非阻害的機能における立体構造の変化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 非阻害的機能における立体構造の変化の意味・解説 

非阻害的機能における立体構造の変化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 08:12 UTC 版)

セルピン」の記事における「非阻害的機能における立体構造の変化」の解説

ある種の非阻害剤セルピン立体構造変化させることでその機能を果たす例えば、チロキシン結合グロブリン天然状態であるS型チロキシンに対し高い親和性を持つが、切断受けたR型親和性が低い。同様にトランスコルチン切断後のR型より天然状態S型の方がコンチゾールに対する親和性が高いこのようにして上記のセルピンにおいてはRCL切断S-R遷移プロテアーゼの阻害ではなくリガンド放出利用されるセルピン中にはS-R遷移細胞シグナル伝達活性化するものもある。この場合標的プロテアーゼ複合体形成したセルピン分子受容体によって認識される。そしてこのセルピン-プロテアーゼ複合体受容体結合が、受容体による下流シグナルへと繋がのであるそのためS-R遷移細胞プロテアーゼ活性存在警告するために使われる。この事はセルピン単純にシグナルカスケードに関与するプロテアーゼ影響を与える通常の方法異なる。

※この「非阻害的機能における立体構造の変化」の解説は、「セルピン」の解説の一部です。
「非阻害的機能における立体構造の変化」を含む「セルピン」の記事については、「セルピン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「非阻害的機能における立体構造の変化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

非阻害的機能における立体構造の変化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



非阻害的機能における立体構造の変化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのセルピン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS