ブラックウィドーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ブラックウィドーの意味・解説 

ブラック・ウィドー

原題:Black Widow
製作国:アメリカ
製作年:1987
配給:FOX
スタッフ
監督:Bob Rafelson ボブ・ラフェルソン
製作:Harold Schneider ハロルド・シュナイダー
製作総指揮:Laurence Mark ローレンス・マーク
脚本:Ronald Bass ロナルド・バス
撮影:Conrad Hall コンラッド・ホール
特殊メイク:Dorothy Pearl 
音楽:Michael Small マイケル・スモール
美術:Gene Callahan ジーン・キャラハン
編集:John Bloom ジョン・ブルーム
衣装(デザイン):Patricia Norris パトリシア・ノリス
字幕:戸田奈津子 トダナツコ
キャスト(役名
Debra Winger デブラ・ウィンガー (Alexandra
Theresa Russell テレサ・ラッセル (Catharine
Sami Frey サミー・フレー (Paul
Dennis Hopper デニス・ホッパー (Ben
Nicol Williamson ニコル・ウィリアムソン (William Macauley
Terry O'Quinn テリー・オクイン (Bruce
Lois Smith ロイス・スミス (Sara
D. W. Moffett D・W・モフィット (Michael
Leo Rossi レオ・ロッシ (Ricci
Mary Moronov  (Shelley
Rutanya Alda ルタニア・アルダ (Irene
James Hong ジェームズ・ホン (Shin
Diane Ladd ダイアン・ラッド (Etta
Danny Kamekona ダニー・カメコナ (Detective
解説
富豪独身男性次々結婚し、その都度相手殺害して巨万の富を築く女と、彼女のあとを追う司法省捜査局の女職員対決を描くサスペンス・ミステリー。製作はハロルド・シュナイダーエグゼクティヴ・プロデューサーローレンス・マーク監督は「郵便配達は二度ベルを鳴らす」のボブ・ラフェルソン脚本ロナルド・バス撮影コンラッド・ホール音楽マイケル・スモール担当出演デブラ・ウィンガーテレサ・ラッセルサミー・フレーほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
キャサリンテレサ・ラッセル)は若くして出版王サム・ピーターセンと死別未亡人となった。2人は4カ月前に結婚たばかりで、サム56歳だった。遺産相続した彼女はその後ダラスに現われ玩具王ベン・ダマーズ(デニス・ホッパー)と再婚していた。だが結婚カ月でまたベン急死遺言状ではベンの姉エッタには相続権がなく、キャサリンはまた大金一人占め遺産相続した。彼女は強烈セックス・アピール富豪独身男性に近づき結婚し、やがてその相手殺し遺産相続すると姿を消すということ繰り返していた。そして次なる標的シアトル博物館長ウィリアム・マコーリー(ニコル・ウィリアムソン)に近づき、狙いどおりに結婚をする。一方ワシントンDC司法省捜査局に勤め美人職員アレックス・バーンズ(デブラ・ウィンガー)は、連続して起こる富豪死亡事件疑惑抱き上司同僚反対にかかわらず独自で調査を進め、やがてキャサリンの姿を見つける。キャサリン自分後を追う影に気づきウィリアム殺害すると姿を消した。証拠を残さない手口にあせるアレックスはようやくキャサリンハワイに飛んだことをつきとめ、早速、ハワイに向かった。キャサリンハワイホテル王として有名なポール・ナイテン(サミー・フレー)と親密な仲になっており、いずれ2人結婚するだろうと見られていた。キャサリンスキンダイビング講習を受けていたが、アレックスもそのグループに加わり、2人は自然と知り合うようになった。しかし、キャサリンパーティ招待したアレックスが何かをさぐっているのを察知し、加えてポールアレックスデートするようにしむけた。彼女にはある魂たんがあったのだ。それは、2人デート場面探偵を使って写真に撮らせ、それをポール殺し時に使いアレックス犯人仕立てようとしたのだ。そしてキャサリン計略成功した。ハワイ来てから徐々に自分の女としての本性目ざめだしたアレックスはすっかりポール魅了され、ポールもそんな彼女をやさしく受け入れのだった。だが、ポールアレックス裏切ってキャサリン結婚した。傷ついたアレックスキャサリン毒蜘蛛を形どったブローチプレゼントし、女の戦いその日から新たな段階迎えた。やがて、結婚間もないポール急死した。容疑アレックスにかかり捜査結果彼女は逮捕された。心ひそかに勝ち誇ったキャサリン警察アレックス訪問した。鉄格子向こうに現われたアレックスキャサリンどのようにポール殺害したのか聞くが、キャサリンは勝ち誇ったように笑みを浮かべるだけだった。と同時に死んだはずのポール面会室に姿を現わした。驚愕するキャサリン。そしてポールブランデー中に毒を入れたことを口ばしり、アレックスは、それを事前に知っていたことを彼女に告げのだった

ブラックウィドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 01:36 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ブラックウィドー(Blackarachnia)は、アニメ『トランスフォーマー』シリーズの登場キャラクターで、架空の女性ロボットである。

特徴

ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』で登場し、『ビーストウォーズ』シリーズ初の女性トランスフォーマーとなった[1]サイバトロンデストロンのそれぞれの陣営に所属しては裏切るという行為を繰り返した。それまでのアーシーなどといった女性トランスフォーマーキャラには無いこの行動は、彼女の特色となっている。

性格はやや陰険で陰湿な一面があるものの、サイバトロンに入った後は、気の強い姉御肌の女性戦士として活躍している。一見すると悪女のようにみえる彼女であるが、このように情に厚い面もあり、その性格は善悪二元論で語ることはできない。

声は英語版ではヴィーナス・ターゾ、日本版では柚木涼香が担当した。柚木は当初は永椎あゆみという名だったが、途中から改名した。

名前とモチーフ

スキャンしたのはセアカゴケグモだが、日本語版ではジョロウグモとなっている。なお、実際のブラックウィドーとは黒後家蜘蛛(クロゴケグモ)を意味しており、交尾後に雌が雄を食べる習性から、後の作中でシルバーボルトに対し、こう言って脅すシーンもあった(ジョロウグモも交尾後に雌が雄を食べてしまう事がある)。

英語版の名称であるブラックアラクニア(Blackarachnia)はスキャンしたクモの名称の一部である「Black」と、クモ形網の動物全般を指す「Arachnid」から来ている[2][3]

登場作品

ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー

サイバトロン側の女性プロトフォームがデストロン側に奪取され、その為、当初は悪の戦士となって誕生した。

諜報工作兵となって、伸縮自在の糸で暗所や閉所にビーストモードのまま潜入し、ポイズンアンカーと回し蹴りを強力な武器として、サイバトロンを苦しめた。タランス同様、ロボットモードでは、ビーストモードの脚の先から弾を連射するネオラウンドマシンガンを撃つ。ハッキング能力にも長け、タランス/Tarantulasにその能力を利用されることもあった。ワスピーター/Waspinetorに取り憑いたスタースクリーム/Starscreemと手を組んだ事もある。

タランスは当初は同じクモをスキャンした事で好意を持っていたが、やがて彼女の頭脳回路を利用して自身のサイバーコントロールで操ったり、邪魔者として処分しようとするようになる。そして、最終回においてタランスに操られたブラックウィドーはコンボイ/OptimusPrimalを葬る為に、エイリアンポッドを密閉し、脱出不可能にしてしまった。

当初は普通に話していたが、後に語尾に「〜っしゃ!」という口癖を付け加えるようになった。

玩具はタランスの塗装と一部のパーツを変更した仕様品だが、2007年に発売された『テレもちゃ』版ではアニメに近いカラーリングになっている。後に『トランスフォーマー レジェンズ』にてリメイクされ、プロポーションが劇中のように女性型になっている。

ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー

序盤ではデストロンとして戦っていたが、新たに参戦したサイバトロンのフューザー戦士シルバーボルト/Silverboltに助けられてからは、ランページ/Rampageとの戦闘などを通じ、「元は同じサイバトロン」と何度も説得された後、メガトロン/Megatronの目的が400万年前に惑星エネルゴア(地球)に辿り着いた自分達の祖先の抹殺である事に気づき、デストロンを裏切ることになる。

入った後もまだ、デストロンだった事の後ろめたさや、仲間への不信感から思い悩むこともあったが、その度にシルバーボルトに説得されて、デストロンに戻ることはなかった。途中で手に入れたトランスメタルドライバーの力を応用してメタルス化を試みるが、実験は失敗し、生命の危険にさらされる。

デストロンによる襲撃で先祖達を破壊されることを恐れたブラックウィドーはサイバトロンの宇宙船アークのアクセスコードをコンボイに渡し、シェルプログラム解除の手術を受けるが最終段階で失敗し、絶命してしまう。

しかし、トランスメタルスドライバーの力によって彼女はメタルスブラックウィドーへと進化し、完全なサイバトロン戦士となり、以降エネルゴアでは最後までこの姿のままで戦い、セイバートロン星へと帰還する。より強靱になったボディと糸、キックを駆使し、サイコキネシスも使えるようになった。

当初は馴染めなかったサイバトロンにも次第に溶け込み、「蜘蛛姉ちゃん」というあだ名で呼ばれるようになった。

超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ

メガトロンの放ったウイルスプログラムによって元のビースト状態に戻されたが、糸も中途半端にしか出せない有様だったものの、セイバートロン星の中枢コンピューターオラクルによって新たな姿へと変わる。その姿は長い足のピンクのクモであり、ロボットモードではマスクが展開し、バイザー状に隠されている部分から目は4つ出てくる。高速で敵を翻弄し、手の爪で相手を切り裂く。

自分をサイバトロンに戻してくれたシルバーボルトの事を想うあまりに、コンボイの命令を無視して、ビーコンジェネラルのスラスト/Thrustをシルバーボルトだと思って追いかけていたが、やがて同じビーコンジェネラルのジェットストーム/Jetstormがシルバーボルトであることを知り、今度は逆に彼女が恋人をサイバトロンに戻す為に躍起になった。

一方のシルバーボルトはサイバトロンに戻っても、かつてビーコンジェネラルとして破壊活動をしていた事への負い目と、セイバートロン星がメガトロンに占領されていることから、ブラックウィドーに心を開けなかった。しかし、最終回でようやくセイバートロン星が解放され、シルバーボルトも心の重荷を下ろしてブラックウィドーを抱き締め、彼女の想いは成就されることになった。

なお、日本語版では自分の事を「ビーストの萌えキャラ」と豪語している。

トランスフォーマーアニメイテッド

トランスフォーマー アニメイテッド』では元オートボットのエリータ1(-ワン)が変化したブラックアラクニア/Blackarachniaとして登場。英語版ではクリー・サマーだが、日本語版はこれまでの作品同様、柚木涼香が声を担当した。

オートボットだった頃はオプティマスプライム/Optimus Primeと、センチネル/Sentinel Primeでチームを組んで、惑星探査を行っていたが、巨大クモの惑星でクモに襲撃された際、体がクモの毒によって変貌してしまい、毒が無くなってしまうと生きてはいけない。彼女を助けられなかったことを悔やみ、今でも助けようと思っているオプティマス・プライム(コンボイ)に対して愛憎の混じり合った複雑な態度を取る。醜い姿になったために仮面を被ってオートボットを去り、元の姿に戻るために色々な実験をしている。そのためディセプティコンへの忠誠心は薄く、メガトロンが復活した後も一人で行動している。第36話にてワスピネーターと共に何処かへと飛ばされ、それ以降は登場しない。日本語版ではブラックウィドーと同様に語尾に「-ッシャ」を付けて喋る。また、ミニコーナーの「音仏一家のトランスフォーマー生活」で幾度となくナレーションを担当している。第4シーズンでは再びメガトロンの指揮下に入られてしまうが、独自にロボットと生物を合成したプレダコンで構成する自分の部隊を作ろうと画策する予定であった。また、この時には自身の有機部分に対する嫌悪感は無くなりつつあったようである。

容貌はメタルスブラックウィドー、第4シーズンではブラックウィドー、玩具の変形機構はリターンズ版に似ている。

類似したキャラクター

超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム』にて、同様のモチーフと類似したデザインを持った女ディセプティコンエアラクニッド/Airachnidが登場。

通常のロボットモードに加え、蜘蛛に似た多脚歩行形態を持つ。ビークルモードではステルスヘリに変形している。海外版では蜘蛛をモチーフにしている以外の共通点は無い。

極めて残忍な性格で、敵を痛めつけ嬲り殺しにする嗜虐癖の持ち主。アーシーの眼前でパートナーであるテイルゲートを拷問、惨殺した事からアーシーとは因縁がある。また有能ではあるがメガトロンおよびディセプティコン軍団に対する忠誠心は薄く、シーズン1終盤にてガイアユニクロンとの戦いへ赴いたメガトロンを見捨てようとした事がある。別の星の絶命に瀕した生物を殺しては頭部をコレクションする趣味があったが、ジャックに宇宙船ごと爆破されてしまい、以降はアーシーとジャックを目の敵にするようになり、シーズン1にてメックと手を組んだこともある。

武器は両手から放つ粘着質な糸とビーム、背中の蜘蛛脚には鋭いかぎ爪を備え、また全身をドリルのように回転する事で地中を潜行する能力も持つ。これらの多彩な能力を活かし相手を罠にかけて翻弄する戦術を得意とし、ウォーブレークダウンを惨殺して見せたほどの実力者。

当初は単独行動をとっていたが、シーズン1序盤でディセプティコンへ復帰してスタースクリームを蹴落としディセプティコンのナンバー2の座に収まる。その後、メガトロンへの背信行為が露見し抹殺されかかったものの逆にそれに乗じてディセプティコンを離脱、洗脳したインセクティコン達を率いてメガトロンに反旗を翻した。だが、アーシーとの戦いにて一瞬の隙を突かれて敗北し、ステイシスポッドへ封印されてしまう。

シーズン3ではステイシスポッドごとディセプティコン達に回収されており、スタースクリームが引き起こしたゾンビ騒ぎに乗じて蘇生。再びインセクティコン達を率いてディセプティコン制圧に乗り出したが、サウンドウェーブの機転によりサイバトロン星の衛星軌道上にある小惑星群へと放逐されてしまう。エアラクニッド自身もサイラスブレークダウンを通じてゾンビ化しており、コントロールしたインセクティコンを捕食する様子が描かれた。

日本語版では柚木涼香が演じ、より過去作を意識したユーモラスな脚色が加えられており、台詞が格段に増やされている。また「かつてはヒロインだった」「今回はヨゴレなの!?」などビーストウォーズでのブラックウィドーを意識した台詞も多い。

脚注

  1. ^ 後に『ビーストウォーズメタルス』の続編である『ビーストウォーズリターンズ』のボタニカ/Botanicaとストライカ/Strika、CG版シリーズの後の時代である『ビーストウォーズII』のスキュウレが登場している。
  2. ^ 「TOYS CONTINUITY」『ビーストウォーズ ユニバース』石川裕人、ソニー・マガジンズ、2009年3月18日、初版、49頁。ISBN 4-7897-1484-5
  3. ^ またはギリシア神話でアテナに蜘蛛に変えられた少女「アラクネー」から採っている。

ブラック・ウィドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/18 15:13 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
ブラック・ウィドー
Black Widow
監督 ボブ・ラフェルソン
脚本 ロナルド・バス
製作 ハロルド・シュナイダー
製作総指揮 ローレンス・マーク
出演者 デブラ・ウィンガー
テレサ・ラッセル
音楽 マイケル・スモール
撮影 コンラッド・L・ホール
編集 ジョン・ブルーム
製作会社 アマーセント・フィルムズ=
アメリカン・エンターテインメント・パートナーズ=
20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 1987年2月6日
1987年5月23日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,500,000[1]
興行収入 $25,205,460[2]
テンプレートを表示

ブラック・ウィドー』(原題:Black Widow)は、1987年制作のアメリカ合衆国の映画

富豪の独身男性と次々に結婚し相手を殺害して巨万の富を築く女と、彼女を追う司法省捜査局の女性職員の対決を描くサスペンススリラー映画ボブ・ラフェルソン監督。

あらすじ

若くて美しいキャサリンは、ニューヨークの出版王サム・ピーターセンと結婚後わずか4カ月で死別、その莫大な遺産は彼女が1人で相続した。次にキャサリンはダラスの玩具王ベン・ダマーズと再婚したが、6カ月後にベンが急死、遺言状によりその莫大な遺産は、またしても彼女が1人で相続した。

次にキャサリンはシアトルの博物館長ウィリアム・マクローリーと再婚したが、彼もまもなく急死した。実はキャサリンは、その美貌を武器に富豪の独身男性に近づいて結婚、やがてその相手を殺し、遺産を相続することで大金を手に入れて姿を消すということを繰り返す悪女であった。

司法省捜査局の女性職員アレックスは連続して起こる富豪の死亡事件に疑惑を抱き、独自で調査を進め、やがてキャサリンの存在を知る。アレックスは調査の結果、ようやくキャサリンがハワイに飛んだことをつきとめ、ハワイに飛ぶ。キャサリンはそこでホテル王として有名なポール・ナイテンと親密な仲になっていた。

アレックスは身分を隠してキャサリンに接近、2人は自然と仲良くなっていくが、ある日、キャサリンはパーティーに招待したアレックスが何かを探っているのを察知し、彼女にある罠を仕掛ける。それはポールとアレックスがデートするように仕向け、その場面を探偵を使って写真に撮らせ、それをポールを殺した時に使い、アレックスを犯人に仕立てようというものであった。

そして、キャサリンと結婚後間もないポールが急死、容疑はアレックスにかかり、彼女は逮捕されてしまう。

キャスト

脚注

外部リンク




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブラックウィドー」の関連用語

ブラックウィドーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブラックウィドーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブラックウィドー (改訂履歴)、ブラック・ウィドー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS