保険料とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 経済 > 貨幣 > 金銭 > 保険料の意味・解説 

ほけん‐りょう〔‐レウ〕【保険料】


保険料

読み方ほけんりょう

保険契約基づいて支払う保険料のうち掛け捨て部分のことです。
生命保険火災保険損害保険等が含まれます。


保険料

保険契約にあたり契約者保険会社支払料金のことです。
保険契約申込みをしても、保険料の支払いなければ補償されません。
※この「自動車保険用語集」の内容は、チューリッヒ保険会社が扱う保険の内容に即しております。

保険料 (ほけんりょう)


保険料(ほけんりょう)

年金制度において、給付要する費用充てるために拠出する金額を保険料といいます。国民年金の保険料は定額で、第1号被保険者自分負担しますが、第2号被保険者本人が、第3号被保険者配偶者加入する制度から拠出されるため、本人国民年金の保険料を負担する要はありません厚生年金共済組合の保険料は給料一定の率を掛けて労使折半して納めます。
厚生年金基金国民年金基金場合掛金と呼んでいます。

用語集での参照項目:第1号被保険者第2号被保険者第3号被保険者

保険

(保険料 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 08:06 UTC 版)

保険(ほけん)は、偶然に発生する事故(保険事故)によって生じる財産上の損失に備えて、多数の者が金銭(保険料)を出し合い、その資金によって事故が発生した者に金銭(保険金)を給付するための制度。




注釈

  1. ^ なお、被保険者の意味は、生命保険損害保険社会保険によってそれぞれ異なる。生命保険ではその者の生死が保険事故となると契約で指定されている人を被保険者といい、損害保険では保険事故発生のとき保険金の支払を受ける権利を持つ者を被保険者という。社会保険では、保険料の支払義務を負担するとともに、保険事故が発生したときは、保険給付を受給する者を被保険者という。
  2. ^ 生命保険契約及び傷害疾病定額保険契約にあっては、金銭の支払に限る。以下「保険給付」という。
  3. ^ 『西洋旅案内』が出版された前年の1866年(慶応2年)に、福澤が著した『西洋事情』の中でも「火災請負ヒ、海上請負ヒ」に言及しているが、その内容は説明していない[9]
  4. ^ 公営保険と公保険、私営保険と私保険は同じではない。私営保険だが公保険である例として自動車損害賠償責任保険、公営保険だが私保険である例として民営化以前の簡易保険が挙げられる。
  5. ^ なお、郵政民営化前に販売された簡易保険は、独立行政法人郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構(郵政管理・支援機構)に承継されている。
  6. ^ 単独加入は不可。必ず住宅火災保険などと併せて加入する。
  7. ^ アールジーエー・リインシュアランス・カンパニー(アメリカ合衆国)、アシュアランスフォアニンゲン・ガード・イェンシディグ(ノルウェー)、ザ・ブリタニア・スティーム・シップ・インシュアランス・アソシエーション・リミテッド(イギリス)、ジ・ユナイテッド・キングドム・ミューチュアル・スティーム・シップ・アシュアランス・アソシエーション(バミューダ)、リミテッド(英国領バミューダ)。
  8. ^ 1998年7月25日に発生した、和歌山毒物カレー事件犯人と疑われた林眞須美は、この事件の共犯者と思われた夫の健治と共に、この保険金詐欺を繰り返すことにより、こうしてその夫婦の家族は生活していたという。
  9. ^ 新規契約を締結するとまず大きな手数料が支払われ、その後数年間に渡り一定の手数料が支払われるというもの。初年度の手数料は、顧客が支払った初年度の保険料と同額以上、といった保険会社もある。
  10. ^ 東京海上日動フィナンシャル生命、ソニーライフ・エイゴン生命、マニュライフ生命、SBI生命、三井住友海上火災保険、カーディフ生命など。

出典

  1. ^ See, e.g., Vaughan, E. J., 1997, Risk Management, New York: Wiley.
  2. ^ a b 近見正彦. “14・5世紀地中海時代における海上保険条例および同契約法理の研究 (PDF)”. 経営管理専攻 経営管理研究科. 一橋ビジネススクール. 2017年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 若土正史 「大航海時代におけるポルトガルの海上保険の活用状況」 保険学雑誌628号(平成27年3月発行)
  4. ^ 関哲行 他2名編 『世界歴史大系 スペイン史1』 山川出版社 2008年 311頁
  5. ^ Johann Beckmann, A History of Inventions, Discovery, and Origins, London, 1846, pp.239-240.
  6. ^ a b Brief History”. III - Insurance Information Institute. 2021年9月28日閲覧。
  7. ^ 園乾治 イギリスに於ける海上保險業の發達 史学 11(2), 1932年, pp. 32-33
  8. ^ 西洋旅案内. 上 F7-A04-01 (PDF)”. デジタルで読む福澤諭吉. 慶應義塾大学メディアセンター デジタルコレクション Digital Collections of Keio University Libraries. p. 6. 2021年9月28日閲覧。
  9. ^ 西洋事情. 初編. 一 F7-A02-01 (PDF)”. デジタルで読む福澤諭吉. 慶應義塾大学メディアセンター デジタルコレクション Digital Collections of Keio University Libraries. p. 31. 2021年9月28日閲覧。
  10. ^ Richard D. McClure (1968年). “A Review of Nuclear Energy Insurance (PDF)” (英語). Vol. LV. Casualty Actuarial Society Proceedings. pp. 255-294. 2021年9月28日閲覧。 注:対象ページのみの抜粋
  11. ^ 『外国直接付保の制限』、金融庁。
  12. ^ 保険契約者保護機構制度(保険会社のセーフティネット)”. 金融庁. 2012年12月4日閲覧。
  13. ^ “柔道整復師が証明書、事故保険金詐欺20人逮捕”. 読売新聞. (2011年7月2日). オリジナルの2011年7月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110705115438/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110702-OYT1T00509.htm 
  14. ^ 放火 パチンコ店に 容疑の男を逮捕 大阪・保険金狙う 毎日新聞 2019年3月12日
  15. ^ “保険8社、審査信販任せ 提携ローン「暴力団融資」調査急ぐ”. 産経新聞. (2013年10月27日). オリジナルの2013年10月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131027113516/http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131027/fnc13102710070000-n1.htm 
  16. ^ “フランスで医療保険が売れない理由”. (2014年8月25日). http://toyokeizai.net/articles/-/46173 2014年9月8日閲覧。 
  17. ^ 『週刊ダイヤモンド』 2017年4月29日号 pp. 70-73



「保険料」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



保険料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「保険料」の関連用語

保険料のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



保険料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2022 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
チューリッヒ保険会社チューリッヒ保険会社
Copyright © 2022 Zurich
保険の窓口インズウェブ保険の窓口インズウェブ
Copyright(c) 1999-2022 SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C) 2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの保険 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS