反駁とは? わかりやすく解説

はん‐ばく【反×駁】

読み方:はんばく

[名](スル)他人主張批判に対して論じ返すこと。反論。「例をあげて—する」


反駁

読み方:ハンバク(hanbaku)

他人主張・批判に対し論じかえすこと


反駁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/21 00:18 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「反駁」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「反駁」を含むページの一覧/「反駁」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「反駁」が役に立つかも知れません。


反駁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 04:15 UTC 版)

亀がアキレスに言ったこと」の記事における「反駁」の解説

何人か哲学者がこのキャロルのパラドックス解決しようとしてきた。バートランド・ラッセルは「プリンキピア・マテマティカ」(1903年)で簡単な議論をしている。それによれば自明ではない命題間の関係である含意 implication (「pならばqである」という形式による結びつき)と、自明である命題間の関係である推論 inference (「pであるゆえにqである」という形式による結びつき)を区別すべきだという。この違いを明確にすることでラッセルは、AとB等しことからZだという含意 によって論じようとする、あるいは仮言的な「AとB正しいならば、Zは正しい」ということへの合意へと議論依存させようとする亀の試み否定できるとしている。 ウィトゲンシュタイン派の哲学者ピーター・ウィンチもまた「社会科学理念」(1958年)のなかでこのパラドックス扱っている。彼が論ずるところでは、このパラドックス示唆しているのは「推理しようとする実際的(actual)なプロセスつまりはこのパラドックス核心なのだが、それは論理定式化されたものとしては提示しえない何かだ…。推論身につけることは命題同士論理的な関係を明らかにすることを教えられればよいということで全くない。それは何をするかを学ぶことなのだ」(p.58)。伊佐敷隆弘も同様の旨を述べている。

※この「反駁」の解説は、「亀がアキレスに言ったこと」の解説の一部です。
「反駁」を含む「亀がアキレスに言ったこと」の記事については、「亀がアキレスに言ったこと」の概要を参照ください。


反駁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/24 14:45 UTC 版)

離対気流」の記事における「反駁」の解説

走行中車両前面には空気の流れ滞る点ができる場合があるのは事実だが、それはよどみと呼ばれるものである。また加圧され気流狭められている車体下部次々に入り込み車体フロント部分地面効果発生させ、前輪接地圧低下させる。という説明地面効果発生原理として不正確な物である。そもそも車体下面気流車体与え影響前方から流入する空気の量や圧力だけで論ずることができるほど単純なものでもない

※この「反駁」の解説は、「離対気流」の解説の一部です。
「反駁」を含む「離対気流」の記事については、「離対気流」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「反駁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

反駁

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:25 UTC 版)

名詞

はんばく

  1. 他人意見批判に対して返すこと。他人言説反対言説出し他人言説否定すること。

対義語

動詞

活用

サ行変格活用
反駁-する

類義語


「反駁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

反駁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



反駁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの反駁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの亀がアキレスに言ったこと (改訂履歴)、離対気流 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの反駁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS