半夏生とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 半夏生の意味・解説 

はん げしょう -しやう [3] 【半夏生】

半夏生える頃の意〕 雑節の一。太陽黄経100度となる時。夏至から11日目。太陽暦では7月2日頃。 [季] 夏。
ドクダミ科多年草水辺生え臭気がある。は高さ約80センチメートルは長卵形。夏、茎頂花穂をつけ、白色小花密生する。花穂のすぐ下の下半部が白色となり目立つ。片白草[季] 夏。

半夏生

読み方:はんげしょうず

七十二候一つ二十四節気夏至末候にあたり7月2日7月6日ごろに相当する。季節仲夏。半夏生は、それ自体としては「烏柄杓生える」などといった意味。また、夏至の初候は「乃東枯と言い次候は「菖蒲華と言う。なお、半夏生は「略本暦」における呼び名であるが、元となった中国宣明暦でも「半夏生」と呼ばれる

半夏生

読み方:ハゲショウ(hageshou)

夏至から11日目で7月2日ごろ。


はんげしょう 【半夏生】

七十二候一つ夏至から一一日目に当たる日。太陽暦では七月二日頃。梅雨明け田植え終期日本で、畑地の神(地荒神)を祭り小豆飯や麦団子供える竹林に入るなという禁忌があった。

半夏生(はんげしょう)

入梅から約三週間後で太陽の黄径が百度に来る時点七月一日(又は二日)の頃を言い、半夏(はんげ)が生育する時期になったことを言います。


半夏生

作者阿刀田高

収載図書鈍色歳時記
出版社文芸春秋
刊行年月1999.9

収載図書鈍色歳時記
出版社文藝春秋
刊行年月2002.12
シリーズ名文春文庫


半夏生

作者鳥越碧

収載図書かずら
出版社講談社
刊行年月2002.1


半夏生

作者宇江佐真理

収載図書あやめ横丁人々
出版社講談社
刊行年月2003.3

収載図書あやめ横丁人々
出版社講談社
刊行年月2006.3
シリーズ名講談社文庫


ハンゲショウ

ハンゲショウ
科名 ドクダミ科
別名: カタシログサ
生薬名: サンパクソウ三白草
漢字表記 半夏生
原産 日本中国フィリピン
用途 北海道以外に自生する多年草。夏頃、表面白斑出現するので、カタシログサ片白草」とも言われ、江戸時代にはハンゲ半夏」とも言われるようになりました。利尿には全煎じ服用はれものには外用とします。
学名: Saururus chinensis Baill.
   

はんげしょう (半夏生)

Saururus chinensis

Saururus chinensis

Saururus chinensis

Saururus chinensis

Saururus chinensis

Saururus chinensis

わが国本州から四国九州、それに朝鮮半島中国フィリピン分布しています。湿地生え、高さは50100センチになります6月から8月ごろ、はじめは下垂し、あとで直立する花序をだし、白い花を咲かせます。花期になると、花序に近い下半分が白く変化します。名前はこのことから「半化粧」、またその時期が夏至から11日目の「半夏生」の頃にあたることから。
ドクダミ科ハンゲショウ属の多年草で、学名Saururus chinensis。英名はありません。
ドクダミのほかの用語一覧
ドクダミ:  五色毒痛み  毒痛み
ハンゲショウ:  アメリカ半夏生  半夏生

半夏生

読み方:ハゲショウ(hageshou)

ドクダミ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Saururus chinensis


半夏生

読み方:ハンゲショウ(hangeshou)

太陽黄経が一〇〇度となる日のこと

季節

分類 時候

月日 七月二日ごろ


半夏生

読み方:ハンゲショウ(hangeshou)

片白草別称

季節

分類 植物


半夏生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/02 03:50 UTC 版)

半夏生(はんげしょう)は雑節の1つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃。一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも。様々な地方名があり、ハゲ、ハンデ、ハゲン、ハゲッショウ[1]などと呼ばれる。


  1. ^ a b c d 倉石忠彦民間伝承の分布から見た内陸文化の性格」『内陸文化研究』第1号、信州大学人文学部、2001年3月、 61-79頁、 ISSN 1346-4108
  2. ^ a b 半夏至(はげっしょ)餅とは”. 香芝市. 2014年4月2日閲覧。
  3. ^ 小倉肇 (1980年7月). “七月 半夏生”. 三重歳時記. 三重県教育文化会館. 2008年6月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年9月5日閲覧。
  4. ^ 駒崎秀樹 (2014年6月26日). “明石タコ:「半夏生の日は明石タコ」 食べて特産PR 給食や料理振る舞う /兵庫”. 毎日新聞 (はてなブックマーク). http://b.hatena.ne.jp/entry/mainichi.jp/area/hyogo/news/20140626ddlk28040323000c.html 2014年7月2日閲覧。 
  5. ^ 「蛸半夏生」のすすめ 日清製粉グループ
  6. ^ いろいろなめんの日”. 全国製麺協同組合連合会. 2014年7月2日閲覧。
  7. ^ 藤井雄次 (2014年7月2日). “黄金色で香ばしく 大野で「半夏生サバ」店頭に”. 中日新聞. オリジナルの2014年7月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140714152206/http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20140702/CK2014070202000026.html 2014年7月2日閲覧。 
  8. ^ 越前おおの歴史道 半夏生さば(はげっしょさば)”. おおのじかん. 平成大野屋事業. 2014年7月2日閲覧。
  9. ^ 『佐久市志民俗編上』全1706頁中640P 発行者長野県佐久市平成2年2月20日
  10. ^ 永平寺の年中行事
  11. ^ 今日は何の日〜毎日が記念日〜
  12. ^ 暦要項、国立天文台暦計算室、2018年7月2日閲覧。


「半夏生」の続きの解説一覧

半夏生

出典:『Wiktionary』 (2009/11/07 11:13 UTC 版)

名詞

(1. はんげしょうず、1, 2. はんげしょう

  1. 夏至末候雑節一つ半夏(烏柄勺)という薬草生えるころ。夏至から数え11日目。7月2日ごろ。
  2. ドクダミ科植物半化粧とも書く。学名 Saururus chinensis。別名カタシログサ

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

半夏生のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



半夏生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2019
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの半夏生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの半夏生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS