雨天とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 天候 > 雨天の意味・解説 

う‐てん【雨天】


雨天


(雨天 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/25 16:19 UTC 版)

(あめ)とは、大気から落下する現象で、降水現象および天気の一種[1][2]。また、落下する水滴そのもの(雨粒)を指すこともある[3]。大気に含まれる水蒸気が源であり、冷却されて凝結した微小な水滴がを形成、雲の中で水滴が成長し、やがて重力により落下してくるもの。ただし、成長の過程で一旦凍結氷晶を経て再び融解するものもある[4]。地球上の水循環を構成する最大の淡水供給源で、生態系に多岐にわたり関与する他、農業水力発電などを通して人類の生活にも関与している[3][5]


注釈

  1. ^ 大きな雨粒は変形するため、それを球形に換算した半径のこと。

出典

  1. ^ 岩槻、p216
  2. ^ a b 気象観測の手引き、p61
  3. ^ a b c d e f g h i j k l グランド現代大百科事典、大田正次『雨』p412-413
  4. ^ 荒木、p42-43
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 世界大百科事典、内田英治『雨』p475-476
  6. ^ a b 荒木、p75-77
  7. ^ a b 岩槻、p112, p118-120
  8. ^ Robert Fovell (2004年). “Approaches to saturation (pdf)”. University of California in Los Angelese. 2015年4月7日閲覧。
  9. ^ 岩槻、p180-184
  10. ^ 小倉、p78-88
  11. ^ 荒木、p116-128
  12. ^ 小倉、p81, p85-92
  13. ^ 荒木、p77-82, p128-129
  14. ^ 武田、p31-34
  15. ^ 小倉、p87-88, 98
  16. ^ a b c d 荒木、p132-148
  17. ^ a b 小倉、p92-99
  18. ^ a b 小倉、p86, 89
  19. ^ 荒木、p77-82, 129-131
  20. ^ 荒木、p23-38
  21. ^ 荒木、p103-104
  22. ^ 雨の強さと降り方 平成12年8月作成、平成14年1月一部改正」気象庁、2015年4月18日閲覧
  23. ^ a b 天気予報等で用いる用語 降水
  24. ^ 武田、p139-140, 142-153
  25. ^ 日本大百科全書、礒野謙治「雨量の分布」
  26. ^ a b c d 武田、p142-153
  27. ^ 『キーワード 気象の事典』初版、p247、朝倉書店、2002年。ISBN 4-254-16115-8
  28. ^ 武田、p8-9
  29. ^ a b c 荒木、p77-82
  30. ^ a b 気象観測の手引き、p61
  31. ^ 荒木、p78-79
  32. ^ 武田、p24-25
  33. ^ 武田、p14-15
  34. ^ a b c 地球と宇宙の化学事典、p154
  35. ^ 地球と宇宙の化学事典、p149
  36. ^ Daisy Yuhas. "Storm Scents: You Can Smell Oncoming Rain", Scientific American, 2012-07-18, 2015年4月20日閲覧
  37. ^ a b 日本大百科全書、礒野謙治「珍しい雨」
  38. ^ 「原爆の記録 黒い灰・黒い雨」、長崎市、2015年4月19日閲覧
  39. ^ 宮澤清冶『最新天気図と気象の本-天気図を見るとき読むとき書くとき』、国際地学協会、1991年。ISBN 978-4771810068
  40. ^ a b c d 武田、p16-20
  41. ^ 地域気象観測システム(アメダス)」気象庁、2015年4月18日閲覧
  42. ^ 気象レーダー」気象庁、2015年4月18日閲覧
  43. ^ a b 日本大百科全書、礒野謙治「降雨の記録」
  44. ^ a b 日本大百科全書、礒野謙治「雨の観測と予報」
  45. ^ 地球と宇宙の化学事典、p151, p155
  46. ^ 日本大百科全書、礒野謙治「雨と人間」
  47. ^ 日本大百科全書、礒野謙治「人工増雨」
  48. ^ a b c d e f g 世界大百科事典、飯島吉晴、吉田敦彦『雨』p475-476
  49. ^ a b c d e f 日本大百科全書、竹内利美「雨の民俗」、板橋作美「世界の伝承と俗信」
  50. ^ 金星」、宇宙航空研究開発機構 宇宙情報センター、2015年4月20日閲覧
  51. ^ 土星の衛星」、宇宙航空研究開発機構 宇宙情報センター、2015年4月20日閲覧



雨天

出典:『Wiktionary』 (2014/04/25 02:14 UTC 版)

名詞

(うてん)

  1. 天候

関連語


「雨天」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



雨天と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雨天」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||

4
92% |||||


6
92% |||||

7
72% |||||

8
72% |||||

9
72% |||||

10
72% |||||

雨天のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



雨天のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの雨天 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS