梅雨とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > > 梅雨の意味・解説 

つゆ【梅雨/黴雨】

読み方:つゆ

6月ころの長雨時節また、その時期に降る長雨暦の上では入梅出梅の日が決められているが、実際には必ずしも一定していない。北海道を除く日本中国揚子江流域朝鮮半島南部に特有の現象五月雨(さみだれ)。ばいう。《 夏》「―ふかし猪口にうきたる泡一つ万太郎

「梅雨」に似た言葉

ばい‐う【梅雨/×黴雨】

読み方:ばいう

6月上旬から7月上・中にかけて本州以南から朝鮮半島揚子江流域顕著に現れる季節的な梅雨前線上を小低気圧次々に東進して雨を降らせるもの。入梅前に走り梅雨(づゆ)の見られることが多く中休みには五月晴(さつきば)れとなることもあり梅雨明けを伴うことが多い。つゆ。さみだれ。《 夏》「草の戸開きしままなる―かな/虚子

[補説] 梅の実熟するころに降るの意、または、物に黴(かび)が生じるころに降るの意か。


梅雨

読み方:ツユtsuyu), バイウ(baiu)

六月降り続く長雨


梅雨

分野
季節現象に関する用語
意味:
晩春から夏にかけて曇りの日が多く現れる現象、またはその期間。
備考
梅雨前線のように「ばいう」と読む場合もあるが、単独では「つゆ」と読む。

梅雨

作者山口瞳

収載図書梔子(くちなし)の花
出版社新潮社
刊行年月1987.5
シリーズ名男性自身シリーズ

収載図書梔子の花
出版社新潮社
刊行年月1995.5
シリーズ名新潮文庫


梅雨

作者若穂由紀子

収載図書ようこそ森の図書館
出版社新風舎
刊行年月2005.2


梅雨

作者柏葉幸子

収載図書牡丹さんの不思議な毎日
出版社あかね書房
刊行年月2006.5
シリーズ名あかね・ブックライブラリー


梅雨

作者吉屋信子

収載図書吉屋信子生霊文豪怪談傑作選
出版社筑摩書房
刊行年月2006.9
シリーズ名ちくま文庫


梅雨

読み方:ツユtsuyu), バイウ(baiu)

六月上旬入梅の日から約三十日間じめじめと降る霖雨

季節

分類 天文


梅雨

読み方:ツユtsuyu

作者 安西冬衛

初出 昭和18年

ジャンル


梅雨

読み方:ツユtsuyu

作者 田中冬二

ジャンル


梅雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/20 19:53 UTC 版)

梅雨(つゆ、ばいう)は、北海道小笠原諸島を除く日本朝鮮半島南部、中国の南部から長江流域にかけての沿海部、および台湾など、東アジアの広範囲においてみられる特有の気象現象で、5月から7月にかけて来る曇りの多い期間のこと。雨季の一種である[1]


注釈

  1. ^ a b 梅雨前線のもととなる対流)は、大気の相当温位θeの減率が大きいほど強くなる。大気の温度湿度が高いほどθeは大きいので、乾と湿、あるいは寒と暖の性質を持つ気団の衝突によって大気のθe減率が大きくなることで、前線の雲が発生しやすくなる。
  2. ^ 2004年に立秋の2日以降にになってもまだ梅雨が明けない場合は梅雨明けを発表(特定)しないことを定めた。また8月31日の時点で梅雨明けしない場合は梅雨明けなしとなる(扱いは梅雨明け特定なしと同じ)。ちなみに、梅雨明け特定なしは何度があるが、梅雨明けなしは現時点では唯一、1993年だけである。1993年の記録的長雨では、沖縄と北海道以外での梅雨が、8月も梅雨となり(8月の梅雨は度々発生する青森岩手秋田北東北3県を除き観測史上では極めて稀である)、2ヶ月半以上にわたって梅雨が続いた状態であったため、梅雨明け時期は特定しなかった。
  3. ^ ただしこのパターンの年は北海道も低温・多湿・多雨傾向であり、8月でも内陸部では最低気温が10度を割る日がしばしば起こることがあるだけでなく、更に夏季の降水量が平年以上に多くなる場合もあり、年によっては前線や湿暖流などからもたらされた長期的な大雨や集中豪雨になることも決して少なくない。
  4. ^ なお、「リラ冷え」は1970年代から知られるようになった言葉で、俳人の榛谷美枝子が初めて俳句に用いたものを、辻井達一が著書で紹介、それがさらに渡辺淳一によって引用され小説『リラ冷えの街』となり、テレビドラマ化もされたことが契機となって広まったと伝えられている。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i キーワード 気象の事典、加藤内蔵進「梅雨」221-226頁
  2. ^ a b “夏(6〜8月)の天候” (PDF) (プレスリリース), 気象庁, (2021年9月1日), https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/stat/tenko2021jja_besshi.pdf 2021年9月2日閲覧。 
  3. ^ a b Yahoo!百科事典『梅雨(ばいう)』
  4. ^ 二宮、81-84頁
  5. ^ 二宮洸三 『豪雨と降水システム』、121-122頁、東京堂出版、2001年 ISBN 4-490-20435-3
  6. ^ 甲東哲、先田光演 編、『分類沖永良部島民俗語彙集』、p258、2011年、鹿児島、南方新社、ISBN 978-4-86124-209-0
  7. ^ 岩倉市郎、『喜界島方言集』p192、1941年、東京、中央公論社
  8. ^ a b c K.Iwata (2005年6月25日). “中国語の落とし穴026【出梅】”. 中国語学習ノート. 2009年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月11日閲覧。
  9. ^ 昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値)”. 気象統計情報. 気象庁. 2022年9月2日閲覧。
  10. ^ a b 『気象予報士ハンドブック』、2008年、§1-3-2
  11. ^ a b 『気象予報士ハンドブック』、2008年、§1-3-5
  12. ^ 榛谷美枝子さん:季語「リラ冷え」の俳人、1月に96歳で永眠、香る花に託した思い /北海道」毎日新聞、2013年5月31日北海道版
  13. ^ 豊島秀雄「ことば(放送用語) > 放送現場の疑問・視聴者の疑問 > 北海道の「リラ冷え」、本州の「花冷え」と同じ?」、NHK放送文化研究所、1999年5月1日付
  14. ^ “えぞ梅雨? 北海道内で雨や曇り続く 札幌は11日連続の降水”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年6月16日). オリジナルの2014年7月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140714160247/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/545685.html 
  15. ^ 森田正光 (1999年8月30日). “小笠原に梅雨はある?”. 森田さんのお天気ですかァ?. TBSテレビ. 2009年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月16日閲覧。
  16. ^ “장마의 시작과 끝(평년값)(梅雨の開始と終了 平年値)” (html) (プレスリリース), 大韓民国気象庁, (2009年5月26日), https://data.kma.go.kr/climate/rainySeason/selectRainySeasonList.do?pgmNo=120 2021年3月5日閲覧。 
  17. ^ 幡野泉 (2006年5月30日). “韓国にも「梅雨」はあるの?”. 季節から学ぶ韓国語. All About. 2009年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月11日閲覧。
  18. ^ 地球の声を聞こう「台風の進路を予測しよう!」より。
  19. ^ 地球の声を聞こう「集中豪雨から身を守ろう!」より。
  20. ^ エルニーニョ現象に伴う日本の天候の特徴”. エルニーニョ/ラニーニャ現象に関するデータ. 気象庁. 2007年6月29日閲覧。
  21. ^ ラニーニャ現象に伴う日本の天候の特徴”. エルニーニョ/ラニーニャ現象に関するデータ. 気象庁. 2007年6月29日閲覧。
  22. ^ [1]
  23. ^ a b c “梅雨って何?(3) どう生かす 「梅雨」への高い関心”. asahi.com (朝日新聞社). (2005年6月13日). http://www.asahi.com/special/june2005/TKY200506130497.html 2017年6月7日閲覧。 
  24. ^ 浅野芳 『お天気おじさんうちあけ話』家の光協会 (原著1981年7月)、p. 123頁。ASIN B000J7XODO 
  25. ^ a b c d 「春の長雨」と「菜種梅雨」、同じ意味? | ことば(放送用語) - 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所”. www.nhk.or.jp. 2020年5月31日閲覧。
  26. ^ 菜種梅雨とは?意味・由来・梅雨との違いは? | Beyond(ビヨンド)” (日本語). Beyond (2018年11月12日). 2020年5月31日閲覧。
  27. ^ 日本国語大辞典、世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典、デジタル大辞泉、とっさの日本語便利帳、大辞林 第三版、日本大百科全書(ニッポニカ)、精選版. “菜種梅雨(なたねづゆ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年5月31日閲覧。
  28. ^ 菜種梅雨とは?意味・由来・梅雨との違いは? | Beyond(ビヨンド)” (日本語). Beyond (2018年11月12日). 2020年5月31日閲覧。
  29. ^ a b 梅雨いろいろ(菜種梅雨)”. www5e.biglobe.ne.jp. 2020年5月31日閲覧。



梅雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 05:16 UTC 版)

2009年の日本」の記事における「梅雨」の解説

8月14日 - 気象庁東北地方での梅雨明け発表断念梅雨明けなしは史上2回目9月1日 - 気象庁梅雨明け見直しが行われ、梅雨明け北陸中国特定せず修正した中国1993年以来2回目北陸1993年以来2回目となった東北地方北部と南部分けて梅雨明け特定できなかったのはいずれ地域とも2003年以来6年ぶりで、北部4回目南部4回目となった

※この「梅雨」の解説は、「2009年の日本」の解説の一部です。
「梅雨」を含む「2009年の日本」の記事については、「2009年の日本」の概要を参照ください。


梅雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 08:09 UTC 版)

四季」の記事における「梅雨」の解説

6月ごろ、本州島以南島々での雨季平均して6月中頃から7月中頃まで約1か月程続く。梅雨の後はしばし豪雨となる。同時期北海道はやませの影響もあり梅雨は不明瞭でありかつては6月比較少な時期であった。ところが近年では降雨量増え豪雨が降ることさえある。

※この「梅雨」の解説は、「四季」の解説の一部です。
「梅雨」を含む「四季」の記事については、「四季」の概要を参照ください。


梅雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 07:59 UTC 版)

仙台の気候」の記事における「梅雨」の解説

仙台の梅雨は6月下旬から7月下旬にかけてである。オホーツク海気団影響によって冷涼となることが多いため、蒸し暑くならず、不快ではない。ただし、全国的にみれば「毎日梅雨寒といえるような気候あるため、「仙台には1年に冬が2度来る」ともいわれている。 梅雨の時期に、仙台市近郊利府町にて2002 FIFAワールドカップ日韓大会が行われたが、その内決勝トーナメント1回戦日本トルコ試合(を含め3試合)が、宮城スタジアム行われたサッカー解説者多くが「気温湿度も高い蒸れ日本の梅雨の気候は、蒸し暑さ慣れている日本代表にとって有利だ」と語っていたが、宮城県沿岸部の梅雨は例年通り涼しかったために、この地域における梅雨が日本代表に利することはなかった。 5月から7月頃、湿った暖かい南東風イナサ)が冷た親潮の上通過する際に海霧発生し、それが太平洋開けた仙台平野内陸まで入り込み、街全体霧に包まれることがしばしばある。クリネックススタジアム宮城でのナイター試合では、この照明の光が乱反射し、フライになったボールよく見えないという問題起きている。 特に近年では三陸沖発生する海霧発生回数多くなったほか、震災海岸防潮林流出したため、内陸部侵入しやすくなっている。

※この「梅雨」の解説は、「仙台の気候」の解説の一部です。
「梅雨」を含む「仙台の気候」の記事については、「仙台の気候」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「梅雨」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

梅雨

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:06 UTC 版)

名詞

(ばいう 熟字訓:つゆ(付表掲載))

  1. 5月から7月にかけて北海道小笠原諸島を除く日本朝鮮半島南部中国南部から長江流域にかけて沿海部、および台湾など、東アジア広範囲においてみられる雨季一種で、曇り雨の多い期間

発音(?)

ばいう; baiu

類義語

関連語


「梅雨」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



梅雨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「梅雨」の関連用語

梅雨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



梅雨のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
気象庁気象庁
©2023 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの梅雨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2009年の日本 (改訂履歴)、四季 (改訂履歴)、仙台の気候 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの梅雨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS