屋東日本大震災で被災廃業した老舗旅館リノベーション坂本九笠間稲荷参拝折に定宿としていた) 旧友町 北山公筑波海軍航空隊記念館岩間町 愛宕山 合氣神社

※この「観光名所」の解説は、「笠間市」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「笠間市」の記事については、「笠間市」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/10 08:40 UTC 版)

スクラン」の記事における「観光名所」の解説

サン=ピア教会 (La collégiale Saint-Piat) 聖母病院 (L'hôpital Notre-Dame) スクランの砦 (Le fort de Seclin)デュウー砦 (Fort Duhoux) とも呼ばれる。セレ・ド・リヴィエール方式フランス語版に基づき1875年から1880年建造されリール城塞群一部で、保存状態は非常に良好である1996年改修され2003年10月からは第一次世界大戦を含む1870年から1920年までの歩兵砲兵に関する博物館となっており、貴重な物品展示行われている。

※この「観光名所」の解説は、「スクラン」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「スクラン」の記事については、「スクラン」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/11 13:05 UTC 版)

ヨウツセノ」の記事における「観光名所」の解説

歴史博物館 (The Local History Museum) ヨウツセノ教会 (Joutseno Church) 南カレリア自動車博物館 (South Karelian Motor Museum) コルピケイダス動物園 The Domestic Animal Park of Korpikeidas The storm monument by the library Lake Ahvenlampi The ski-jumping tower by Ahvenlampi The Myllymäki skiing center この項目は、北ヨーロッパ関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(PJ:北ヨーロッパ / P:ヨーロッパ)。

※この「観光名所」の解説は、「ヨウツセノ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ヨウツセノ」の記事については、「ヨウツセノ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 06:49 UTC 版)

平壌」の記事における「観光名所」の解説

金日成広場 主体思想塔 - 高さ170mの石塔標高150m展望台がある 万景台マンギョンデ) - 「金日成主席生家があった地」とされている万景台遊戯場隣接する。その最高峰万景峰である。 牡丹峰モランボン) - 市街北部の山。標高95m。一帯公園牡丹峰青年公園)であり記念物や金日成競技場などがあり、アイドルグループ牡丹峰楽団も有名。 凱旋門 - パリエトワール凱旋門より10m高く世界一とされる千里馬銅像英語版中国語版朝鮮語版大同門(テドンムン) 練光亭李氏朝鮮王朝時代高句麗平壌城(高句麗時代平壌東大門李氏朝鮮王朝時代檀君陵古朝鮮伝説の人とされている檀君の墓) 永生塔(中国語版ドイツ語版定陵寺 蒼光山 火山火山公園

※この「観光名所」の解説は、「平壌」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「平壌」の記事については、「平壌」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/25 17:02 UTC 版)

マタランカ」の記事における「観光名所」の解説

マタランカ地域主な観光名所は、美しローパー川や2つ大きな温水プール(ビター・スプリングスとレインボー・スプリングス)のあるエルジー国立公園である。エルジー国立公園内にあるローパー川上流は、ブッシュウォーク、バードウォッチングカヌー遊泳釣り人気があり、ここでクロコダイル飼育されている。ビター・スプリングス温水プールは、マーティン・ロードの終点にあるマタランカ・タウンシップの北東位置するこれらのプールは、摂氏32度で保たれており、現在も自然に近い状態である。途中で美し水辺植物を見るために、スイマー下流まで行くことができる。がよく澄み渡っていると、マスクシュノーケル小さな魚カメ見ることができるレインボー・スプリングスマタランカ温水プールは、知られているように、エルジー国立公園他のエリアよりも長く一般にアクセス可能であり、コンクリート壁階段遊歩道舗装地域設置によって、長い年月をかけて補強された。レインボー・スプリングスは、ホームステッド・ロードの終点にあるマタランカの約9 km南東に位置する。ここの摂氏34度で保たれており、美しく済んでおり、水泳には適している

※この「観光名所」の解説は、「マタランカ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「マタランカ」の記事については、「マタランカ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/02 14:40 UTC 版)

コキール (オレゴン州)」の記事における「観光名所」の解説

コキール渓谷歴史協会2005年5月設立したコキール渓谷博物館」がある。 地元有志にあるメロドラマ公演が、地元のソーダスト劇場で季節限定行われる

※この「観光名所」の解説は、「コキール (オレゴン州)」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「コキール (オレゴン州)」の記事については、「コキール (オレゴン州)」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/21 15:15 UTC 版)

サン=レミ=ド=プロヴァンス」の記事における「観光名所」の解説

凱旋門」を含む古代ローマ時代グラヌム遺跡群。この町の南、アルピーユ山脈の手前のゴシエ山(Mont Gaussier)の頂上からは、町全体遺跡群が一望できる

※この「観光名所」の解説は、「サン=レミ=ド=プロヴァンス」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「サン=レミ=ド=プロヴァンス」の記事については、「サン=レミ=ド=プロヴァンス」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/02 05:13 UTC 版)

プロヴァン」の記事における「観光名所」の解説

プロヴァン景観フランス国内では「芸術と歴史の街のひとつ選ばれており、また2001年には世界遺産にも登録された。 都市その中世の城塞知られている1200メートルの距離に22の塔が幾何学的に配置されており、城塞中心的な塔は1226年から1314年にかけて建造された。 セザールの塔 (Tour César)12世紀建造された。敷石の上にあり、四角土台の上に多角柱のドンジョン城塞中心塔)が載っている。 サン=キリヤース教会(Collégiale Saint-Quiriace)12世紀教会サントクロワ(聖十字教会(Église Sainte Croix)名前はシャンパーニュ伯チボー4世エルサレムから本物の(イエス架けられた)十字架の欠片持ち帰ったとされることに由来するという。 サン=テイウル教会 (l'Église Saint-Ayoul)11世紀建造され教会845年密かに葬られた聖エイウルの墓所1000年発見され、その重大性認識したシャンパーニュ伯によって建造することが決められたという。 歴史的には、初期の大市はこの教会前広場開催された。 コルドリエ教会 地下道この古都地下には中世地下道張り巡らされており、訪れことが出来るこの地下道十分の一税用の倉庫とともにウンベルト・エーコの『フーコーの振り子』の物語一部舞台となった中世プロヴァンは製布のさかんな都市で、この地下道は本来羊毛業のための石切り場だった。ここから漂布土(「テル・ア・フーロン terre à foulon」)が採取され羊毛シミ抜きに用いられた。この粘土石鹸のようなものとして用いられたわけだが、布によく染み込ませるために足で踏んでやる(「フーレ fouler する」)必要があったことからその名がある十分の一税用の倉庫 (La grange auxmes)この倉庫は、かつての大市の際に在庫の収納所として使われた。現在では博物館変わり商人石切工といった様々な職業中世の生活を蘇らせ場面を提示している。 ロマネスクの家これは10世紀ないし11世紀建造されプロヴァン最も古い住居であり、現在は展示室 (le musée du provinois) がある。 ノートル・ダム・デュ・ヴァルの塔 (Tour Notre Dame Du Val)1544年建造の塔 オステルリー・ド・ラ・クロワ・ドール (Hostellerie de la Croix D'Or)1264年から1270年にかけて建造されその外観を当時のまま今なお保持しているフランス最古のオステルリー(田舎のホテル)。2004年12月時点でレストランとして営業行っている。 ヴォーリュイザン・ホテル (Hôtel du Vauluisant)13世紀建築物上記のオステルリーと向かい合っている。 処刑人の家 町の城壁外に処刑人小路呼ばれる路地処刑人ルイシル=シャルルマーニュ・サンソンの家がある。

※この「観光名所」の解説は、「プロヴァン」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「プロヴァン」の記事については、「プロヴァン」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/03 03:02 UTC 版)

ボーヌ」の記事における「観光名所」の解説

ボーヌのオスピス(ホスピス, 施療院)- 1443年ブルゴーニュ公国宰相ニコラ・ロランが創設したもので、貧しい人たち無料で医療施した入院条件は、貧者であるこただひとつだった。王侯貴族から寄進されブドウ園そこから生産されるワインで、費用埋め合わされていた。この建物は、屋根瓦が、黄色や赤、茶色カラフルで、しかもブルゴーニュ風文様を描くようにデザインされていてとても美しい。こうした施療院は、当時、オテル・デュー(神の宿、fr:Hôtel-Dieu)とも呼ばれた現在では、その当時薬品医療器具展示した医学博物館になっており、またワインオークションの会場としてよく知られている現存するオテル・デューの中でも最も有名な施設のひとつ。この施療院ブランドワインもある。 ワイン博物館(Musée du Vin)

※この「観光名所」の解説は、「ボーヌ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ボーヌ」の記事については、「ボーヌ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 07:24 UTC 版)

新店区」の記事における「観光名所」の解説

銀河洞。台北市猫空まで続く遊歩道があり、渓流に沿って山を登ると滝がある。 新店渓 碧潭美人文化パーク(旧景美拘置所) 二叭子植物園 陽光運動園区

※この「観光名所」の解説は、「新店区」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「新店区」の記事については、「新店区」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 04:40 UTC 版)

サン=ジェルマン=アン=レー」の記事における「観光名所」の解説

施設名ラテン文字表記フランス語サン=ジェルマン=アン=レー城 Château de Saint-Germain-en-Laye (en/fr) ルイ6世時代からルイ14世時代まで、国王主要な居城一つとして機能した。元イングランド王ジェームズ2世ルイ14世保護の下この城に亡くなるまで住んでいた。現在の城ルネサンス様式のもので、フランソワ1世によって再建されナポレオン3世によって修復されたもの。 国立考古学博物館 Musée des Antiquités nationales (en/fr) 現在[いつ?]、サン=ジェルマン=アン=レー城内に設けられている。約25千年前後期旧石器時代)の女神像として有名な「ブラセンプーイのヴィーナス英語版)」を始めとして先史時代からメロヴィング朝時代にかけて考古学的歴史的遺物展示サン=ジェルマン教会 Église Saint-Germain 県立モーリス・ドニ(ル・プリゥレ)美術館 Musée départemental Maurice Denis, Le Prieuré (en/fr) 画家モーリス・ドニの旧邸宅美術館したもので、彼や他のナビ派作品展示している。 ドビュッシー博物館フランス語版Musée Claude Debussy 作曲家クロード・ドビュッシー生家1階観光案内所になっており、住居であった2階展示室3階演奏になっているサン=ジェルマン=アン=レー市立博物館 Musée municipal de Saint-Germain-en-Laye (fr) 初期フランドル派画家ヒエロニムス・ボス作品 "The Conjurer" (オランダ語原題:"De goochelaar")などを展示。 その他ウェルキンゲトリクスの像 Statue de Vercingétorix, Saint-Germain-en-Laye エメ・ミレーの手による、ガリア英雄ウェルキンゲトリクス銅像詳しくは別項ウェルキンゲトリクス#フランス最初の英雄を参照のこと。

※この「観光名所」の解説は、「サン=ジェルマン=アン=レー」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「サン=ジェルマン=アン=レー」の記事については、「サン=ジェルマン=アン=レー」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/09 23:50 UTC 版)

プラッハ・イム・イーザルタール」の記事における「観光名所」の解説

グロースヘッセローエ地区には全国的に有名なヴァルトヴィルトシャフト(ドイツ語版)、またジャズビアガーデンがあり、対岸からビアガーデンへはグロースヘッセローエドイツ語版)の歩行者用自転車用通路通り快適にアクセス可能である。

※この「観光名所」の解説は、「プラッハ・イム・イーザルタール」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「プラッハ・イム・イーザルタール」の記事については、「プラッハ・イム・イーザルタール」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 21:31 UTC 版)

バトル (イングランド)」の記事における「観光名所」の解説

バトル修道院 - ヘイスティングスの戦い古戦場ハロルド2世死没地建てられている

※この「観光名所」の解説は、「バトル (イングランド)」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「バトル (イングランド)」の記事については、「バトル (イングランド)」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/17 01:04 UTC 版)

シメイ (ベルギー)」の記事における「観光名所」の解説

シメイ城 (en:Chimay Castle) シメイシメイ城は9世紀頃にその起源さかのぼり15世紀改装が行われたものの、17世紀戦火被災したため改修した現在の城は、1935年火災焼失したのちにルネサンス様式再建したものである

※この「観光名所」の解説は、「シメイ (ベルギー)」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「シメイ (ベルギー)」の記事については、「シメイ (ベルギー)」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 23:25 UTC 版)

オレンジ (オーストラリア)」の記事における「観光名所」の解説

この一覧は未完成です加筆訂正して下さ協力者求めてます。 キャノボラス山(旧火山) センソリー・ガーデン(植物園) ザ・バイブル・ガーデン(植物園

※この「観光名所」の解説は、「オレンジ (オーストラリア)」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「オレンジ (オーストラリア)」の記事については、「オレンジ (オーストラリア)」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 14:13 UTC 版)

ナマンガン」の記事における「観光名所」の解説

Mullo Kyrgyzマドラサ1910年建造 Ota Valikhan Turモスク1915年建造中央アジアでも有数の大きさで、現在は地域におけるワッハーブ派総本山になっているナマンガン自然歴史博物館フェルガナ盆地考古学的な知識について展示している。 Hadja Amin Kabri – 18-19世紀装飾されテラコッタ使用したファサードがある。 アフシケント遺跡ナマンガン25km、シルダリヤ川沿いにある1世紀遺跡当時はフェルガナ盆地中心地だった。モンゴル帝国時代破壊されたが、ティムール朝時代再建された後、17世紀地震衰退した

※この「観光名所」の解説は、「ナマンガン」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ナマンガン」の記事については、「ナマンガン」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 06:58 UTC 版)

テルメズ」の記事における「観光名所」の解説

キルク・キズ (9-14世紀) テルメズ・ハン国宮殿 (11-12世紀) アル=ハキーム・アッ=テルミズィー・モスクとその付属施設10-15世紀) スルターン・サアーダ・モスク(英語版ペルシア語版) とその付属施設10-18世紀) コキルドラ=ハーナカ(Kokildora-Khanaka)の霊廟 (16世紀) カラ・テペ遺跡仏教寺院 (2-4世紀) ファヤズ・テペ遺跡仏教寺院 (1-3世紀) ズールマラ塔 (1-2世紀) (伝承学者の)ティルミズィー廟(9世紀頃。テルメズより60km北東シェラバード郊外にある。

※この「観光名所」の解説は、「テルメズ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「テルメズ」の記事については、「テルメズ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 07:19 UTC 版)

フェルガナ」の記事における「観光名所」の解説

地域研究博物館フェルガナ盆地自然の歴史写真伝統工芸品などを展示している。 フェルガナ劇場1877年建設されミハイル・スコベレフ大将邸宅

※この「観光名所」の解説は、「フェルガナ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「フェルガナ」の記事については、「フェルガナ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 06:36 UTC 版)

マンガリア」の記事における「観光名所」の解説

カラティス・フェスティバル - ルーマニア最大の夏のイベント開催地となっている スキタイの墓 - 1959年発見された。ルーマニアでは初となる、ギリシャ語書かれパピルス破片見つかった 墓地焼却施設 - 紀元前4世紀2世紀のカラティス要塞置かれた墓地遺跡 カラティス要塞跡 - 紀元前6世紀 イスマハン・スルタン・モスク - 16世紀 考古学博物館 - ヘレニズム時代アンフォラ彫刻石棺破片など、豊富なコレクション所蔵する マンガリア

※この「観光名所」の解説は、「マンガリア」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「マンガリア」の記事については、「マンガリア」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/30 13:34 UTC 版)

タラスコン」の記事における「観光名所」の解説

聖ヨハネ門 (Portail Saint Jean)、コンダミヌ門、ジャルネーグ門 :かつての市壁名残である3つの門。聖ヨハネ門が正門聖マルタ教会聖マルタ埋葬されている伝えられている建築様式は、12世紀ロマネスク14世紀ゴシック二分されている地下納骨堂の由来は3世紀にまで遡るタラスコン城 :川沿いにあり、現在のもの1401年アンジュー公ルイ2世建造着手したものである建造長男ルイ3世引き継ぎ次男ルネ1447年完成させた。落成者の名を採り、この城はしばしば「ルネ王の城 (le château du roi René)」と呼ばれている。城は17世紀以降国有になる1932年まで軍用牢獄転用されていた町役場1648年築造

※この「観光名所」の解説は、「タラスコン」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「タラスコン」の記事については、「タラスコン」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 20:20 UTC 版)

ハーバーセンター」の記事における「観光名所」の解説

ハーバーセンター展望デッキオフィス入居してビルの上にあり、1977年オープンしたオープンに人類初め月面降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロング大きくかかわっており、現在でもデッキ彼の足跡展示されている。円形展望デッキからはバンクーバー市内が一望でき、晴れた日にアメリカワシントン州にあるベーカー山までも肉眼確認することができる。 またデッキバンクーバーで最も高い位置にある360度回転レストランでもある

※この「観光名所」の解説は、「ハーバーセンター」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ハーバーセンター」の記事については、「ハーバーセンター」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 16:22 UTC 版)

福間町」の記事における「観光名所」の解説

福間海岸 ウィンドサーフィンボディボード等のマリンスポーツ盛んであり、福岡県宗像地方でも屈指のスポットとなっていて、「九州湘南」と呼ばれている。また、夏場には多くの海水浴客で賑わう。海岸通りにはマリンスポーツショップレストランがある。また、福間漁港海浜公園にはマリーナ新鮮な魚介類購入できる漁協直営の店もある。 サンピア福岡(旧・福岡厚生年金スポーツセンター野球場テニスコートプール等を備えた総合スポーツ施設宿泊施設会議施設備えている。 なまずの郷 142,000平方メートル広大な敷地をもつ公園である。園内には庭園芝生広場のほか、様々な運動施設ゲートボール場、テニスコート野球場など)も備えている

※この「観光名所」の解説は、「福間町」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「福間町」の記事については、「福間町」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/05 09:00 UTC 版)

大島 (福岡県)」の記事における「観光名所」の解説

宗像大社中津宮 - 世界遺産宗像大社一つ宗像三姉妹二女タギツヒメ祀る大島フェリーターミナルから西へ300m御嶽神社 - 中津宮の奥宮、元宮古代祭祀が行われていた聖地大島御嶽遺跡がある。 沖津宮遥拝所 - 世界遺産宗像大社社殿一つ遠く沖津宮の御神体島である沖ノ島拝する社殿馬蹄岩 - 宗像大神が馬に乗り島々飛び立った伝説から名がつけられた。岩には数多くの盃状穴が存在している。 大島交流館 - 大島の世界遺産名所など紹介する施設風車展望所 - 牧場中に風車があり、晴れた日に沖ノ島見える。 下関要塞大島砲台跡 - 風車展望所近接地下弾薬庫観測所跡が残る日本海海戦戦死者慰霊碑 大島灯台 - 島北西端にあり、景勝地として知られる大島牧場 夢の小夜島 - 島の東側にある小さな島室町時代連歌師宗祇この地訪れ和歌詠んでいる。干潮時のみ近寄ることが可能。 安昌安倍宗任墓所 - 宗任は当地流されて晩年過ごしたとされる。 うみんぐ大島 - 海洋体験施設 三浦洞窟 - 島の北西部にある洞窟隠れキリシタン伝説がある。 御嶽山展望台 大島付近町並み 宗像大社中津宮鳥居 宗像大社沖津宮遙拝所 大島交流館 夢の小夜島 うみんぐ大島 大灯台 安倍宗任墓所

※この「観光名所」の解説は、「大島 (福岡県)」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「大島 (福岡県)」の記事については、「大島 (福岡県)」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 14:20 UTC 版)

津屋崎町」の記事における「観光名所」の解説

東郷神社 宮地嶽神社 津屋崎海水浴場 恋の浦 あんずの里町で取れ農産物直接販売している施設国道495号線沿いにある。 須多田古墳群内陸部にある須多田地区に、須多田天降神社古墳須多田二タ古墳をはじめとする須多田古墳群形成されている。 民家自然公苑宮地嶽神社のわずか東。鉤屋作り(かぎやづくり民家などが保存され歴史公園

※この「観光名所」の解説は、「津屋崎町」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「津屋崎町」の記事については、「津屋崎町」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 02:52 UTC 版)

鬼死骸」の記事における「観光名所」の解説

鬼石 - 大武丸亡骸埋めたとされる場所。 鹿島神社 - 801年(延歴20年)に坂上田村麻呂大武丸討伐した後に勧請した神社鬼死骸八幡神社 - 1062年康平5年)に源頼義勧請した神社鬼死骸停留所 - 町おこしの一環整備され休憩所豊吉之墓 - 東北地方初期の頃人体解剖された罪人の墓。一関市指定有形文化財鬼死骸停留所 鹿島神社 鬼死骸八幡神社 鬼石 肋石(写真右の石) 豊吉之墓 明治天皇野立の所跡。1876年明治9年)に岩倉具視木戸孝允らを引き連れた奥州巡幸際に休憩をとった場所。1881年明治14年)の北海道秋田・山形巡幸際にもここで休息をとったとされている

※この「観光名所」の解説は、「鬼死骸」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「鬼死骸」の記事については、「鬼死骸」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 08:24 UTC 版)

平壌直轄市」の記事における「観光名所」の解説

金日成広場 主体思想塔 - 高さ170mの石塔標高150m展望台がある 万景台マンギョンデ) - 「金日成主席生家があった地」とされている万景台遊戯場隣接する。その最高峰万景峰である。 牡丹峰モランボン) - 市街北部の山。標高95m。一帯公園牡丹峰青年公園)であり記念物や金日成競技場などがあり、アイドルグループ牡丹峰楽団も有名。 凱旋門 - パリエトワール凱旋門より10m高く世界一とされる千里馬銅像英語版中国語版朝鮮語版大同門(テドンムン) 練光亭李氏朝鮮王朝時代高句麗平壌城(高句麗時代平壌東大門李氏朝鮮王朝時代檀君陵古朝鮮伝説の人とされている檀君の墓) 永生塔(朝鮮語版定陵寺 蒼光山 火山火山公園

※この「観光名所」の解説は、「平壌直轄市」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「平壌直轄市」の記事については、「平壌直轄市」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/30 07:03 UTC 版)

アンダイエ」の記事における「観光名所」の解説

毎週水曜日屋外市場開かれる町の広場には有名な17世紀の「Great Cross of Hendaye」がある。これはオカルトマニアが未来の世界大災害に関する暗号化された情報含まれるという錬金術シンボル彫刻された石のクロスである。セントヴィンセント教会は、1598年建設され火事砲撃後に世紀にわたって再建された。最後の再建終了したのは1968年の事である。13世紀十字架像重要な宝物となっている。

※この「観光名所」の解説は、「アンダイエ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「アンダイエ」の記事については、「アンダイエ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/17 04:55 UTC 版)

コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」の記事における「観光名所」の解説

この地域では大規模なテーマパーク造成されているそのうちの一つコロンビア国立コーヒー公園英語版)がキンディオ県モンテネグロ (キンディオ県)(英語版)にある。この地域には、伝統的なコロンビア・コーヒーを堪能するためなコーヒー加工過程見られるコーヒー文化博物館があり、植民市レプリカである他のテーマパークのように、観光客ダンス民族音楽ケーブルカーからの青々と茂った木々パノラマ景観楽しむことができる。

※この「観光名所」の解説は、「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」の記事については、「コロンビアのコーヒー産地の文化的景観」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 08:05 UTC 版)

寺町 (美馬市)」の記事における「観光名所」の解説

郡里廃寺跡 奈良時代初期に建てられ県内最古の寺院跡。奈良斑鳩法隆寺左右逆の法起寺伽藍配置で、約100m四方広大な寺域有するこの地方を支配した豪族氏寺として建立されたもので、古代美馬繁栄を今に伝えている。塔基壇上に当時礎石見られ寺域中心に樹齢700年ともいわれる銀杏巨樹がある。

※この「観光名所」の解説は、「寺町 (美馬市)」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「寺町 (美馬市)」の記事については、「寺町 (美馬市)」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 09:29 UTC 版)

クヴェードリンブルク」の記事における「観光名所」の解説

1300以上のロマネスク様式美し建物ファッハヴェルクハウス(木組みの家)や、グリュンダーツァイト時代泡沫会社乱立時代)、ユーゲントシュティール時代邸宅今なお残りロマネスク街道の秘都と呼ばれている。司教座教会(聖セルヴァティウス教会)、シュロスベルク(城山)、旧市街1994年極めて重要な文化財であると評価されユネスコの世界遺産登録された。このほか、ヴィペルティ教会地下聖堂ミュンツェンベルクマリア修道院ライオネル・ファイニンガー美術館木組みの家博物館ステンドグラス工芸博物館蒸気機関車運行もある狭軌鉄道中部ドイツ鉄道おもちゃ博物館など、多くの見どころがある

※この「観光名所」の解説は、「クヴェードリンブルク」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「クヴェードリンブルク」の記事については、「クヴェードリンブルク」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 00:48 UTC 版)

ラタナキリ州」の記事における「観光名所」の解説

ラタナキリ州観光売り2つ挙げるとすれば先住民集団野生生物である。同州に生活拠点を持つ民族集団のうち主要なものを5つ挙げるとすれば、タムプアン族、クルン族、ジャライ族、カチョーク族、ブロー族である。部族制の生活様式文化ヨーロッパアメリカ合衆国観光客人気を集めている。 ヤクロウム湖もラタナキリ州観光客人気がある所である。町の中心から約4.8kmのところにあり、大規模な噴火口の美しカルデラ湖である。湖が恐ろしく深い(48m)ため、抜群にきれいで透明である。この湖は直径0.75kmのほぼ真円形である。湖の周りには、大木豊かに生い茂った熱帯林があり、多くのエキゾチックなオウム住んでいる

※この「観光名所」の解説は、「ラタナキリ州」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ラタナキリ州」の記事については、「ラタナキリ州」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 15:30 UTC 版)

ヴェゾン=ラ=ロメーヌ」の記事における「観光名所」の解説

考古学博物館 トゥールーズ伯の城(le château des Comtes de Toulouse)を含む中都市 ウヴェーズ川(Ouvèze)をまたぐ古代ローマ ナザレ聖母大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Nazareth) 聖カナン礼拝堂(Chapelle Saint Quenin) 黒い聖母ヴェゾン=ラ=ロメーヌの通りアリス·コロニューという名を与えた

※この「観光名所」の解説は、「ヴェゾン=ラ=ロメーヌ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ヴェゾン=ラ=ロメーヌ」の記事については、「ヴェゾン=ラ=ロメーヌ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/13 23:29 UTC 版)

タイガード (オレゴン州)」の記事における「観光名所」の解説

1880年ウィルソン・M・タイガードの息子SWパシフィック・ハイウェイとSWガード通り角に建てたジョン・タイガード邸がある。この建物1970年代解体危機晒されたが、タイガード地域歴史保全教会尽力により保護された。1979年国家歴史登録財登録され、現在はSWカンタベリー・レーンとSW103番通り角に所在している。 毎夏のポートランド・ローズ・フェスティバルの間、タイガード気球フェスティバルがタイガード高校近くクック公園開催される市内最も高い建築物リンカーンセンターにある12階建てのリンカーンタワーである。この建物市内だけでなく、ワシントン郡全体含めても最も高い。

※この「観光名所」の解説は、「タイガード (オレゴン州)」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「タイガード (オレゴン州)」の記事については、「タイガード (オレゴン州)」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 14:39 UTC 版)

ジュネーヴ」の記事における「観光名所」の解説

サン=ピエール大聖堂カルヴァン本拠とした寺院であり、カルヴァン説教際に使っていた椅子等を見ることができるまた、尖塔からはジュネーヴ市街及びレマン湖一望できる花時計モンブラン橋のたもとイギリス公園内にある有名な花時計大噴水レマン湖畔にあり、140mもの高さまで噴き上げるジュネーヴシンボル。ただし、噴き上げる時間帯時期一定でなく、冬季午前10時から午後4時までで、気温が0度以下になった時も止まるレマン湖岸の遊歩道レマン湖岸に沿った遊歩道で、この遊歩道夏期になるとカーニヴァルが行われたりし、多くの行事使われる。特に、夏期レマン湖での花火大会時になるとここは絶好観賞場となり大い賑わう。 国家記念碑イギリス公園内にある記念碑スイス象徴ジュネーヴ象徴2人女神が並ぶ。ジュネーヴスイス連邦加盟したことを記念している。 ルソー生家サン=ピエール大聖堂の西、旧市街一角にある。記念館になっているルソー島:レマン湖からローヌ川流れ出す地点ある人工の小島ルソー座像がある。 旧市街:約500年前に建てられ市庁舎、旧兵器庫等がある。 宗教改革記念碑ジュネーヴ本拠地として活動したカルヴァン生誕400年記念して1917年完成した記念碑カルヴァンをはじめとする4人の宗教改革家の像が刻まれている。 パレ・デ・ナシオン国際連合欧州本部旧国連盟本部である。資料図書室一般開放されているまた、一般見学者受け入れており、午前と午後解説つきツアーもある。セキュリティチェック、パスポートチェックあり。一般見学はプレニー門から入場する国際赤十字赤新月博物館国際連合欧州本部のプレニー門向かいにある。

※この「観光名所」の解説は、「ジュネーヴ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ジュネーヴ」の記事については、「ジュネーヴ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/08 02:19 UTC 版)

プラムプラム」の記事における「観光名所」の解説

政府が国初のエアロトロポリス(英語版)を建設し国際的なハブするためにこの町20ヘクタール以上の土地取得したプラムプラム海岸白い砂となっており、観光客休日行楽客のためのスポット点在するプラムプラムには、1742年建てられイギリス貿易基地の跡であるフォート・バーノン(英語版)がある。

※この「観光名所」の解説は、「プラムプラム」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「プラムプラム」の記事については、「プラムプラム」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/22 07:15 UTC 版)

グシニェ」の記事における「観光名所」の解説

グシニェにはアリパシニ・イズヴォリと呼ばれる泉がある。この泉では全てのが岩から直截多くの小さな泉として湧出している。町の独立記念日である8月2日には数千人が集まり踊り音楽料理等でこの日祝っている。 しかしながら観光客少ないため、この地域の文化風習味わうには最適な所になっている。また多くのビストロもあり、チェヴァプチチ等が供されている。幹線道路沿いにはスイーツ屋やジェズベ英語版)で供される廉価なコーヒー店等が立地している。 また、プロクレチイェ山地はその巨大な山容と非常に良い登山道著名である。この山地モンテネグロ国内最大であり、夏の暑い日であっても山頂には雪が残っている

※この「観光名所」の解説は、「グシニェ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「グシニェ」の記事については、「グシニェ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 16:24 UTC 版)

サン=ルイ島」の記事における「観光名所」の解説

建築家フランソワ・ル・ヴォーが手がけた建築物サン=ルイアンリル教会 (fr:Église Saint-Louis-en-l'Île) ロザン邸 (l'hôtel Lauzun) ル・ヴォー邸 (hôtel Le Vau) ランベール邸 (fr:hôtel Lambert) ブルトンビリエの離れ (le pavillon de Bretonvilliers) シュニゾ邸 (l'hôtel Chenizot) パリ有名なアイスクリーム屋ベルティヨンは、サン=ルイアンリル通り29番地から31番地に店を出している。

※この「観光名所」の解説は、「サン=ルイ島」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「サン=ルイ島」の記事については、「サン=ルイ島」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 04:49 UTC 版)

志々島」の記事における「観光名所」の解説

島の北部大楠があり、昭和45年4月県天然記念物指定された根本周り12メートル、高さ22.5メートル枝張りは東25メートル、西20メートル、南17.5メートル、北26メートル善通寺市古木研究家牛田哲夫氏の推定では樹齢1200年と言われている。

※この「観光名所」の解説は、「志々島」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「志々島」の記事については、「志々島」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 02:59 UTC 版)

トゥルヌ・マグレレ」の記事における「観光名所」の解説

観光目玉中心街にある聖ハラランビオス大聖堂である。20世紀初頭にギリシャ系農家らによって建てられたもので、クルテア・デ・アルジェシュ大聖堂にならい後期ルネッサンス様式基調としている。また、1877年から1878年独立戦争トゥルヌ・マグレレ重要な役割果たしたことから建てられ独立記念碑ランドマークとなっている。

※この「観光名所」の解説は、「トゥルヌ・マグレレ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「トゥルヌ・マグレレ」の記事については、「トゥルヌ・マグレレ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 02:53 UTC 版)

岡垣町」の記事における「観光名所」の解説

ゆうれい坂 三里松原日本の白砂青松100選波津有数の漁港海水浴場としても有名。環境省快水浴場百選選ばれた釣り名所としても有名。 宗像市鐘崎生活基盤が一体である。 筑前岡城跡地 金比羅山 城山蔦ヶ嶽城跡) 成田山不動寺

※この「観光名所」の解説は、「岡垣町」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「岡垣町」の記事については、「岡垣町」の概要を参照ください。


観光名所


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 18:10 UTC 版)

オルドゥ県」の記事における「観光名所」の解説

オルドゥ清潔で美しく幅の広い海岸がある。また、オルドゥ市ではロシア語バザー開かれている。丘の上にBoztepeと呼ばれる小さな町があり、標高3107mの高度にはKaragölと呼ばれるクレーター湖がある。 表 話 編 歴 トルコの地方行政区画 エーゲ海地方アフィヨン県 | アイドゥン県 | デニズリ県 | イズミル県 | キュタヒヤ県 | マニサ県 | ムーラ県 | ウシャク県 黒海地方アマスィヤ県 | アルトヴィン県 | バルトゥン県 | バイブルト県 | ボル県 | チョルム県 | デュズジェ県 | ギレスン県 | ギュミュシュハーネ県 | カラビュック県 | カスタモヌ県 | オルドゥ県 | リゼ県 | サムスン県 | スィノプ県 | トカット県 | トラブゾン県 | ゾングルダク県 中央アナトリア地方アクサライ県 | アンカラ県 | チャンクル県 | エスキシェヒル県 | カラマン県 | カイセリ県 | クルッカレ県 | クルシェヒル県 | コンヤ県 | ネヴシェヒル県 | ニーデ県 | スィヴァス県 | ヨズガト県 東アナトリア地方アール県 | アルダハン県 | ビンギョル県 | ビトリス県 | エラズー県 | エルズィンジャン県 | エルズルム県 | ハッキャリ県 | ウードゥル県 | カルス県 | マラティヤ県 | ムシュ県 | トゥンジェリ県 | ヴァン県 マルマラ地方バルケスィル県 | ビレジク県 | ブルサ県 | チャナッカレ県 | エディルネ県 | イスタンブール県 | クルクラーレリ県 | コジャエリ県 | サカリヤ県 | テキルダー県 | ヤロヴァ県 地中海地方アダナ県 | アンタルヤ県 | ブルドゥル県 | ハタイ県 | ウスパルタ県 | カフラマンマラシュ県 | メルスィン県 | オスマニエ県 南東アナトリア地方アドゥヤマン県 | バトマン県 | ディヤルバクル県 | ガズィアンテプ県 | キリス県 | マルディン県 | シャンルウルファ県 | スィイルト県 | シュルナク県 この項目は、トルコ関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ / Portal:アジア)。 典拠管理 GND: 4488390-0 LCCN: n88263908 MBAREA: 2df0f260-3060-4d74-99a0-cc7b4e38ae6f VIAF: 246274919 WorldCat Identities: lccn-n88263908

※この「観光名所」の解説は、「オルドゥ県」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「オルドゥ県」の記事については、「オルドゥ県」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 18:03 UTC 版)

デニズリ県」の記事における「観光名所」の解説

デニズリの北約20kmに世界遺産であるヒエラポリス-パムッカレがある。古代都市遺跡と、石灰分を多く含む温泉によって形成され石灰奇観によって知られているその他に下のような名所がある。 ラオディキア、リュコム…廃墟デニズリの6km北のEskihisar近郊残っているセルジューク朝キャラバン宿…デニズリからアンカラ高速道路を6kmの隣県近くにある。 フィリギアのトリポリがBuldan Yeine近郊にある。ヘレニズム時代面影見られる。 Honazにコロッセオ残っている。 ÇivrilのBeycehöyükにはいくつかの紀元前3000年さかのぼ出土品見られる。 ÇardakのHanabat Caravanserai典型的なセルジューク朝キャラバン宿である。 ローマ時代からAhmetliメンデレス川渡っている。

※この「観光名所」の解説は、「デニズリ県」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「デニズリ県」の記事については、「デニズリ県」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 04:39 UTC 版)

シエンフエーゴス」の記事における「観光名所」の解説

ハグア城(Castillo de Jagua)- 正式にはヌエストラ・セニョーラ・デ・ロス・アンヘレス・デ・ハグア城(Castillo de Nuestra Señora de los Ángeles de Jagua)という城塞凱旋門Arco de Triunfo)- キューバ唯一の凱旋門 プリシマ・コンセプシオン大聖堂(Catedral de la Purísima Concepción)- 1833年から1869年建造され美しステンドグラス備えた大聖堂。プリシマ・コンセプシオンは「無原罪の御宿り」の意。 シエンフエーゴス植物園Jardín Botánico de Cienfuegos)- 97 ha広さを持つ植物園州立博物館Museo Provincial)- 家具陶磁器博物館パラシオ・デ・バジェPalacio de Valle)- 1913年から1917年建設されネオゴシック様式宮殿。 パルミラ・ヨルバ霊廟Palmira Yorubá Pantheon)- アフリカ信仰カトリック混合主義的な宗教博物館ホセ・マルティ公園Parque José Martí)- アルマス広場Plaza de Armas内の公園シエンフエーゴス大学University of Cienfuegos

※この「観光名所」の解説は、「シエンフエーゴス」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「シエンフエーゴス」の記事については、「シエンフエーゴス」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 03:39 UTC 版)

下蒲刈島」の記事における「観光名所」の解説

蘭島閣(らんとうかく)美術館 松濤園しょうとうえん御馳走一番館朝鮮通信使資料館)、蒲刈御番所などがある。

※この「観光名所」の解説は、「下蒲刈島」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「下蒲刈島」の記事については、「下蒲刈島」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 08:33 UTC 版)

ビルトモア・エステート」の記事における「観光名所」の解説

世界恐慌による経済強めようとして、ヴァンダービルト唯一の子、コーネリア・ストイフェサント・ヴァンダービルトと彼女の夫、ジョン・アマースト・セシルは1930年3月にビルトモア・ハウスを一般に公開ヴァンダービルト一家1956年までそこで生活をし、住宅博物館として一般に公開世界中からの来客70,000ガロン (265m3) の屋内プールボウリング場当時運動器具二階建て図書館美術品家具19世紀には珍しかったエレベーター強制的空気暖房中央制御される時計火災報知器やインターホンシステムなどに満たされた部屋驚嘆させられる毎年100万人以上の訪問客があり、ノースカロライナ州西部の主な観光名所となっている。 ビルトモア・ハウスの他、敷地内にはおよそ75エーカー (30ha) のフォーマルな庭園ワイナリーなどがある。ホテル213室あり、AAAアメリカ自動車協会)で四つ星の評価を受けている。 『ルイ15世部屋』は修復の後、2009年一般公開された。2012年には『オーク部屋』と2階のリビング・ホールの修復計画されている。

※この「観光名所」の解説は、「ビルトモア・エステート」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ビルトモア・エステート」の記事については、「ビルトモア・エステート」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 13:53 UTC 版)

アマスィヤ」の記事における「観光名所」の解説

アマスィヤの町の上にあるヘルシャナの岩の上は、状態が良ければ王宮ポントス王家の墓見渡せるベストスポットである。 ハルセネ・カレシは、ストラボンにも触れられ中世に再建され要塞で、現在ではの上岩肌遺跡として残っているまた、ネルキス地区には、これとは別の城であるエンデルン・カレシの遺跡もある。 アマスィヤの町には歴史的に、また建築学的に価値のある建造物多く残されており、ファラトの水路や、13世紀セルジューク朝時代のブルマリ・モスク、14世紀イルハン朝時代の、門に美し彫刻があるビマラネ精神病院15世紀学者ピル・イリアスの墓やイルディリム・バヤズィト・モスクなどがある。しかし、アマスィヤの町は地震の被害をよく受けるために、数多く遺跡破壊されてきた。 オスマン帝国時代大邸宅は、トルコ伝統建築良いモデルであり、よく保護されている。19世紀にはハゼランラル・コナーイが丁寧に修復し小さな美術館民族博物館造りかえた。他の家ホテルゲストハウスとして生まれ変わっている。 アマスィヤ考古学博物館にはたくさんの興味深い物が展示されていて、さまざまな時代工芸品からイルハン朝時代アマスィヤ統治者ミイラまであるイスラーム聖人の墓(yatır)は、癒し効果があるとされ、多くの病人瀕死者がここの空気吸い泉の水を飲むためにアマスィヤ来たアマスィヤの65km 北東でタショヴァ地区にあるボラバイ湖は、火口湖であり、空気新鮮で景観すばらしい。釣りもでき、ピクニックスポーツにも最適である他のアウトドアとしては、イェディキル貯水池や、オマルカ自然公園などがある。

※この「観光名所」の解説は、「アマスィヤ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「アマスィヤ」の記事については、「アマスィヤ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 15:39 UTC 版)

西塘鎮」の記事における「観光名所」の解説

王宅、臥龍橋五福聖堂護国随糧王廟、鍾介福薬店、倪宅(倪天增の祖居)を始めとして西塘中心部建物群は浙江省文物保護単位になっている他、付近に来鳳、石皮弄、煙雨長廊、酔園、西園、種福堂など数多くの観光名所が存在する

※この「観光名所」の解説は、「西塘鎮」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「西塘鎮」の記事については、「西塘鎮」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 14:23 UTC 版)

ボサソ」の記事における「観光名所」の解説

ボサソには白い砂浜と透明な海水があるビーチがある。都市にはインターネットカフェもある。そして違法である嗜好品カート買える喫茶店もある。ホテル多くあり、中でもジュバホテルが有名である郊外には山と草原があり、野生動物観察するともできるボサソにはSBC TVETN TVなど独自のテレビ放送局があり、ラジオ放送局もある。

※この「観光名所」の解説は、「ボサソ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ボサソ」の記事については、「ボサソ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 05:41 UTC 版)

開封市」の記事における「観光名所」の解説

歴史があり、また中国四大奇書水滸伝舞台ともなったであることから名所数多い鉄塔1049年建立され仏塔元は開宝寺という寺院舎利塔であったが、寺は崩壊し、この塔だけが残っている。) 山陝甘会館清代商人たち同郷組合建物として建てられた) 延慶観(元代作られた道観道教寺院)) 繁塔(974年建立され仏塔。天清寺と言う寺院舎利塔として建てられ、現在は塔のみが残っている。) 北宋東京城遺跡 開封城壁現存するのは清の時代造ったもの。さほど完全ではないが古い開封市内区を一周に11.4km残っている龍亭明代建てられ宮殿大相国寺(555年建立禹王台(夏の禹王称えて作られた廟) 宋都御街(宋代商店街再現して作られた町) 清明上河園(『清明上河図』に描かれ街並み再現したテーマパーク包公祠(宋代著名な役人包拯祭ったもの) 礬宋代のものを再現した店) 岳飛廟(南宋武将岳飛祭ったもの) 興国寺張良墓(張良の墓) 鹿台崗遺跡 文化 開封書店街(书店街) - 龍亭公園から南東にある一角で、北宋の時代には「高头街」と呼ばれ宮城近くであったことから賑わい豊かな商店街であった清朝時代から書店街と改名し古書店街として著名となった

※この「観光名所」の解説は、「開封市」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「開封市」の記事については、「開封市」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:20 UTC 版)

ケルキラ」の記事における「観光名所」の解説

スピリドン大聖堂この大聖堂は、ケルキラ守護聖人である聖スピリドン (Hagios Spyridon) に献堂されたギリシャ正教会大聖堂である。大聖堂には、銀製納められ香油塗られスピリドン聖遺物遺体や金・銀の献納箱、多くの古代イコンなどが残されている。 シタデルこの町にあるシタデル城砦)は、東ローマ帝国ヴェネツィア共和国によって強化されていったものである一部15世紀にまで遡るが、1537年から1571年間にトルコ攻撃された際、古い要塞新し要塞をつなぐ2つ部分形成された。さらに3つの部分出来て城砦完成した。現在はそれらのうち、アブラム要塞老人ホームとして、救世主要塞監獄として転用されている。 アンチヴォウニオティッサ教会 (Antivouniotissa)15世紀立てられた、ケルキラ最古のギリシャ正教会教会一つである。この教会にはビザンチン美術美術館があり、15世紀から18世紀の様々なイコン図表展示されている。しかし、同時にケルキラ暮らしていたクレタ人たちの作品展示されている。 考古学博物館

※この「観光名所」の解説は、「ケルキラ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ケルキラ」の記事については、「ケルキラ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/29 18:58 UTC 版)

サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の記事における「観光名所」の解説

旧市街1985年ユネスコによって世界遺産登録された。 オブラドイロ広場ガリシア語版) - サンティアゴ象徴的広場で、スペイン全土沸き起こった15-M運動スペイン語版) では、この広場多くの人によって1カ月以上にわたって占拠が行われた。広場の東はカテドラル (Catedral de Santiago de Compostela) 正面に接している。西側はパソ・デ・ラショイ(ラショイ館、現在自治体庁舎として使用)、北にはパラドール・オスタル・ドス・レイス・カトリコス、南はコレシオ・デ・サン・シェローメ(ガリシア語版)(現在サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学学長オフィスとして使用)などの建物がある。フランコ時代にはスペイン広場呼ばれていたが、民主化旧名戻された。 キンターナ広場ガリシア語版) - カテドラルの裏側の広場夏期にはコンサート様々な催し物が行われる。 プラテリーア広場 - カテドラル翼廊南側広場セルバンテス広場ガリシア語版) トウラル広場 マサレロス広場 - サンティアゴ大学哲学部正面にある広場。この広場南側には、唯一かつての旧市街囲んでいた城壁名残である門が残っているこれらの広場では祝祭日野外コンサートなどが行われる。 ミュージアム ガリシア民族博物館ガリシア語版) - 旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院ガリシア語版)内、隣接する教会はパンテオン・デ・ガレーゴス・イルストレス(ガリシア語版)(ガリシア偉人廟)となっており、ロサリーア・デ・カストロ、アルフォンソ・カステラオなど、ガリシア民族偉人埋葬されているサンティアゴ巡礼博物館 (Museo das Peregrinacións e de Santiago) - 現在プラテリーア広場スペイン銀行支店跡に新本建築工事中。 ガリシア現代美術センターガリシア語版) ガリシア文化都市ガリシア語版)(シダーデ・ダ・クルトゥーラ・デ・ガリシア) - 美術館図書館文書館文化ホールなどを備えた一大複合文化施設2011年1月未完成のまま開館した建設開始から10年以上経過しており、巨額の費用かかっていることから批判も多い。 宗教建築 サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂 814年当時司教であったテオドミーロ(ガリシア語版)により聖ヤコブの墓が発見されたことでここには小さな教会建設され再建重ね現在の姿至った1077年アルフォンソ4世出した建設決定に基づいて第1期から第3期分けられ建設されることになり、1075年司教ディエゴ・ペラーエス(スペイン語版)の時代内陣より建設開始された。1075年内陣から建設始まる。11世紀末より行われた第1期では伯爵秘書アルフォンソ4世娘婿であったディエゴ・ヘルミレス(スペイン語版)によって中断しながらではあったが、主に東側後陣内陣建設が行われた。またこの時エステバン建設携わったという説がある。第2期12世紀初頭からで第1期同様ディエゴ・ヘルミレスによって建設進められた。交叉部まで工事進んでいた教会1105年礼拝室奉献が行われた。1117年には火事見舞われたが工事進み1124年ファサード以外の全ての部分建設工事終了した。そして第3期1168年工事以前参加していたメストレ・マテーオ(ガリシア語版)に依頼したことで建設工事が再び始動したことで始まる。1211年4月11日献堂式が行われ教会完成至った。なお、ゴシック様式部分はもともとあった部分改造して造られていて、バロック様式ファサード鐘楼部分1667年頃ペーニャ・デ・トーロによって修復建設された。教会構造装飾以下の通りである。西正面オブラドイロ門ファサードガリシア語版)はフェルナンド・カサス・イ・ノボーアの作品で、バロック様式建築である。そこを抜けると現れる栄光の門は、メストレ・マテーオの作品。門は3つ分かれており、左から旧約聖書世界天国新約聖書世界を表すと言われている。天国地獄煉獄であるという説もある。3つの門の真ん中のトリュモーにはエッサイ使徒姿のヤコブ彫刻がある。また、中央タンパン部分には荘厳キリスト受難道具マタイマルコヨハネルカの4人の福音記者天国迎えられ人々彫刻施してある。ブッシュール部分には、「ヨハネの黙示録」に登場する神の御座を囲む24人の老人たちが楽器演奏しているところが刻まれている。楽器ガリシア地方特有のオルガニストゥルムやヴァイオリンなどが描かれている。天国の門呼ばれる北門アサバチェリーア門は、上部ネオクラシック様式土台バロック様式造られている。もともとロマネスク様式であったが、18世紀ベンドゥーラ・ロドリゲスらによって再建された。さらに銀細工師の門と呼ばれる南門プラテリーアス門(ガリシア語版)は、ロマネスク様式の門にカテドラル内から持ってきたロマネスク様式彫像埋め込んでできている。地下降りるヤコブの墓がある。ヤコブの聖遺品置かれエルサレムからヤコブ遺体運んできたとされているテオドーロアタナシウスがその傍らで眠っている正面奥に主祭壇が現れる。こちらはガリシアバロックというチュリゲラ様式造られている。主祭壇では下から使徒姿のヤコブ巡礼姿のヤコブ、戦うヤコブ、と三変化見ることができる。ここにはボタフメイロがあり、毎日正午からの巡礼者ミサ儀式際には香が焚かれるロマネスク様式ゴシック様式バロック様式ネオクラシック様式混在する貴重な教会である。10世紀頃から現在までサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路終着地として多くの巡礼者迎えている。 サン・マルティーニョ・ピナリオ修道院ガリシア語版) サン・パイオ・デ・アンテアルターレス修道院ガリシア語版) サン・フィス・デ・ソロビオ教会ガリシア語版) アニマス礼拝堂ガリシア語版) その他の建築 パソ・デ・ラショイ(ガリシア語版) - 18世紀建造新古典主義様式建築、現在自治体庁舎州首相府として使用オブラドイロ広場カテドラル正面にある。 オスタル・ドス・レイス・カトリコス(ガリシア語版) (Hostal dos Reis Católicos) - 16世紀建造19世紀まで病院として使用された。現在ホテルパラドールとして使用。 コレシオ・デ・フォンセカ (Colexio de Fonseca) - 旧サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学学舎1970年代まで薬学部建物として使用。現在サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学総合図書館として使用

※この「観光名所」の解説は、「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の記事については、「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 15:30 UTC 版)

ケルン」の記事における「観光名所」の解説

ケルン市内中央部は、第二次大戦空爆市街戦によりほとんどの建物破壊されたため、市街地1950年代戦前の通りの名や建物受け継いで再興された。いくつかの戦前の建物残っており、市内の名所となっている。 ケルン大聖堂 (Kölner Dom): 1248年着工し宗教改革中断500年以上の年月を経て1880年完成したケルン町のシンボルユネスコ世界遺産にも登録されている。 ロマネスク教会 (St. Gereon, St. Pantaleon, St. Maria im Kapitol, Groß St. Martin, St. Aposteln) ケルン・メッセ ヴァルラフ=リヒャルツ美術館 (Wallraf-Richartz-Museum) ローマ・ゲルマン博物館 (Römisch-Germanisches Museum):酒神ディオニュソスを描くモザイクの床をもつローマ人の館の上に建設紀元30-40年頃の高さ15メートル大きな墓碑等展示品はもちろん酒神モザイク画必見。 チョコレートミュージアム (Schokoladenmuseum):「Imhoff-Stollwerck-Museum」が公式の名。 ホーエ通り (Hohe Straße): 市内中央部のショッピングストリート。 ローマ人の塔 (Römerturm): 紀元50年ローマ人築いたケルン市壁見張りの塔。完全な形残っている

※この「観光名所」の解説は、「ケルン」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ケルン」の記事については、「ケルン」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:43 UTC 版)

モザンビーク島」の記事における「観光名所」の解説

ほかに見るべき建造物としては、以下のものがある。 旧総督公邸ポルトガル語版)とサン・パウロ礼拝堂 - 1610年建設。現在は博物館聖画美術館 - かつての病院美術館改装したもの。優れたマコンデ様式十字架架けられたキリスト像が展示されている。 サン・アントニオ教会 ミゼリコルディア教会 島は都市化進んでおり、キリスト教以外にモスクヒンドゥー教寺院など建てられている。 島はあまり大きくなく、長さ3km、幅200 - 500m といったところである。歴史的建築物大半は島の北側位置している。住民過半は島の南側である「マクティ・タウン」の椰子葺きの家に住んでいる

※この「観光名所」の解説は、「モザンビーク島」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「モザンビーク島」の記事については、「モザンビーク島」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 09:43 UTC 版)

マカオ」の記事における「観光名所」の解説

世界文化遺産マカオ歴史地区参照のこと。 聖ポール天主堂跡 マカオ博物館en:Museum of Macau) ペンニャ教会 媽閣廟 仁慈セナド広場 モンテの砦(en:Fortaleza do Monte) マカオ・フィッシャーマンズ・ワーフ タイパ大橋 マカオタワー カジノ ドッグレース場(2018年閉鎖マカオグランプリ 石排湾郊野公園パンダ

※この「観光名所」の解説は、「マカオ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「マカオ」の記事については、「マカオ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 02:27 UTC 版)

ダウェイ」の記事における「観光名所」の解説

近郊のマウンマガンにはミャンマーでも人気のビーチがあり、植民地時代にはイギリス人避暑地となっていた。 市街から車数時間も行くと多くの温泉地がある。 ダウェイから車30分ほど行くと、ミャンマー南部最大であった涅槃仏がある(現在の南部最大世界最大でもあるモン州ムドン近郊ウィンセントーヤ)。最寄り都市はイェイピュ。

※この「観光名所」の解説は、「ダウェイ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「ダウェイ」の記事については、「ダウェイ」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 17:56 UTC 版)

バイブリー」の記事における「観光名所」の解説

19世紀アーツ・アンド・クラフツ運動立役者であったウィリアム・モリスバイブリー訪れた際にを「イギリスで最も美しい村」と呼んだは、急勾配調節された屋根を持つはちみつ色17世紀石造りコテージとして知られており、その建物はかつて近くのアーリントン・ミルで縮絨するための布を供給する織工住んでいた。バーンズリー・ハウスにかわる以前1980年代までその建物時代物の布のコレクション所蔵するアーリントン・ミル美術館収容していた。ミルは現在私有住宅である。 バイブリーコテージ 1633年建てられたバイブリー・コート アーリントン・ロウ羊毛洗った後につるして乾かした場所は「ラック・アイル(掛け島)」として知られている。現在、湿地牧野湿地季節的に洪水したり、三辺から来るによって囲まれている。そこはそれぞれを好む植物マガモオオバンライチョウを含むにとって重要な生息地であり、ナショナルトラスト野鳥指定地でもある1971年昭和天皇ヨーロッパ旅行中に滞在していたことからバイブリーは特に日本人観光客がよく訪れると考えられている。 バイブリーの中で最も大きな建物であるバイブリー・コートは、ジェームズ1世時代建築様式1633年建てられた。この建物グレードI(指定登録建築物)に指定された建造物であり、最近までホテルだった。ホテルは完全閉店し、その後決まっていない。現在バイブリー唯一のホテルである「スワンホテル」はコルン川の見晴らしのきく位置にある。 以前シャーバーン卿ジェイムズ・ダットンが住んでいたが、2008年にシプトン・ミル有機小麦粉のジョン・リスターによって購入された。には教会バイブリー裁判所近くである北西反対方向の主道路下流にテニスコートがある。ポトリッカー・レーンにあるアブリントン・マナーは1590年建てられグレードI(指定登録建築物)に指定された建造物でもある

※この「観光名所」の解説は、「バイブリー」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「バイブリー」の記事については、「バイブリー」の概要を参照ください。


観光名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 20:43 UTC 版)

アルビ」の記事における「観光名所」の解説

ベルビ宮殿サントセシル大聖堂かつての司教都市偲ばせるもので、前者は現在、アルビ出身画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック作品群収めたトゥールーズ=ロートレック美術館になっているまた、ベルビ宮殿サントセシル大聖堂は、ポン・ヴィユーや旧市街町並みとともに、「アルビの司教都市」として、2010年ユネスコの世界遺産登録された。

※この「観光名所」の解説は、「アルビ」の解説の一部です。
「観光名所」を含む「アルビ」の記事については、「アルビ」の概要を参照ください。


観光・名所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 07:54 UTC 版)

三瓶山」の記事における「観光・名所」の解説

三瓶山1周する「三瓶山第一高原道路」が設けられ道路沿いには樹齢400年の「定め」や三瓶スキー場島根県立三瓶自然館サヒメル、などの観光施設点在している。西の原東の原北の原、の3つ草原整備されている。写真家須藤英一西の原にある草原新緑の春から夏にかけて美しく中でも一番の見所評している。北の原は島根県立三瓶自然館サヒメル)や国立三瓶青少年交流の家などの社会教育施設キャンプ場がある。 東の原には大田市が所有する三瓶観光リフト延長856m、標高差255m)がある。リフト終点から太平山には徒歩数分女三瓶山には徒歩20分登ることができる。夏季には2万人前後2020年には約25千人)が利用するかつては冬季さんべ温泉スキー場リフトとして使用されていたがスキー場2009年閉鎖されている。指定管理者のさんべ観光から2021年7月末で施設管理担当者退職することになったため運休することを市に申し出た三瓶観光リフト2021年8月1日から運休となるため、市はさんべ観光運行の継続要望するとともに新たな指定管理者公募検討された。2021年11月13日飯南町飯南トータルサポート新たな運営管理者となり三瓶観光リフト再開された。 北麓三瓶町多根小豆原地区には約4000年前の活動埋積された巨木群が存在し、「三瓶小豆原埋没林」として国の天然記念物指定されている。スギ中心とする森林そのまま埋積されたもので、大きなものでは高さ12 m、直径2.5 mを超える幹が直立している。この埋没林は「三瓶小豆原埋没林公園」として公開されている。 各峰を縦走する登山道や室の内火口に下りる登山道等が整備されている。登山口は4か所あり、登山口山頂まで標高差それほど大きくないが各山は釣鐘型傾斜強く途中水場もないために難易度低くないとされる。男三瓶山山頂には避難小屋三瓶山小屋があり、1500万円かけて2010年建て替えられた。山開き毎年4月11月まで夏山シーズン北の原には、悲恋伝説有名な姫逃池(ひめのがいけ)がある。2008年には三瓶山一帯60万人観光客訪れた浮布池湖畔にはかつて「三瓶グリーンランド」というレジャーランドがあったが、1986年10月閉鎖された女三瓶山から眺めた火口。子三瓶山(右)と孫三瓶山(左)。左下火口湖室の内池ススキ生い茂る山頂付近。 男三瓶山頂の一等三角点。 薗の長濱国引き神話彷彿させる。 裾野での放牧西の原草原西の原定め

※この「観光・名所」の解説は、「三瓶山」の解説の一部です。
「観光・名所」を含む「三瓶山」の記事については、「三瓶山」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「観光名所」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「観光名所」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

観光名所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



観光名所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの観光地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオマー (改訂履歴)、アイカ (ハンガリー) (改訂履歴)、アンドラーシ通り (改訂履歴)、松田山 (改訂履歴)、ヴィジャヤプラ (改訂履歴)、宇和町 (改訂履歴)、エクス=レ=バン (改訂履歴)、北塩原村 (改訂履歴)、グリニッジ (改訂履歴)、コーヌ=クール=シュル=ロワール (改訂履歴)、トルウイン (改訂履歴)、笠間市 (改訂履歴)、スクラン (改訂履歴)、ヨウツセノ (改訂履歴)、平壌 (改訂履歴)、マタランカ (改訂履歴)、コキール (オレゴン州) (改訂履歴)、サン=レミ=ド=プロヴァンス (改訂履歴)、プロヴァン (改訂履歴)、ボーヌ (改訂履歴)、新店区 (改訂履歴)、サン=ジェルマン=アン=レー (改訂履歴)、プラッハ・イム・イーザルタール (改訂履歴)、バトル (イングランド) (改訂履歴)、シメイ (ベルギー) (改訂履歴)、オレンジ (オーストラリア) (改訂履歴)、ナマンガン (改訂履歴)、テルメズ (改訂履歴)、フェルガナ (改訂履歴)、マンガリア (改訂履歴)、タラスコン (改訂履歴)、ハーバーセンター (改訂履歴)、福間町 (改訂履歴)、大島 (福岡県) (改訂履歴)、津屋崎町 (改訂履歴)、鬼死骸 (改訂履歴)、平壌直轄市 (改訂履歴)、アンダイエ (改訂履歴)、コロンビアのコーヒー産地の文化的景観 (改訂履歴)、寺町 (美馬市) (改訂履歴)、クヴェードリンブルク (改訂履歴)、ラタナキリ州 (改訂履歴)、ヴェゾン=ラ=ロメーヌ (改訂履歴)、タイガード (オレゴン州) (改訂履歴)、ジュネーヴ (改訂履歴)、プラムプラム (改訂履歴)、グシニェ (改訂履歴)、サン=ルイ島 (改訂履歴)、志々島 (改訂履歴)、トゥルヌ・マグレレ (改訂履歴)、岡垣町 (改訂履歴)、奈良 (改訂履歴)、オルドゥ県 (改訂履歴)、デニズリ県 (改訂履歴)、シエンフエーゴス (改訂履歴)、下蒲刈島 (改訂履歴)、ビルトモア・エステート (改訂履歴)、アマスィヤ (改訂履歴)、西塘鎮 (改訂履歴)、ボサソ (改訂履歴)、開封市 (改訂履歴)、ケルキラ (改訂履歴)、サンティアゴ・デ・コンポステーラ (改訂履歴)、ケルン (改訂履歴)、モザンビーク島 (改訂履歴)、マカオ (改訂履歴)、ダウェイ (改訂履歴)、バイブリー (改訂履歴)、アルビ (改訂履歴)、三瓶山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS