小国とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > 小国の意味・解説 

しょう‐こく〔セウ‐〕【小国】

読み方:しょうこく

国土が狭い国。また、国力振るわない国。


小国

読み方:ショウコク(shoukoku)

キジ科

学名 Gallus gallus var.domesticus


小国


小国


小国

読み方:オグニoguni

所在 山形県鶴岡市


小国

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

小国

読み方:オグニoguni

所在 山形県(JR米坂線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

小国

読み方
小国おくに
小国おぐに
小国こくに
小国こぐに

小国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/26 06:02 UTC 版)

小国(しょうこく)は大別すると概ね次の用法で使う言葉である。




「小国」の続きの解説一覧

小国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 14:43 UTC 版)

新グレート・ゲーム」の記事における「小国」の解説

大国お互い足掛かり得よう中央アジア全体に影響力を及ぼす一方でイラントルコパキスタンサウジアラビアのような小国、地域大国は、全て自分たちの個々の利害関係でこの「ゲーム」に参加している。米国民間シンクタンク国防情報センター英語版)(CDI)によると、過激派組織ウズベキスタン・イスラム運動(現トルキスタン・イスラム党)の共同設立者タヒル・ユルダシェフは、「サウジアラビアイラントルコ情報部イスラム慈善事業」から資金提供を受けている。4ヶ国政府全てが、互いに競合する地域において、異なった政治・経済文化事業を始めている。カザフスタンまた、2006年12月地震救援キルギス1億USドル募金をしてその存在感示したように、地域主導権握ろうともしている。インドとパキスタン対立関係も、同様のものである

※この「小国」の解説は、「新グレート・ゲーム」の解説の一部です。
「小国」を含む「新グレート・ゲーム」の記事については、「新グレート・ゲーム」の概要を参照ください。


小国(おぐに)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 18:14 UTC 版)

「小国」の記事における「小国(おぐに)」の解説

小国村 (曖昧さ回避) - 各地にあった 小国町 (曖昧さ回避) - 各地の町 小国駅 - 東日本旅客鉄道米坂線の駅 肥後小国駅 - 日本国有鉄道宮原線の駅(廃駅小国氏 - 日本人の姓の一つ。

※この「小国(おぐに)」の解説は、「小国」の解説の一部です。
「小国(おぐに)」を含む「小国」の記事については、「小国」の概要を参照ください。


小国(しょうこく)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 18:14 UTC 版)

「小国」の記事における「小国(しょうこく)」の解説

小国(しょうこく)は大別する概ね次の用法で使う言葉である。 国土面積人口規模小さ国 国政治経済など勢力小さい国 律令制時代から明治維新までの国の等級国司などの等級でもあった。下国を参照ニワトリ品種のうち、明治以前から日本飼われている日本1種平安時代に唐から渡来した考えられている。ショウコク小国鶏とも。 本項では2.について取り扱う。 小国は国際政治において、国際的影響力が小さく大国影響受けやすい国々のことである。その理由としては、 人口少なめぼしい資源がない 軍事力が弱い 国土面積極端に狭い 1.2.4.が原因して国家経済力が低い 4.が原因として国民国家としての成立基礎的条件持ちにくい といった要因がある。これらの国々成立しても、大国によって併呑されることが歴史上多かったが、ウェストファリア体制成立し、「各国平等」を旨とする近代国際政治成立してからは消滅することは少なくなった。また列強パワーゲーム結果緩衝国衛星国として残ることも多くなった。小国の中で経済的に富裕な国々は高い国際競争力による経済的影響力巧みな外交の展開などで国際社会活躍するケースがある。

※この「小国(しょうこく)」の解説は、「小国」の解説の一部です。
「小国(しょうこく)」を含む「小国」の記事については、「小国」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「小国」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「小国」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



小国と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小国」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||


7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

小国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小国のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの新グレート・ゲーム (改訂履歴)、小国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS