鶴岡市とは? わかりやすく解説

つるおか‐し〔つるをか‐〕【鶴岡市】

読み方:つるおかし

鶴岡


鶴岡市

読み方:ツルオカシ(tsuruokashi)

所在 山形県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鶴岡市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 00:34 UTC 版)

鶴岡市(つるおかし)は、山形県庄内地方南部に位置する都市である。の人口は約11万人で、県内人口としては第2位である。




  1. ^ 鶴岡上肴町、鶴岡大海町、鶴岡新町、鶴岡鍛冶町、鶴岡幸町、鶴岡元曲師町、鶴岡七日町、鶴岡南町、鶴岡七軒町、鶴岡一日市町、鶴岡檜物町、鶴岡賀島町、鶴岡銀町、鶴岡吉住町、鶴岡若葉町、鶴岡馬場町、鶴岡鷹匠町、鶴岡家中新町、鶴岡最上町、鶴岡高畑町、鶴岡泉町、鶴岡新屋敷町、鶴岡天神町、鶴岡二百人町、鶴岡十三軒町、鶴岡新士町、鶴岡紙漉町、鶴岡八坂町、鶴岡栄町、鶴岡三日町、鶴岡五日町、鶴岡十日町、鶴岡下肴町、鶴岡八間町、鶴岡荒町、鶴岡鳥居町、鶴岡与力町、鶴岡高町、鶴岡日和町、鶴岡宝町。
  1. ^ 市町村一覧(庄内)—山形県ホームページ
  2. ^ 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  3. ^ 議員一覧を掲載します。(立候補届出順)”. 鶴岡市. 2021年10月31日閲覧。
  4. ^ 議員一覧”. 鶴岡市. 2021年5月20日閲覧。
  5. ^ 鶴岡市消防本部. 鶴岡市
  6. ^ 『町村合併』官報. 1918年03月07日 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2022年2月17日閲覧。
  7. ^ 第9回南庄内合併協議会 市章の選定について
  8. ^ 図典 日本の市町村章』p45
  9. ^ 文化の継承-絹織物『広報つるおか』、2008,5
  10. ^ 鶴岡シルクの伝統を未来へ-鶴岡「絹」物語広報つるおか、2011.8
  11. ^ 鶴岡絹産業と絹関連工場にみる歴史的風致
  12. ^ シルクのまちづくり市区町村協議会事務局
  13. ^ 室橋祐貴:バイオベンチャーの「聖地」が山形県に生まれた理由 ── 「普通なものは必要ない」鶴岡サイエンスパーク成功の秘密ビジネス インサイダー ジャパン(2018年9月21日)2018年12月16日閲覧。
  14. ^ 国見山玉川寺 公式
  15. ^ 国見山玉川寺
  16. ^ 大督寺 | 寺院を検索する | 浄土宗 寺院検索
  17. ^ 卍興徳寺|山形県鶴岡市 - 八百万の神
  18. ^ 宝蔵寺 - 曹洞禅ナビー寺院検索― 曹洞宗公式 寺院ポータルサイト
  19. ^ 卍泉徳寺|山形県鶴岡市 - 八百万の神
  20. ^ 椙尾神社 (鶴岡市)⛩椙尾神社|山形県鶴岡市 - 八百万の神
  21. ^ 卍永福寺|山形県鶴岡市 - 八百万の神
  22. ^ ⛩酒井神社|山形県鶴岡市 - 八百万の神
  23. ^ 卍地蔵院|山形県鶴岡市 - 八百万の神



鶴岡市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 02:51 UTC 版)

荘内銀行」の記事における「鶴岡市」の解説

荘内銀行発足した際に前身1行である六十七銀行1932年新築した本店を荘銀本店とした。第二次世界大戦後業容の拡大に伴いオフィス狭小化し、再三にわたって増築繰り返し急場凌いできたが、予想される銀行事務機械化備えるべく本店全面改築俎上載り1961年4月1日創立20周年記念事業の一環として、本店建築準備委員会発足させ検討を始めた。その折本町2丁目営業していた佐金呉服店鶴岡駅前に移転することが分かったため、荘銀は郵政省折衝。その跡地鶴岡郵便局移転先として斡旋し同省了承したこれによって荘銀は本店隣接していた鶴岡郵便局跡地買い取り本店新築予定地として996.94坪を用意した。こうして本店新築工事着工し1964年10月24日地下1階地上5階塔屋2階新社屋竣工同年10月26日から本部本店営業部業務開始したその本店も老朽化した為、6階建の新本ビル建設し2017年7月18日オープンした新社屋1階にはエントランスホールギャラリー設置したほか、上層部には荘銀本店ホール設けた。また本店営業部にはゆうちょ銀行ATM1台設置した本店ホール2018年5月から一般向け貸し出しを始めた。 2014年6月藤島支店を鶴岡市藤島庁舎内(旧:藤島町役場)に、さらに同年9月には温海支店にねずが関支店統合した上で、鶴岡市温海庁舎(旧:温海町役場内にそれぞれ移転リニューアルしたほか、2017年7月には宝田支店本店営業部統合した。また同年12月には三瀬支店も本営業部統合するが、それを機に移動店舗車導入し店舗網補完使用していくとしている。

※この「鶴岡市」の解説は、「荘内銀行」の解説の一部です。
「鶴岡市」を含む「荘内銀行」の記事については、「荘内銀行」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「鶴岡市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「鶴岡市」の例文・使い方・用例・文例

  • 鶴岡市出身です。
  • 鶴岡市という市
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

鶴岡市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鶴岡市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鶴岡市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの荘内銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS