切断とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 切断 > 切断の意味・解説 

せつ‐だん【切断/×截断】

読み方:せつだん

[名](スル)物をたちきること。切り離すこと。「台風電線が—される」


切断

作者多岐川恭

収載図書不運な死体
出版社光風出版
刊行年月1992.7
シリーズ名多岐川恭ミステリーランド


切断

作者倉阪鬼一郎

収載図書不可解な事件
出版社幻冬舎
刊行年月2000.10
シリーズ名幻冬舎文庫


切断

作者小笠原賢二

収載図書小笠原賢二小説集
出版社響文社
刊行年月2006.9


切断

作者英雄

収載図書江戸川乱歩13の宝石 第2集
出版社光文社
刊行年月2007.9
シリーズ名光文社文庫


切断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 13:56 UTC 版)

切断(せつだん)とは、切ること。切るカット を参照。




「切断」の続きの解説一覧

切断(横)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 18:02 UTC 版)

ヴァンパイア (ゲーム)」の記事における「切断(横)」の解説

ビシャモンの「辻疾風」など。腹部のあたりで切断される通常一瞬元通りになるが、KO時のみ切断されたままダウン状態になる。

※この「切断(横)」の解説は、「ヴァンパイア (ゲーム)」の解説の一部です。
「切断(横)」を含む「ヴァンパイア (ゲーム)」の記事については、「ヴァンパイア (ゲーム)」の概要を参照ください。


切断(横)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 18:02 UTC 版)

ヴァンパイア (ゲーム)」の記事における「切断(横)」の解説

大きな変化はないが、本作より登場ドノヴァンのみ、この演出適用されないドノヴァン自身は魔族の血を引いた混血という設定だが、外見人間に近いため倫理規制配慮した措置身体の分断演出が行われないとされているその一方で、『セイヴァー』以降では人間であるバレッタにもこの演出適用されている。

※この「切断(横)」の解説は、「ヴァンパイア (ゲーム)」の解説の一部です。
「切断(横)」を含む「ヴァンパイア (ゲーム)」の記事については、「ヴァンパイア (ゲーム)」の概要を参照ください。


切断(縦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 18:02 UTC 版)

ヴァンパイア (ゲーム)」の記事における「切断(縦)」の解説

ガロンの「モーメントスライス」など。縦に斬撃を受けてダウン、さらに縦に真っ二つになる。切断(横)同様、通常元通りになる、KO時は切断されたまま、ドノヴァンみ切されない、などの特徴を持つ。なお、バレッタ縦横ともに切断が行われる。

※この「切断(縦)」の解説は、「ヴァンパイア (ゲーム)」の解説の一部です。
「切断(縦)」を含む「ヴァンパイア (ゲーム)」の記事については、「ヴァンパイア (ゲーム)」の概要を参照ください。


切断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 15:37 UTC 版)

タンパク質生合成」の記事における「切断」の解説

タンパク質の切断とは、プロテアーゼ呼ばれる酵素によって行われる不可逆的な翻訳後修飾である。これらのプロテアーゼは非常に特異的なことが多く標的タンパク質内の限られた数のペプチド結合加水分解するその結果短縮されタンパク質は、ポリペプチド鎖始点終点異なアミノ酸を持つ変更されポリペプチド鎖となる。このような翻訳後修飾は、しばしばタンパク質の機能変化させ、タンパク質は切断によって不活性化または活性化され新たな生物学的活性を示すことがある

※この「切断」の解説は、「タンパク質生合成」の解説の一部です。
「切断」を含む「タンパク質生合成」の記事については、「タンパク質生合成」の概要を参照ください。


切断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 16:24 UTC 版)

ステンレス鋼」の記事における「切断」の解説

金属加工を行う第一歩として、大きな素材から望まし大きさや形に切り出す切断加工通常最初に行う。熱エネルギー利用して材料溶かして切断する方法溶断といい、ガス切断が最も代表的な溶断方法である。しかし、一般的に用いられている酸素アセチレンによるガス切断ではステンレス鋼溶断できず、適用不可といえるステンレス鋼中に多量に含まれるクロム燃焼温度高く、さらに燃焼時に生成される酸化クロム溶融温度が高い。これらが酸素アセチレン切断による燃焼妨げてステンレス鋼酸素アセチレン切断を不可能にしていると考えられている。ステンレス鋼用に発達したガス切断法が、パウダ切断と呼ばれる溶断方法である。パウダ切断では、鉄粉を切断酸素混入させて、その鉄粉酸化反応熱を利用して切断する板厚 600 mm までならば、そこまで技術要せずパウダ切断でステンレス鋼を切断可能であるステンレス鋼適用される他の溶断方法には、アーク切断プラズマ切断レーザー切断がある。アーク切断は、アーク発生させてアーク熱材料溶融する切断法である。アーク切断ステンレス鋼の切断法として発達したものだが、切断面品質がよくなく、イナートガスアーク溶接応用した方式アーク切断除いて利用限られているプラズマ切断は、プラズマガス気流機械的なエネルギーアーク熱エネルギー利用する切断方法で、ステンレス鋼主要な切断方法一つである。使用ガスにはアルゴン水素使用する切断面品質最もよくステンレス鋼でもアルゴン水素主流である。プラズマ切断の場合、100 mm を超える板厚まで切断可能であるレーザー熱源とするのがレーザー切断で、適用板厚小さいが、高精度な切断が可能であるステンレス鋼レーザー切断の場合はアシストガスに窒素がよく使われ切断面酸化起こさず金属光沢のある断面得られる溶断のほかには、一対の刃で挟んでせん断メカニズムもとづいて素材切り落とすせん断加工がある。鉄鋼メーカー生産したコイルをさらに幅を小さなコイル平板にするシャーリングや、プレス機械で板を打ち抜く打ち抜き加工せん断加工該当するステンレス鋼せん断加工の場合、材料強度高めのため、普通鋼軟鋼よりも大きな力を要し十分な能力持った機器選定や刃型の管理がより重要となる。せん断加工では、良好な切断のために、向き合う刃先クリアランス(すきま)を材質板厚に応じて適切に設定する必要があるステンレス鋼でも種類応じた設定クリアランス傾向がある他の機械的な切断方法にはウォータージェット切断がある。高速で噴射され超高圧素材切断する方法で、熱影響加工ひずみがないという長所があり、精密切断などに用いられている。

※この「切断」の解説は、「ステンレス鋼」の解説の一部です。
「切断」を含む「ステンレス鋼」の記事については、「ステンレス鋼」の概要を参照ください。


切断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 14:01 UTC 版)

陰茎小帯」の記事における「切断」の解説

かつては早漏治療として、手術陰茎小帯切断することも行われていたが、切断によっても性感低下がまったく、あるいはほとんど見られないため、現在では早漏治療としての陰茎小帯切断手術施されていない治療として陰茎小帯切断手術を施すのは、包皮反転時にこの部分張り過ぎて性交時に相当な痛み感じ性交支障生じ場合である。 本人好みによって陰茎小帯の切断手術を施す場合もあるが、これは美容整形範疇に含まれる

※この「切断」の解説は、「陰茎小帯」の解説の一部です。
「切断」を含む「陰茎小帯」の記事については、「陰茎小帯」の概要を参照ください。


切断

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/23 08:11 UTC 版)

ファイバー束」の記事における「切断」の解説

詳細は「切断 (ファイバー束)を参照 ファイバー束 ξ = (E, π, B, F, G) に対して連続写像 s: B → E が、任意の x ∈ B に対し π ∘ s(x) = x を満たすとき、s を ξ の切断 (section, cross-section) あるいは、断面という。切断は必ずしも存在しない。 底空間上の点 x に対し s(x)定まる例え多様体上のベクトル場であれば多様体上の点 x に対しベクトル s(x)対応する逆に言えばベクトル場集合どういう空間入っているべきかを考えたものがファイバー束(この例では多様体を底空間に持つベクトル束)である。 具体的な計算として座標束考える時などには、座標近傍 Ua 上での切断が必要になる場合がある同様に sa : Ua → E が、任意の x ∈ Ua に対し π ∘ sa(x) = x を満たすとき、saUa 上の局所切断 (locally section, locally cross-section) あるいは、局所断面という。これに対し上記の s を大域切断などという。

※この「切断」の解説は、「ファイバー束」の解説の一部です。
「切断」を含む「ファイバー束」の記事については、「ファイバー束」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「切断」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

切断

出典:『Wiktionary』 (2021/11/03 22:04 UTC 版)

別表記

名詞

 せつだん

  1. 物を断ち切ること。
  2. 回線などの接続を断つこと。接続断たれること。
  3. 人的な関係連携を断つこと。それらが断たれること。

発音(?)

せ↗つだん

動詞

活用

関連語


「切断」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



切断と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「切断」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

切断のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



切断のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの切断 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァンパイア (ゲーム) (改訂履歴)、タンパク質生合成 (改訂履歴)、ステンレス鋼 (改訂履歴)、陰茎小帯 (改訂履歴)、ファイバー束 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの切断 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS