映画界とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 世界 > 映画界の意味・解説 

映画界


映画界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/08 23:49 UTC 版)

ヴァージニア・チェリル」の記事における「映画界」の解説

ヴァージニアチャップリン出会いには二通りの説がある。1928年夏、アドラーとの結婚破たんしたヴァージニアハリウッド遊び来ており、ハリウッド・アメリカン・リージョン・スタジアムで行われたボクシングの試合を見に来ていたチャップリン目をかけられチャップリンスクリーンテストを受けることになった、というもの。もう一つチャップリン自身の弁によるもので、サンタモニカビーチ水着姿撮影中のヴァージニアの姿が忘れられずスクリーンテストへの誘い電話をかけた、というものであるチャップリンヴァージニアエドナ・パーヴァイアンスのような雰囲気感じており、また、ヴァージニア以外の女優にも『街の灯』として結実する新作登場させる盲目のヒロインの役に必要な盲目の人間演技」のテスト行わせたが、ヴァージニアのみが「自然に盲目らしく見せる」ことに成功したこともあって、ヴァージニア新作ヒロイン選ばれたヴァージニア両親ジェームズブランシュヴァージニア映画界入りには賛成していなかった。 しかし、ここで一つ問題が起こるヴァージニアが特にチャップリン気に入っておらず、チャップリンもまたヴァージニアには好意持てなかったことで、チャップリン視点でいえば、個人的に好意寄せていない女優共演するのは初めてだった。『街の灯』撮影のうち、ヴァージニア演じ盲目の花売り娘放浪者出会うシーン最初に撮影されたのは1929年1月29日から2月14日の間で、チャップリンインフルエンザ食中毒で床に臥せっていた期間を挟んで4月1日から10日まで間に一度は撮影されたが、チャップリン撮り直し重ねて出来栄え満足せず当該シーン撮影はいった放置された半年後の1929年11月ごろから再び当該シーン撮影再開されるが、その半年間、ヴァージニア夜毎パーティー出かけたりして退屈をしのぐ日々だった。相変わらチャップリンヴァージニア興味持てず気分散漫になりがちであった。そして、一つ事件起こる。重要なシーン撮影間近に控えたとき、ヴァージニアは「美容室予約がある」という理由で早退求め、これを聞いたチャップリンは不満が爆発してヴァージニアとの契約停止してしまった。代わりに黄金狂時代』でヒロイン務めたジョージア・ヘイル盲目の花売り娘役を演じることとなり、テストフィルムまで撮られ好評得たものの、側近忠告気持ちぐらついて気が変わり、別の女優をテストしてみたものの気入らなかったこともあって、チャップリン10日後にヴァージニア復帰させることを決断した。ところが、ヴァージニア週給停止前の75ドルから倍の150ドルにしてくれたら戻る、最初に契約した時は未成年だったから契約無効だ、とチャップリン訴え出る週給の件は、ハースト愛人マリオン・デイヴィス入れ知恵であった完全に鼻をへし折られた形のチャップリンではあったが、好意という形ではないにせよヴァージニア仕事をすることにようやく気が向いたのか再契約応じ出会いシーン花売り娘家でシーンおよびラストシーン撮影順調に進むこととなった『街の灯』全体の製作も憑き物落ちたかのように順調となり、チャップリン自身これまでの不安を一気吹き飛ばしたかのようであったかくして『街の灯』撮影1930年10月30日終わった『街の灯』撮影終了後ヴァージニアフォックス・フィルム契約し初期のトーキー映画興奮求め女子英語版)』(1931年)では若き日ジョン・ウェイン共演ジョン・フォード監督の『ザ・ブラット(英語版)』(1931年)にも出演しジョージ・ガーシュウィン音楽担当したミュージカル映画デリシャス英語版)』(1931年)でジャネット・ゲイナー共演したが、ジェームズ・メイソン初期出演作2作のうちの一つである『荒れた海英語版)』(1936年)への出演が、女優としてのキャリア最後となったヴァージニアは「偉大な女優になる気はなかった」と回想している。

※この「映画界」の解説は、「ヴァージニア・チェリル」の解説の一部です。
「映画界」を含む「ヴァージニア・チェリル」の記事については、「ヴァージニア・チェリル」の概要を参照ください。


映画界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 00:53 UTC 版)

蔡瀾」の記事における「映画界」の解説

1963年当時イギリスの植民地であった香港定住しショウ・ブラザーズの製作マネジャーとなった鄒文懐ゴールデン・ハーベスト創立すると、映画製作副社長招かれた。ゴールデン・ハーベスト時代一連のジャッキー・チェン作品映画プロデューサー務め香港映画界の発展大きく寄与した1990年代日本の成人映画にあたる「三級片」と呼ばれる性描写のある映画商業的に成功普及させた功労者でもある

※この「映画界」の解説は、「蔡瀾」の解説の一部です。
「映画界」を含む「蔡瀾」の記事については、「蔡瀾」の概要を参照ください。


映画界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 17:17 UTC 版)

ジョージア・ヘイル」の記事における「映画界」の解説

ジョージアエキストラとして出演した作品中にロイ・ウィリアム・ニール手掛けたものがあり、その作品脚本担当助監督スタンバーグであった。やがてスタンバーグ製作費わずか3,500ドルで『救ひを求むる人々』を製作して監督デビューを飾ることとなるが、かつて一緒に仕事をしたジョージア印象深かったため、『救ひを求むる人々』のヒロインとしてジョージア呼び寄せた。『救ひを求むる人々』はやがて、詳しいきさつ不明ながらチャップリン鑑賞することとなったチャップリンが『救ひを求むる人々』を見て2日後チャップリンジョージア初め対面する当時チャップリンは『黄金狂時代』の製作中であったが、当初ヒロインとして据えられ、またこの時点ではチャップリン二番目の妻でもあったリタ・グレイ妊娠したためヒロインの座から退くこと余儀なくされるチャップリンリタに代わるヒロイン候補テスト繰り返した末、1924年12月22日ジョージアヒロインとして選んだことが発表されたテストの際、ジョージアは単に突っ立っており、笑う演技をしたほかの候補者とは対照的であったが、これがかえってチャップリン気にいるところとなった。『黄金狂時代』は1925年7月3日すべての作業終了ののち封切られ、600ドル以上の収益上げ成功作となる。 『黄金狂時代』を完成させたチャップリン続いて、のちに『サーカス』となる次作の製作に取掛かるが、そのさなかの1925年12月31日ジョージアとの契約更新されることなく終わった以降ジョージアチャップリンの関係は一つ例外別にすれば個人的な友人一人に変化するチャップリンとの契約終えたジョージアは、ハーバート・ブレノン1926年製作の映画或る男の一生』やパウル・フェヨス英語版)の1928年製作の映画ラスト・モーメント』などに出演するが、声としゃべり方トーキー時代マッチしない考えられ、この1928年ごろにいったん映画界から離れる。「一つ例外」は1931年映画『街の灯』であった『街の灯』ヒロインであるヴァージニア・チェリルチャップリンとの息はうまく合っているとは言えず、重要なシーン撮影間近に控えたとき、盲目の花売り娘の役をヴァージニアは「美容室予約がある」という理由で早退求め、これを聞いたチャップリンは不満が爆発してヴァージニアとの契約停止してしまった。そして、ヴァージニアとの契約停止したのと同じ日に、映画界から離れていたジョージア新し花売り娘役として迎え入れることとなったジョージア契約した時点ではヴァージニア出演シーン2つしか撮られておらず、しかも出来栄え不満なものであった。さっそくジョージアヒロインとして撮影再開されチャップリンやその周囲のほとんどがジョージア新しく花売り娘役を演じることに賛成したものの、側近一人であるカーライル・ロビンソンが裁判沙汰になると警告したこともありチャップリン10日後にヴァージニア復帰させることを決断したジョージア演じた花売り娘テストフィルム現存しており、チャップリン研究家大野裕之によればテストフィルムでのジョージアは「ちゃきちゃき娘」感があって「情熱的」な演技をし、完成版でのヴァージニアとは大きく異なっていると述べている。ジョージア花売り娘役を演じることをひどく熱望していたものの話はなかったこととなり、リンチンチンシリーズの一つである "The Lightning Warrior" に出演したのを最後に映画界から完全に退いた

※この「映画界」の解説は、「ジョージア・ヘイル」の解説の一部です。
「映画界」を含む「ジョージア・ヘイル」の記事については、「ジョージア・ヘイル」の概要を参照ください。


映画界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 01:07 UTC 版)

英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物」の記事における「映画界」の解説

ジュディス・ランスター トップ女優一人詳細は#ジュディス・ランスターを参照。 ニナ・フェンリィ 登場作:『黎』 声:上田麗奈 若手女優。 サルバトーレ・ゴッチ 登場作:『黎』 声:小山剛志 ベガスフィルムに所属する映画監督。 ギャスパー・ディロン 登場作:『黎』 声:北島善紀 ベガスフィルムの社長サァラ 登場作:『黎』 声:瀬戸麻沙美 サルバッドで活動する踊り子姉妹の姉。 シャヒーナ 登場作:『黎』 声:山本希望 サルバッドで活動する踊り子姉妹の妹。

※この「映画界」の解説は、「英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物」の解説の一部です。
「映画界」を含む「英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物」の記事については、「英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物」の概要を参照ください。


映画界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 07:54 UTC 版)

プロップ」の記事における「映画界」の解説

日本の映像業界においては装飾」と呼ばれる部署内に「小道具」(こどうぐ)と呼ばれる担当者がおり、俳優撮影時使用する物品管理担当する撮影現場では装飾現場担当者小道具演者装身具全般担当する道具(もちどうぐ)と呼ばれる担当者が「装飾部」として現場担当する室内外の装飾品家具照明器具机上品、果てはゴミ一つまで撮影対象となる「写るもの」が装飾部担当である。劇中に登場する書類本・工具や文具武器などの中で特に俳優芝居の中で手に取ったり使用したりするものが「小道具」と呼ばれ区別されるその作品のためだけに購入した作成したりするのが小道具担当者役割であり、現場で管理も行う。これと似て非なるものが「持道具」で、これは俳優身に着ける帽子眼鏡マスク・鞄・靴などが中心である。小道具と持道具は同じ担当者兼任することが多い。 対照的に建物室内外観などの担当部署は「大道具」(おおどうぐ)であり、建築物範囲あるもの装飾部が扱うには大きすぎる判断されるもの(巨大な看板など)も大道具が扱うことがあるが、これらは「装置」「セット」と呼ばれプロップとは言わない。さらに厳密に言えば庭木は「造園」、電気配線などは「電飾」、塗装は「塗装部」である。 過去に模型雑誌において「プロップとは映画特殊撮影用い縮尺模型のことを指す」と長期にわたって誤って記述され[要説明]、誤用招いてもいるが、それらは正しくはプロップではなくミニチュアと呼ぶのが正しい。書籍東宝日本特撮映画図鑑』では、プロップ一般用法を「小道具」とし、同書内では「特撮に使うすべての演出用品」として用いている。 なお、これらのプロップ手がけるスタッフもしくは工房プロップメイカー (prop maker) と呼ばれ、その技術デザイン能力高く評価されたデザイナープロップアーティスト (prop artist) として区別されるまた、同一物品プロップ複数製作され場合その中でギミック多く仕込まれたものや、クローズアップ撮影耐えるように精巧に作られたものを指してヒーロープロップ (hero prop) と呼ぶ

※この「映画界」の解説は、「プロップ」の解説の一部です。
「映画界」を含む「プロップ」の記事については、「プロップ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「映画界」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「映画界」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



映画界と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

映画界のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



映画界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァージニア・チェリル (改訂履歴)、蔡瀾 (改訂履歴)、ジョージア・ヘイル (改訂履歴)、英雄伝説 軌跡シリーズの登場人物 (改訂履歴)、プロップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS