南とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 添加 > の意味・解説 

みなみ【南】

岡山市の区名。児島湾干拓が行われた地域で、農業がさかん。


みなみ【南】


みなみ【南】


みなみ【南】

江戸城の南の、品川遊里俗称。→北 →東 →西


みなみ【南】


なん【南】

[音]ナン(呉) (慣) [訓]みなみ

学習漢字2年

[一]ナン方角の一。みなみ。「南下南極南端南部南方南北南洋以南江南指南西南東南

[二]〈ナ〉

みなみ。「南殿

梵語音訳字。「南無

[三]〈みなみ〉「南風(みなみかぜ)/真南

名のり]あけ・みな・よし

難読南瓜(カボチャ)・南風(はえ)


みなみ【南】

広島市の区名。広島港に臨む。


みなみ【南】


みんなみ【南】

「みなみ」の撥音添加

「—の遣戸のそばに」〈春曙抄四六


みなみ【南】

浜松市の区名。中田島砂丘がある。


みなみ【南】

京都市の区名。下京区の南に位置し、東寺がある。工業地


みなみ【南】


みなみ【南】

多くミナミと書く》大阪市商業中心地の一。南船場島之内道頓堀難波新地(なんばしんち)・千日前などを含む地域。もと区名で、平成元年1989東区合併して中央区となった。→北


みなみ【南】


みなみ【南】


な【南】

⇒なん


みなみ【南】

新潟市の区名。旧白根市・旧味方村・旧月潟村域を占める。


みなみ【南】

熊本市の区名。白川緑川による三角州形成された低地帯


みなみ【南】

太陽の出る方に向かって右の方角。みんなみ。「—に向い部屋」⇔北。

南風。はえ。《 夏》「耳もとに波のわきたつ—かな/太郎


作者井上荒野

収載図書あなたの
出版社角川書店
刊行年月2008.11

















読み方:ミナミminami

所在 新潟県燕市



























地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
たかみな
なみ
なむ
なん
なんざき
みなみ
みなみはま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 06:41 UTC 版)

(みなみ)は、北極星とは対蹠方位。東西が相対的な位置関係にあるのに対して南北は絶対的な位置関係にある。北回帰線以北で、太陽高度が最も高くなる方位。逆に南回帰線以南では、太陽高度が最も低くなる。




「南」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:24 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. みなみ地球上では、太陽昇る方角向いみぎ方位角180°。その他の天体では、2つ自転軸地表との交点)のうち、惑星については、北極星地球の自転軸の北極側の延長)から遠い方の南極し、また小惑星彗星は、自転が右まわり(時計回りに見える位置から見て手前側南極として[1]、その天体地表において南極の方角を南とする。
  2. 南方の地。南国

人名

  1. みなみ日本人のひとつ

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「南」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



南と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「南」に関係したコラム

  • CFDの売買エントリーポイントを罫線で見つけるには

    CFDの売買エントリーポイントを見つけるには、罫線のパターンやチャートのパターン、テクニカル指標の数値などの方法が挙げられます。ここでは、CFDの売買エントリーポイントを罫線のパターンで見つける方法を...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「南」の関連用語


2
76% |||||

3
76% |||||

4
76% |||||

5
76% |||||

6
76% |||||

7
76% |||||

8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



南のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS