山形新聞とは?

山形新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/04 20:54 UTC 版)

山形新聞(やまがたしんぶん)は、山形県地方新聞株式会社山形新聞社(やまがたしんぶんしゃ)が発行する地方新聞である。2011年8月以降は朝刊単独紙で、発行部数(日本ABC協会調査)は約19万3000部(2018年5月)[2]。山形県内では山新(やましん)と略称されることが多い。




  1. ^ “報道界ニュース『山形新聞社 社長に寒河江浩二氏』”. 日本新聞協会. http://www.pressnet.or.jp/news/headline/120619_1457.html 2013年10月2日閲覧。 
  2. ^ “18年5月ABC部数”. 新聞情報. (2018年6月16日) 
  3. ^ a b 『新版山形県大百科事典』p.714
  4. ^ 『新版山形県大百科事典』p.733
  5. ^ “免震構造、災害時も新聞届けます 本社新印刷センター起工式”. 山形新聞. (2018年7月3日). https://yamagata-np.jp/news/201807/03/kj_2018070300062.php 2018年7月9日閲覧。 
  6. ^ 山形新聞「お届け電子版」
  7. ^ 山形県アンテナショップ おいしい山形プラザ
  8. ^ 「社告 山形新聞社の配信記事を活用」『毎日新聞』山形版 2010年4月1日
  9. ^ 「毎日新聞に12地方紙が配信」『朝日新聞』2010年4月2日
  10. ^ “山形新聞、7月いっぱいで夕刊廃止”. J-castニュース. (2011年6月27日). http://www.j-cast.com/2011/06/27099560.html 2013年10月2日閲覧。 
  11. ^ “山形新聞が創刊140年 地域発展へ県民と共に、社長訓示”. 山形新聞. (2016年9月2日). http://yamagata-np.jp/kunwa140/index.php 2016年9月4日閲覧。 
  12. ^ “CF運営の連携協定を締結 本社と5者、創生事業資金に”. 山形新聞. (2016年12月17日). http://www.yamagata-np.jp/news/201612/17/kj_2016121700400.php 2016年12月18日閲覧。 
  13. ^ 放送事業者への出資状況に関する点検結果” (2005年1月19日). 2009年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月5日閲覧。


「山形新聞」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山形新聞」の関連用語

山形新聞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山形新聞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山形新聞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS