国民健康保険とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 保険 > 国民健康保険の意味・解説 

こくみん‐けんこうほけん〔‐ケンカウホケン〕【国民健康保険】


国民健康保険(こくみんけんこうほけん)


国民健康保険(こくみんけんこうほけん)


国民健康保険

国民健康保険とは、生活を守るための保険制度1つで、 病気ケガでの出費に対して自己負担軽減される出産育児に対して一時金支給されるなどの制度のことをいいます
個人事業主自営業者加入対象となり、本人によって保険料支払い行います
病気ケガによる医療費発生した場合一般的な自己負担額3割となります。 ただし、3歳未満については2割、70歳以上については1割となってます。
出産育児一時金については、地域ごとに支給額異なるため、 自治体ごとに確認する必要があります

国民健康保険 (こくみんけんこうほけん)


国民健康保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 09:24 UTC 版)

国民健康保険(こくみんけんこうほけん、: National Health Insurance)は、日本の国民健康保険法等を根拠とする、法定強制保険医療保険である。主に市町村が運営し、被用者保険などとともに、日本におけるユニバーサルヘルスケア制度の中核をなすものである。医療保険事務上の略称は国保(こくほ)と呼ばれ、被用者保険と区別される。日本においては、国民健康保険税として、税金として徴収される。なお本税は、控除対象になることから、納付申告すると事業者および個人の住民税等が減税または、非課税となる機能を有している。


注釈

  1. ^ 東京地裁平成10年7月16日判決では、在留資格のない外国人に被保険者資格を認めた。なお控訴審中に原告は在留特別許可を受け、被保険者資格を取得している。

出典

  1. ^ a b c 国民健康保険中央会 2012, pp. 5.
  2. ^ a b c 国民健康保険実態調査 平成29年度 (Report). 厚生労働省. (2019-03-12). https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450397&tstat=000001125095&cycle=8&tclass1=000001125099&result_page=1. 
  3. ^ 平成28年度 国民医療費の概況 (Report). 厚生労働省. (2018-09-21). https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/16/index.html. 
  4. ^ a b c 厚生労働白書 2011, p. 35.
  5. ^ 国民健康保険事業年報 平成22年度, e-stat , (GL08020101)
  6. ^ a b c (PDF) 全国高齢者医療・国民健康保険主管課(部)長及び後期高齢者医療広域連合事務局長会議 国民健康保険関係資料 (Report). 厚生労働省. (2012年2月6日). https://www.mhlw.go.jp/topics/2012/02/dl/tp120205-1-koku_kankei.pdf. 
  7. ^ 東京都弁護士国民健康保険組合”. 2014年12月4日閲覧。
  8. ^ 保険局長 (2012年1月20日), “国民健康保険法施行規則及び高齢者の医療の確保に関する法律施行規則の一部を改正する省令等の施行について(保発0120第2号)” (PDF) (プレスリリース), 厚生労働省, オリジナルの2014年2月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140220185635/http://www.kokuho.or.jp/whlw/lib/ho_24_0120002.pdf 
  9. ^ a b c d e f g 国民健康保険中央会 2012, pp. 29.
  10. ^ 国民健康保険事業年報 平成29年度 (Report). 厚生労働省. (2016-03-31). https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00450396&tstat=000001128395. 
  11. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 12, 17.
  12. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 17.
  13. ^ a b c d e 国民健康保険中央会 2012, pp. 15.
  14. ^ 厚生労働省 2014, p. 12.
  15. ^ 厚生労働省 2014, p. 5.
  16. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 25.
  17. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 31.
  18. ^ 厚生労働省 2014, p. 4.
  19. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 4.
  20. ^ OECD Economic Surveys: Japan 2009 (Report). OECD. (2009-08-13). pp. 104, 118, 126-128. doi:10.1787/eco_surveys-jpn-2009-en. ISBN 9789264054561. 
  21. ^ a b 社会保障制度改革国民会議 報告書(概要) (Report). 社会保障国民会議. (2013-08-05). https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokuminkaigi/. 
  22. ^ 第189回国会 閣法 189回28号 持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律案
  23. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 12.
  24. ^ “国保納付率88%、最低更新 09年度、景気悪化で”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2011年2月4日). オリジナルの2011年11月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111126052608/https://www.47news.jp/CN/201102/CN2011020401000501.html 
  25. ^ 田中敏「国民健康保険制度の現状と課題」『Issue brief』第488巻、2005年7月5日、 1-10頁、 NAID 40006756508
  26. ^ 厚生労働白書 2011, Chapt.3.
  27. ^ 国民健康保険中央会 2012, pp. 8.
  28. ^ 厚生労働省 2014, p. 1.
  29. ^ 従業員を採用したときの手続き” (2020年6月16日). 2020年8月24日閲覧。
  30. ^ 国民健康保険改革の進捗等について”. 厚生労働省 (2019年5月29日). 2020年8月24日閲覧。
  31. ^ “経済的事情で受診遅れ死亡56人 道内は2人 民医連が調査”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2015年4月23日). オリジナルの2015年4月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150425134024/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/health/health/1-0126205.html 2015年4月30日閲覧。 
  32. ^ “生活苦、重い窓口負担 無保険・無年金、駆け込み診療”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2014年11月27日). オリジナルの2014年12月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141221010657/http://apital.asahi.com/article/serial/2014112600008.html 2015年4月30日閲覧。 
  33. ^ 無料・低額診療にとりくんでいる事業所”. 全日本民医連 (2015年4月23日). 2015年4月30日閲覧。
  34. ^ 無料低額診療事業について (PDF)”. 厚生労働省 (2008年1月21日). 2015年4月30日閲覧。
  35. ^ 国民健康保険料(税)滞納問題に関する研究会. “国民健康保険料(税)収納率向上のための提言 ~publisher=公益社団法人 国民健康保険中央会”. 2020年6月1日閲覧。
  36. ^ 平成30年度部局予算編成方針”. 豊島区. 2018年11月6日閲覧。
  37. ^ 平成28年度 第1 回 豊島区収納対策本部”. 豊島区. 2019年3月20日閲覧。
  38. ^ 平成30年度第5回定例記者会見資料(平成30年10月12日開催)”. 船橋市. 2018年11月21日閲覧。
  39. ^ 平成30年度第2回 松戸市国民健康保険運営協議会会議録”. 松戸市. 2019年3月20日閲覧。
  40. ^ “国保誤加入で3700万余給付”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2018年5月9日). オリジナルの2018年5月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180509220615/http://www3.nhk.or.jp/lnews/hiroshima/20180509/4000000724.html 
  41. ^ “来日中国人が日本の医療制度に“タダ乗り”しようとしている!?”. 週刊SPA! (扶桑社). (2018年11月22日). https://nikkan-spa.jp/1241761 
  42. ^ “国保悪用の外国人急増 留学と偽り入国、高額医療費逃れ 厚労省、制度・運用見直し検討”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年1月6日). https://www.sankei.com/affairs/news/170106/afr1701060006-n1.html 
  43. ^ “自民、外国人の国保悪用防止へ検討を開始 ワーキンググループが会合”. 産経ニュース. (2018年8月29日). https://www.sankei.com/article/20180829-QQO2B4TIVNJ2BK2NDB7DNYWRWM/ 2018年8月30日閲覧。 
  44. ^ “外国人の国保調査に論議 開始半年、偽装滞在は未確認”. 佐賀新聞 (佐賀新聞社). (2018年9月12日). https://www.saga-s.co.jp/articles/-/273853 
  45. ^ 「ボリビアで三つ子産んだ」 出産一時金を詐取容疑”. 朝日新聞. 2019年9月19日閲覧。
  46. ^ 外国人に「健康保険」「扶養控除制度」が食い物にされている”. NEWSポストセブン. 2018年11月10日閲覧。
  47. ^ 海外出産一時金を調査へ 外国人の医療費未払いに対策”. 産経新聞. 2018年11月6日閲覧。
  48. ^ 井上千尋,李節子,松井三明,中村安秀,箕浦茂樹,牛島廣治. 外国人妊産婦の「飛び込み分娩」に関する実態調査 (Report). https://www.jschild.med-all.net/Contents/private/cx3child/2005/006404/003/0534-0541.pdf 2019年3月20日閲覧。. 
  49. ^ 「飛び込み出産」急増 (Report). http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~mikiya/2007%20wadai%20tobikomisyussan.pdf  2019年3月20日閲覧。. 
  50. ^ 衛生行政報告例 / 令和元年度衛生行政報告例 統計表 年度報人工妊娠中絶件数,妊娠週数・都道府県別”. e-stat. 2021年3月31日閲覧。
  51. ^ 泣いて出てきた胎児をそのまま死なせ…中絶ビジネスの「壮絶すぎる実態」”. 現代ビジネス (2021年3月26日). 2021年3月31日閲覧。



国民健康保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/25 04:03 UTC 版)

ガーナの医療」の記事における「国民健康保険」の解説

詳細は「en:National Health Insurance (Ghana)」を参照 ガーナユニバーサルヘルスケア達成されており、国民健康保険スキーム取っている。保険制度設立前は、多くの人々病気になって治療費払え亡くなっていた。 ガーナ1992年民主制移行し2000年選挙にてジョン・アジェクム・クフォー強制保険方式訴えてガーナ共和国大統領当選した2003年には根拠法議会通過し、国民健康保険機構(NHIS)が設立され、NHISが認可モニタリング規制制度運営を担う事となった。

※この「国民健康保険」の解説は、「ガーナの医療」の解説の一部です。
「国民健康保険」を含む「ガーナの医療」の記事については、「ガーナの医療」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「国民健康保険」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「国民健康保険」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



国民健康保険と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

国民健康保険のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国民健康保険のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2022 Net Markers.Inc all rights reserved.
保険の窓口インズウェブ保険の窓口インズウェブ
Copyright(c) 1999-2022 SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国民健康保険 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガーナの医療 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS