トランスフォーマーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > トランスフォーマーの意味・解説 

トランスフォーマー

原題:TRANSFORMERS
製作国:アメリカ
製作年:2007
配給:UIP
スタッフ
監督:Michael Bay マイケル・ベイ
製作総指揮:Steven Spielberg スティーヴン・スピルバーグ

Michael Bay マイケル・ベイ

Brian Goldner 

Mark Vahradian 
プロデューサー:Don Murphy ドン・マーフィー

Tom DeSanto トム・デサント

Lorenzo di Bonaventura ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ

Ian Bryce イアン・ブライス
原案:Roberto Orci ロベルト・オーチー

Alex Kurtzman アレックス・カーツマン

John Rogers ジョン・ロジャース
脚本:Roberto Orci ロベルト・オーチー

Alex Kurtzman アレックス・カーツマン
音楽:Steve Jablonsky スティーヴ・ジャブロンスキー
プロダクション・デザイン:Jeff Mann ジェフ・マン
編集:Paul Rubell ポール・ルベル

Glen Scantlebury グレン・スキャントベリー
衣装(デザイン):Deborah L. Scott 
キャスティング:Janet Hirshenson 

Jane Jenkins 
字幕:松崎広幸 マツザキヒロユキ
キャスト(役名
Shia LaBeouf シャイア・ラブーフ (シャイア・ラブーフ
Tyrese Gibson タイリース・ギブソン (タイリース・ギブソン
Josh Duhamel  (ジョシュ・デュアメル
Anthony Anderson アンソニー・アンダーソン (アンソニー・アンダーソン
Rachael Taylor レイチェル・テイラー (レイチェル・テイラー
Megan Fox ミーガン・フォックス (ミーガン・フォックス
John Turturro ジョン・タトゥーロ (ジョン・タトゥーロ
Jon Voight ジョン・ヴォイト (ジョン・ヴォイト
解説
金属生命体による地球攻撃という人類危機を描くSFアクション原作日米合作TVアニメーション出演は「ボビー」のシャイア・ラブーフミーガン・フォックス、「クライシス・オブ・アメリカ」のジョン・ヴォイト監督は「アイランド」のマイケル・ベイ製作総指揮は彼とスティーヴン・スピルバーグ共同務めている。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
未知惑星から、あらゆるテクノロジー機器に姿を変えられる金属生命体が、数年前から地球到達していた。CDプレイヤーデジカメ携帯電話という小さなものから、ジェット機ヘリコプター、車などの乗り物まで、多種多様マシン変身していた彼らに、やがて目的を果たす時が近づく灼熱カタールアメリカ都市、さらにエアフォース・ワン機内で、想像を絶するトランスフォーム現象始まり、彼らは見たことのないロボット状の形へと変身立ち塞がる人類容赦ない攻撃開始した。そして彼らは、アメリカのとある地方都市に住む16歳少年存在を知る。彼の名前はサムシャイア・ラブーフ)。サム祖先南極失明した探検家で、金属生命体たちが捜し求めている秘密の一端を手にしていたのだった。そんなことを知らないサムは、お目当ての同じ高校女子ミカエラミーガン・フォックス)をオンボロスポーツカー不器用に誘って失敗したりなど、呑気日常を送っていた。だがその日の夜、彼のスポーツカーは突然巨大ロボット変身FBIペンタゴンすらも歯が立たない激し攻撃の中で、冴えない高校生サムは、人類危機を救うため奔走することになるのだった

トランスフォーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 09:05 UTC 版)

トランスフォーマー: Transformers)は、タカラトミーハズブロによって展開されているメディア・フランチャイズ。北米では1984年5月から、日本では1985年6月から発売開始された[1]、変形ロボット玩具を基にして、アニメーション、コミック、実写映画などで世界的に展開されている。




  1. ^ 「タカラ、米ハスブロ社の女児がん具人気、日本で販売──変身ロボ発売にも米国流借用。」『日経産業新聞』1985年2月1日付、1頁。
  2. ^ 主要登場メカ中、タルカスのみ現時点で製品が導入されていない。
  3. ^ タカトクトイス倒産後に金型が渡った製品はバンダイアメリカがライセンス生産していた。「スカイファイヤー(ジェットファイヤー)」や「DXインセクトロン」「ロードバスター」「ホワール」がそれに該当する。
  4. ^ 日本のTV展開では省かれたが『ビーストウォーズ』ではサイバトロンはマクシマルズ(MAXIMALS)、デストロンはプレダコンズ(PREDACONS)という別のグループとなっている。また、デストロンガーやヴィーコンなど各勢力から派生したグループも存在し、ユニクロンを代表とした第三勢力も多数存在する。
  5. ^ a b 「THE TRANSFORMERS 20周年大特集」『フィギュア王』No.82通巻509号、ワールドフォトプレス、2004年11月、 p30、 ISBN 4-8465-2509-0
  6. ^ 放映開始当初は全55話までの放映が予定されていたが、第4シーズン(シーズン4)は未放送で未展開。
  7. ^ シーズン3 『Transformers: Prime Beast Hunters(トランスフォーマー プライム ビーストハンターズ)』完結篇である最終作 アニメーション映画『Transformers: Prime Beast Hunters: Predacons Rising(トランスフォーマー プライム ビーストハンターズ:プレダコン・ライジング)』 は日本未展開。
  8. ^ シーズン3『トランスフォーマー アドベンチャー コンバイナーフォース』は日本未展開。
  9. ^ Transformers: Universe(2008) Vector Prime with Mini-Con Safeguard!のパッケージの記載など。
  10. ^ 幸ヒサシインタビュー”. タカラ. 2012年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月9日閲覧。(2012年3月29日時点のアーカイブ
  11. ^ アニメ ラインナップ”. タカラトミー. 2017年9月5日閲覧。
  12. ^ 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』から『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマーV』まで
  13. ^ ストラクサス、ドリフトなど。
  14. ^ 2012旭川冬まつり トランスフォーマー大雪像登場!!タカラトミー公式」YouTubeチャンネル
  15. ^ トランスフォーマー 「明治維新150周年記念コラボ」 スペシャルPVタカラトミー公式YouTubeチャンネル
  16. ^ 「オートルーパー×あたり」付属「TFキスぷれ年表」
  17. ^ 限定冊子『キスぷれ / 15GO!GO!』掲載「トランスフォーマー年表」(「TFキスぷれ年表」加筆版)
  18. ^ 丸山典子編「生誕30周年&新作映画『ロストエイジ』公開記念大特集 エキサイティングトランスフォーマー 今から始めるトランスフォーマー入門 トランスフォーマーの多元宇宙」『フィギュア王 No.196』ワールドフォトプレス、2014年6月30日、ISBN 978-4-8465-3038-9、48-49頁。
  19. ^ オメガスプリームとスカイリンクスは2008年タカラトミー合併効果で再版された。
  20. ^  『ビーストウォーズII 超図鑑 完全保存版―超生命体トランスフォーマー』 講談社、1998年、90頁
  21. ^ 五十嵐浩司、石川陽介、高柳豊「トランスフォーマー年表1984〜2002」『フィギュア王』No.60通巻394号、ワールドフォトプレス、2003年11月、 pp10-11、 ISBN 4-8465-2394-2。“6月から『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』のタイトルで正式販売を開始。「君が選ぶ君のヒーロー」をキャッチフレーズに初回に24種類、年末までには49種類もの商品が並ぶという――”





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トランスフォーマー」の関連用語

トランスフォーマーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トランスフォーマーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトランスフォーマー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS