カバディとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 競技 > カバディの意味・解説 

カバディ

英語:kabaddi

カバディとは「接触」を根幹とするインド発祥スポーツ団体競技)である。インド国技であり、同国およびその周辺の国々で発展した。

【カバディの語源
カバディ(kabaddi)という言葉そのものの元々の意味・語源由来定かでない競技上、攻撃手は息継ぎせずに「カバディ」と連呼している間のみ攻撃できるというルールがある。

特徴
カバディは概ね10メートル四方(12.5m×10m)のコート内で攻守チーム分かれて行う。ボール等の道具は特に必要なく、コートがあれば競技できる。攻撃チームはひとり相手陣地侵入し、守備チーム誰かタッチして自陣帰還すれば得点となる。守備側が攻撃を躱しきれば攻撃失敗である。鬼ごっこドッジボール要領通じといえる

カバディは日本では長らく色物的なマイナースポーツとして認識されてきたといえる2010年代半ば以降、カバディを主題としたマンガ作品登場人気を博したこともあり、徐々に認知度人気高めてきている。競技人口も増えつつあるという。

カバディ【(ヒンディー)kabaddi】

インド国技。1チーム七人の二組み攻撃側と守備側とに分かれ攻撃側の一人が「カバディ」と連呼しながら、息の続く間守備側のからだや手にタッチし、守備側はタックルなどで妨害する。触れた人の数が得点になる。


カバディ

歴史と沿革

インド中心にバングラディシュパキスタンスリランカネパールなどの南アジアの国々では、 二千年以上の歴史を持つ伝統のあるスポーツ。特にインドバングラディシュでは国技として人気が高い。

二千年前のインドで、猛獣数人取り囲み武器を持たずに捕らえるという狩りの手法があり、これがカバディの起源といわれている。

競技としてのカバディは、1980年11アジア競技大会北京)から正式競技種目となり、 1994年12アジア競技大会広島)と1998年13アジア競技大会バンコク)に日本人選手派遣している。 次の2002年14アジア競技大会は、釜山での開催決定している。

日本国内でのカバティ競技は、98年にインドチームと初め国立代々木第二体育館対戦が行われた。 以後毎年全日本大会首都圏開催し、日本代表選手選考会兼ね海外試合選手派遣している。

用具を必要としないカバディは、東南アジア広く普及し、競技人口1000万人にも及んでいる。ルール競技方法シンプルな分、奥が深くプレーヤーレベルに応じたプレイができる。体をぶつけあって遊ぶことの少なくなった現代の子供たちには、最適スポーツといえるわが国カバティ競技人口5000人ほどで、大学生が多い。近年女性愛好者も増えている


競技方法

競技特徴ひとことでいえば、鬼ごっこ格闘技かけあわせたようなもの。何も道具を必要とせず、 タテ12.5m×ヨコ10m(女子10×8m)のコートさえあればプレーできる(下図参照)。

1チーム7人で、試合時間前後半各20分(女子15分)。得点タッチ1人につき1点、攻撃失敗する守備チームに1点加算される。競技選手には体重制限があり、85kg未満条件試合攻撃守備交互に行う。攻撃側1名(レイダー)が、相手コートセンターにあるボークラインを越え時点プレー開始され、守備側(アンティ)のコート内でプレーは展開される。


得点となるプレイとルール

1. レイダー1人相手コート攻め入り守備側のプレイヤーの体にタッチした後、指先だけでもミッドライン越え自陣に戻れば1点の獲得タッチされた守備プレイヤーは、その時点でコートアウト(シッティングブロックに一時退場)しなければならない

2. レイダー守備側に捕まって自陣戻れないときは、守備側の得点となる。ただし、捕まえ損ね自陣に戻られた場合は、攻撃側の得点となり、同時にレイダーの体に触れ守備プレイヤーはすべてコートアウトとなる。

3. 得点すると、自陣からコートアウトしている選手が、得点分の人数だけコート内に復帰できる。また、チーム選手全員退場になった場合相手チームに2点を与え全員コート復帰して試合再開できる(これを「ローナ」といい、英語でいえばリセット)。

4. レイダーは、攻撃中に「カバディ、カバディ」と息継ぎをせずに呼称なければならず、息継ぎ呼称途切れればコートアウトとなり、守備側の得点となる。守備側はレイダーに対し、タックルホールディングなどを試みて、呼吸途切れさせようと、リスク覚悟駆け引きをする。


コート

本来、土と堆肥おが屑で作られた、平坦柔らかグラウンド上で競技されるが、日本には柔らかい土のグラウンド少ないので、体育館プレーされることが多い。

コートはインサイドラインとエンドライン内側使用し、攻撃側も守備側もラインを足が越え場合アウトとなる。ただし、攻撃手のタッチが決まった後は、攻撃手は逃げるため、守備側は捕獲のために、両サイドロビー内も利用できる。したがって、審判員は両サイドラインエンドラインに4名必要となる。サイドラインの1名の審判員加点の笛で得点指示し、得点板に得点を書いて競技者に公開する。最終的に、前後半を終えて得点が勝っているチーム勝者となる。

このように一見単純なスポーツ見えるが、一定レベル上の試合になると、攻守緻密な駆け引きと、一転して攻守入れ替わるので息つく暇がなく、なかなか知恵を必要とするハード奥深いスポーツといえる



カバディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/10 09:46 UTC 版)

カバディ: Kabaddiヒンディー語: कबड्डी)は、南アジアで主に行われるチームスポーツである。インド国技でありインドから発祥した。源流はマハーバーラタに遡るといわれ、古代に起源すると考えられている。最も大きな特徴として、競技中に、攻撃者は「カバディ、カバディ、カバディ……」と発声し続けなければならないというルールがある。






「カバディ」の続きの解説一覧

カバディ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:49 UTC 版)

名詞

  1. スポーツ一つ。一チーム10-12人ずつのチームで各チーム7人ずつコート入り自分チームからレイダー呼ばれる攻撃者を1人出しレイダー守備側のコート入りアンティ呼ばれる守備側の7人にレイダーが「カバディ、カバディ」とキャント呼ばれる連呼行い守備側のアンティタッチしてし自分コートに戻ってきてタッチした人数分の得点競う競技

翻訳

関連語




カバディと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カバディ」の関連用語

カバディのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カバディのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2021 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカバディ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカバディ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS