ビューとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ビュー > ビューの意味・解説 

ビュー【view】

読み方:びゅー

景色眺め

見解考え方


ビュー

名前 BeauByu

ビュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 23:59 UTC 版)

ビューは、視点、眺望のこと。




「ビュー」の続きの解説一覧

ビュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/25 13:16 UTC 版)

Cubadebate」の記事における「ビュー」の解説

ジャーナリストキューバ政策国際情勢への見解

※この「ビュー」の解説は、「Cubadebate」の解説の一部です。
「ビュー」を含む「Cubadebate」の記事については、「Cubadebate」の概要を参照ください。


ビュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 03:17 UTC 版)

ビュー・モデル」の記事における「ビュー」の解説

システム一つのビューは、一つビューポイント視点)の観点からシステム一つ表現である。システムのこの視点は、その視点関心事関係する要素のみを持つ単純化されモデル提供し詳細抑制する、そのシステムに関する特定関心焦点当てた一つ観点を伴う。例えば、セキュリティ視点セキュリティ関心焦点当てセキュリティ視点モデルは、システムのより一般的モデルからセキュリティ関係するそれらの要素を含む。 一つのビューは、ユーザー特定関心領域部分調べることを許す。例えば、組織ビューが特定組織該当する全ての機能技術、及び情報表現する一方で一つ情報ビューは、特定情報断片利用する全ての機能組織秘術などを表現するかもしれないZachmanフレームワークにおけるビューは、その開発が、事業体の『何を』、『如何に』『誰が』、『何処で』、『何時』、あるいは『なぜ』のいずれかに焦点を当てることから特定の分析技術的専門性要求する作業プロダクトグループ構成する例えば、機能的ビューの作業プロダクトは、『どのようにミッション遂行されるか?』の質問に答える。それらはプロセスとアクティビティ・モデリングで使った機能分割英語版)におけるエキスパートによって最も容易に開発される。それらは、機能ビューポイントから事業体を示す。それらはまた組織的あるいは情報的構成要素も示すかもしれないが、それらは機能との関係としての示される

※この「ビュー」の解説は、「ビュー・モデル」の解説の一部です。
「ビュー」を含む「ビュー・モデル」の記事については、「ビュー・モデル」の概要を参照ください。


ビュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 13:42 UTC 版)

ソフトウェアアーキテクチャ」の記事における「ビュー」の解説

ソフトウェアアーキテクチャは、一般に複数のビュー(Views)で構成される。これは、建築複数さまざまな設計図使用されるに似ている。ANSI/IEEE 1471-2000によれば、ビューはビューポイント(viewpoints、観点)のインスタンスであり、ビューポイントとはそのシステム関係者それぞれの立場必要とするアーキテクチャ記述したものである。 以下のようなビュー(1471 ではビューポイント)がある。 機能/ロジックビュー コードビュー 開発/構造ビュー 並列性/プロセス/スレッドビュー 物理/配置ビュー ユーザー行動/フィードバックビュー ソフトウェアアーキテクチャ記述するための言語は、いくつか考案されているが、どれも広く受け入れられてはいない。

※この「ビュー」の解説は、「ソフトウェアアーキテクチャ」の解説の一部です。
「ビュー」を含む「ソフトウェアアーキテクチャ」の記事については、「ソフトウェアアーキテクチャ」の概要を参照ください。


ビュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 03:49 UTC 版)

Grails」の記事における「ビュー」の解説

GrailsGSP (Groovy Server Pages) と JSPサポートしている。基本的にGSP使用する。以下のコード例GSP書かれたビューであり、上記のコントローラ用意したモデル内の本のリスト表示するOur <a href="//www.weblio.jp/content/books" title="booksの意味" class=crosslink>books</a>

  • ${it.title} (${it.author.name})
デフォルトファイル名命名規則は grails-app/views/コントローラ名/アクション名.gsp であり、このビューはGrailsプロジェクトの grails-app/views/book/list.gsp として保存するこの位置に保存することで BookController と list アクションマッピングされる。また、この位置に置くだけで Grails がこれをビューとして認識するGSP では ${} の部分変数メソッド利用できる標準設定エスケープされずにそのまま出力されるが、grails-app/conf/Config.groovy の grails.views.default.codec を html にすると、HTMLエスケープし出力される

※この「ビュー」の解説は、「Grails」の解説の一部です。
「ビュー」を含む「Grails」の記事については、「Grails」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビュー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ビュー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ビューと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビュー」の関連用語

ビューのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビューのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリビューの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビュー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのCubadebate (改訂履歴)、ビュー・モデル (改訂履歴)、ソフトウェアアーキテクチャ (改訂履歴)、Grails (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS