退社とは? わかりやすく解説

退社

読み方:たいしゃ

退社とは、退社の意味

(1)退社とは、会社を辞めることである。この退社の語における対義語は、入社である。

(2)退社とは、勤務終えて会社から退出することである。この退社の語における同義語退勤である。対義語出社出勤である。

相手先とやり取りにおいては、退社の語は誤って伝わってしまうことがあるため、あえて使用しないケースが多い。例えば、「○○会社辞めました」、あるいは「○○本日帰りました」のように使い分けることで正しく伝えることができる。

たい‐しゃ【退社】

読み方:たいしゃ

[名](スル)

勤務している会社を辞めること。「一身上の都合で—する」「定年—」⇔入社

その日勤め終えて会社から退出すること。「五時半に—する」⇔出社


退社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/29 06:19 UTC 版)

退社(たいしゃ)




「退社」の続きの解説一覧

退社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 14:33 UTC 版)

はむはむソフト」の記事における「退社」の解説

テラカッパ ※2008年3月自己都合退職池田淳2010年1月体調不良による静養のため退職マンボウ2011年3月自己都合退職

※この「退社」の解説は、「はむはむソフト」の解説の一部です。
「退社」を含む「はむはむソフト」の記事については、「はむはむソフト」の概要を参照ください。


退社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:05 UTC 版)

東北放送」の記事における「退社」の解説

男性 荒井益次(定年退職池田赳 - 元:アナウンス部長 石黒新平1997年 - 2003年) - 退職後、→圭三プロダクション所属ニッポン放送スポーツアナウンサー圭三プロ復帰広島ホームテレビ契約アナウンサーフリー圭三プロ復帰 小野忠一郎 - R『モーニングワイドおはよう』(土曜日担当)、『民謡ごきげん』、TVクイズみやぎ東西南北』など。在職中病気のため他界した加藤俊弘 -『TBCニュースワイド』を担当した 草刈裕之1977年 - 2014年定年退職) - 異動後、ベガルタ仙台広報担当出向)、報道部解説委員テレビ制作部長事業局長等を歴任した小林徹夫1995年 ) - 現:九州朝日放送アナウンサー 石川太郎1982年 - 2020年定年退職) - 元アナウンス部部長定年退職後も『ラジオ気分フライデー』等の番組担当している。 佐藤修1983年 - 2020年定年退職) - スポーツ部長スポーツ番組制作就任後スポーツ実況及びスポーツキャスター活動継続していたが、2020年3月31日をもって定年退職仙台大学体育学部教授転身した鈴木俊光1971年 - 2010年定年退職) - 一時期異動したが、定年退職後嘱託アナウンサーへ復帰退職後も『めざましラジオ5時です、朝いちばん〜』、およびニュース担当2016年10月よりラジオ3制作東北地区コミュニティFM局にもネットしている番組川柳575便」を担当している。 高橋厚(1967年 - 2003年定年退職) - 元アナウンス部長。R『ジャンボリクエストAMO』『ウィークエンドワイド Now!Now!Now!』『週刊ラジオデスク』など。定年退職後山元町在住東日本大震災誕生した同町コミュニティFM臨時災害放送局)「りんごラジオ」のパーソナリティ担当深澤弘1958年 - 1964年) - ニッポン放送フリー歩み新潟県民エフエム放送FM PORT東京支社長、音響芸術専門学校講師等を歴任した2021年9月死去福井弘文1975年 - 2016年定年退職) - 『サンデーテレフォンリクエスト』『ラジオはAM翔んでけ電波』『ニューミュージックキラリ』『アルバムフラッシュ』、『Music☆Twinkle』などを担当していた。アナウンサーからラジオ局編成制作部局付部長担当2019年10月よりTBCラジオ青春フォーク漂流記あの時代語ろう』を担当船坂徐郭(定年退職三橋泰介2005年 - 2010年) - 岩手朝日テレビより移籍 山下正晴 吉岡徹也(定年退職) - 宮城球場ロッテ戦メイン実況アナとして活躍定年後岩手朝日テレビ夏の高校野球中継実況担当していた。また『おはよう広場川柳教室や、ラジオ3番組川柳575便』を担当していた。 西川通(定年退職) - 1971年4月より1年間TBS出向しJNNニュースデスク』を担当した解説委員委員長務めた森雅一郎1971年 - 2008年定年退職) - 退職後嘱託ニュース担当 安田立和(1967年入社)- R『今夜きまぐれ』『POPSグラフィティ』など。2008年6月まで常勤監査役同年秋より『Radio倶楽部パーソナリティとして10年ぶり現場復帰山本義幸2004年4月 - 2012年3月退職後TBSテレビひるおび!中継リポーター橋本俊一1974年 - 2011年定年退職) - R『スタジオ緑屋7』『モーニングワイドおはよう』『週刊地震情報』『TBCプロムナード』、TV『ニュースウエーブTBC』『クイズみやぎ東西南北』等の各種番組担当後、東京支社報道テレビ制作部・番審議会事務局担当退職後日本語教師として仙台ランゲージスクールの非常勤講師をしていたが、2013年3月 - 2015年7月まで中国大連科技学院教鞭とっていた。帰国後、仙台ランゲージスクールの非常勤講師復帰している。 若生哲旺1978年 - 2015年定年退職) - 退職後TV『ウォッチン・プラス等でナレーション担当。 火煙雅之1974年 - 2014年定年退職) - R『エンドーミュージックショーウインドウ』『ポップスNight&Day』など各種番組担当東京支社ラジオ部長事業局長歴任退職後も、嘱託として総務局付き特命担当)として勤務していた。 小笠原遥2014年10月 - 2018年12月) 『ウォッチン!みやぎ木・金 MC。(2018年3月まで) 菅生翔平2012年 - 2022年3月) - 退職を機に学習塾の講師転身したが、在職中から担当していた『TBCパワフルベースボール』の実況・リポーターを、フリーアナウンサー立場継続古野真也2016年 - 2022年3月黒田直樹2016年 - 2022年4月女性 猪井操子2008年 - 2011年) - テレビ大阪より移籍TBCでは有期契約社員で、契約満了につき退職。現在は東京フリーアナをしている。 生駒夕紀子2002年 - 2007年9月) - 2007年10月より2009年3月まで日テレNEWS24キャスター務めた大木香乃1994年 - 2000年) - 現:圭三プロダクション所属 岡崎トミ子1967年 - 1989年)- ラジオ福島アナウンサー務めた後に入社退職後衆議院議員2期参議院議員3期歴任2017年死去小野祐子1960年 - 1998年)- 定年退職後無明舎出版より『夏の声聴いた再見八月十五日』『私のかぐや姫』の書籍出版川尻友紀子2006年 - 2011年) - テレビ埼玉より移籍 菅家真奈紀 - 後にテレビ埼玉契約アナウンサー『ザ・ベストテン』の花の女子アナ大会出演開会宣誓担当した 菊地舞美2011年 - 2014年4月退職後日テレNEWS24キャスター郡和子旧姓高橋1979年 - 2005年8月) - 解説委員務めた退職後衆議院議員4期歴任2017年7月仙台市長選挙に出馬し、第18仙台市長当選澤知香1995年入社) - 現在は出身地関西活躍 田村恵子(旧姓鈴木) - 2015年4月より2019年3月までTBCラジオ『サンセット・ムーン』担当2016年4月より2020年3月まで『ロジャー大葉のラジオな気分金曜スタジオ担当大徳絵里2004年 - 2008年3月) - TBS蓮見孝之アナウンサー夫人で、退職後2009年1月まで圭三プロダクション所属。 高荒 - 定年退職を機にフリーアナとなり、2005年平成17年)秋からラジオレギュラー番組葵と団十郎のサンデーAMO』を担当した高橋加代子 - 退職後1975年10月から『テレポートTBS6』を初代キャスター担当同姓同名テレビ岩手出身フリーアナウンサー高橋佳代子ではない。 高橋千明 堀江順子1971年 - 2009年田添菜穂子1999年 - 2006年3月) - 同年4月より東京フリーアナ 根本美緒2001年 - 2004年) - 入社前に女性デュオsus4」のメンバーとして歌手活動行っていた。在職中気象予報士資格を取得。現在は三桂所属長谷川恵子 藤原優子(1997年入社) - 現在は宮城県高校の英語教員 宮坂珠理1997年 - 2001年) - 退職後ぷろだくしょんバオバブ所属声優経てCS局プロデューサー、現在はメディア・スタッフフリーアナウンサー 宮田敬子2000年 - 2008年) - 2009年4月に『COLORS水曜パーソナリティとして復帰。現在はTBCラジオSunday Soundscape担当柳瀬若菜2007年 - 2010年) - 青森朝日放送愛媛朝日テレビより移籍TBCでは有期契約社員で、契約満了につき退職2011年4月から2012年9月まで青森放送アナウンサーで、2013年11月より静岡放送テレビリポーター中野文恵1989年入社) - ラジオドキュメンタリー番組玉音放送 60年目の夏』が、平成17年度(第60回記念文化庁芸術祭ラジオ部門大賞受賞その後ラジオ局編成制作部異動したが、退職 横尾靖恵(1974年入社総務局総務部局付部長経理部局付部長務めた後、退職 薄井しお里2013年4月 - 2015年6月)- 現・リップ所属グラビアアイドルとして活動している。 袴田彩会2013年4月 - 2018年3月)姉はタレント葉加瀬マイ- スポーツ(レポーター)担当。『ウォッチン!みやぎ月・火水曜MC。『サンドのぼんやり〜ぬTV2代目アシスタント退職後TBSニュースバードキャスター。You Tuber2022年3月30日から、プロ野球ニュースフジテレビONE水曜MC担当荒井美由起2014年4月 - 2018年3月)- 『Nスタみやぎ月・火水曜 キャスター鈴木実森2015年4月 - 2018年3月)- スポーツ担当病気療養休職後退職。退職後圭三プロダクション所属斉藤百香2015年4月 - 2019年3月)- 『サタデーウォッチン!』MC2018年3月まで)、『ウォッチン!みやぎ』・『サタデーウォッチン!』リポーター専属2018年4月 - 2019年3月)。 粟津ちひろ2011年 - 2020年2月)- 『Nスタみやぎ月・火水曜 キャスター、『ロジャー大葉のラジオな気分』パーソナリティ・ラジオカー担当、『ランチボックス-L木曜担当林朝子2009年 - 2021年5月安東理紗2005年 - 2022年3月

※この「退社」の解説は、「東北放送」の解説の一部です。
「退社」を含む「東北放送」の記事については、「東北放送」の概要を参照ください。


退社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:17 UTC 版)

名古屋テレビ放送」の記事における「退社」の解説

杉浦滋男1962年4月 - 1964年) - 元北海道放送アナウンサー開局当時アナウンサー1人で、後に東京12チャンネル(現:テレビ東京)へ。 岡田将雄● 安井由美(主に番組案内夕方ニュースなど担当していたが、入社時期と退社時期は不明。) 小島一宏1987年 - 1996年)- フリーアナウンサー大同大学准教授 久野咲恵1989年 - 1999年富永秀一1990年 - 2001年鈴木盛久1993年 - 2001年宮原亜友子1996年4月 - 2001年9月山田泰三2000年4月 - 2007年9月) - 圭三プロダクション所属契約アナウンサー天野香寿美2001年10月 - 2002年9月岡山裕子2002年 - 2006年3月鷲野圭子2002年4月 - 2007年3月清水由美2003年 - 2007年9月高山香織2003年4月 - 2008年3月) - フリーアナウンサー経て東日本放送アナウンサーとなった後、再びフリーに桑原麻美2003年10月 - 2010年) - 元中放送アナウンサー村瀬寛美2004年4月 - 2009年6月) - 元山放送アナウンサー中西美恵子2004年 - 2005年)- 元テレビ信州アナウンサー佐藤倫子2006年10月 - 2012年3月小出涼子2007年 - 2010年3月) - 元NHK和歌山放送局契約アナウンサーボイスワークス所属齋藤寿幸1998年 - 2013年ボイスワークス所属深津麻弓(元富山テレビ放送)(2005年4月 - 2016年3月)- 退社後、再び富山テレビ放送へ。 田中麻耶2013年 - 2017年セント・フォース所属 大塚奈央子2014年 - 2018年)- セントラルジャパン所属福井テレビテレビ大阪契約アナウンサー 塩尻奈都子2008年4月 - 2018年11月キャスタークリエイト・ジャパン所属 徳重杏奈2011年4月 - 2020年3月金沢歩2011年4月 - 2020年9月

※この「退社」の解説は、「名古屋テレビ放送」の解説の一部です。
「退社」を含む「名古屋テレビ放送」の記事については、「名古屋テレビ放送」の概要を参照ください。


退社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 01:39 UTC 版)

テレビ神奈川」の記事における「退社」の解説

※印は現在フリーアナウンサーもしくは他社移籍して活動中

※この「退社」の解説は、「テレビ神奈川」の解説の一部です。
「退社」を含む「テレビ神奈川」の記事については、「テレビ神奈川」の概要を参照ください。


退社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:55 UTC 版)

福井放送」の記事における「退社」の解説

太字は現在FBC出演している人物

※この「退社」の解説は、「福井放送」の解説の一部です。
「退社」を含む「福井放送」の記事については、「福井放送」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「退社」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

退社

出典:『Wiktionary』 (2021/10/09 11:12 UTC 版)

名詞

退 (たいしゃ)

  1. 会社辞めること。会社への所属終えること。
  2. その日業務終えて会社建物敷地ら出ること。

類義語

対義語

複合語

翻訳

語義1

動詞

退する (たいしゃする)

  1. (他動詞) 会社辞める会社への所属終える
  2. (他動詞) その日業務終えて会社建物敷地ら出る

活用

類義語

対義語

翻訳

語義1

語義2


「退社」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

退社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



退社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの退社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのはむはむソフト (改訂履歴)、東北放送 (改訂履歴)、名古屋テレビ放送 (改訂履歴)、テレビ神奈川 (改訂履歴)、福井放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの退社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS