視点とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 立場 > 視点の意味・解説 

し‐てん【視点】


トゥリーナ:視点

英語表記/番号出版情報
トゥリーナ:視点Contemplación Op.99作曲年1944年 

視点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 04:56 UTC 版)

視点(してん)は、通常異なった2つの意味で用いられる言葉。1つはどこから見ているかという、対象を見るときの立脚点のことであり、もう1つはどこ見ているかという、注視点のことである[1]。本記事では原則として前者の意味で用いる。


注釈

  1. ^ Gibson(1966) "The senses considered as perceptual systems."、錯視射影幾何学も参照のこと。
  2. ^ 英語で"Who speaks?"と"Who sees?"、あるいは"saying"と"showing"の対立として表現される。
  3. ^ 語り手の視点と登場人物の視点を明確に呼び分けるものとして、チャトマン(1990)での語り手の「視座(slant)」と登場人物の「フィルター」、山岡(2001)での語り手の「観点」と登場人物の「視点」などがある。

出典

  1. ^ 宮崎・上野(1985)、3頁。
  2. ^ 宮崎・上野(1985)、53-54頁。
  3. ^ Gibson(1979)『生態学的視覚論』
  4. ^ 宮崎・上野(1985)、80-81頁
  5. ^ 宮崎・上野(1985)、53-54頁
  6. ^ 但し、佐伯はこの「小びと」のことを「視座」ではなく「注視点」と扱っている。
  7. ^ 宮崎・上野(1985)133頁。
  8. ^ 澤田(1993)所引282頁。
  9. ^ 澤田(1993)。
  10. ^ 澤田(1993)所引289頁。強調は引用者による。
  11. ^ 澤田(1993)、289-90頁。強調は引用者による。
  12. ^ 澤田(1993)、308-9頁。
  13. ^ 久野(1978)、105-7頁。
  14. ^ 久野(1978)、109-10頁。
  15. ^ 宮崎・上野(1985)、115-7頁。
  16. ^ 宮崎・上野(1985)、130頁。
  17. ^ 宮崎・上野(1985)、144-5頁。
  18. ^ ジュネット(1972)、邦訳217頁。
  19. ^ ジュネット(1983)、訳書129頁。
  20. ^ シュタンツェル(1979)、邦訳8頁。


「視点」の続きの解説一覧

視点(目を引く)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/06 04:13 UTC 版)

構図」の記事における「視点(目を引く)」の解説

たとえ対象完全に架空のものであり「心の中で」見られていても、見る人位置画像美観強く影響する。それは絵の中の要素影響を与えるだけでなく、それは視聴者主題解釈にも影響を与える例えば、男の子上から、おそらく大人目の高さから撮影され場合彼は身長低下します子供レベル撮った写真は彼を平等として扱い下から撮った写真優位性印象を与える可能性ありますしたがって、写真家視聴者位置選択している。 被写体いっぱいになると、より劇的に表現される物事実際よりも大きいものとして認識する傾向があり、埋めることはこの心理学的メカニズム満たしている。これは背景からの気を散らすものを排除するために使うことができる。 写真撮影では、カメラ位置を変えることで画像変わることがあり、その結果被写体競合する気をそらすことが少なくなる。これは、近づく横方向動かす、傾ける、パンする、またはカメラ垂直方向動かすことによって達成される

※この「視点(目を引く)」の解説は、「構図」の解説の一部です。
「視点(目を引く)」を含む「構図」の記事については、「構図」の概要を参照ください。


視点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 12:40 UTC 版)

アクションゲーム」の記事における「視点」の解説

一人称視点 プレイヤーキャラの視界によって世界表現される臨場感は高いが、キャラの全身直接見ることできない接近時の位置関係がわかり辛くある程度距離を置いて操作に向くことからファーストパーソン・シューティングゲームFPS)などシューティングによく見られる三人称視点 プレイヤーキャラの視界ではなく外部の視点によって世界表現されるキャラ動かすと視界移動し、常にその周囲が表示される。視点の場所は、キャラの背面固定され自動で動くタイププレイヤー任意に操作できるタイプがある。

※この「視点」の解説は、「アクションゲーム」の解説の一部です。
「視点」を含む「アクションゲーム」の記事については、「アクションゲーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「視点」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

視点

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 11:27 UTC 版)

名詞

してん

  1. 視線注がれるところ。
  2. ある物事見たり考えたりする立場観点
  3. 絵画遠近法透視図法)において、投射線(視線)が画像垂直交差する(仮定の)1点対象物を見る位置

「視点」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



視点と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

視点のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



視点のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの視点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの構図 (改訂履歴)、アクションゲーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの視点 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS