もっといとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 但馬方言 > もっといの意味・解説 

げん けつ 【元結】 ○

719~772中国中唐詩人文学者。字(あざな)は次山。人格高潔民衆痛苦に深い関心示し白居易など後世社会詩に影響与えた。著「元次山集」など。

もっとい もつとひ [3] 【元

もとゆい(元結)

もとい もとひ [2] 【元結

もとゆい(元結)」の転。

もと ゆい -ゆひ [3] 【元結】

髪の髻(もとどり)を束ねる紐(ひも)や糸。古く組紐くみひも)や麻糸を用いたが,近世には和紙を縒()った扱()き元結が主となった。装飾のための絵元結・跳ね元結などもある。もっとい。
[句項目]

もっとい’ 1

但馬方言共通語用例備考
もっとい’ 1 元結 もっといで結んどくわな(髪を束ねておくね)。 現代日常生活では日本髪結うともないため、めったに使われない語彙。

もっとい’ 2

但馬方言共通語用例備考
もっとい’ 2 ハリガネムシ おがみからもっといが出てきた。 「おがみ」とは「カマキリ」のこと。カマキリ寄生しているハリガネムシが「元結い」に似ていることから。

もっとい

方言意味
もっとい 元結(もとゆい)。そのなまり。「元結」は,日本髪に用いる,紙製引(ろうび)きの紙ひもで,結髭のときに根元をかたく結びつけるもの。

元結

読み方:もっとい

  1. 同上(※「もときち参照)。〔第二類 人物風俗
  2. 芸妓を云ふ。
  3. 芸妓のこと。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「もっとい」の関連用語

もっといのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



もっといのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2020 TANIGUCHI Yutaka
高松市歴史資料館高松市歴史資料館
Copyright(C) 2020 高松市歴史資料館 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS