ビーストウォーズII_超生命体トランスフォーマーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > 1998年のテレビアニメ > ビーストウォーズII_超生命体トランスフォーマーの意味・解説 

ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 14:53 UTC 版)

ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー』(ビーストウォーズ セカンド ちょうせいめいたいトランスフォーマー。書籍によって、また次回予告では「超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズII」)は、前作『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』に引き続き制作されたトランスフォーマーシリーズのアニメ作品。1998年(平成10年)4月から1999年(平成11年)1月までテレビ東京系列で放送。全43話。『ビーストウォーズネオ 超生命体トランスフォーマー』は本作の続編である。




注釈

  1. ^ 前作の舞台である惑星エネルゴアは『メタルス』において太古の地球と明かされている。
  2. ^ 漫画版でもアパッチが「慎重すぎるきらいがある」とこぼしていた。
  3. ^ 和解できたかもしれないガルバトロンを倒さなければならないことに、ライオコンボイは心を痛めており、涙を流していた。
  4. ^ 後に、「ガルバトロンカラー ライオコンボイ」として限定発売された。
  5. ^ ガイアに漂流したライオコンボイが記憶を失っている間に誕生した。
  6. ^ 第35話でライオジュニアが洗脳されたときに合体した際は、台詞なしで合体。
  7. ^ 書籍「ビーストウォーズスペシャルフィルムブック」によれば、『ビーストウォーズ』の最終回または同作の映画版である『激突!ビースト戦士』の終盤でエイリアン兵器に体当たりした瞬間に、惑星ガイアに飛ばされてきたという記述がある。また、色合いはCG版の灰色基調ではなく、最初の玩具や『ロボットマスターズ』での黒基調だった。
  8. ^ ただし、劇場版ではサイバトロンとの戦闘で部下たちが敗れた際、「役に立たん奴ら」といった発言もしている。
  9. ^ 変形シーンは第32話のみで、飛行シーンは劇場版のみ。
  10. ^ 第10話で描かれた回想シーンでは、スキャン後の姿に酷似した姿で登場していた。
  11. ^ いずれもサイバトロンやデストロン並びにトランスフォーマーではない。なお、ゲーム『決闘トランスフォーマー ビーストウォーズ ビースト戦士最強決定戦』では両者ともデストロンとして扱われているが、ムーンは海外ではサイバトロンとして扱われている。
  12. ^ ムーンにはそれを呆れられている。
  13. ^ ロボットモードの初披露は第16話。
  14. ^ トランスフォーマー ザ・ムービー』は全国規模では国内上映はされず、ビーストウォーズ他作品もテレビ未放送回であるため。
  15. ^ ただし、予告編と宣伝用ポスターは、進化前のコンバットロン、メガストームの姿が描かれている。
  16. ^ 本来ならメガトロン(初代メガトロン(G1)か前作の(ビースト)メガトロンなのかは不明)を召喚する予定だったが、ギガストームがエネルギー波長コードを間違えてしまった為、召喚する事は出来なかった。

出典

  1. ^ 超図鑑 1998, pp. 89, スペシャルインタビュー
  2. ^ 丸山典子編「生誕30周年&新作映画『ロストエイジ』公開記念大特集 エキサイティングトランスフォーマー 今から始めるトランスフォーマー入門 トランスフォーマーの多元宇宙」『フィギュア王 No.196』ワールドフォトプレス、2014年6月30日、ISBN 978-4-8465-3038-9、49頁。
  3. ^ 「イントロ&インタビュー」『ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー Original Booklet』2-3頁。
  4. ^ a b ビーストマガジンVOL.4 1998, pp. 18, しつもんコーナー
  5. ^ a b 超図鑑 1998, pp. 90, スペシャルインタビュー
  6. ^ 「主要キャラクター紹介 正義のサイバトロン」『ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー Original Booklet』5頁。
  7. ^ a b 超百科 1998, pp. 9, 惑星ガイアの両軍基地
  8. ^ ビーストマガジンVOL.6 1999, pp. 18, ビーマガ通信 しつもんコーナー
  9. ^ 『ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー 最強プレイングブック』実業之日本社
  10. ^ ビーストマガジンVOL.5 1999, pp. 18, ビーマガ通信 しつもんコーナー
  11. ^ 今木商事「DATA FILE-006」『ビーストウォーズII 1』講談社、1998年11月6日、ISBN 4-06-323852-0、198頁。
  12. ^ a b 超百科 1998, pp. 8, 惑星ガイアの両軍基地
  13. ^ 『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズII(3) マグナボスとうじょう、だいけっせんがはじまるぞ」講談社、1998年11月12日、ISBN 4-06-344037-0、裏表紙より。劇中では未呼称


「ビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビーストウォーズII_超生命体トランスフォーマー」の関連用語

ビーストウォーズII_超生命体トランスフォーマーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビーストウォーズII_超生命体トランスフォーマーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビーストウォーズII 超生命体トランスフォーマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS