バトントワリングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > スポーツ競技 > バトントワリングの意味・解説 

バトン‐トワリング【baton twirling】


バトントワリング

歴史と沿革


バトントワリングはバトン呼ばれる手具回転させると言う意味で、手に持ってバトンを回すだけでなく、高く投げたり、首や肩、腕の上転がすなど数百種類の技がありますスピーディーなバトン操作バレエ体操要素を組み入れ音楽バトン身体表現する演技芸術性の高い魅力あるスポーツです。

バトントワリングとしての起源は、20世紀前半アメリカ軍楽隊先頭に立って指揮をするドラムメジャーが持つ指揮杖回したことから始まったといわれています

日本では1950年代後半基地住んでいたアメリカ人少女NHKテレビバトン演技披露したことが現在のバトントワリングの発展つながったといわれています1964年の東京オリンピック以降パレード運動会バトン演技見られるようになり、学校教育社会教育に取入れられ専門のバトンスタジオやスクールなども誕生しました


楽しく気軽にできる健康的なレクリエーションとして人気が高まると同時にマーチングバンド共存した組織発展し技能検定指導者認定研修会が行われ、フェスティバル競技などの大会開かれるようになりました。現在バトン愛好者60万人といわれています競技においては世界バトントワリング選手権開催され日本世界トップレベル実力を持つスポーツ発展しました


用具


種目


大会概要

国内大会
「バトントワリング全国大会」(団体演技
主 催 一般社団法人日本マーチングバンド・バトントワーリング協会
部 門 小学生中学生高等学校一般
内 容 曲のテーマに合わバトン身体表現フロア一杯に演じ集団を競う演技フロアは約25m×30m

全日本バトントワリング選手権大会」(個人・ペア・チーム)
主 催 日本スポーツバトン協会
種 目 ソロトワール、トゥーバトン、スリーバトン、ペア、ソロストラット、ダンストワール、フリースタイル個人・ペア・チーム、コンパルソリーショートプログラム
部 門 年齢区分は種目により異な
内 容 各種目の特性生かした技と身体表現を競う世界選手権大会WBTFインターナショナルカップの予選兼ね

国際大会
世界バトントワリング選手権大会

主 催 世界バトントワリング連合WBTF
種 目 フリースタイル個人・ペア・チーム
部 門 個人女子・男子ともにジュニア・シニアペアジュニア・シニアチーム性別年齢自由
内 容 あらゆるバトンテクニックと身体表現総合した演技が、いかに曲のなかに表現されているかを競うペアペアワークチームチームワークポイント

WBTFインターナショナルカップ」
主 催 世界バトントワリング連合WBTF
種 目 ソロトワール、トゥーバトン、スリーバトン、アーティスティックトワール、アーティスティックペア、チーム
部 門 個人及びペアはジュニア・シニア・アダルト、チーム性別年齢自由
内 容 各種目の特性生かした技と身体表現を競う


バトントワリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 08:22 UTC 版)

バトントワリングバトントワーリングとも[1]、英: Baton Twirling)とは、バトンと呼ばれる両端にゴム製のおもりをつけた金属の棒を回したり、空中に投げたりする演技を行うパフォーマンスないし、それを体系化したスポーツである。


  1. ^ 日本の統括団体である日本バトン協会では「バトントワーリング」の表記を用いているが、「バトントワリング」と表記されることも多い。
  2. ^ 「バトントワーリング」に倣えば「バトントワーラー」であるが、「バトントワラー」の表記が一般的。
  3. ^ a b 『新版 吹奏楽講座 (7) 吹奏楽の編成と歴史』音楽之友社、1998年、231頁。
  4. ^ a b c 『新版 吹奏楽講座 (7) 吹奏楽の編成と歴史』音楽之友社、1998年、232頁。
  5. ^ 「オリンピック競技を目指して」東京都バトン協会
  6. ^ 1993 World Championships,1994 World Championships,1997 World Championships,2001 World Championships,2002 World Championships,2003 World Championships,2004 World Championships,2005 World Championships
  7. ^ NHK「第16回紅白歌合戦」オープニング(1965年12月31日)で神奈川の女子高バトンチームが白いゴム長靴で出演。1971年スタートのドラマ「おれは男だ!」シリーズにも、バトン部のヒロイン「吉川くん」が剣道部を体育館で光沢のある白の長靴姿で応援する場面がある。
  8. ^ Rally Cats(Clemson University,South Carolina)etc.
  9. ^ WBTF”. 日本バトン協会. 2016年11月4日閲覧。


「バトントワリング」の続きの解説一覧

バトントワリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:34 UTC 版)

バトン振るって光線放ち、敵に浴びせて操る。

※この「バトントワリング」の解説は、「カービィ」の解説の一部です。» 「カービィ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「バトントワリング」の例文・使い方・用例・文例

  • バトントワリングをする人
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

バトントワリングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バトントワリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2022 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2022 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバトントワリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカービィ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS