四六とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > > 四六の意味・解説 

し‐ろく【四六】

4と6。また、4分と6分。「四六の割合分ける」

4と6を掛けた数。24

四六判」の略。

四六文(ぶん)」の略。


し‐ろく【四六】

〔名〕

四つ六つまた、四分(ぶ)と六分

歌舞伎早苗鳥伊達聞書実録先代萩)(1876)二幕「半減や四六ぢゃ、買手はござらぬ」

② 四と六との乗積、すなわち二四をいう。

③ 「しろくみせ四六店)」の略。

洒落本契国策(1776)南方「坂の入り口にならぶは中見せにて四六と云けんふ也」

好くこと。好き。カルタ用語で、四と六のそろったのを目無しといい、好くことを目が無いというところからいう。

浮世草子男色大鑑(1687)七「其日は衣の四六と名に立つ人好きのさそひて」

(5) すごろくで、二箇の賽(さい)の目に四と六の数の出ること。〔日葡辞書(1603‐04)〕

(6) 縦横四幅と六幅であること。また、そういう蚊屋

洒落本祇園祭挑燈(1802)大結ホホウ四六のやをつりおるかな」

(7)しろくばん四六判)」の略。

或る女1919)〈有島武郎〉後「そこに在る四六細型の美し表装書物取り上げ見た

(8)しろくぶん四六文)」の略。

臥雲日件録文安五年(1448)二月一二日「周鏡蔵主、袖疏来求講明、因告之曰、今時四六、唯以対偶好、故意到者、十而八九也」〔宋史司馬光伝〕


四六

読み方:シロク(shiroku)

遊女の下品。


四六

読み方:しろく

  1. 普通窃盗犯人。〔第二類 人物風俗
  2. 普通窃盗犯。〔第三類 犯罪行為
  3. 窃盗犯人を云ふ。

四六

読み方:しろく

  1. 監獄-俗ニ監内囚人供給麦飯米麦四分六分割合ナリト云ヘルヨリ出ヅ。〔第五類 一般建物
  2. 刑務所
  3. 刑務所を云ふ。囚人食する飯は米四分、麦六分割合になつて居るより。
  4. 刑務所富良野
  5. 刑務所。〔一般犯罪
  6. 刑務所。〔掏摸
  7. 刑務所。四と六と九で十九重苦)又四六時中苦しというところから。〔盗〕
  8. 刑務所囚人が食べる飯は米四分六分であったことから出たもの。

分類 ルンペン大阪掏摸犯罪、盗/犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



四六と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「四六」の関連用語

四六のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



四六のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS