技能検定とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 資格 > 検定 > 技能検定の意味・解説 

技能検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 02:06 UTC 版)

技能検定(ぎのうけんてい): Skill test(スキルテスト)とは、労働者の有する技能の程度を検定し、これを公証する日本の国家検定制度。労働者の技能と地位の向上を図ることを目的に、職業能力開発促進法に基づき、1959年(昭和34年)度より実施されている。


  1. ^ なお、職業能力開発促進法第50条第4項では「技能士でない者は、技能士という名称を用いてはならない。」とされている
  2. ^ 技能検定・指定試験機関一覧(厚生労働省)
  3. ^ 第97回労働政策審議会職業能力開発分科会参考資料2「職業能力開発関係資料集」P109(技能検定の職種数の推移)
  4. ^ 労働省職業訓練局、職業訓練法—労働法コンメンタール8—、労務行政研究所、昭和54年。
  5. ^ 勤労青少年福祉法等の一部を改正する法律(平成27年法律第72号)による改正
  6. ^ 技能検定制度について(厚生労働省)
  7. ^ 『職業能力開発促進の実務手引』 職業訓練教材研究会 2002年 ISBN 4786303070 446頁「技能検定の実施機関」より引用
  8. ^ 『職業能力開発促進の実務手引』 職業訓練教材研究会 2002年 ISBN 4786303070 555頁「指定試験機関技能検定委員」より引用
  9. ^ 中央技能検定委員は職業能力開発促進法施行規則第74条の2第2項、都道府県技能検定委員は同規則第74条の3において準用する第74条の2第2項、指定試験機関技能検定委員は同規則第63条の9第3項の規定による
  10. ^ 中央技能検定委員は職業能力開発促進法施行規則第74条の2第1項、都道府県技能検定委員は同規則第74条の3において準用する第74条の2第1項、指定試験機関技能検定委員は同規則第63条の9第2項の規定による
  11. ^ 中央技能検定委員は職業能力開発促進法第77条第2項、都道府県技能検定委員は同法第89条第2項、指定試験機関技能検定委員は同法第47条第3項の規定による


「技能検定」の続きの解説一覧

技能検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 05:48 UTC 版)

Microsoft Excel」の記事における「技能検定」の解説

技能資格としての検定は、過去にマイクロソフト公認の「エクセルマスター」「ワードマスター」という資格存在した1993年165名)、1994年148名)と2回実施され合格者それぞれ6名で94年検定最後に廃止された。これはオフィスシリーズへの製品拡充に伴う検定内容変更検定合格者異常な少なさ試験範囲見直しが行われたためである2016年時点でマイクロソフト公認の資格には、マイクロソフト オフィス スペシャリスト (Microsoft Office Specialist, MOS) がある。Office 2007対応したマイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト (Microsoft Certified Application Specialist, MCAS) はMOS統合統一されたまた、日本の国試験である情報処理技術者試験一部区分ITパスポート試験基本情報技術者試験初級システムアドミニストレータ試験)にも表計算ソフトに関する問題出題されている。こちらは国家試験である特性上、特定ベンダー製品に関する内容出題できないため、出題される表計算ソフト試験専用のオリジナルソフトウェアであるが、機能および関数Microsoft Excelのものに近いとされる詳細は「表計算ソフト (情報処理技術者試験)」および「表計算ソフト#表計算ソフトに関する資格を参照

※この「技能検定」の解説は、「Microsoft Excel」の解説の一部です。
「技能検定」を含む「Microsoft Excel」の記事については、「Microsoft Excel」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「技能検定」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



技能検定と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

技能検定のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



技能検定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの技能検定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMicrosoft Excel (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS