国保組合とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 団体 > 組合 > 国保組合の意味・解説 

こくほ‐くみあい〔‐くみあひ〕【国保組合】

読み方:こくほくみあい

国民健康保険組合」の略称。


国保組合(こくほくみあい)

国民健康保険のひとつ自営業者組織・運営する

国保組合は「国民健康保険組合」の略称である。知事許可を得て医師歯科医弁護士美容師などが、同業者間で設立する

医師国保組合では、保険料安さ自己負担低さ明らかになり、問題になっている。ふつうは、保険料金は収入に対する割合定まる。これに対し例え東京都医師国保組合では保険料一律で月額15,000円(本人)など、収入に対し安く抑えられていた。

また、病院医療受けた時の自己負担についても、愛媛県静岡県医師国保組合では0割などとなっていた。

(2000.03.24更新




国保組合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国保組合」の関連用語

国保組合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国保組合のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2023 時事用語のABC All Rights Reserved.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS