matterとは? わかりやすく解説

マター

英語:matter

マターとは、マターの意味

マター(matter)は、元々は「問題」や「事柄」を意味する英単語であり、日本語では「~が担当する案件」「~の責任のもとに扱われるべき問題という意味用いられることの多い語。たいてい、人名部署名役職名などの後に接尾辞のように)付けて、「関連する問題」や「決定権がある」という意味用いられる具体的には「人事マター」「本社マター」「政治マター」「国事マターのような表現使われる

マターの使い方

人事マター」は「人事に関する案件」「人事部担当するべき問題」「人事部門以外の者が余計な口を挟むきでない事柄」といった意味合い表現といえる

本社マター」は「本社で扱う事柄」「本社委ねるべき案件」「支社・支店独断で扱うべきではない問題」といった意味合い用いられる

政治マター」は「政治に関する事柄」「政治的な考量必要な案件」「経済的な観点ではなく政治的な観点から判断しなくてはならない問題」といった意味と解釈できる

総務省マター」といえば総務省管轄する案件ということである。「他の省庁管轄ではない」あるいは「他の省庁管轄するべきではないという意味合いを含む。

「ブラック・ライブズ・マター(Black Lives Matter)」の「マター」も同じ語であるが、BLMアメリカ発の社会運動スローガンであり、したがって英語本来の意味(「大切である」という動詞の意味)である。日本語的な「マター」の意味用法とは必ずしも一致しない

マターの類語と使い分け方

「~マター」の類語類義語としては、「担当」「関連」あるいは「案件のような表現当てはまりやすい。たとえば「人事マター」なら「人事担当案件と言い換え可能な場合が多い。

政治マター」などは「政治案件」と表現されることも多い。

マターの語源

マターの語源・由来は英語の「matter」である。つまり「マター」は英語由来カタカナ語である。英語の matter は名詞、および動詞用法がある。名詞としては「問題事柄物事物質」などの意味がある。動詞としては「重要なことである」「問題となっている」という意味合いがある。

マター【matter】

読み方:またー

原義問題事柄の意》俗に人名役職など後について、それらが管理すべき問題であることを表す。「総理—」「人事—」


しつ‐りょう〔‐レウ〕【質料】

読み方:しつりょう

《(ギリシャ)hylē/(ラテン)materia/(英)matter》素材の意。アリストテレス以来形相相関的用いられる例えば、家の機能構造上形式形相で、その素材となる木材は質料。ヒュレー。⇔形相


星間物質 interstellar medium (matter)

銀河内の星と星の間の空間にある物質のこと。matterは、星間物質に宇宙線含んだものをいう。星間物質の主体水素ガスその中を漂う宇宙塵である。

Matter

名前 マッター

マター

(matter から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 00:20 UTC 版)

マター: matter




「マター」の続きの解説一覧

Matter

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 16:42 UTC 版)

Matter (規格)」の記事における「Matter」の解説

2021年05月11日Zigbee Allianceは、団体名Connectivity Standards AllianceCSA)への改称発表した。 そして以前から行なっていたワーキンググループCHIPでの成果として、新たなスマートホームのための通信規格「Matter」をプロプライエタリソフトウェアロイヤリティフリーホームオートメーション工業規格とし発表した6月7日AppleはWWDC2021にてHomeKitよりMatter製品操作可能にすると発表した8月13日今年後半としていた、Matterに準拠した製品としての認定及び登場が、ソフトウェア開発キットSDK)や認証仕上がっていないことを理由に、2022年まで遅れる見通しであることが発表された同時に5月段階180グローバル企業1700個人参加していたが、8月までに200を超える企業2000人の個人参加していると発表した9月19日GoogleAndroidNestデバイスでMatterをサポートすることを発表した2022年1月5日米国時間)、CES 2022にてGoogleAndroidでのMatterのサポート組み込まれることによって、Fast Pair使って新しいMatter対応のスマートホームデバイスをネットワークGoogle Home、その他の付属アプリ数回タップすばやく接続することができるようになる予定だと発表した同時にAmazonは、インターネット接続ダウンしてもそれらをコントロールできるように、そのデバイスをMatterデバイスの第二管理者として追加するなど、セットアップ体験Alexa機能両方について多くの企業協働していると発表した

※この「Matter」の解説は、「Matter (規格)」の解説の一部です。
「Matter」を含む「Matter (規格)」の記事については、「Matter (規格)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「matter」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「matter」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

matterのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



matterのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMatter (規格) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS