マスメディア集中排除原則とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > マスメディア集中排除原則の意味・解説 

マスメディア集中排除原則

読み方マスメディアしゅうちゅうはいじょげんそく

マスメディア集中排除原則とは、郵政省(現、総務省)によって発布された省令で、特定少数の者によって複数放送局支配される事を防ぎ表現の自由言論多様性確保する目的規制のことである。「放送局開設根本基準」の第9条で規定されている。

マスメディア集中排除原則は、同じ都道府県内の地上波放送局(テレビ局ラジオ局)について、同じ者が複数の局の株式同時に10%以上保有してはならないとされる別の都道府県にある放送局についても、複数の局で同時に20%以上の株式保有てはならない

マスメディア集中排除原則は、名義ばかり異な同一人物株主として長らく保有していた実態指摘されて話題となった。名義を変えて多く保有していた株主とは、大手新聞社テレビ局だったという。以来放送あり方について議論巻きこっている。


参照リンク
総務省
放送のほかの用語一覧
技術・規格:  Kuバンド  Kaバンド  ゴースト  マスメディア集中排除原則  NTSC  N型コネクタ  SPOT

マスメディア集中排除原則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/05 07:12 UTC 版)

マスメディア集中排除原則(マスメディアしゅうちゅうはいじょげんそく、the principle of excluding multiple ownership of the media)とは、放送法第93条第1項第4号および第2項に規定する総務省令基幹放送の業務に係る表現の自由享有基準に関する省令通称である。




[ヘルプ]
  1. ^ 昭和63年法律第29号による改正
  2. ^ 昭和63年郵政省令第55号による改正
  3. ^ a b 平成19年法律第136号による改正の平成20年4月1日施行
  4. ^ 平成22年法律第65号による改正の平成23年6月30日施行
  5. ^ ラジオのマスメディア集中排除原則の緩和に関する要望について (PDF) 日本民間放送連盟:2010年2月19日
  6. ^ 放送法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係省令等の整備に関する意見募集 別紙1放送法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係省令等の整備について (PDF) 総務省報道資料 平成23年3月4日
  7. ^ 放送持株会社,子会社化は最大12局 総務省が電監審に諮問「放送研究と調査」2008年3月号(NHK放送文化研究所
  8. ^ 放送局71社に行政指導 株保有制限違反で総務省 - 47NEWS 2005年3月2日
  9. ^ 放送事業者の「マスメディア集中排除原則」違反事例の対応について 総務省報道資料 平成17年3月2日(国立国会図書館アーカイブ 2007年8月8日収集)


「マスメディア集中排除原則」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マスメディア集中排除原則」の関連用語

マスメディア集中排除原則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マスメディア集中排除原則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマスメディア集中排除原則の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマスメディア集中排除原則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS