非難とは? わかりやすく解説

非難

読み方:ひなん

相手ミス欠点などを責めること。「非難を浴びる」など、周囲の人間一方的に過失責める際などに使用する
類義語の「糾弾」や「批判」が、相手過失指摘し物事正すために行われるに対し一方的に相手責め際に使用されることが多い。
対義語としては、相手褒め称える賞賛」や、人のミスをかばい、相手代わって説明を行う「弁護」が挙げられる

ひ‐なん【非難/批難】

[名](スル)人の欠点過失などを取り上げて責めること。「不実な態度を—する」


非難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 21:11 UTC 版)

非難(ひなん、英:Blame)とは、人の欠点や過失・誤った言動などを取り上げて責めること。類語とし、糾弾などがある[1][2][3]


  1. ^ 非難/批難(ひなん)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2022年3月15日閲覧。
  2. ^ <Q&A>日本の国会でウクライナ侵略非難決議 どんな意味があるの?:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2022年3月15日閲覧。
  3. ^ デジタル大辞泉. “非難決議とは” (日本語). コトバンク. 2022年3月15日閲覧。
  4. ^ Hoffman, Morris B. (2014). The Punisher's Brain: The Evolution of Judge and Jury. Cambridge Studies in Economics, Choice, and Society. Cambridge University Press. p. 68. ISBN 9781107038066. https://books.google.com/books?id=IhgmAwAAQBAJ 2014年5月22日閲覧. "Our adult brains [...] have dedicated circuits devoted to the assessment of intentionality and harm, and to the calculation of blame based on those two assessments, using intent as the main driver and harm only as a tiebreaker. Part of those blaming circuits lie in a region called the temporoparietal junction, or TPJ. It is an area of the cortex roughly even with the top of the ears." 
  5. ^ amygdala has been found
  6. ^ Ngo, Lawrence; Kelly, Meagan; Coutlee, Christopher G; Carter, R McKell; Sinnott-Armstrong, Walter; Huettel, Scott A (2015). “Two Distinct Moral Mechanisms for Ascribing and Denying Intentionality.”. Scientific Reports 5: 17390. Bibcode2015NatSR...517390N. doi:10.1038/srep17390. PMC 4669441. PMID 26634909. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4669441/. "Based on converging behavioral and neural evidence, we demonstrate that there is no single underlying mechanism. Instead, two distinct mechanisms together generate the asymmetry. Emotion drives ascriptions of intentionality for negative consequences, while the consideration of statistical norms leads to the denial of intentionality for positive consequences." 


「非難」の続きの解説一覧

非難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 04:17 UTC 版)

@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}その一方インターネットが本来掲げていたピア・ツー・ピアでの接続に対する障害になりうると非難する意見もある(エンドツーエンド接続性)。[要出典]また、FTPや、SIPなどのVoIP機能させるためには工夫必要な場合もある。 また、複数ローカルIPアドレスからのアクセスを、1つグローバルIPアドレス共有しているため、外からはローカルネットワーク内のどのノードアクセスしたのかまでを特定することはできないこのためインターネットカフェなどの不特定多数の人が利用するアクセス端末からの、悪意のある利用SPAM行為掲示板荒らしネット犯罪など)がなされた場合匿名性高く特定がより困難になる

※この「非難」の解説は、「ネットワークアドレス変換」の解説の一部です。» 「ネットワークアドレス変換」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

非難

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 00:57 UTC 版)

この単語漢字

第五学年
なん
第六学年
音読み 音読み

名詞

(ひなん)

  1. 他の人弱み過ちを)責め、なじり、こき下ろす とがめ立て

発音(?)

ひ↘なん

動詞

する (ひなんする)

  1. 他の人弱み過ちを)責め、なじり、とがめ立てる。

活用


「非難」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

非難のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



非難のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの非難 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのネットワークアドレス変換 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの非難 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS