ロサンゼルスとは? わかりやすく解説

【ロサンゼルス】(ろさんぜるす)

USS Los Angeles

アメリカ合衆国攻撃型原子力潜水艦改良型含め62隻が建造され世界最大配備数を誇る。
一番艦が1976年に就航しているため、やや旧式化しているが、現在でもアメリカ海軍主力攻撃型潜水艦であり続けている。

冷戦期ロシア原子力潜水艦対抗すべく開発され長期に渡って建造されたため、建造時期によって排水量兵装若干異なる
なお、改ロサンゼルス級との外見上違いは潜舵の位置セイルから艦首移設されていることである。

ちなみに後継艦としてシーウルフ級SSN開発建造されたが、高価すぎるため次期主力原潜としてヴァージニア級SSN開発建造されており、今後ヴァージニア級配備ともなって本級は退役していく見通しである。

主要諸元ロサンゼルス級
全長109.73m
全幅10.06m
喫水9.75m
排水量
水上/水中
6,080t/6,927t(SSN-688~699
6,130t/6,977t(SSN-700~714
6,165t/7,102t(SSN-716~718
6,255t/7,147t(SSN-719~750
6,300t/7,147t(SSN-751~770)・7,177t(SSN-771~SSN-773)
予備浮力13.9%(SSN-688~699
13.8%(SSN-700~714
13.7%(SSN-716~718
13.5%(SSN-719~750
13.4%(SSN-751~770
13.3%(SSN-771~773
主機関原子力蒸気タービン出力30,000shp)7翼ハイスキュード・スクリュー×1軸推進
ポンプジェット方式(SSN-773)
S6G加圧水型原子炉×1基
2次推進モーター(325hp)×1基
電池ガピーIE126個×1群
水中速力30kt
潜行深度457m
乗員127133名(士官1213名、下士官兵115120名)
兵装Mk67 533mm水圧式魚雷発射管×4門(弾庫容量22基+発射管装填分)
(Mk48 大型誘導魚雷サブロック、サブ・ハープーン、トマホーク各種機雷搭載。)
トマホークVLS×12基(フライトII/フライトIII以降
C4IシステムGCCS-M+NTDS mod 5リンク11+リンク16)
BQQ-5統合ソナー+BSY-1 ASWCSCCS Mk 1/2+Mk 36 TWS初期建造艦ではMk117 UBFCS))
ソナーBQQ-5D/E 艦首ソナー
BQS-15 近距離ソナー氷塊探知用)
BQG-5D フランク・アレイ・ソナー
TB-16D・TB-23 曳航ソナー

同型艦

造船所略号以下のとおり
EBエレクトリックボート
NNニューポート・ニューズ造船所

フライトI/フライトII

番号艦名造船所起工進水就役退役
SSN-688ロサンゼルス
(USS Los Angeles)
NN1972.1.81974.4.61976.11.132010.1.23
SSN-689バトンルージュ
(USS Baton Rouge)
NN1972.11.181975.4.261977.6.251995.1.13
SSN-690フィラデルフィア
(USS Philadelphia)
EB1972.8.121974.10.191977.6.25
SSN-691メンフィス
(USS Memphis)
NN1973.6.231976.4.31977.12.17
SSN-692オマハ
(USS Omaha)
EB1973.1.271976.2.211978.3.111995.10.5
SSN-693シンシナティ
(USS Cincinnati)
NN1974.4.61977.2.191978.6.101996.7.29
SSN-694グロトン
(USS Groton)
NN1973.8.31976.10.91978.7.81997.11.7
SSN-695バーミングハム
(USS Birmingham)
NN1975.4.261977.10.291978.12.161997.12.22
SSN-696ニューヨークシティ
(USS New York City)
EB1973.12.151977.6.181979.3.31997.4.30
SSN-697インディアナポリス
(USS Indianapolis)
EB1974.10.191977.7.301980.1.51998.12.22
SSN-698ブレマートン
(USS Bremerton)
EB1976.5.81978.7.221981.3.28
SSN-699ジャクソンビル
(USS Jacksonville)
EB1976.2.211978.11.18.1981.5.16
SSN-700ダラス
(USS Dallas)
EB1976.10.91979.4.281981.7.18
SSN-701ラホーヤ
(USS La Jolla)
EB1976.10.161979.8.111981.9.30
SSN-702フェニックス
(USS Phoenix)
EB1977.7.301979.12.81981.12.191998.7.29
SSN-703ボストン
(USS Boston)
EB1978.8.111980.4.191982.1.301999.11.19
SSN-714ボルチモア
(USS Baltimore)
EB1979.5.211980.12.131982.7.241998.7.10
SSN-705シティ・オブ・コーパスクリスティ
(USS City of Corpus Christi)
EB1979.9.41981.4.25.1983.1.8
SSN-706アルバカーキ
(USS Albuquerque)
EB1979.12.271982.3.131983.5.21
SSN-707ポーツマス
(USS Portsmouth)
EB1980.5.81982.9.181983.10.12004.9.10
SSN-708ミネアポリス=セントポール
(USS Minneapolis-Saint Paul)
EB1981.1.201983.3.191984.3.10
SSN-709ハイマン・G・リッコーヴァー
(USS Hyman G. Rickover)
EB1981.7.241983.8.271984.7.212007.3.1
SSN-710オーガスタ
(USS Augusta)
EB1982.4.11984.1.211985.1.19
SSN-711サンフランシスコ
(USS San Francisco)
NN1977.5.261979.10.271981.4.24
SSN-712アトランタ
(USS Atlanta)
NN1978.8.171980.8.161982.3.61999.12.16
SSN-713ヒューストン
(USS Houston)
NN1979.1.291981.3.211982.9.25
SSN-714ノーフォーク
(USS Norfolk)
NN1979.8.11981.10.311983.5.21
SSN-715バッファロー
(USS Buffalo)
NN1980.1.251982.5.81983.11.5
SSN-716ソルトレイクシティ
(USS Salt Lake City)
NN1980.8.261982.10.161984.5.122006.1.15
SSN-717オリンピア
(USS Olympia)
NN1981.3.311983.4.301984.11.17
SSN-718ホノルル
(USS Honolulu)
NN1981.11.101983.9.241985.7.62007.11.2


フライトIIVLS装備型

番号艦名造船所起工進水就役退役
SSN-719プロビデンス
(USS Providence)
EB1982.10.141984.8.41985.7.27
SSN-720ピッツバーグ
(USS Pittsburgh)
EB1983.4.151984.12.81985.11.23
SSN-721シカゴ
(USS Chicago)
NN1983.1.51984.10.131986.10.27
SSN-722キーウェスト
(USS Key West)
NN1983.7.61985.7.201987.9.12
SSN-723オクラホマシティ
(USS Oklahoma City)
NN1984.1.41985.11.21988.7.9
SSN-724ルイビル
(USS Louisville)
EB1984.9.241985.12.141986.11.8
SSN-725ヘレナ
(USS Helena)
EB1985.3.281986.6.281987.7.11
SSN-750ニューポート・ニューズ
(USS Newport News)
NN1984.9.241985.12.141986.11.8


フライトIII(改ロサンゼルス級

番号艦名造船所起工進水就役退役
SSN-751サンフアン
(USS San Juan)
EB1985.8.91986.12.61988.8.6
SSN-752パサデナ
(USS Pasadena)
EB1985.12.201987.9.121989.2.11
SSN-753オールバニ
(USS Albany)
NN1985.4.221987.6.131990.4.7
SSN-754トピカ
(USS Topeka)
EB1986.5.131988.1.231989.10.21
SSN-755マイアミ
(USS Miami)
EB1986.10.241988.11.121990.6.30
SSN-756スクラントン
(USS Scranton)
NN1986.8.291989.7.31991.1.26
SSN-757アレクサンドリア
(USS Alexandria)
EB1987.6.191990.6.231991.6.29
SSN-758アッシュビル
(USS Asheville)
NN1987.1.91990.2.241991.9.28
SSN-759ジェファーソンシティ
(USS Jefferson City)
NN1987.9.211990.8.171992.2.29
SSN-760アナポリス
(USS Annapolis)
EB1988.6.151991.5.181992.4.11
SSN-761スプリングフィールド
(USS Springfield)
EB1990.1.291992.1.41993.1.9
SSN-762コロンバス
(USS Columbus)
EB1991.1.91992.8.11993.7.24
SSN-763サンタフェ
(USS Santa Fe)
EB1991.7.91992.12.121994.1.8
SSN-764ボイシ
(USS Boise)
NN1988.8.251991.3.231992.11.7
SSN-765モントピリア
(USS Montpelier)
NN1989.5.191991.8.231993.3.13
SSN-766シャーロット
(USS Charlotte)
NN1990.8.171992.10.31994.9.16
SSN-767ハンプトン
(USS Hampton)
NN1990.3.21992.4.31993.11.16
SSN-768ハートフォード
(USS Hartford)
EB1992.2.221993.12.41994.12.10
SSN-769トレド
(USS Toledo)
NN1991.5.61993.8.281995.2.24
SSN-770ツーソン
(USS Tucson)
NN1991.8.151994.3.201995.8.18
SSN-771コロンビア
(USS Columbia)
EB1993.4.211994.9.241995.10.9
SSN-772グリーンビル
(USS Greeneville)
NN1992.2.281994.9.171996.2.16
SSN-773シャイアン
(USS Cheyenne)
NN1992.7.61995.4.161996.9.13

ロサンゼルス

作者ドリス・デリー

収載図書素敵な男性知り合うには
出版社太陽出版
刊行年月1992.2


ロサンゼルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 09:26 UTC 版)

ロサンゼルス英語: Los Angeles, スペイン語: Los Ángeles)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州都市。同州最大かつ北米屈指の世界都市。アメリカ国内ではニューヨークに次いで人口が多い[1]


注釈

  1. ^ カリフォルニア州議会は州内全ての公立病院が救急医療部を備え、救急室が耐震構造を持つことを義務化する法律を2005年1月1日に通過させた。

出典

  1. ^ Census Bureau Announces Most Populous Cities(アメリカ合衆国国勢調査局)
  2. ^ 在ロサンゼルス日本国総領事館、在留邦人数調査結果
  3. ^ JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月25日閲覧。
  4. ^ Cities Rank Among the Top 100 Economic Powers in the World Chicago Council on Global Affairs 2016年10月28日閲覧。
  5. ^ Los Angeles Region United Census Bureau 2012年8月28日閲覧
  6. ^ Noelle Sullivan (2009). It Happened in Southern California: Remarkable Events That Shaped History. Rowman & Littlefield. p. 9. ISBN 0762763221 
  7. ^ 『南加州日本人七十年史』45ページ、南加日系人商業会議所編(1960年)
  8. ^ MSN天気予報 - ロサンゼルス”. msn.com. 2009年11月19日閲覧。
  9. ^ : Southland
  10. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  11. ^ Los Angeles (city), California”. State & County QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2012年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年12月16日閲覧。
  12. ^ a b c Race and Hispanic Origin for Selected Cities and Other Places: Earliest Census to 1990”. U.S. Census Bureau. 2012年1月2日閲覧。
  13. ^ a b From 15% sample
  14. ^ Hispanic origin based on the White population of Spanish mother tongue.
  15. ^ Moffatt, Riley (1996). Population History of Western U.S. Cities & Towns, 1850–1990. Lanham, Maryland: Scarecrow. p. 41 
  16. ^ Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places Over 100,000, Ranked by July 1, 2011 Population: April 1, 2010 to July 1, 2011 (CSV)”. United States Census Bureau, Population Division (2011年7月1日). 2012年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月9日閲覧。
  17. ^ “ロサンゼルスのホームレス人口は全米最大、当局発表”. AFPBB News. (2007年10月12日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2296736/2234174 2013年6月21日閲覧。 
  18. ^ 増え続けるLAのホームレス人口、立ち並ぶテントが犯罪の温床に”. CNN (2019年6月6日). 2019年6月6日閲覧。
  19. ^ a b GFCI 28 Rank - Long Finance”. www.longfinance.net. 2020年10月19日閲覧。
  20. ^ a b 南加県人会協議会 ABOUT US
  21. ^ 甲佐町甲佐町の先人 甲斐政次郎」。
  22. ^ a b Southern California Flower Market: A Japanese American Business Blooms。 Public Media Group of Southern California(2012年)。
  23. ^ a b “日系人の人権のため戦う:藤井整の勇気描く”. Rafu Shimpo. (2013年5月9日). http://www.rafu.com/2013/05/%E6%97%A5%E7%B3%BB%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E6%88%A6%E3%81%86%EF%BC%9A%E8%97%A4%E4%BA%95%E6%95%B4%E3%81%AE%E5%8B%87%E6%B0%97%E6%8F%8F%E3%81%8F/ 2017年6月30日閲覧。 
  24. ^ 中町泰子「日系チャプスイレストランにおけるフォーチュンクッキーの受容」『年報非文字資料研究』第5号、神奈川大学日本常民文化研究所 非文字資料研究センター、2009年3月、 173-186頁、 ISSN 18839169NAID 120006603626
  25. ^ http://www.mla.org/map_data_results&state_id=6&county_id=&mode=&zip=&place_id=44000&cty_id=&ll=&a=&ea=&order=r Modern Language Association Data Center Results of Los Angeles, California Modern Language Association
  26. ^ http://www.infoplease.com/us/cities/safest-dangerous-cities.html
  27. ^ Discovery of Oil in Los Angeles (USC)
  28. ^ JALグループ、2014年度国際線路線便数計画を一部変更 日本航空 2014年9月5日閲覧
  29. ^ 終わりなき闇 チェット・ベイカーのすべて. 河出書房新社. (2006) 
  30. ^ Kristen Stewart Biography – Yahoo! Movies”. Movies.yahoo.com (1990年4月9日). 2021年10月10日閲覧。
  31. ^ 『フィールド・オブ・ドリームス』 映画パンフレット、キャスト・プロフィルより。
  32. ^ ロサンゼルス市の姉妹都市 Archived 2007年1月4日, at the Wayback Machine.
  33. ^ テルアビブ・ロサンゼルスの協力関係 Archived 2008年6月23日, at the Wayback Machine. グレーター・ロサンゼルスのユダヤ連合



ロサンゼルス(Los Angeles)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/05 15:01 UTC 版)

ブレードランナー 2049」の記事における「ロサンゼルス(Los Angeles)」の解説

ウォレス社地球本部そびえ立つアメリカ西海岸位置する大都市海面上昇により沿岸陸地失われ市街地内陸移動している。「セプルベダウォール」と呼ばれる巨大な防壁によって海から守られている。住人のほとんどが外出時には防塵マスク着用するほど空気淀んでおり、映像投影しやすいので、3Dホログラム映像広告として使用されている

※この「ロサンゼルス(Los Angeles)」の解説は、「ブレードランナー 2049」の解説の一部です。
「ロサンゼルス(Los Angeles)」を含む「ブレードランナー 2049」の記事については、「ブレードランナー 2049」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロサンゼルス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ロサンゼルス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ロサンゼルスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロサンゼルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロサンゼルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブレードランナー 2049 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS