入社とは? わかりやすく解説

にゅう‐しゃ〔ニフ‐〕【入社】

読み方:にゅうしゃ

[名](スル)会社にはいり、その社員となること。「縁故で—する」⇔退社


入社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 03:54 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「入社」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「入社」を含むページの一覧/「入社」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「入社」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



入社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 09:11 UTC 版)

瀬戸雄三」の記事における「入社」の解説

1953年アサヒビールに入社。営業畑、神戸支店長経て1981年に取締役就任1982年から大阪支店長に。1986年8月常務昇格し営業本部長となる。 1990年6月副社長に就任。同年9月からは営業本部長を解任され人事総務財務などを担当することとなる。

※この「入社」の解説は、「瀬戸雄三」の解説の一部です。
「入社」を含む「瀬戸雄三」の記事については、「瀬戸雄三」の概要を参照ください。


入社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 03:48 UTC 版)

吉田秀雄」の記事における「入社」の解説

1928年昭和3年)、東大卒業後、吉田は、社員総数360名の日電報通信社(現・電通)の一員となった本社丸の内営業部地方内勤課の配属になった戦前の広告代理店には、料金規定基準となるものがなく、広告主代理業者掲載誌力関係がすべてを決していたといって過言ではなかった。花形営業外勤となり、彼らは獲得した契約に応じて会社から歩合支給されていた。 その結果儲ければ何をしてもよい、と勘違いをする物も多く手段選ばぬ広告屋」が大手を振っていた。 吉田は、後年当時振り返り広告取引きというものが本当のビジネスになっていない。実業じゃないのだ。ゆすり、かたり、はったり泣き落としだ。僅かにそれを会社という企業形態やっているだけで、まともな人間や地道なものにはやれなかった仕事なんだ。」(電通入社25周年回顧座談会より)と無能如く語っている。 入社2年目から吉田は、同期入社日比野恒治、坂本英男ら有志を誘って広告勉強会を始める。アメリカイギリス関連書籍をみつけ、週2回の輪講を持っている。 因習蔓延る広告代理業界ですぐに行動を起こすことはなかったが、この研究会を通じて吉田理論武装固め具体的な問題点を明確にすることができるようになっていった。 1936年昭和11年1月新聞聯合社との合併により、社団法人同盟通信社創立される。これにより電通広告専門会社になった1938年昭和13年2月吉田営業局地方内課長に昇進する。その僅か3ヶ月後に工場事業場管理令」が公布され、すぐに施行された。これが「国家総動員法」の最初の発動となる。時代太平洋戦争へと突入していく。 日常生活戦争のために痩せ細り広告活動そのもの価値もたない時勢となっていった。 1940年昭和15年12月創業者光永星郎社長辞任し、後を弟の光永眞三に託した1941年昭和16年2月吉田営業局地方部長に昇進する翌年6月には取締役選任され同年12月には常務取締役になった1943年昭和18年)から1944年昭和19年)にかけ、戦争最終的勝利を大義名分に、広告代理業者の整備広告料金公定改革が行われていた。これは、全国186あった広告代理店12社に統合・再編し、地方毎に異なっていた新聞広告料金全国一定の公定価格当てはめるという計画であったあの手この手広告料金決めていた質の悪い広告屋」にとっては、死活問題であったが、吉田はこの2つ計画率先して推進し協定成立こぎつけた。 そして、全国186広告代理店12社に統合する際、そのうち東阪名九すべての地域電通存続させ唯一全国ネットワークを持つ会社にした。名古屋九州代理店はすべてこのとき電通に吸収され東京電通と博報堂など6社、大阪電通近畿広告、旭広告など4社となった

※この「入社」の解説は、「吉田秀雄」の解説の一部です。
「入社」を含む「吉田秀雄」の記事については、「吉田秀雄」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「入社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

入社

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 09:35 UTC 版)

名詞・サ変動詞

 にゅうしゃ

  1. 会社入ること。

活用

サ行変格活用
入社-する

発音(?)

にゅ↗ーしゃ

関連語

翻訳


「入社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

入社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



入社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの瀬戸雄三 (改訂履歴)、吉田秀雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの入社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS