ものとは?

もの

【一】[接助]口語では活用語終止形文語では活用語連体形に付く。順接確定条件を表す。…(だ)から。…ので。「ゆくゆくは社長となる人ですもの、しっかりしているわ」「彼は努力家だもの、きっと成功する

「わしもこなさん女房ぢゃ—、何の忠儀を忘れませうぞ」〈伎・幼稚子敵討

【二】[終助]

活用語終止形に付く。多く「だって」「でも」と呼応して用いる。現代では多く女性子供の間で使われるが、時に撥音化して「もん」となることもある。

不平・不満恨みの意を込めながら、相手自分に対す非難に対し、根拠理由示し反駁(はんばく)、訴え甘えなどの気持ちを表す。「だって時間がないんですもの」「でもお父さんがそうおっしゃったんですもの」

㋑(「ものね」「ものな」などの形で)詠嘆の意をこめて理由を表す。「でもあなたと私とでは考え方違いますものね」「なるほど、それは彼のお得意だものな」

文末で、活用語連体形に付く。

逆接的な気持ち込め詠嘆する意を表す。…のになあ。…のだがなあ。

我が持てる三つあひに搓(よ)れる糸もちて付けてまし—今そ悔やしき」〈五一六〉

順接確定条件含み詠嘆感動の意を表す。…だからなあ。

「もっともぢゃ、もっともぢゃ、道具屋の娘ぢゃ—と」〈浄・卯月の潤色

[補説] 上代の「もの」は形式名詞から、近世以後の「もの」は終助詞「ものを」の音変化したものという。


モノ【mono】

他の外来語の上に付いて、単一の、単独の、の意を表す。「モノレール


もの【者】

《「物」と同語源》人。多く、他の語句による修飾を受ける。卑下軽視する場合や、改まった場合用いられる。「店の者に言いつけてください」「土地の者に任せる」「持てる者の悩み

[下接語] 愛嬌(あいきょう)者・暴れ者荒くれ者慌て者悪戯(いたずら)者・一刻者一徹者田舎者浮かれ者うっかり者・空(うつ)け者・浮気者・偉(えら)者・おいそれ者・御(お)尋ね者御店(おたな)者・御(お)調子者・戯(おど)け者・思い者愚か者囲い者果報者変わり者利け者気紛(きまぐ)れ者・切れ者・曲(くせ)者・食わせ者剛の者極道(ごくどう)者・困り者小者・晒(さら)し者・然(さ)る者・仕合わせ者・強(したた)か者・確(しっか)り者・忍びの者邪魔者洒落(しゃれ)者・小心者小身者・痴(し)れ者・好き者・拗(す)ね者・粗忽(そこつ)者・只(ただ)者・立て者・戯(たわ)け者・手の者道化者道楽者流れ者亡き者慰み者何者怠け者ならず者成り上がり者偽者似た者人気者・除(の)け者・のら者・馬鹿(ばか)者・働き者日陰者引かれ者独り者・捻(ひね)くれ者・無精(ぶしょう)者・不束(ふつつか)者・回し者昔者無宿者無法者やくざ者厄介者余計者余所(よそ)者・与太者利口者律義者若い者若者渡り者笑われ者悪者


もの【物】

【一】[名]

空間のある部分占め人間感覚でとらえることのできる形をもつ対象

物体物品。「ごつごつした物に手が触れる」「山の上に光る物がある

商品また、その質。品質。「同じような物が大量出回る」「高いが物はよい」

着物衣服。「白っぽい物を着る」

食物。「歩きながら物を食う」「物がのどを通らない」

民法で、有体物権利客体となりうるもの。

人間考えることのできる形のない対象

㋐何かの事柄物事。「物の役に立つ」「物を思う」「恋という物」

㋑ことば。「あきれて物も言えない」

文章また、作品。「物を書くのを商売にする」「この作品十年前に描かれた物だ」

学問

「己れは此様(こん)な無学漢(わからずや)だのにお前は—が出来るからね」〈一葉たけくらべ

物事筋道道理理屈。「物の順序わきまえる

妖怪怨霊など、不可思議霊力をもつ存在。「物に憑(つ)かれる」「物の怪

(「…のもの」の形で)所有している物品事物所有物。「会社の物を私する」「その企画彼の物だ」

他の語句を受けて、その語句内容体言化する形式名詞

判断などを強調して示す。「負けたのがよほどくやしかった物と見える」「何をされるかわかったじゃない

感動する気持ち強調して示す。「二人とも大きくなった物だ」「悪いことできない物だ」

㋒(「…するものだ」の形で)それが当然であるという気持ちを示す。「先輩忠告聞く物だ」「困ったときは助け合う物だ」

㋓(「…したものだ」の形で)過去思い出してなつかしむ気持ちを示す。「あの店にはよく二人で行った物だ」

名詞の下に付いて複合語をつくる。

㋐その種類にはいる品物作品の意を表す。「SF物」「現代物」

㋑それに相当するもの、それだけ価値のあるもの、などの意を表す。「冷や汗物」「表彰状物」→もの助詞 →ものか連語ものかな連語ものかは連語 →ものから[接助] →ものぞ連語 →もので[接助]ものなら[接助] →ものの[接助]ものゆえ[接助] →ものを助詞

【二】[接頭]形容詞形容動詞語幹に付く。

なんとなくそのような状態であるという意を表す。「物悲しい」「物寂しい」「物静か

いかにもそうであるという意を表す。「物めずらしい」「物すさまじい

[下接句] 縁は異なもの味なもの自家薬籠中(やくろうちゅう)の物・人は見かけによらぬもの故郷(ふるさと)は遠きにありて思うもの・銘の物薬籠中の物


もの【物】

1

[一] なんらかの形をそなえた物体一般をいう。

① 形のある物体物品をさしていう。

(イ) 修飾語によってその物体の種類所属などを限定する場合

万葉(8C後)一五・三七六五「まそ鏡かけて偲(しぬ)へとまつりだす形見の母能(モノ)を人に示すな」

(ロ) 直前または直後の語によってその物体が示されている場合

*竹取(9C末‐10C初)「火ねずみのかは衣此国になき物也」

(ハ) 特に限定せず物品一般をいう場合

万葉(8C後)二・二一〇「吾妹子(わぎもこ)が形見に置けるみどり児乞泣(こひなく)ごとに取り与ふ物し無ければ」

特定の物体物品一般化していう。文脈場面から具体物が自明であるとして用いる。

(イ) 財物器物金銭

土左(935頃)承平五年二月一六日「さるは便りごとにものも絶えず得(え)させたり」

(10C終)八七「くだ物、ひろき餠などを、物に入れてとらせたるに」

(ロ) 衣類織布

大和(947‐957頃)一四六「これに物ぬぎて取らせざらむ者は座より立ちね」

(ハ) 飲食物

*竹取(9C末‐10C初)「きたなき所の物きこしめしたれば御心地あしからんものぞ」

(ニ) 楽器

源氏100114頃)乙女姫君渡し聞こえ給ひて、御琴など弾かせ奉り給、宮はよろづのものの上手におはすれば

対象あからさまにいうことをはばかって抽象化していう。

(イ) 神仏妖怪怨霊など、恐怖畏怖対象

仏足石歌753頃)「四つの蛇(へみ)五つの毛乃(モノ)の集まれる穢き身をば厭ひ捨つべし離れ捨つべし」

(ロ) 物の怪(け)による病。また、一般に病傷、はれものなど。

伊勢物語(10C前)五九「物いたく病み死に入りたりければ」

(ハ) 男女陰部

仮名草子仁勢物語(1639‐40頃)上「水底にものや見ゆらん馬さへも豆盥(まめだらひ)をばのぞきてぞ鳴く

民法上の有体物で、動産及び不動産をいう。

民法明治二九年)(1896)八五条本法に於て物とは有体物を謂ふ」

[二] 個々具体物から離れ抽象化された事柄概念をいう。

事物事柄総括していう。

万葉(8C後)二〇・四三六〇「山見れば 見の羨(とも)しく 川見れば 見のさやけく 母能(モノ)ごとに 栄ゆる時と 見(め)し給ひ 明らめ給ひ」

徒然草1331頃)一三〇「物に争はず、己を枉(ま)げて人に従ひ」

② 「ものの…」の形で抽象的語句伴って漠然と限定した事柄をいう。

(イ) 事態状況についていう場合

*平中(965頃)二七さすがにいとよくものの気色を見て〈略〉かく文通はすと見て、文も通はさず、責め守りければ」

(ロ) 心情についていう場合

土左(935頃)承平四年一二二七日「都へと思ふをもののかなしき帰らぬ人のあればなりけり

概念化された場所を表わす中古から中世にかけて、特に神社仏閣をさすことが多い。

古今(905‐914)冬・三三八・詞書「ものへまかりける人を待ち師走つごもりによめる」

④ ことばや文字また、文章書物その内容もいう。→物を言う

土左(935頃)承平四年一二二一日「それの年の師走二十一日の日の戌(いぬ)の時に門出す、その由、いささかにものに書付く

(5) 感じたり考えたりする事柄悩み事考え事頼み事尋ね事など。→物を見る物覚ゆ物を思う

万葉(8C後)一・七七吾が大君物(もの)な思ほし皇神の嗣(つぎ)てたまへる吾が無けなくに

徒然草1331頃)四一「人木石にあらねば時にとりて、物に感ず事なきにあらず」

(6) 道理事の筋道。

*竹取(9C末‐10C初)「物知らぬことなの給ひそ」

(7) 特定の事柄思い出せなかったり、わざとはっきりと言わないようにしたりするとき、また、具体的な事柄指示できないとき、問われて返答窮したときなどに仮にいう語。

*虎明本狂言茫々頭室町末‐近世初)「『なんじゃなんじゃと申ほどに、物じゃと申た』」

(8) 言いよどんだとき、あるいは、間(ま)をとったりするために、話の間にはさんで用いる語。

浄瑠璃天鼓(1701頃)歳「今のは頭から一口にとは〈イヤナニ、モノ〉、只一口に弔らふてやらふものをと云こと」

(9)格助詞「が」を伴った「がもの」の形で) 「…に相当するもの」「…に値するもの」などの意を表わす。→がもの。

[三] 抽象化した漠然とした事柄を、ある価値観伴ってさし示す。

一般的平均的なもの、また、一人前の、れっきとしたもの。物についても人についてもいう。

蜻蛉(974頃)上「かうものの要にもあらであるもことはりと思ひつつ」

② 大事、大変なこと。重要なこと、問題

*金刀比羅本保元(1220頃か)下「一働きだに働かば、これ程の輿、物(モノ)にてや有るべき

草枕(1906)〈夏目漱石一二物質上の不便を物とも思はず」

[四] 他の語句を受けて、それを一つ概念として体言化する形式名詞直接には用言連体形を受けて用いる。

そのような事態事情意図などの意を表わす

万葉(8C後)一五・三六〇一「しましく独りありうる毛能(モノ)にあれや島のむろの木離れてあるらむ」

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「望のない事を悟ったものと見えて」

文末にあって断定の語を伴い話し手断定気持強め表現となる。→ものか・もかな・ものぞ・ものだ・もん。

万葉(8C後)一七・三九〇四「梅の花いつは折らじといとはねど咲き盛りは懐しき物(もの)なり」

活用語連体形を受けて文を終止し、感動気持表わす。さらに終助詞付けて、逆接的な余情こめたり疑問反語表現になったりすることが多い。

古事記(712)下・歌謡「たぢひ野に 寝むと知りせば 立薦(たつごも)も 持ちて来(こ)まし母能(モノ) 寝むと知りせば」

2 〔終助〕 ((一)(四)のような形式名詞用法、特に③の用法などからさらに進んだもの) 終止した文に付加して、不満の意をこめて反論したり、甘え気持をもって自分意思主張したりする。主として女性・子どもの表現。→もん(二)

*虎明本狂言富士松室町末‐近世初)「『いやまいらふ』『おりゃるまひもの』」

童謡胡桃(1926)〈サトウ・ハチロー〉「わたしはなきむしなんですもの」

3 〔接頭〕 主として形容詞形容動詞、または状態を示す動詞の上に付いて、なんとなく、そこはかとなくそのような状態である意を表わす。「ものうい」「ものさびしい」「ものぐるおしい」「ものけざやか」「ものしずか」「ものふる」など。

4語素

名詞形容詞語幹に付いて、その範疇(はんちゅう)に属す物品であることを表わす。「春もの」「先もの」「大もの」「薄もの」など。

土地などを表わす名詞に付いて、その土地生産物であることを表わす

暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「『真夏の夜の夢』を現代化した独逸物(モノ)の映画二人面白思ひ

③ (「武」と書くこともある) 他の語の上に付いて、戦(いくさ)や戦陣に関する事物である意を表わす。「もののぐ」「ものいろ」「ものがしら」「ものぬし」など。

動詞連用形に付いて、(イ) そのような動作結果できた物品であることを表わす。「塗りもの」「干もの」「焼きもの」など。

(ロ) そのような動作対象となる物品表わす。「食べもの」「読みもの」「たきもの」など。

[補注]人についていう場合、特に「者」と書く。→者(もの)


もの【者】

〔名〕 (「もの(物)」と同語源) 人。古来単独用いられることはごくまれで、多く他の語句による修飾を受けて、形式名詞ふうに用いられる。卑下したり軽視したりするような場合用いることが多くまた、現代では、「これに違反したものは」「右のもの」など、公式的文書用いる。

書紀720仁徳二二年一月歌謡朝妻の ひかの小坂片泣き道行く茂能(モノ)も 偶(たぐ)ひてぞ良き」

平家13C前)一「おごれる人も久しからず、只春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ」

[語誌](1)一般に「ひと」に比べ立場地位の低い人をいうのに用いられるといわれ、平安時代和文からはそのような傾向うかがわれるが、厳密ではない。
(2)訓点資料では、「者」が人を意味する場合に「モノ」と訓読するようになるのは九世紀末からで、それ以前は必ず「ヒト」と訓んだ。


もの 【物】

日本で物は種々な意味でつかわれるが、仏・神・鬼・魂などの霊妙な作用もたらす存在をもいう。邪神妖怪物の怪などにもいう。

もの

単語 発音 意味、用例 関連語
もの もの 【名】 (家畜などの)エサ

»仙台弁の発音についてはこちら

もの

方言共通語使用例または説明
もの腫れ物「ものができたらドクダン貼る直るってね」(腫れ物ができたらドクダミ張る直るそうです

~もの(もね)

甲州弁意味用例
~もの(もね)でしょう、~しましょうへえいくらもの(もう行くでしょう

もの

方言共通語・該当漢字語意解説または【使用例】
もの 異物 【…が刺さる・…が詰まる】

もの’

但馬方言共通語用例備考
もの’ できもの 足にものができて、いてーわ(痛いわ)。   

もの

品詞名詞
標準語》(皮膚にできる化膿した・化膿しそうな)できもの、おでき。
用例》「ケツにものができて、いちゃあ」(お尻できものができて、痛い)。
追加情報因幡地方では、「もの」は「にさされてできるようなポッチ」のイメージそうです

もの

  1. 昆布類。〔第六類 器具食物

もの

  1. 着物。〔関西
  2. 着物のこと。〔関西

分類 関西

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

(もの から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/26 00:05 UTC 版)

ものぶつ)とは、広義には対象を特定化せず一般的・包括的にいうであり、人間が知覚し思考し得る対象の一切である[1]


  1. ^ 『大辞林-第二版』、三省堂 「もの」。
  2. ^ 小南一郎「第2章 2 精霊としての"物"」『古代中国 天命と青銅器』京都大学学術出版会、2006年。ISBN 978-4876988143


「物」の続きの解説一覧

もの

出典:『Wiktionary』 (2021/12/12 08:37 UTC 版)

名詞:物

もの

  1. 姿すがたかたちのあるまとまり。ひとつの意味を持ったまとまった存在
    1. 商品衣服食べ物などを漠然と指す。
    2. 所有物所属物。
    3. 商品製品
      • ものがいい。
  2. 転じて、実際には存在しないが、頭の中で考えられる存在
    1. 言葉道理世事文章作品学問知識ことがらなどを漠然と指す。
    2. 習得によって水準達し状態
    3. 困難難敵
  3. 妖怪怨霊など。
    • ものにとりつかれたように没頭している。
  4. (法律) 物権端的に所有権客体となる有形財。もの区別するために、慣行的に「ブツ」と読むことがある
  5. 接尾辞的に)
    1. その分野種類属す事物など。
    2. 相当する事物
    3. 動詞連用形について、行為対象生成物
  6. (「ものの」の形で連体詞的に)ほんの。わずかの。
    • ものの五分とかからなかった。

発音

語源

古典日本語もの」(物) < 古代日本語 mönö < 日本祖語 *mənə

関連語

熟語

翻訳

名詞:者

もの

  1. ひと。(尊敬語には使わず、かたを使う。謙譲語には使われる。形式名詞または接尾辞として用いられる)

発音

類義語

翻訳

名詞:形式名詞

もの

  1. 事物について、同じ言葉繰り返し避けるために代名詞的に用いる。
  2. (ものだ)それが当然である、そのような性質持っている、といった意味を表す。
  3. (ものだ)社会的常識伝えことによってアドバイス命令などを行う。また戒め後悔気持ちを表す。
  4. 強調を表す。
  5. 詠嘆ニュアンスを表す。
  6. 過去習慣的行為回想的に表す。
  7. 感じられる部分感覚といった意味を表す。
  8. 水準程度同等といった意味を表す。
  9. 可能形+ものではない、など)不可能であることを強調する。
  10. (ものか、など)反語強調する。
    • 誰がやるものか。
    • そんな話があってたまるものか。
  11. したものか、などの形で)妥当適切といった意味を表す。すべきか、するのがいいか。
  12. 詳しい内容事情を表す。
  13. (もので)後に続く語句に文修飾副詞的にかかる。〜ことに。
  14. (ものとみえる、ものと思われる、など)様子推測内容といった意味を表す。
  15. ものとする、など)規定決定事項などを表す。

動詞

ものするする

  1. 詩文などを作る

活用

助詞

終助詞接続助詞

もの

  1. 詠嘆ニュアンスを表す。もん。から。
  2. 理由を示す。もん。から。

複合助辞

副助詞「も」+格助詞「の」

  1. 格助詞「の」の機能加え数量が多いことを表す。

名詞

もの

  1. 現代語語義1,2,3)物。
  2. ひともの
  3. あるところ

語源

古代日本語 mönö < 日本祖語 *mənə

発音

二拍名詞三類(?)

助詞

もの

  1. 感動詠嘆を示す。~からなあ。
  2. 上代語終助詞逆説的感動詠嘆を示す。~のになあ。
  3. 近世語終助詞接続助詞理由を示す。~から。

接頭辞 

もの

  1. 形容詞形容動詞に付いて「なんとなく」の意を表す。



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

もののお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



もののページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
仙台名取弁仙台名取弁
Copyright (C) 2022 konnok All rights reserved.
新潟県田上町の方言新潟県田上町の方言
Copyright (C) 2022 Akira Hasegawa All rights reserved.
うっち~の甲州弁研究所うっち~の甲州弁研究所
Copyright(c) うっち ~の甲州弁研究所 All rights reserved.
四日市市四郷地区方言四日市市四郷地区方言
Copyright (C) 2022 四日市市四郷地区ふるさと方言録 All rights reserved.
但馬方言のページ但馬方言のページ
Copyright (C) 2000-2022 TANIGUCHI Yutaka
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2022 gonbe007
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのもの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS