福島中央テレビとは?

福島中央テレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 09:25 UTC 版)

株式会社福島中央テレビ(ふくしまちゅうおうテレビ、: Fukushima Central Television Co., Ltd.)は、福島県放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。




注釈

  1. ^ 2代目ロゴマークと併用していた時代には正月の祝賀広告にて「2代目の略称ロゴ+初代の和文ロゴ」という組み合わせもあったが、基本的には初代と2代目で使い分けていた。2019年(令和元年)12月にかけて、本社社屋や各支社における看板の架替え作業が行われ、3代目ロゴマークの看板に架替えられた。また、社旗も新しい3代目ロゴのものに変わった。ただし、いわき支社などの看板には2020年1月頃まで初代ロゴマークが残ったままであった。現在も一部の送信所には残されている。
  2. ^ 似たような名前の系列局として、中京テレビが存在する。
  3. ^ 2019年(令和元年)12月31日23時59分まで、放送上でのウォーターマークも、『中テレ』ではなく『FCT』が使用されていた。
  4. ^ a b c 福島中央テレビ 取締役
  5. ^ 福島中央テレビ 取締役最高顧問
  6. ^ 福島中央テレビ 取締役会長
  7. ^ 福島中央テレビ 代表取締役社長
  8. ^ 福島中央テレビ 専務取締役
  9. ^ a b c d 福島中央テレビ 監査役
  10. ^ 福島中央テレビ 非常勤取締役
  11. ^ 福島中央テレビ 非常勤取締役
  12. ^ 同じ日には、山形テレビ(YTS)・テレビ山梨(UTY)・テレビしまね(TSK、現在の山陰中央テレビ)・テレビ山口(TYS)・テレビ高知(KUTV)・テレビ大分(TOS)・テレビ宮崎(UMK)が、全国一挙に開局した。なお、当局が開局時点では、フジテレビとNETテレビのクロスネットだったのでテレビ山梨とテレビ高知以外は同系列同士となった。
  13. ^ 2010年までは香川県三豊市のエリエールゴルフクラブと愛媛県松山市のエリエールゴルフクラブ松山の交互開催だった。いわき市にグループ企業のいわき大王製紙があることも関係している。
  14. ^ 1977年(昭和52年)4月1日に、日本教育テレビ(NETテレビ)から、全国朝日放送(ANB)に社名改称。「テレビ朝日」は愛称・略称扱い。
  15. ^ 金曜日は「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマーなどを放送していた時期があり。
  16. ^ 第1期 - 2期は遅れネット。3期は同時ネット。
  17. ^ 2013年9月までは日曜 7時00分 - 7時30分、2013年10月 - 12月までは日曜 2時14分 - 2時44分(土曜深夜)。2014年1月から日曜 2時05分 - 2時35分。
  18. ^ 第1期未放送。
  19. ^ その後不定期放送で放送されていた。
  20. ^ プロハンター」は福島中央テレビでは未放送。福島放送で1986年に放送された。
  21. ^ 1970年4月の開局から1974年3月までは同時ネット。1974年4月からは日曜10時から放送された。
  22. ^ 1974年4月から水曜21時00分に移動
  23. ^ 西部警察の遅れの放送分は、1981年9月15日の福島放送サービス放送開始に伴い12時00分から放送された。
  24. ^ 1981年7月7日からは後枠として『正義を愛する者 月光仮面』を放送。
  25. ^ 福島県において、ドラえもんが再開するのは、福島放送サービス放送中の1981年9月27日の日曜日放送枠最終日からで、1981年10月1日と2日は18時48分から1話ずつ放送され、1981年10月2日の金曜日放送枠初日から同時ネット。
  26. ^ 1981年9月時点では後枠として『ウッドペッカー』を放送[66]
  27. ^ 後枠は『秘密戦隊ゴレンジャー』の再放送となった。
  28. ^ 1981年9月時点では後枠として『ハクション大魔王』の再放送を放送[66]
  29. ^ 福島中央テレビでは最終回となる1981年9月27日放送分は、『広島テレビ杯 広島オープンゴルフ』中継のため14時15分から放送された。
  30. ^ 2007年9月までは月曜 9時55分 - 10時25分に放送していたが打ち切り、2009年4月に放送再開。2011年12月再び打ち切り。
  31. ^ 第1期のみ放送。
  32. ^ 2014年7月22日から8月19日までは火曜 9時30分 - 10時30分で2話連続での放送。9月7日から9月28日までは日曜 6時15分 - 6時45分
  33. ^ 福島テレビがゴルフ中継などで放送できない場合に放送されていた。
  34. ^ シーズン1 - 3は未放送。
  35. ^ 方言彼女。2は未ネット
  36. ^ シーズン2 → シーズン1といった具合にシリーズを逆に放送。
  37. ^ 2020年10月期に福島テレビで再放送
  38. ^ 2012年7月19日から8月3日まで月曜 - 金曜 11時50分 - 11時55分に放送されていた。

出典

  1. ^ “「全広連」成功に一丸 福島広告協会総会 高橋会長を再任”. 福島民報. (2019年7月30日). オリジナルの2019年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190902192825/https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019073065791 
  2. ^ a b 株式会社福島中央テレビ 第51期決算公告
  3. ^ a b c “「FCT」から「中テレ」に 福島中央テレビの略称 1日から”. 福島民報. (2020年1月1日). オリジナルの2020年1月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200102182403/https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020010171312 
  4. ^ a b c d 福島中央テレビ編 『燃えろFCT』 1970年4月。
  5. ^ a b 福島テレビ株式会社社史編集委員会編 『福島テレビ20年史』1983年12月25日、27頁。
  6. ^ 福島民報 2018年1月5日朝刊『年間視聴率 FCT3冠』
  7. ^ “福島中央テレビ、本社移転検討”. 日本経済新聞. (2019年2月16日). https://r.nikkei.com/article/DGKKZO41335720V10C19A2L01000?s=5 
  8. ^ 総務省 電波利用ホームページ”. 総務省. 2017年6月15日閲覧。
  9. ^ 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、145頁。
  10. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、213頁。
  11. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、219頁。
  12. ^ 『FCT写真で綴る30年』 2000年4月1日、32-33頁
  13. ^ 『FCT写真で綴る30年』 2000年4月1日、52-53頁
  14. ^ a b 『FCT写真で綴る30年』 2000年4月1日、52・54頁
  15. ^ 福島中央テレビのロゴが新しくなります!”. 福島中央テレビ. 2019年12月4日閲覧。
  16. ^ 福島中央テレビ開局50周年 中テレは上テレ ふくしまを盛り上げるテレビ”. 福島中央テレビ. 2020年1月1日閲覧。
  17. ^ ミヤギテレビ開局30周年記念委員会総務広報小委員会 企画・編集 『ミヤギテレビ30年のあゆみ』 宮城テレビ放送、2000年、34,130頁。 
  18. ^ 『福島民報』1981年9月29日、10月6日付朝刊テレビ欄。
  19. ^ 『FCT写真で綴る30年』 2000年4月1日、60-61頁
  20. ^ 『FCT写真で綴る30年』 2000年4月1日、92頁
  21. ^ 『FCT写真で綴る30年』 2000年4月1日、87頁
  22. ^ 入社半年 先輩社員の気持ち~技術職の場合~”. 福島中央テレビ. リクナビ (2018年4月13日). 2018年4月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年9月10日閲覧。
  23. ^ a b “FCTに特別賞授与 日本記者クラブ、水素爆発撮影で”. 47NEWS. 福島民友. (2012年5月29日). オリジナルの2017年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171004034449/http://www.47news.jp/smp/localnews/hotnews/2012/05/post_20120529113143.php 
  24. ^ a b “東日本大震災 8年 福島民放2局の挑戦 風評・風化と闘う報道”. 毎日新聞. (2019年3月2日). https://mainichi.jp/articles/20190302/dde/018/040/008000c 
  25. ^ a b 水野宏明 (2012年7月10日). “メディアリポート「【放送】福島第一原発の爆発映像 “公共財”として社会で共有を”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY201207060365.html 
  26. ^ 『FCT写真で綴る30年』 2000年4月1日、53頁
  27. ^ a b c 『FCT写真で綴る30年』 2000年4月1日、27頁
  28. ^ “福島県観光、ドラマ仕立てに FCT制作「絶景探偵。」”. 福島民友. (2017年2月24日). オリジナルの2017年2月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170226131339/http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170224-151473.php 
  29. ^ 絶景探偵”. 福島中央テレビ. 2018年4月24日閲覧。
  30. ^ どうしても呑みたい夜がある”. 福島中央テレビ. 2019年4月1日閲覧。
  31. ^ “俳優・神尾佑さん「地酒と食の魅力伝える」 中テレドラマ主演”. 福島民友. (2019年1月26日). オリジナルの2019年1月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190126080057/http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190126-345502.php 
  32. ^ 『福島民報縮刷版昭和56年9月号』(福島民報社)、448頁(1981年9月26日『福島民報』朝刊10面、テレビ欄より)。
  33. ^ 『福島民報』1970年2月7日 - 3月28日付夕刊テレビ欄。
  34. ^ 『福島民報』1970年2月5日 - 1981年9月24日付夕刊テレビ欄。
  35. ^ 『福島民報』1970年4月5日 - 1977年7月24日付朝刊テレビ欄。
  36. ^ 『福島民報』1970年2月1日 - 1974年3月31日付朝刊テレビ欄。
  37. ^ 『福島民報』1970年2月3日 - 1981年9月29日付朝刊テレビ欄。
  38. ^ 『福島民報』1973年10月2日 - 1974年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  39. ^ 『福島民報』1970年2月2日 - 1975年9月29日付朝刊、テレビ欄。
  40. ^ 『福島民報縮刷版昭和56年9月号』(福島民報社)、472頁(1981年9月27日『福島民報』朝刊10面、テレビ欄より)。
  41. ^ 『福島民報』1970年2月4日 - 1977年4月1日付朝刊、テレビ欄。
  42. ^ 『福島民報』1977年4月8日、1981年9月25日付夕刊。
  43. ^ 『福島民報』1971年10月13日 - 1972年4月5日付朝刊、テレビ欄。
  44. ^ 『福島民報』1972年5月3日 - 1973年4月4日付朝刊、テレビ欄。
  45. ^ 『福島民報』1972年9月26日 - 1974年6月4日付朝刊、テレビ欄。
  46. ^ 『福島民報』1974年7月1日 - 11月10日付朝刊、テレビ欄。
  47. ^ 『福島民報』1972年10月8日 - 1973年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  48. ^ 『福島民報』1973年1月24日 - 10月3日、11月19日 - 1974年2月11日付朝刊、テレビ欄。
  49. ^ 『福島民報』1973年4月16日 - 11月12日付朝刊、テレビ欄。
  50. ^ 『福島民報』1973年10月10日 - 1974年9月25日付朝刊、テレビ欄。
  51. ^ 『福島民報』1973年10月10日 - 1981年9月23日付朝刊、テレビ欄。
  52. ^ 『福島民報』1974年10月19日 - 1975年10月4日付朝刊、テレビ欄。
  53. ^ 『福島民報』1975年10月11日 - 1981年9月26日付朝刊、テレビ欄。
  54. ^ 『福島民報』1975年10月27日 - 1978年7月31日付朝刊、テレビ欄。
  55. ^ 『福島民報』1976年4月21日 - 1978年3月29日付朝刊、テレビ欄。
  56. ^ 『福島民報』1977年10月13日 - 1978年2月9日付朝刊、テレビ欄。
  57. ^ 『福島民報』1977年11月23日 - 1979年10月24日付朝刊、テレビ欄。
  58. ^ 『福島民報』1978年4月5日 - 1979年2月13日付朝刊、テレビ欄。
  59. ^ 『福島民報』1978年8月7日 - 1979年4月16日付朝刊、テレビ欄。
  60. ^ 『福島民報』1979年4月10日 - 1981年6月30日付朝刊、テレビ欄。
  61. ^ 『福島民報』1978年4月11日 - 1980年3月26日付朝刊、テレビ欄。
  62. ^ 『福島民報』1980年4月2日 - 9月3日付朝刊、テレビ欄。
  63. ^ 『福島民報』1978年7月日 - 19年4月5日付朝刊、テレビ欄。
  64. ^ 『福島民報』1980年10月24日 - 1981年10月10日付朝刊、テレビ欄。
  65. ^ a b 「全国放映リスト」『アニメージュ』1981年4月号、徳間書店、 114頁。
  66. ^ a b 「全国放映リスト」『アニメージュ』1981年10月号、徳間書店、 100頁。
  67. ^ 『福島民報縮刷版 昭和56年8月号』(福島民報社)、434頁(1981年8月25日『福島民報』朝刊8面、テレビ欄より)。
  68. ^ 『福島民報』1980年4月6日 - 1981年9月27日付朝刊テレビ欄。
  69. ^ a b c d e 『福島民報』1970年2月2日付朝刊、テレビ欄。
  70. ^ 『福島民報』1970年2月6日付朝刊、テレビ欄。
  71. ^ 『福島民報』1971年4月2日 - 9月24日付夕刊テレビ欄。
  72. ^ 『福島民報』1971年4月5日 - 9月30日付朝刊、テレビ欄。
  73. ^ 『福島民報』1970年4月1日付朝刊、テレビ欄。
  74. ^ 『福島民報』1970年4月4日付朝刊、テレビ欄。
  75. ^ 『福島民報』1970年7月4日付朝刊、テレビ欄。
  76. ^ 『福島民報』1970年3月31日 - 1971年11月5日付朝刊、テレビ欄。
  77. ^ 『福島民報』1970年3月31日 - 1971年10月8日付朝刊、テレビ欄。
  78. ^ 『福島民報』1970年4月1日 - 1971年3月31日付朝刊、テレビ欄。
  79. ^ 『福島民報』1970年2月5日 - 1971年9月30日付朝刊、テレビ欄。
  80. ^ 『福島民報』1970年10月14日付朝刊、テレビ欄。
  81. ^ 『福島民報』1970年2月1日付朝刊、テレビ欄。
  82. ^ 『福島民報』1970年4月18日付朝刊、テレビ欄。
  83. ^ 『福島民報』1980年12月19日付朝刊、テレビ欄。
  84. ^ 『福島民報』1971年4月4日付朝刊、テレビ欄。
  85. ^ 『福島民報』1975年9月9日付朝刊、テレビ欄。
  86. ^ 『福島民報』1976年1月8日付朝刊、テレビ欄。
  87. ^ 『福島民報』1982年4月3日付朝刊、テレビ欄。
  88. ^ 『福島民報』1983年10月16日付朝刊、テレビ欄。
  89. ^ 『福島民報』1974年6月2日付朝刊、テレビ欄。
  90. ^ 『福島民報』1976年3月11日付朝刊、テレビ欄。
  91. ^ 『福島民報』1984年1月7日付朝刊、テレビ欄。
  92. ^ 『福島民報』1987年2月9日付朝刊、テレビ欄。
  93. ^ 『福島民報』1987年6月13日付朝刊、テレビ欄。
  94. ^ 『福島民報』1983年8月1日付朝刊、テレビ欄。
  95. ^ 『福島民報』1985年9月26日付朝刊、テレビ欄。
  96. ^ 『福島民報』1985年11月5日付朝刊、テレビ欄。
  97. ^ 『福島民報』1985年6月8日付朝刊、テレビ欄。
  98. ^ 『福島民報』1975年4月4日 - 12月26日付朝刊、テレビ欄。
  99. ^ 『福島民報』1976年4月20日 - 1977年2月8日付朝刊、テレビ欄。
  100. ^ 『福島民報』1977年4月16日 - 11月25日付朝刊、テレビ欄。
  101. ^ 『福島民報』1979年4月23日 - 1982年3月22日付朝刊、テレビ欄。
  102. ^ 『福島民報』1979年10月31日 - 1980年7月30日付朝刊、テレビ欄。
  103. ^ 『福島民報』1979年11月3日 - 1980年5月10日付朝刊、テレビ欄。
  104. ^ 『福島民報』1980年5月17日 - 10月17日付朝刊、テレビ欄。
  105. ^ 『福島民報』1980年9月10日 - 1981年4月29日付朝刊、テレビ欄。
  106. ^ 『福島民報』1980年4月5日 - 1981年8月29日付朝刊、テレビ欄。
  107. ^ 『福島民報』1981年5月3日 - 9月27日付朝刊、テレビ欄。
  108. ^ 『福島民報』1981年4月20日 - 1982年4月12日付朝刊、テレビ欄。
  109. ^ 『福島民報』1981年9月5日 - 1982年3月6日付朝刊、テレビ欄。
  110. ^ 『福島民報』1981年12月1日 - 1983年5月10日付朝刊、テレビ欄。
  111. ^ 『福島民報』1982年3月31日 - 1983年4月20日付朝刊、テレビ欄。
  112. ^ 『福島民報』1983年4月27日 - 1984年3月14日付朝刊、テレビ欄。
  113. ^ 『福島民報』1983年5月17日 - 1984年4月4日付朝刊、テレビ欄。
  114. ^ 『福島民報』1982年8月20日 - 1983年4月1日、6月26日付朝刊、テレビ欄。
  115. ^ 『福島民報』1983年7月3日 - 1984年4月22日付朝刊、テレビ欄。
  116. ^ 『福島民報』1982年4月19日 - 1983年6月27日付朝刊、テレビ欄。
  117. ^ 『福島民報』1982年11月1日 - 11月30日付朝刊、テレビ欄。
  118. ^ 『福島民報』1985年5月18日 - 1986年9月20日付朝刊、テレビ欄。
  119. ^ 福島民報』1984年2月16日 - 3月22日付朝刊、テレビ欄。
  120. ^ 『福島民報』1993年4月14日 - 1994年4月13日付朝刊、テレビ欄。
  121. ^ 『福島民報』1975年8月17日付朝刊、テレビ欄。
  122. ^ 『福島民報』1978年1月8日 - 3月26日、1978年10月1日 - 12月24日付朝刊、テレビ欄。
  123. ^ 『福島民報』1977年1月8日 - 2月26日付朝刊、テレビ欄。
  124. ^ 2012.02.10”. メディアファイル (2012年2月13日). 2012年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月17日閲覧。
  125. ^ アナウンサー”. 福島中央テレビ. 2019年5月4日閲覧。
  126. ^ 日テレからのお知らせ (PDF)”. 日本テレビ (2012年3月9日). 2014年10月5日閲覧。
  127. ^ 福島でお会いしましょう。”. アナウンサー日記 (2015年2月25日). 2015年4月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月8日閲覧。
  128. ^ ゴジてれChu!公式による2019年5月3日の発言
  129. ^ アナウンサー異動について”. アナウンサー日記 (2018年3月15日). 2018年5月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月5日閲覧。
  130. ^ 地域新聞 すずらん (PDF) [リンク切れ] - 荻窪北保育園(2011年9月)
  131. ^ 平成29年度プレゼンテーション能力育成講座”. 福島県立猪苗代高等学校 (2017年9月7日). 2018年12月13日閲覧。
  132. ^ これまでの御礼とご報告”. アナウンサー日記 (2016年4月1日). 2016年4月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月8日閲覧。
  133. ^ 中テレの社員たち 事業局事業推進部 中山可那子”. 福島中央テレビ. 2019年4月1日閲覧。
  134. ^ 社長経歴”. ヴォイス・プロ. 2017年3月17日閲覧。
  135. ^ 山本 絹代”. タレントユニオン. 2015年4月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月17日閲覧。
  136. ^ a b 福島中央テレビ編 『燃えろFCT』 1970年4月、65頁。
  137. ^ a b FCT40周年記念ソング「空になる」”. 福島中央テレビ. 2017年11月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月12日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「福島中央テレビ」の関連用語

福島中央テレビのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



福島中央テレビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福島中央テレビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS