~にとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > ~にの意味・解説 

五十音図ナ行第2音。歯茎鼻音有声子音[n]と母音[i]とから成る音節。[ni

平仮名「に」は「仁」の草体から。片仮名「ニ」は「二」の全画。


助動

断定の助動詞「なり」の連用形》⇒なり助動

完了助動詞「ぬ」の連用形》⇒ぬ助動


【一】[格助]名詞名詞準じる語、動詞連用形連体形などに付く

動作作用行われる時・場所を表す。「三時間に合わせる」「紙上発表する

熟田津(にきたつ)—舟(ふな)乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」〈万・八

二十一日、卯(う)の時ばかり—船出(い)だす」〈土佐

人・事物の存在出現する所を表す。「庭—池がある」「右—見えるのが国会議事堂です」

動作作用帰着点・方向を表す。「家—着く」「東—向かう」

のごとく集まりて、東西急ぎ南北—走(わし)る」〈徒然七四

動作作用変化結果を表す。「危篤陥る」「水泡帰する

青葉なり行くまで、よろづにただ心をのみぞ悩ます」〈徒然一九

動作作用目的を表す。「見舞い—行く」「迎え—行く」

白馬(あをうま)見—とて里人は車清げしたてて見—行く」〈・三〉

動作作用行われる対象相手を表す。「人—よくかみつく」「友人伝える」

「人—若菜給ひける御歌」〈古今・春上・詞書

動作作用原因・理由きっかけとなるものを示す。…のために。…によって。「あまりのうれしさ泣き出す」「退職金をもとで—商売を始める

春の野若菜摘まむと来(こ)しものを散りかふ花—道はまどひぬ」〈古今・春下〉

動作作用行われ方、その状態のあり方を表す。「直角—交わる」「会わず帰る

桐の木の花、紫—咲きたるはなほをかしきに」〈三七

資格を表す。…として。「委員—君を推す

はじめより我はと思ひあがり給へ御方々、(桐壺更衣ヲ)めざましきもの—おとしめそねみ給ふ」〈源・桐壺

10 受け身使役相手対象を表す。「かまれた」「巣箱子供たち作らせる

ありがたきもの、舅(しうと)—ほめらるる婿」〈七五

11 比較割合基準や、比較対象を表す。「君—似ている」「一日三回服用する

「御袴着(はかまぎ)のこと、一の宮奉りし—劣らず」〈源・桐壺

12 (場所を示す用法から転じて多く「には」の形で敬意の対象を表す。「博士—は古稀(こき)の祝い迎えられた」「先生—はいかがお過ごしですか

「うへ—も聞こしめして渡りおはしましたり」〈・九〉

13動詞・形容詞重ねて強意を表す。「騒ぎ—騒ぐ」

「風いたう吹き海の面(おもて)ただあし—あしうなるに」〈三〇六〉

14 「思う」「聞く」「見る」「知る」などの動詞に付いて状態・内容を表す。

「この継母有様あたらしきもの—思ひて」〈源・帚木

15 比喩(ひゆ)の意を表す。

逢坂をうち出で見れば近江の海白木綿花(しらゆふはな)—波立ち渡る」〈万・三二三八〉

【二】[接助]活用語連体形に付く

あとの叙述前置きとして続ける意を表す。…と。…ところ。「考えてみる庶民のための政治は当分望めそうにない」「こともあろう—警官けんかを売るとは」

「あやしがりて寄りて見る—、筒の中光りたり」〈竹取〉

理由・原因を表す。…ので。…だから。

渡し守、はや舟に乗れ、日も暮れぬと言ふ—、乗りて渡らむとするに」〈伊勢・九〉

逆接確定条件を表す。…けれども。…のに。…だが。

日中照り乾いてきょうは道が好かった—、小庭はまだ濡れている」〈鴎外

「よろしうよみたりと思ふ歌を人のもとにやりたる—、返しせぬ」〈・二五〉

添加並列を表す。…のに加えて。…の上にさらに。

旅の空思ひやるだにいとあはれなる—、人の心もいと頼もしげには見えずなむありける」〈かげろふ・上〉

[補説] 接続助詞「に」は、用言連体形に付く格助詞「に」から転じたもので、1口語では多く要するに」「こともあろうに」などの慣用的表現として用いられる

【三】終助

上代語活用語未然形に付く他に対してあつらえ望む意を表す。…てほしい。

ひさかたの天路(あまぢ)は遠しなほなほに家に帰りて業(なり)をしまさ—」〈万・八〇一〉

近世語活用語終止形に付く軽く注意促したりとがめたりする意を表す。…のにな。…のだぜ。

「飯をたいたら、かゆになってしまうわな。米をたくといへばいい—」〈滑・膝栗毛・初〉

【四】[並助]並列列挙添加取り合わせを表す。「バターチーズ牛乳」「月—むら雲、花—嵐」

有識(いうそく)—公事(くじ)のかた、人の鏡ならんこそいみじかるべけれ」〈徒然・一〉


に【ニ】

読み方:に

洋楽音名の一で、日本音名第2音。


に【丹】

読み方:に

《「土(に)」と同語原》

赤い色。丹色。「—塗り鳥居

赤い色の顔料用い赤土

丹生(にふ)の郷(さと)。昔時(むかし)の人、此の山の沙(すなご)を取りて—に該(あ)てき」〈豊後国風土記


に【二】

読み方:に

[音](呉) ジ(漢) [訓]ふた ふた

学習漢字1年

[一]〈ニ〉

数の名。ふたつ。「二回二箇月/無二

二番目次の。「二階二月二世二等

二回。ふたたび。「二食二伸二毛作

二つに分かれる違っている。「二言二心

[二]〈ジ〉ふたつ。「不二二心

[三]〈ふた〉「二重二言

名のり]かず・すすむ・つぎ・つぐ・ふ

難読二合半(こなから)・十重二十重(とえはたえ)・二十(はたち)・二十歳(はたち)・二十日(はつか)・二十(ふたそじ)・二幅(ふたの)・二布(ふたの)・二人(ふたり)・二日(ふつか)


に【二/弐】

読み方:に

数の名。1の次、3の前の数。ふた。ふたつ。「1プラス1は—」

2番目。第2。つぎ。あと。「—の句」

三味線で、二の糸

(弐)大宰府次官大弐少弐がある。

[補説] 「弐」は金銭証書などで、間違いを防ぐために「二」の代わりに用いことがある


に【似】

読み方:に

語素体言下に付いてそのものに似ているさまを表す。「母親—」「他人の空—」


に【土】

読み方:に

土。特に赤土

井(いちひゐ)の丸邇坂(わにさ)の—を端(はつ)—は膚赤らけみ」〈記・中・歌謡〉


に【尼】

読み方:に

常用漢字] [音](呉) ジ(ヂ)(漢) [訓]あま

[一]〈ニ〉

あま。「尼僧禅尼僧尼老尼

外国語音訳字。「尼港摩尼牟尼(むに)」

[補説] 1梵語音訳字で「比丘尼(びくに)」の略。

[二]〈ジ〉孔子のこと。「尼父(じほ)」


に【尼】

読み方:に

【一】[名]《「比丘尼」の略》出家して戒を受けた女性。あま。

【二】接尾出家した女性の名下に添えて用いる。「蓮月—」


に【弐〔貳〕】

読み方:に

常用漢字] [音](呉) ジ(漢) [訓]すけ

「二」の大字。「弐万円

二つ離れる。「弐心(にしん・じしん)」

「弐」に似た言葉

に【煮】

読み方:に

煮ること。煮えること。また、そのもの。にえ。「—が足りない」「クリーム—」


に【×瓊】

読み方:に

玉。特に、赤く美しい玉。

五百箇(いほつ)の御統(みすまる)の—の綸(を)を」〈神代紀・上〉


に【荷】

読み方:に

運搬するようにまとめた品物荷物。「—を運ぶ」

責任また、負担。「約束果たして—が軽くなる」「病人世話が—になる」

[下接語] 明け荷揚げ荷脚荷荒荷在り荷入り荷浮き荷打ち荷・上(うわ)荷・重荷・片荷軽荷倉荷先荷・下(した)荷・底荷・着(ちゃく)荷・積み荷・投げ荷抜き荷抜け荷・濡(ぬ)れ荷・初荷・撥(は)ね荷・散(ばら)荷・船荷・持ち


~に

方言共通語・該当漢字語意解説または【使用例
~に ~しようね 行こ…】<しょんね>とも

(に)、ん

大阪弁 訳語 解説
(に)、ん 動作目的相手や、存在の場所などを示す鼻音「な」などの前で、「ん」に変化するお世話なります朝から晩まで大阪弁勉強ばっかしでいやんなるわ、地下鉄乗って行きまっさ、当番あしたか安井さんとこなるわ、この子になんの責任あんのん大阪弁教える、など。省略する場合が多い。


大阪弁 訳語 解説
-- 人の注意をうながす意を添える。語尾につくことが多い。あとで行くよってに今見さかいに、せんど言うとてからにそんなことあるまいに、よろしゅうに、よしなに、など。


(形・用)に

く (形容詞連用形動詞修飾
例①「はよ行く」=「はや行く」
例②「やす買う」=「安買う」
例③「こまこ切る」=「細か切る」
修飾する立場形容詞強調したい場合
でぇらい」「がいに」等の副詞を使う以外に
その形容詞自体発音変化与え事も
例①「はよ」→「は」:長音
例②「やす」→「や」:促音化
例③「こまこ」→「こま」:長音

・・に

品詞逆接的前提の接続助詞
標準語》・・のに、・・なのに。(期待反した結果悔や表現終助詞的な用法が多い)。軽い意味の「・・なのよ」の用法あるようだ
用例》「せっかくここ勉強しとったに、試験に出なんだ」(せっかくここを勉強していたのに、試験に出なかった)。
用例》「おちゃあ知らなんだに」(私、知らなかったわあ、残念)
用例》「寄ってしなったら、よかったに」(寄ってくださったらよかったのに、水くさいわねえ)
用例》「花ちゃんが、こがに はや 嫁さんいきなるって、思っとらなんだに」(花ちゃんが、こんなに早く結婚されるとは、思ってもいなかったのに)。
参照鳥取弁における助詞の用例

~に

 [意]~のに[例]俺い我慢しちょるに、なし、わがい我慢しきらんのか(私が我慢しているのに、どうしてお前が我慢できないのか)

読み方:に

  1. (一)巡業一座(二)荷物の略称。

分類 芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/31 14:29 UTC 版)

五十音と撥音




「に」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 15:03 UTC 版)

発音

  • /ni/

名詞

  1. 運搬して移動させる目的なるもの荷物にもつ
  2. 精神的な負担負担となるもの。

成句

助詞

格助詞

  1. 場所。(現代語では、存在表現する動詞とともに用い、単に動作が行われる場所を表現する「で」と使い分ける
  2. 帰着点・方向。(多くの場合「へ」と言い換えられる。「へ」との違いはこちらを参照。「まで」は事柄などの範囲意味する点で違いがある。なお「までに」には言い換えられない)
  3. 行為を行う対象相手
  4. 動作状況感情原因理由機縁
  5. 受動使役対象
  6. 行為行われ方。
  7. 同等類似遠近比較優劣勝敗
  8. 結果目標
  9. 知覚判断結果
  10. AをB」の形で、(Aを)Bにしての略。そのような物として扱って
  11. 「に」を用いた連語慣用句:恩に着る気に病むばかにする
  12. 追加添加
  13. 並立列挙
  14. 動詞連用形または動作性名詞+に」の形で目的
  15. 動詞連用形+に+同じ動詞」の形でくりかえし継続強意
翻訳
派生語
  • には

接続助詞

  1. 思考感覚主張理由などの内容を導く表現
  2. 軽い不満や詠嘆含んだ逆接

終助詞

  1. 現実異なることを仮定した場合の、軽い不満を含んだ詠嘆

接尾辞

  1. 似ていること

接尾辞

  1. 煮ること。煮たもの。

接尾辞

  1. 形容動詞連用形活用語尾
  2. 助動詞「ぬ」の連用形「ず」につく虚辞
  3. 方言形容詞連用形ウ音便化したものにつく虚辞

万葉仮名

、迩、邇、、而、、珥、瓊

名詞:古語

  1. 鉱物性染料赤土あかつち、あかに
    • あをに

  1. つちに同じ。
    • 赤に/やほに/そほに

【瓊】

  1. たま。色の赤いたま。

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「~に」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



~にと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「~に」に関係したコラム

  • FXのチャートのもみ合いとは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャートがレンジで推移していることを「もみ合い」といいます。もみ合いは長い期間続くこともありますが、いつかはもみ合いが解消されて下降するか、上昇するかのいずれかの方向へ値動...

  • FXやCFDのシャンデモメンタムとは

    FXやCFDのシャンデモメンタムとは、相場の売られ過ぎや買われ過ぎを判断するためのテクニカル指標のことです。シャンデモメンタムは、0を中心に-100から100までの値で推移します。シャンデモメンタムで...

  • FXのアノマリー一覧

    FXのアノマリー(anomaly)とは、FX(外国為替証拠金取引)において、ファンダメンタルズやテクニカルでは理論的な裏付けのできない事象のことです。以下は、FXにおいてアノマリーといわれる事象の一覧...

  • FXのIFDでの注文方法

    FX(外国為替証拠金取引)のIFDとは、注文時において、決済価格も同時に指定する注文方法のことです。IFDは、IF DONE、イフダンともいいます。FXにおける注文には成行、指値、逆指値の3つの方法が...

  • 株式やFX、CFDの高値圏、安値圏でのチャートパターン

    株式やFX、CFDの高値圏、安値圏で形成するチャートにはいくつかのパターンがあります。ここではそれらのパターンについて紹介します。▼Vトップ、VボトムVトップは高値圏に出現し、「V」の字を逆にしたよう...

  • 株式やFX、CFDの不規則時系列分析とは

    株式やFX、CFDの不規則時系列分析とは、チャートを表示する際にy軸に価格、x軸に時間を取った時にx軸の時間の幅が一定でない分析を行うことです。一般的なテクニカル指標によるテクニカル分析では、時間足に...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

~にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



~にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
四日市市四郷地区方言四日市市四郷地区方言
Copyright (C) 2022 四日市市四郷地区ふるさと方言録 All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2022 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
和歌山弁Explorer和歌山弁Explorer
Copyright (C) 2022 和歌山弁Explorer All rights reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2022 gonbe007
豊語林豊語林
Copyright (C) 2022 豊語林 All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのに (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS