もとゆいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 名字辞典 > もとゆいの意味・解説 

げん けつ 【元結】 ○

719~772) 中国中唐詩人文学者。字(あざな)は次山。人格高潔民衆痛苦に深い関心示し白居易など後世社会詩に影響与えた。著「元次山集」など。

もっとい もつとひ [3] 【元

もとゆい(元結)

もとい もとひ [2] 【元結

「もとゆい(元結)」の転。

もと ゆい -ゆひ [3] 【元結】

髪の髻もとどり束ねる(ひも)や糸。古く組紐くみひも麻糸を用いたが,近世には和紙を縒(よ)った扱(こ)き元結が主となった。装飾のための絵元結・跳ね元結などもある。もっとい
[句]

元結

名字 読み方
元結もとゆい
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「もとゆい」の関連用語

もとゆいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



もとゆいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2020 SPECTRE all rights reserved.

©2020 Weblio RSS