強風とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 強風 > 強風の意味・解説 

強風

読み方:きょうふう

強い風平均風速おおむね毎秒1015メートル上の場合をいう。春一番などは強風となることも多い。強風が吹くと予測される場合気象庁より強風注意報発表される。より強い風暴風呼ばれる

きょう‐ふう〔キヤウ‐〕【強風】

強い風

風速毎秒13.9~17.1メートル風力階級7の風。


強風

分野
風の強さに関する用語
意味:
風の強い状態の総称

【強風】(きょうふう)

川西N1K1.
1940年代日本川西航空機開発した水上戦闘機

太平洋戦域作戦において、占領した島嶼進出先に陸上基地整備するまでの間、制空権確保するための戦闘機を必要とした海軍は、昭和15年9月川西に対して十五高速水上戦闘機」の試作指示した。

これと並行して、本機実戦化されるまでのつなぎとして零戦水上機化した二式水上戦闘機が作られていた。

水上戦闘機浮舟付きとなるため、陸上機同等速度運動性確保するために主翼空力特性失速点で優れる中翼形状、主翼構造当時最新LB翼とし、その主翼には川西航空機が独自に開発した自動空戦フラップ採用された。
また、二重反転プロペラ導入計画されたが、実用性に難があったため試作1号機のみの使用終わり以降通常の三翅プロペラ使用することになった。
発動機使用可能なものの中で最強出力を持つ「火星」を採用し、水上戦闘機としては驚異的な性能発揮したが、制式採用された昭和18年には、戦局推移から本来の活躍の場は既になくなっていた。

本機日本本土防空のため佐世保航空隊や大津航空隊(琵琶湖)などに配備されたが、大きな活躍はなく、全部97機の少数生産に終わった。
しかし、本機はその設計ベース陸上機化された紫電、これを更に改良した紫電改生むもととなった。

なお、本機戦後性能テスト用としてアメリカに4機が持ち込まれており、うち3機(514号機、562号機、565号機)が全部品が揃った状態でアメリカ現存しているが、レストア待ちの状態で公開はされていない

性能諸元

乗員1名
全長10.58m
全高4.750m
全幅12.00m
面積23.50
自重2,700kg
最大離陸重量3,500kg
プロペラ住友ハミルトン 油圧可変ピッチ定速回転3翅
発動機三菱火星一三空冷列星14気筒公称1,400馬力)×1基
速度
(最高/巡航
485km/h(高度6,000m)/ 352km/h
実用上昇限度10,560m
航続距離2,000km
上昇4分11秒/4,000m
生産機数97
武装九七式三型改二7.7mm機銃装弾数各500発)×2挺
九九式二号三型20mm機銃装弾数各60発)×2挺
30kg爆弾×2発

強風

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:00 UTC 版)

名詞

きょうふう

  1. 強い



強風と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「強風」の関連用語

強風のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



強風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2020 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの強風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS